えりの日記帳

平凡な日々の中で、ささやかな出来事を書いています。

素晴らしい自然

2009-05-31 21:13:43 | Weblog
近所の小学生(男の子達)が、田んぼの間を流れる川で「うなぎを獲った」と喜び勇んで見せてくれました



凄~い  素晴らしい  天然もの
(勿論、生きています=頭を動かしてました)

               

私が幼かった頃、海に流れる川で「うなぎの稚魚」を見つけました。
(針金のように細くて・・数センチぐらいの長さだったと思います)




コメント (4)

旧田中家住宅

2009-05-31 19:18:56 | Weblog
本日限りの『特別公開』がなされると(新聞記事で)知り、早速「亀山・関宿まで愛車を走らせました」 

            

田中家は「関宿新所で江戸時代後期に栄えた田中三家のひとつで、当主は代々『庄右衛門』を襲名していた」そうです。

平成20年1月、田中家10代目の方(千葉在住)が「町並み保存に役立ててもらいたい」と、市に寄贈されたそうです。



先着100名様の「抹茶」は終了し、私達は「煎茶」を頂きました。



煎茶と上品な桑名の和菓子を味わってから、屋敷内を見せて頂きました。
(写真は「OK」とのことでした)



左は「ランプでしょうか?」 右は「アイロンのようです」(炭をおこして中に入れて使った?」



二階の窓際の部屋には、木製のベットが置いてありました。

    

     秤ですね                凄く急な階段です



    戦争の記録(大きくて厚い本)が置いてありました。


   
            素晴らしい日本庭園です

            

              お酒の入れ物

    

      籐の椅子と、古文書・美術品などの家財を納めた土蔵です。

  本当に素晴らしいです貴重な文化財です






コメント

答えを下さい

2009-05-30 16:44:24 | Weblog
ようやく、妹と姪達から頼まれていた『家族写真』を焼き増ししてきました。



父の初盆の頃「おじいちゃんの写真を(部屋に)飾っておきたい」と、姪から聞いていたのですが・・・なかなか「そんな気持ちの余裕がなくて」

「何故?」「どうして?」「あれが最良だった?」と疑問に残ることが多かった日々も・・
家人の部屋で見つけた本に載っていた「答え」で、からになったような気がします。          
               


『医療は病気を治すことであり、いつからか死を敗北ととらえるようになりました』

『生きて死ぬことは、本来生物にとっては自然な出来事』
『治らない患者と最後まで向き合い、看取りたい』
          
               

今日、高校時代の友人達との会食に出かけました



近鉄百貨店で中華料理を味わった後、場所を変えて「食後のデザート」を頂きました。
各自のワンマンショーのような会話がする直前まで途切れることはなかったのです





コメント (2)

さくらんぼ

2009-05-29 23:06:41 | Weblog
            

午後の仕事終了後、今月分の書類などの整理をしていたら先生が窓をコンコンと叩いて「職員室からのおすそ分け」と言って渡して下さいました。

真っ赤なサクランボです 甘酸っぱくて美味しかったです

                        

清々しい季節(初夏)も過ぎ去り、週明けからは六月に入ります。

中旬に開催予定の『調理員部会』に向けて、事項書の内容を考えなくてはなりません。
問題は山積みで・・頭の痛いことです
「景気悪化!税収減少!の苦しい財政の中、民間委託しない方法があったら教えて欲しい」って言われても、こちらが「教えて欲しい!」と叫びたいです。

他に方法はないの 削減出来る箇所は残されていないの

何の為に「私達は戦ってきたの



そんな人間達の思惑とは無関係に自宅の百日草の小さな花が素朴に咲きました










コメント

嬉しい

2009-05-28 20:52:49 | Weblog
            

剪定した為に、去年は実が生らなかったレモンが、小さな小さな実を付け始めています

「あ~!良かった」  本当に嬉しいです



茄子もピーマンも、小さな実を付けています


コメント (4)

南瓜

2009-05-27 20:45:02 | Weblog


今年も日本南瓜&西洋南瓜の苗を植えました。

去年よりも(ずっと)広い土地に植えたので、ノビノビと「何処までも伸びて行って欲しいと思います

今のところ・・植えた『夏野菜の苗』は、1本たりとも枯れたりしていません

               



