日々淡々

日々想う事・・・喜び・悲しみ・怒り・憂い・・・それでも淡々と生きてく・・・糧や安らぎに出会えたら・・・

韓国に行ってきました-4

2009年12月30日 | 日記・エッセイ・コラム

9時に迎えに来てもらい、いよいよ目的の会社へ訪れました。
途中、高速道路と見間違うほどの一般道の広さに驚きました。
ご無沙汰している間に随分と整備されています。

まずは工場から一通り見学させていただく。製品が出荷された後なので
何も無いのが残念でしたが、きれいな工場でした。日本でお会いしたり
こちらで久々に出会うメンバーにも会えて、懐かしかったです。

昨年まで2年半、日本で一緒に仕事した方が、中国出張で不在でした。
韓国での再開を約束していたので非常に残念でしたが、次の訪韓の
目標に取っておくことにします。

韓国も日本と同様に経済的には厳しい状態にありながら、この会社は
健闘しています。利益はともかく、仕事と売上はきちんと確保しており
新規取引先も厳しいながら結果を出し、評価も高いとのこと。

「今はとにかく生き残る事が最重要課題」と、云う事をお互いに確認し、
協力関係をより確たるものにしていきたいと感じました。それにしても、
コストと納期に関する対応力には凄みを感じます。負けていられません。

さて、お昼ご飯にフグの鍋料理をいただきました。我社の社員が訪問
したときの定番メニューだそうです。普段めったに口にしないフグを
韓国スタイルで美味しくいただきました。

本日で最後の夜となる訪韓。これまた、懐かしい人に会いました。
8年前に取引した事がある会社の当時の担当者の方と食事しました。
お互い年数分だけ年はとりましたが、元気で何よりです。

ここでも韓国の凄さを改めて感じました。いまや最先端を走る先進国です。
技術やコストは日本とほぼ同じでありながら1/3の価格と納期でモノを造る。
しっかり世界と向合い、挑んでいます。そのスピードとパワーは凄まじいもの。

たくさん話して、たくさん食べて、たくさん飲んで・・・至福のひと時でした。
チョッと飲みすぎて頭が痛ぁ~い。でも、楽しかった。みなさんありがとう。

コメント

韓国に行ってきました-3

2009年12月28日 | 日記・エッセイ・コラム

無事に到着。まずは空港の広さにビックリ!こんなに広かったっけ?
長ぁ~い通路を歩きエスカレーターで下へ下へ・・・たどり着いたのが
シャトルトレインの駅。あれっ、こんなのあったっけ?

5分毎に来る列車を待ってターミナルへ移動。またもや長ぁ~い通路を
今度は上に上に・・・たどり着いたのが入国審査。チョッと行列したケド
スムーズに通過。預けた荷物も即見つかり、いよいよ足を踏み入れる。

お迎えの方がウェルカムカード(=名前を書いただけの紙だけど・・・)を
持って待っていてくれました。ここからリムジンバスで目的の水原へ。
確かメチャ早いバスだったと記憶していましたが・・・その通り!

P1000562

多少の渋滞はあったもののスムーズに到着しました。途中の風景は・・・
沢山の高層ビルと長ぁ~い橋。高速道路の自動課金にきれいなホテルetc.
懐かしいというよりあまりの変化に驚くばかり。随分変わってしまいました。

到着早々、大統領も訪れたという有名なカルビ屋(焼肉屋)で食事をとる。
あの、溢れんばかりの無料のお惣菜とクルッと巻かれた骨付きカルビです。
肉はあまり食べるなって医者に言われてるケド、ココで食べなきゃ何しにきたの!

