みそっちょの日常 ~ 鳥よ花よ、息子達よ… ~

2019年春頃のUターンに向けて準備中です
つるし飾りや、動植物の観察が趣味です
目下の課題は「子離れ」ですが…

私の時計草を、ちょん切ってしまいましたね? ( 恨 )

2017-03-31 17:05:50 | 園芸 ( 観察日記 )
現在のベランダの様子であります。(=゚ω゚)ノ
ヒヨドリ避けも取り払い、なんとな~く(気持ちも)スッキリしました。



ところがですね。
旦那さまが、まだ寒~い時期に
勝手に剪定してしまったトケイソウがあるのですが・・・

2017.2.10


 何すんじゃい? (。-`ω-)

  「もう、葉が全部枯れてるよ~ 剪定するのが普通だよ。」

 葉が枯れていてもいいんだもん。 (。-`ω-)  ちゃんと調べたもん。
 また、お花が咲かなくなるよ~ (´;ω;`) 勝手に切るだなんて ヒドイわぁ~

そして今週・・・ 気付いたら、更に刈り込んでありました。

2017.3.26


 はぁ~? 強剪定? (;・∀・) もう無理。 
 今年は絶対に無理~  (ノД`)・゜・。 お花見ること出来ない~


鳥や虫よりタチの悪い人だね・・・(。-`ω-)
コメント (2)

陽光桜 ( ヨウコウザクラ )

2017-03-30 17:41:02 | 園芸 ( 観察日記 )
沿道の陽光桜。



毎年、ソメイヨシノよりも少し早く濃いめのピンクの花を咲かせます。





私はずっと、コヒガンザクラだとばかり思っていました。





桜の木が大きくなっているのを見ると、
自分も年齢を重ねているんだな・・・と思ってしまいます。
この陽光桜が、小さな幼木だった頃を知っています。


コメント

フリージアは稲穂の如く。

2017-03-29 23:06:54 | 園芸 ( 観察日記 ) フリージア
このフリージアは、かなり混んでいますよ~(;・∀・)
そう言えば「増し土」をするのを忘れていました。 
だから倒れやすいんですね。
花芽が支柱に当たりはじめたので、
最初に立てていた支柱を分解し、再度根本から支え直しました。(奥)

でも・・・どこからどう見ても、これは「稲」でしょ?
小学生の「バケツ稲」のような感じになって来ました~('◇')ゞ


球根は、かなり選別して植えたつもりですが 昨年より茂っている… ぞ?
チッ素が多かったのでしょうか?
花付きや花色を見てみないと、まだ分からないのですが。


パンジー・ビオラを見る限り、肥料の効き目は良好のようです。
そろそろアブラムシ対策が必要かも。


ヒヨドリに啄ばまれたゼラニウムは、せっせと葉を増やしています。
未だ花芽は見えません。
コメント

つるし飾りの行き先は・・・ ( 少しばかりのダイジェスト )

2017-03-26 17:43:17 | 手芸 ( ちりめん細工 もどき )
ここ一週間程は気持ちが塞いだ。
先日は父の初彼岸だった。
「初彼岸なんて、どうってこともないよ。」
と言いながら、母は一人で全てを執り行った。
地元の初彼岸の行事は大きいので、高齢の母にはきつかっただろうと思う。

お供えと共に、「春の輪さげ」を送ったが、
母は、これからもずっと作り続けて欲しいと言う。
そのくせ「宝袋」も「まつぼっくり」も、しっかり仏壇に供えてある。

  

置物にすると、そういうことになるので、
そのうち仏壇にも置き場所がなくなるのではないかと心配になる。
たがらやはり、「つるし飾り」にしてあげるしかないという気がしている。

大阪の叔父は「さるぼぼ」が好きだと言うけれど、母は「さるほぼ」が大嫌いだ。

  

縁起物とかどうとかいう話はさておき、
その昔、飛騨の高山へ観光旅行に行った際、
トイレ休憩の間に、観光バスに置き去りにされたことがあるらしい。

母は見知らぬ土地で右も左もわからず途方にくれていたところ、
地元の親切な方が、わざわざ宿泊先まで車で送ってくれたのだとか。
それは大変に有難かったのだけれど、
心細かったことに加えて、観光ガイドさんからお詫びの品として
「さるぼぼ」を頂いたことが、どうしても好きになれない原因らしかった

その一方で、「顔のあるものは好き。」と言う。
はいこ、おくるみ人形、俵ねずみ、うさぎ・・・

  

 

小さなモチーフにも、人其々に好みがあるらしい。



父は「鳩」が好きだった。
「うぐいす」も見せてあげられたら良かったと思う。


コメント

後光が差している・・・ ( セキセイインコ )

2017-03-25 16:09:59 | 鳥 ( セキセイインコ )

コメント