ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「原稿零枚日記」感想 小川洋子

2010-12-17 | 小説・漫画他

あちこち、ぷっ・・と笑ってしまうというか・・。偏執的な趣味だったり、視点(こだわり)だったり・・小川洋子さんらしさがあちこちに散りばめられている小説でした。4つ☆

まずは冒頭の「苔レストラン、苔の食べ物、苔をルーペで・・・」爆笑!!ホントに小川さんってば、どこからそういうイマジネーションが浮かんで来るのやら。

その他、「運動会荒らし」や「新生児室覗き」、子供の踝がくるみに・・・なども危険じゃない程度の変態趣味だったし、

個人的に、好きだったのが、学校から帰って祖母の部屋に遊びに行くと、どこぞの箪笥の奥から古いお菓子を出してくれて、それが独特の匂いや熟成具合になっていて好きだったという処。それ以後、お菓子をわざと賞味期限を過ぎるまでしまっておいてから食べるという趣味?になるというのも可笑しかったな。

「あらすじ教室」や「文学新人賞のパーティ」「現代アートのツアー」なども、それぞれ面白くて、なんというか小川さんご自身の話ではないのだけれど、こういう他人に害悪を与えないが自分の中でだけの変な趣味や、妙な思考とか・・は、有る意味とても幸せな事なんじゃないかな~って思いました。
パーティで、部外者なのに、何くわぬ顔で食べまくってる人という人が出てくる小説は沢山あっても、その人をかばうように助け船を出す・・・という展開は、他には無いだろうな~と、笑ってしまいました。

そうそう。南フランスのエクサンプロヴァンスで、バスで隣の席になった高名な小説化の名前が思い出せず・・という話も可笑しかったな~。ひまわりの種をおやつに食べてるのがピッタリ!というのも、風景や雰囲気が凄くしっくり来ました。

カイロウドウケツ/ドウケツエビ
ウィキ


ミツクリエナガチョウチンアンコウ
こちら

原稿零枚日記 2010-08-05


「ホテル・アイリス」「まぶた」「やさしい訴え」
「カラーひよことコーヒー豆」
小川洋子の偏愛短篇箱
猫を抱いて象と泳ぐ
「偶然の祝福」「博士の本棚」感想
妊娠カレンダー、貴婦人Aの蘇生、寡黙な死骸 みだらな弔い
薬指の標本 5つ☆ +ブラフマンの埋葬
「おとぎ話の忘れ物」と、「凍りついた香り」、「海」
「ミーナの行進」「完璧な病室・冷めない紅茶」感想

コメント (10)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 「リアルワールド」「優しい... | トップ | 「木暮荘物語」「天国旅行」... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
積んであります (こに)
2010-12-17 21:54:18
けど、小川さんの未読の文庫本を先に、と思って我慢してます

楽しみです♪
こにさん☆ (latifa)
2010-12-19 10:41:13
こんにちは~こにさん
もう手元に用意されているんですねー
こにさんの感想、楽しみに待っています
Unknown (なな)
2010-12-21 09:21:41
こんにちは。

最初から不思議な旅館とそして苔料理ですから…
今回の小川さんも絶対にハズレではない!と確信しました。
日記に書かれる色々なエピソードの一つずつが面白かったですね。
ななさん☆ (latifa)
2010-12-22 08:34:48
こんにちは、ななさん
日本が舞台とはいえ、相変わらずシュールというか、どこかヨーロッパのような、、無国籍感が漂ってる苔旅館・レストラン?でしたよね。

とても面白く読めました。
色々なアイディアが散りばめられていて、短編に終わらせてしまうのが惜しい作品もありました。
やっと読みました (こに)
2012-01-08 13:09:55
1年以上積んでました^^;
主人公に語らせていながら自分自身の心の底まで見せ付けられているような内容と小川さんの微妙な「変態」ぶり
楽しませてもらいました

こにさん☆ (latifa)
2012-01-09 10:01:06
こにさん、こんにちは
おお~1年以上積んでいたんですねー。こにさんは、いつも本を購入されているのかな・・・
私は図書館で借りるばっかりなので、読みたいタイミングに来ない、届いた時に読む気分じゃない・・って事もあって←ただのケチです

この本、後から思い出してもクフフと笑える要素が一杯で、お気に入りです。
小川ワールド! (aisym)
2013-04-17 10:39:41
ナンセンスなストーリーの狭間にそこはかとなく喪失感が漂う小説でした。その喪失感は、失くすより先にまだ手にしていないもの、みたいな…。
aisymさん☆ (latifa)
2013-04-22 15:01:07
aisymさん、こんにちは
そうですね、喪失感、小川作品には欠かせないキーワードというか、なんというか^^
>失くすより先にまだ手にしていないもの
 そうそう。そういった、妄想的喪失感?みたいのも小川さんは、とても素敵に上手に描きますよね。
原稿零枚日記 (存在する音楽)
2014-07-05 07:36:50
latifaさん梅雨とはいえ、梅雨じゃないみたいなですが、お元気ですか?

最近、読みました。
苔の話
いきなりやられました。
やはり小川さんの世界はどの作品も魅力的です。一気に読むともったいない気がして、少しずつ美味しいものを食べたいような・・少しずつ読みたいような気持になったりもします。
存在する音楽さん☆ (latifa)
2014-07-09 11:03:12
こんにちは、存在する音楽さん
わーい!これ、最近読まれたのですね。
苔の話、小川節爆裂でしたよね。
こういうの大好きです。

確かに小川さんのお話って、少しづつ、味わうのもオツです。

コメントを投稿

小説・漫画他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

原稿零枚日記 (ぼちぼち)
JUGEMテーマ:読書  ある作家の奇妙でいとしい日常。日記体小説原稿が進まない作家の私。苔むす宿での奇妙な体験、盗作のニュースに心騒ぎ、子泣き相撲に出かけていく。ある作家の奇想天外な日々を通じ、人間の営みの美しさと面白さが浮かび上がる新境地長編。...
「原稿零枚日記」小川洋子 (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 原稿が進まない作家の私。苔むす宿での奇妙な体験、盗作のニュースに心騒ぎ、子なき相撲に出かけていく。ある作家の奇想天外な日々を通じ、人間の営みの美しさと面白さが浮かび上がる新境地長編。 ある女性作家の日記なのです。とはいえ小川さん...
小川洋子「原稿零枚日記」 (お花と読書と散歩、映画も好き)
集英社2010年8月 第1刷発行234頁 9月のある日から翌年8月のある日まで、ひと月に数編日記を書いているのは、もう若くはない女性作家日常の出来事を書き綴った日記のはずが気づけば幻想の世界に導かれ、また知らぬ間に今日の終わりに戻される 最も感心したのは「○...
小川洋子・著『原稿零枚日記』 (ほぼまっすぐ読み 感想文綴り)
不思議な小説です。恥ずかしながら、私は当初エッセイだと思って読み始めました。 タイトルが示す通り、日記形式で綴られていて、冒頭に目次がないのです。してやられた、といった感じです。 ? そりゃ苔料理なんてヘンだと思いましたよ。昔住んだ家の間取りを方眼紙に書く...