時々更新

日々雑感

転載: 平田アジト

2012-01-30 21:22:26 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog

平田アジト      作成日時 : 2012/01/11 16:25

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_54.html

 

 

平田アジト

創価警視庁さん、斎藤おばさんと平田が同棲していたと偽るため、以下の対策をご推奨します。

1.取り調べ中の平田の髪の毛を数本抜き、今から、「アジト」に撒き、鑑識に見つけさせてください。DNA鑑定で「いたこと」にできますよ。

2.近所の創価に目撃証言を偽証させてください。

3.斎藤の取り調べは、凶悪犯罪組織、東京地検が担当するので、いくらでも嘘をつけます。斎藤も全面協力するでしょう。地検が供述書を偽造し、斎藤に捺印させるだけで済みます。(可視化はまずいので、何か理由をつけて録画を止めましょう。)

頑張れ、創価警視庁!





   


      


この記事をはてなブックマークに追加

転載: 創価北朝鮮学会の三色旗の秘密

2012-01-30 21:18:58 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog

創価北朝鮮学会の三色旗の秘密    作成日時 : 2007/11/14 08:44

http://richardkoshimizu.at.webry.info/200711/article_23.html




 

                      

                           

創価北朝鮮学会の三色旗の秘密(HPバージョン)

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sanshoku.htm

朝鮮半島の全羅南道(1946年までは、済州島を含んでいた。)の出自であることを秘匿して、創価学会内部の済州島出身者(南朝鮮労働党残党。金日成主義者)主体の在日人脈による組織内組織を秘密裏に構築し、巨大カルトに君臨してきた池田大作(朝鮮名:成太作....ソンテチャク)。創価が、親北朝鮮の在日勢力が実行支配する謀略カルトであることを、身内に暗黙のうちに示すために、ソンテチャクは、1988年に「三色旗」を制定した。勿論、一般の末端信者はこの事実を知らない。そして、口をだらしなくあけ、よだれをたらしながら、ゾンビのごとく集団でソンテチャクを崇拝、妄信している。

三色旗 (Wikipediaより)
1988年に創価学会の旗として「三色旗」が定められた。ポールから順に青・黄・赤となり色の三原色が使用され、青は「平和」黄は「栄光」赤は「勝利」を意味する。ルーマニアの国旗と同一であるが、中心に学会の紋章や創価学園の校章が入ることもある。

青は「平和」黄は「栄光」赤は「勝利」という表向きの説明をしておきながら、その実、この三色は「三韓カラー」と呼ばれるものであり、朝鮮で用いられる伝統的な「民族色」である。この三色は、朝鮮の正装において用いられる基本的な三色であり、古いタイプの正規の民族衣装、チマチョゴリの彩色に使われている。(現在では、他の色も使われるようになっている。)この三色の旗を見たとき、在日半島出身者は、すぐさま、民族の色を想起する。そして、創価が、自分達のための宗教組織であることを再認識し、信頼と結束を深める。

その他大勢の無知蒙昧な日本人奴隷信者の群れは、この程度の計略にすら気付かず、ひたすら、在日朝鮮人教祖を崇め、私財を供出し、選挙で在日暗黒勢力のための投票をする。もうひとつの朝鮮半島宗教である統一教会の支配する自民党との連立を用いて、半島勢力、北朝鮮シンパ、半島ヤクザのための謀略政治が行われているのである。奴隷は、騙され、搾取され、洗脳され、利用され、思考能力すらない。奴隷の貢いだ金は、ソンテチャクの手で北朝鮮への秘密援助や、南米での麻薬取引への投資に使われているのである。ソンテチャク教団は、ロックフェラーの支配する世界麻薬シンジケートの一員でもあり、宗教非課税制度を悪用して、マネーロンダリングに従事している犯罪宗教である。背後で世界の闇勢力と提携している。

これだけ直言しても、創価学会が訴訟すら起こさず、沈黙している理由を、奴隷のかたがたはよく、考えてみていただきたい。洗脳で、殆ど思考能力はなくなっているとは思うが。

以下が、5年前から堂々と公開し、創価学会からクレームひとつつかない、ウェブ・ページである。とくとご覧いただきたい。

「創価学会は北朝鮮宗教である。」

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm

                              






この記事をはてなブックマークに追加

転載: 北鮮でデジの追悼をサボった勇士が次々と懲役、収容所送り、公開裁判に。

2012-01-30 21:16:11 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog

北鮮でデジの追悼をサボった勇士が次々と懲役、収容所送り、公開裁判に。  作成日時 : 2012/01/11 16:12

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_53.html




 

                       

                    