職員室から頂いた御菓子です(花桃が綺麗



コメント (4)

青軸&南高梅

2009-05-26 19:26:40 | Weblog
        

「初めて咲いた純白の花」を沢山観賞することが出来て、喜びもひとしおだったのですが・・・

やはり(まだ幼木なので?)実を生らせることは無理だったようです。

でも、若草色の青軸の葉も、紅葉したような南高梅の葉も「綺麗です」

                
桃栗3年、柿8年、梅は「何年?」

少なくても、3~4年は「開花しても着果させない方が樹の為には良い」のだそうです。

コメント (2)

5/25(月)

2009-05-25 19:55:18 | Weblog
        

週初めの月曜日なのに、午前中の仕事が終わったら「急に疲れが出てきました」

午後の仕事終了後、皆「欠伸をしています」 (全員、同じ・・お疲れなのですね)

               

常日頃から『食育』の授業を子供達になさっていますが・・・
骨なし魚を給食献立に取り入れて、子供達に食べさせるということは「相反すること」なのでは・・?

魚に骨があるのは「当たり前のこと」です。
骨に注意して食べることや、箸で取り除いたり、口に入ってしまったら出すことを覚えなければならないと思います。

「危ないから」と、大人が骨を抜いてあげるのですか

初めて食べた『骨なし魚』は、魚の味がしなかった



コメント (7)

鳴門金時の苗

2009-05-24 23:24:46 | Weblog


昨日植えた鳴門金時の苗です(50本)

根付くまでは(の日以外は)朝晩「せっせと水遣りに励みます」
枯れたような状態に見えても・・二週間を過ぎる頃には、茎が頭を持ち上げてきます

                 

今朝は、トウモロコシの苗を間引いて植え替えました。
(ハニーバンダム&ピーターコーンを、各二畝♪)

それから、耕した広い場所に日本&西洋南瓜を植えました。

               

近所の御寺の住職様が、97歳の天寿を全うされました。
母と一緒に『通夜見舞い』の品を、各自持参して伺いました。

私が小学校低学年の頃(近所の男の子とふたりで)御寺で勉強を教えて頂いた事があるので・・・

御住職さまには「戦争に行った時の話」「腹に鉄砲の玉を受けて、手術して取り出した話」や、絵図を見せて頂きながら「お釈迦様の話」を聞かせてもらった思い出があります。

               

8月初旬に「東京で行われる給食関係の勉強会?に出席するように」と、教委からがあったと校長先生から伝えられたのですが・・・
どうしても(家庭の都合で)出席出来ないので、後輩調理員さんに頼みました

日帰りではなく1泊なのです。
毎年行われる『学校全国集会』も、二泊三日です(去年は岩手?)













コメント (2)

早朝から「大掃除」

2009-05-23 13:22:25 | Weblog
昔の応接間(今は家族の娯楽部屋)を、シンプルにしようと整理整頓に励んでいます。
お昼を過ぎて「ちょっと、おなかが空いた」ので、一休みしてPCを開いてみました。

最近の給食に初めて『骨なし魚』が付いたので、それに関するファイル&我が市の「センター化&給食民営化」に関する資料も発見出来て・・

「野菜の虫を異物とみなさないで」という新聞記事も見つけました

燃えるゴミ・燃やせないゴミ・プラスチックゴミ等の袋を用意して片付けながら・・
バンザイ 君にふられて 良かった~と歌っていた「その時」



懐かしい画像を発見しました
(今、片付けている部屋で撮った数年前の写真=父と妹と私)
私がブログ日記を始める前の写真です

元気だった頃の父の顔を見て・・

                    

その後、片付けを終えてから家中を掃除機をかけて回ったら午後4時を過ぎてしまいました

急いで長靴を履いて、畑に出て『鳴門金時』の苗を50本植えました(3畝に)
日本南瓜&西洋南瓜の苗(各2本)は、明日植えることに・・・



胸に残る想い出と さよならを するために



コメント (6)