元祖toto’s blog
吉田拓郎ファン・燕の子育て日記・旅行日記 ペット・猫 みみ太(18歳没)Pちゃん(♀13歳)カテゴリーで選んでね!
 



吉田拓郎9月一杯休養、コンサート延期。
私の参加する高松は、復帰後にてスケジュールに変化無し・・・

でもね、
コンサートはどうなってもいいの。
先払いしたお金もどうなってもいいの。

拓郎が、元気な拓郎であってくれればそれでいいの。
慌てず、騒がず、元気になってくれればそれでいいの。

拓郎が「たくろうちゃん」であったあの自由な拓郎に戻って欲しい。
才能があり過ぎて、もろもろを背負い過ぎた拓郎。
背中の荷物を脱ぎ捨てて、新しい今の拓郎に似合う一歩を!

コンサートの契約、柵(しがらみ)なんてどうでもいいじゃない!
だよね! 「遠い星の国から一人でやってきた拓郎ちゃん!」

まだまだ「ある日、迎えがやってきて・・・」それでは皆さんさよならとは歌わせないよ!
まだまだ幸せな地球で(プロとして声が出ようが出まいが)自由闊達に活きてゆけるんだから! だろ!拓郎ちゃん!

参考  たくろうちゃん

僕は遠い星の国から一人で
ちょいと地球へ遊びにやってきた
むろん魔法の杖に乗ってさ
ほんのちょいと遊びにきただけ
かっこいいだろ
どこかのボンボンみたいな
たくろうちゃん。

いつか僕の国から迎えがやってきて
早くお帰り下さい王子様なんてね
魔法の杖を一振りしましょう
地球に何かお土産を残しましょう
かっこいいだろ
どこかのボンボンみたいな
たくろうちゃん。          (歌詞は、記憶の狭間にて・・・)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先ほど(大学3年生の)次女が空路ヨーロッパへ出発しました。
私も山の神も海外旅行へ行った事はなく、
4人の子供たちの中でも初めてのことです。

大学の教授引率での私的グループ旅行。
見聞を広めてくるだろうことを願って、
心配ではありますが、快く送り出してやりました。

今頃は空の上から四国を眺めている時間だろうと思います。
その時々に湧き出る心の想いの一つ一つを大切にして欲しいと思います。

親として、今はただ、充実した青春を応援するとともに、
安全、無事、元気に帰宅することを切に願っています。

頑張れ青春!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




吉田拓郎 多摩公演中止・延期 このニュースに接し・・・


7月15日に書いたまま、そのままの言葉を聞いて欲しい。

 「頑張る時ではないと思うそんな時には、休もうよ。

 コンサートの予定があるから頑張るんじゃいけないと思う。
 スタッフが困るから頑張るんじゃいけないと思う。ましてや
 ファンの期待に応える為に頑張るんじゃいけないと思う。

 チケットが無駄になろうと、拓郎が元気でいる事が大切なのだから。」


若い頃、いろんな場面で助けてもらった拓郎の詩

♪時がたってしまうことを
忘れてしまいたい時があるよね
すべてのものが なにもかも
移り変わっては いるものの
何となく自分だけ意地をはり通して
さからってみたくなる時があるよね
そんな時 僕はバーボンを抱いている
どうせ力などないのなら
酒の力を借りてみるのもいいさ

参考資料

吉田拓郎からのK50へのRES

http://mituhalu.hp.infoseek.co.jp/zakkicyou/zakkicyou25.htm

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





今年も幸いな事に6人揃っての家族旅行を楽しむ事ができました。

昨夜は竹原の簡保の宿に宿泊。
豪華なメニューに舌鼓、そしてお風呂をのんびり堪能。地元産牛肉の「瓦焼」これには度肝を抜かれました。量が多いし柔らかくて美味!そのあと3時間のカラオケルームでの大騒ぎ!過去のカラオケではほとんど歌う事が無くドラムスだけだと思っていた長男も美声で上手な歌唱!みんな上手になっていてびっくりしました。

今日は其処から島根県まで足を伸ばし日本海側をはじめて体験。
島根県立島根海洋館 Aquas ここが素晴らしい!
白いるかのショーが楽しくて、嬉しい時間を堪能しました。
愛くるしい白いるかが放つ「バブルリング」めっちゃ楽しかったです。
その他、展示方法も飽きが来ないので予定時間をかなりオーバーしてしまいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





そして、日本海! 快晴の下(強風では有りましたが)素晴らしい景色をこれまた堪能。瀬戸内海沿岸に住む私にとっても、今までの経験の中で一番印象深い海の景色になりました。

家族6人が揃って元気に楽しむ小旅行。この平々凡々の幸せが続きますように・・・平凡こそ非凡。これからの人生が、そんな人生でありますように。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