P1000566

十分堪能した後に、お城と市場を散策しました。歴史を感じるお城でしたが、
謂れがよく解らず、風景として楽しみました。市場のほうはとても魅力的。
名古屋の大須商店街の様でもあり、見た事の無い商品も多く楽しめました。

P1000563

夜は取引先の社長さんが所属する教会が催したチャリティーコンサートに
お招き頂きました。社長の娘さんもバイオリンを弾いて参加されていました。
社長さんは主催者の一人として参加されており、最後には壇上にあられました。

信者3000人を擁する教会。子供たちの合唱やダンス。迫力ある太鼓の演舞。
オーケストラの演奏など盛りだくさんの感動的なコンサートでした。
クリスチャンの多い韓国ではこうした事も社会性の現れとして再認識しました。

P1000567

それにしても・・・寒いです。まるで、夜のスキー場に居るような寒さです。
札幌に居た子供の頃を思い出しました。久々に耳が痛くなりました。
でも、耐えられない寒さではなく、寒さ好きな私には寧ろ心地よい感じです。

さて、明日は主目的である取引先への訪問です。楽しみです。

コメント

韓国に行ってきました-2

2009年12月28日 | 日記・エッセイ・コラム

久々なので出張用具が何も無い。と、云う事で前日までに買い揃える。
こんな事でもなければモノを買わない人なのでよい機会でした。
冬の韓国は半端無く寒いという事で防寒対策の靴やインナーも。

防寒用のインナーは今後は冬のゴルフのときに活躍してもらうだろうし
名古屋でも年に1~2回は防寒靴が必要なときもあるのでこちらもOK。
機内持ち込み可能なバッグも程よいものが調達できたのでバッチリです。

で、当日。チェックインを済ませ、出国手続きに入ると。持ち込み荷物がNG。
お土産の日本酒が入っていました。そうだ、液体の持ち込みは出来ないんだ。
チェックインからやり直し。折角持込可能なサイズのバッグ買ったのに・・・

で、流石にパソコンはまずいのでそれだけ出して再度出国手続き。今度はOK。
しかしパソコンだけの手荷物では困ってしまい、ビジネスバッグを購入しました。
やれやれっ。あっ、あわてて手続きしたので必要なものまで預けてしまった。

機内の時間つぶしに購入した本2冊。いつも一緒の手帳と筆記具。ありゃま。
まあパソコンがあるのでブログの記事を書いて過ごしましょう。
と、云うわけで、この記事は行きしなの機内で書いています。

流石に年末年始。機内はほぼ満席状態です。一人旅、しかも仕事目的なので
遊びに行く他人様と同席は嫌だなぁ~と思ったのですが、チェックインのときに
非常口を用意してくれたので3人掛けのシートを一人で使っています。

非常時には多少の協力が必要ですが、まあ滅多に非常事態になる事は
無いでしょう。また、非常口は非常時に使うから、非常時でも大丈夫な
場所にある。すなわち、安全な席だと思いますが、実際はどうなんだろ?

何事も無く無事ついてくれる事を祈っています。さて、定刻どおりに飛び立った
飛行機は順調に飛んでいて、機長の挨拶では10分ほど早く到着するらしい。
ソウルの気温は-7℃。想像以上に寒いじゃない。防寒対策だいじょうぶかなぁ?

機内食のが配られ、軽い食事をし済ますと程なく高度を下げ始めたのがわかる。
さっきまで上昇していたのにもう?名古屋-ソウルだと上がったらスグ降りるってな
フライトなのでねぇ。改めて近いものだと思います。

コメント

韓国に行ってきました

2009年12月28日 | 日記・エッセイ・コラム

年末年始の休みを使い、韓国の協力会社を訪問する事にしました。
ずっと以前から「行かねば・・・」と、考えつつ日々の忙しさに追われ
何年も実現できずに居ましたが、この年末は思い切っていく事に・・・

考えてみると、間接部門にあるとなかなか出張が出来ないもので
数時間レベルの外出でも結構後に負荷が残ったりします。
況や数日レベルでも海外出張となるとなおさらです。

しかも、出かける理由があまり見当たらないのです。
営業や技術職であれば直接利益につながるし、必要性も明確ですが・・・
間接の場合は、基本経費を使うだけ。大義名分が立ちづらいですね。

窓口担当として8年近く取引をしていますが、訪れたのは数えるほど。
初年度こそ様々な理由で4半期ごとに訪問しましたが、以降は稀で
近年は全く訪問できていません。この間に2回、先様は転居し社屋も
新築しているというのに・・・

何はともあれ久々の海外出張です。程よく緊張しながらワクワクしています。

コメント