北鮮でデジの追悼をサボった勇士が次々と懲役、収容所送り、公開裁判に。

地上に残った最後の地獄、北朝鮮。でも、こんな馬鹿げたことを繰り返せば、本当に大衆が蜂起する。軍隊が飢えれば、王朝は動揺する。その日は近い。

<北朝鮮>故金総書記への不謹慎者を処罰か
アジアプレス 1月11日(水)13時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00000000-asiap-int
◇追悼行事不参加は強制労働 渡江者は公開裁判
(本誌特約=「デイリーNK」チェ・ソンミン 記者)

北朝鮮当局が急死した金正日総書記の追悼事業総括を終え、行事欠席者に対する強力な処罰を断行していると、北朝鮮内部から伝えられた。

咸鏡北道の内部消息筋は10日、デイリーNKとの通話で 「金正日の哀悼期間中、組織や地域の集会に参加しなかったり、参加しても涙を見せないなど不謹慎な者に対しては、最低で6か月間の労働鍛錬隊への処罰が下されている。三代世襲を非難するような噂を流布した者は、教化刑(懲役刑)になったり、家族の追放や管理所(政治犯収容所)への収容も適用されている」 と述べた。

また、別の内部消息筋が今月1日に伝えてきたところによると、「(先月)29日から各レベルの企業所、人民班が追悼行事総和(総括)を開始した。この総和事業を8日までに終了せよとの中央の指示もあって、相互批判会議と調査が毎日行われている」という。

当局は、追悼行事の総括作業に加えて金正恩氏への偶像化作業にも力を注いでる。先の消息筋は 「毎日、朝7時から夕方7時まで、通行人が多い道路の至る所に宣伝車を止めてせ、金正恩の偉大性を宣伝している。また、工場や学校、党機関、青年同盟員、女性連盟員などを対象に、毎日午前と午後に新年共同社説の学習と、金正恩の偉大性学習を息つく暇もなく行なっており、住民は疲れ果てている」と伝えた。

一方、哀悼期間中に、脱北や密輸を目的とした中国への渡江や、中国の携帯電話を使って外国と通話した住民が検挙され、各地で公開裁判が行われていると、この消息筋は伝えてきた。(「デイリーNK」チェ・ソンミン 記者)







     
  


この記事をはてなブックマークに追加

転載: 平田ちゃん:「だ、男性用の衣類や靴がなかった....」「ふ、布団も1人分しかなかった」

2012-01-30 21:14:49 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog

平田ちゃん:「だ、男性用の衣類や靴がなかった....」「ふ、布団も1人分しかなかった」      作成日時 : 2012/01/11 16:01

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_52.html

 

 

平田ちゃん:「だ、男性用の衣類や靴がなかった....」「ふ、布団も1人分しかなかった」のは「出頭前に日用品を捨てた」からとオウムの背後の創価学会が支配する警視庁が必死に言い訳。同じく創価学会付属毎日新聞が、人目を気にしながら報道。

結論:平田は、そんなところに隠れてはいなかった。あの~、警視庁の先生方、平壌の統一教会施設を家宅捜索してください。平田の痕跡いくらでも出てきますんで。w

ついでに警視庁に質問。ヒラタの手配写真、最初から改竄してませんでしたか?

<オウム事件>斎藤容疑者宅に男性用品なし 出頭前に処分?
毎日新聞 1月11日(水)15時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00000041-mai-soci

特別手配されていた元オウム真理教幹部、平田信(まこと)容疑者(46)をかくまったとして逮捕された元信者の斎藤明美容疑者(49)の東大阪市の自宅を警視庁が家宅捜索したところ、男性用の衣類や靴がなかったことが捜査関係者への取材で分かった。警視庁は、平田容疑者がいた痕跡を消すため、出頭前に日用品を捨てたとみている。

警視庁は10日夜、逃亡の実態を解明するため、斎藤容疑者の自宅マンションや勤務先の整骨院を捜索した。捜査関係者によると、女性用の衣類はあったが、男性用は残されておらず、布団も1人分しかなかった。教団との関連をうかがわせるものもなかったという。

また、偽名の「吉川祥子」名義の健康保険証が押収されたが、斎藤容疑者が使っていた携帯電話は見つかっていないという。警視庁は、斎藤容疑者が交友関係を隠すために携帯電話を処分した可能性もあるとみて追及している。

自宅マンションは、勤務先の整骨院が従業員用に借り上げた1Kの部屋で、両容疑者は04年6月に入居し、月5万~6万円の家賃を負担していたとみられる。斎藤容疑者は「それ以前は近くのアパートに住んでいた」と供述しており、警視庁が裏付けを進めている。整骨院で働き始めた経緯について斎藤容疑者は「募集で見た」と話しているという。【内橋寿明、小泉大士、喜浦遊】

 






  


この記事をはてなブックマークに追加