以下に再掲する文章はちょうど6年前【 子育て日記 】に書いたものです。

交通事故 VOL1. すべてはこの日から  長女
 
 今日、日本テレビ24時間テレビを放映中。その、雰囲気を利用させていただくしかない お話しです。
 この日、日常通り全員を学校に送り出してから数分。
 けたたましい呼び鈴、ドアを叩く音。ここから、人生の大きな谷間が姿を現しました。「娘が、車にはねられた。」死にかけている。この、思い出したくない現実。登校途中、自転車通学の愛娘が車に激突。その現場に私たち夫婦は駆けつけました。
 アスファルトに血を流す頭を押し付け、横たわる愛娘。呼べど、返事はなし。「揺すらず、声をかけ続けて!」の声が耳に入る。何も答えず、か細い息をするだけの愛娘。ただ、現実を受け入れるべきか否かを頭の中で問いただす時間が過ぎ行くだけ。レスキューカーに乗って救命救急病院へ。
 病院では、壊れた愛娘の姿 意識不明に陥った愛娘の姿。これが、あのテレビの中で放映されていた、悲惨な事故の主人公・・。そうなってしまったなどと信じたくない。否信じない!!その時の、辛さ、辛さ、悲しさ、憤り。
 命だけは、命だけは、どんな姿でも受け入れます。とお医者さんに懇願。十中八九、元の姿は期待すべくも無い。命の補償も無い。(刑事さん、お医者さん、看護婦さん、事故に慣れている方々すべての方の感想。)その原点から、私たち家族の、現在の1年と8ヶ月目の姿があるのです・・・。
 元気な今を思う時、守ってくださったすべての皆様に感謝申し上げております。
119番を呼んで下さった方、レスキューの方、指示を与えてくださった刑事さん、そして命を守ってくださった病院の関係いただいたすべての方、それから、見守り続け力を与えてくださった友人、知人、親戚等のすべての方々。最後に、その社会資本を整備していてくださった行政の方、すべての方々に、感謝申し上げます。
 それから、娘はヘルメットをかぶっていました。ここに、ヘルメットを作ってくださった製作所の関係者の皆さんにも感謝の意を表します。
2001/08/18 PM10:00 UP 0014

当時は、一筋の灯かりを求めリハビリに明け暮れる日々でした。
彼女は今春大学を卒業、自動車学校に就職し日々活躍しています。

人生が変わる瞬間を経験。
しかし、落ち込んだ深い谷から這い上がる事ができました。

今の私にできること。一つの提案です。
皆さん、自転車に乗る時にもヘルメットをかぶりましょう!
それが、自らそして家族、ひいては全ての人の幸せにつながるはず。

みんな、ヘルメットをかぶろうよ!!    

               (あれから7年8ヶ月を過ぎた日の朝)

【 子育て日記 】は左下のBOOKMARKでリンクしています。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


花火  



昨年までは家族6人だけで我が家の狭い庭での花火を楽しんでいましたが、今年は「お盆なのだし、近所の幼馴染に連絡してみれば」ってアドバイスをしたら、4人がその幼馴染や親戚に連絡。みんなが集合して子供達だけで(近所広場に集まって)花火を楽しんでいます。

やはり子育ても終盤、もう親が出しゃばる必要もなく、
子供は子供達のコミュニティーを作れるのですから。

今年を初回として、盆休みごとに近所のみんなが集まって(たった)一時間だけの花火大会をすればいいのです。その(たった)一時間の中にも一杯の人生の出会い、岐路があるはずです。もう、親が出しゃばるコミュニティーではなく、子供達のつきあいを広げるコミュニティーがある、そんな年齢になったのだと思う次第です。

留守番をする親は多少寂しいけれど、成長した子供達をたくましくも思う、そんな時間が流れています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





♪誕生日がやってきた。祝おうよ今日の日を。
良かったね元気だね。おめでとうを送りましょう。
幾つになっても、ハッピ~バ~スデ~トゥ~ユゥ~♪(BY吉田拓郎)

今日は遠くの都市で、単身社会人生活を送っている長女の誕生日。

思い返せば8年前の交通事故で意識不明。
命の保証もなく、万が一助かっても二度とベットから立ち上がれない事を覚悟させられたあの日。

拓郎のこの歌を歌おうとしても嗚咽し、歌えなかったそれからの長い長い時間・・

やっと冷静に、拓郎の言葉をかみ締めながら歌えるようになりました。

彼女にとって年に一度の大切な日。お祝いのメールを送りました。

 誕生日だね!おめでとう!
 元気で頑張っている様子で安心しています。
 体調にはくれぐれも注意しながら活躍して下さい。 じゃ 父

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




店舗を経営する私。
玄関のアルミサッシには雨戸やシャッターがありません。
昔は暴風でしぶき込む雨水で(軽い)被害を受けていましたが、
ある時、「そうだ、外側からアルミサッシの隙間(四角い周辺全部)に
「布製ガムテープ」を貼ればいいかも!?と思いつき実行しました。

結果、しぶき込む雨水は皆無。とても効果がありました。
そして、ビュ~ビュ~という音も減り、それに伴いストレスも減り一石二鳥の効果。

もちろん、今回も「布製ガムテープ」を貼ります。

皆さんの中で、同じような悩みをお持ちの方は、是非お試し下さい。

要注意は家の外側から!なので、接近する前に作業する事。
家の内側からだと、糊面に水が入り剥がれます。
あ、それから紙製は駄目ですよ。
布製なら剥がす時にとても楽ですが、紙製は・・・【怖】

P.S.最近、台風に名前が付くのをご存知ですか?
今回は日本が命名する番で「Usagi(ウサギ)」
うさぎ座から取った名前だそうです。
うさぎ座?そんな星座があるのですね?!【微笑】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )