みそっちょの日常 

2019年春頃のUターンに向けて準備中です。


三番叟袋

2018-11-17 16:00:00 | 手芸 ( ちりめん細工 もどき )

三番叟って・・・ なんでしょう?

私は最初、海釣りでエサにたくさん集まってくる小さい石鯛
「サンバソウ」と呼ばれていたことを思い出しました。


能の演目、式三番?
祝言、祝儀の舞だとか・・・ 引けば色々と出て来ます。





袖の絵柄や顔ですが、教本では布用絵の具で描くところを
勝手に刺繍にしてしまいました。

刺繍は、あまりしたことがないので・・・





松の絵柄が、どこか春菊のようになりました~ ('◇')ゞ


生地も糸も全て化繊です。
百均で売っている縫い糸は、安価でカラフルなのですが
滑りが悪いので 化繊の刺繍糸を使うことにしています。


とは言え・・・
「正絹で作ったら、風合いが良いのよ。」
と教えてくれる人もいます。


正絹・・・ 私には、いつのことになるのやら。 (^^*) 憧れる~



プレゼント用のストラップ。( 四姉妹 )

2018-09-08 20:50:00 | 手芸 ( ちりめん細工 もどき )

今回は、百円ショップの生地(レーヨン100%)のみです。


ピンクの腹掛けをしたら、「こっち見ないでよ!」と叱られそう。





姉妹になりました。





どアップ! ( 縦6㎝×横5㎝ )




 
首の角度や 目と口の位置で、顔付が微妙に異なります。





お世話になった方々へ、簡単なお礼をしようと思って作っているのですが・・・





わいわい♪ きゃっきゃ♪ 




数が増える毎に かしましそう・・・(´-ω-`)


赤いちゃんちゃんこ ( 生まれ変わり 新しい人生を歩む ) 一度 童心に返る・・・

2018-07-08 19:00:00 | 手芸 ( ちりめん細工 もどき )

夫が還暦だということで、息子らが勝手に相談して、
「赤いちやんちゃんこ」を購入しているようです。

前々から夫は言っていました。

 「『赤いちゃんちゃんこ』なんて、絶対に着ないぞ!(。-`ω-) はずかしー 」


来週には、還暦のお祝いをしようと思っています。

それで私は、これ↓を作りました。





結構、小さいですよ。





ぶーらん♪ ぶーらん♪ 

  

本人の趣味が「魚釣り」なので、釣り竿を持たせてみました。
ついでに鯛も・・・







帽子を被せたら・・・「恵比寿さん」になってしまうよ!? (;・∀・)




蓮の花袋のつるし飾りが完成しました。

2018-06-13 16:40:40 | 手芸 ( ちりめん細工 もどき )


一年越しの完成です。

蓮の花を沢山作るつもりが・・・3個どまりになりました。(ノД`)

理由あって、最低でも7つくらいは作りたかったのですが、
まぁ、このくらいにしておきます。('◇')ゞ ←負け惜しみ





打ち紐の「吉祥結び」・・・ それも「二重の吉祥結び」。
吊るすと、少し斜めになるんですが・・・。(T_T) 



あまり気にせず、前進あるのみ。(・ω・)ノ

こんな感じで、どうでしょうか? 


 


あぁ・・・ 「しゃか結び」が、よく分かりませんでした。

結べているのかどうか確認のしようが無くて、
仕方無く布で包んでごまかしてしまいました。('◇')ゞ


先生、ごめんなさい! <(_ _)>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここで紹介しているつるし飾りは、
「いちばんよくわかる、ちりめん細工、つるし飾りの基礎2」
(井上重義監修, 株式会社日本ヴォーグ社, 2014/2/28発行第1刷,
2014/4/8発行第2刷)を参考に制作しています。





ふくろう

2018-04-18 21:30:00 | 手芸 ( ちりめん細工 もどき )
ふくろうは、「不苦労」で「福朗」なのだそうです。




前に作った「桃」のアレンジで、そんなに難しくはなかったのですが、
どのような色や模様の生地を使用するのかで、ちょっと悩みました。

写真では分かり難いのですが、白い生地は真っ白ではなく
グレーの模様が入っています。

自分的には、「白ふくろう」と「普通のふくろう」のつもりなのですが、
教本のように、縞模様の生地も可愛いだろうなと思いました。




「桃」を作った時にも思ったのですが、
茶色だと、どこか「干し柿」みたいに見えるんですよね。(^^;)