ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

キム・ギドク作品まとめ、「うつせみ」、「悪い女」感想 

2007-01-01 | 映画感想 他
キム・ギドク監督 今までのフィルモグラフィー(★は私が見た映画) 現在、「鰐」から「息」まで、全部見ています。 ★「息」 感想 ★「絶対の愛」時間 TIME キム・ギドク 感想 ★ 弓 활(The Bow, 2005) 「弓」キャプチャー写真と感想+サマリア ★うつせみ 空き家 빈 집(2004) Pusty dom 3-Iron ★サマリア & . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (14)

「草ぶきの学校」「リトル・チュン」「4:30フォーサーティー」感想 

2006-10-31 | 映画感想 他
NHKのBS2で、アジア映画を立て続けに放映してくれています。11月1日からはじまるNHK「アジア・フィルム・フェスティバル」に併せてだと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

「トンマッコルへようこそ」と、「sad movie」感想

2006-10-29 | 映画感想 他
最近見た韓国映画の中で、一番面白かったのが「トンマッコルへようこそ」で、一番つまらなかったのが「sad movie」でした。 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (8)

藍色夏恋、アバウト・ラブの感想 チェン・ボーリン

2006-10-21 | 映画感想 他
先日、映画館で「シュガー&スパイス風味絶佳」を見て、脇役のチェン・ボーリンに興味が湧いて、「藍色夏恋」と「アバウトラブ」(東京・台北・上海を舞台に、3つのオムニバス映画)台北編は、「藍色夏恋」の監督イー・ツーイェン を見てみました。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

お知らせ 映画関係の画像が一部見えなくなってしまいました。

2006-10-09 | 映画感想 他
1週間前から、FC2の方で、画像規制を開始してしまいました・・(-_-;)。 今年の春以後の映画の記事で、見えなくなってしまった画像があるかと思います。すいません。 . . . 本文を読む
コメント

「イノセント・ボイス12歳の戦場」予備知識無くても良い戦争映画

2006-10-08 | 映画感想 他
イノセント・ボイス~12歳の戦場~Voces Inocentes 脚本を書いたオスカー・トレスさんの実体験ということで、日本劇場公開時、結構あちこちで紹介されており、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

村上淳主演「欲望」小池真理子 小説と映画比較

2006-10-08 | 映画感想 他
昨日yahooニュースで、「UA離婚!」と出ていて、UAのお相手ってそういえば、結婚当時はあまり知らない俳優さんだったけれど・・誰だったっけ?と思ったら、村上淳さんだったんですね。そうか~UAと村上さんは夫婦だったのか・・・。そういえば、何ヶ月か前に、村上淳さんが主演男優として出ていた小池真理子原作の「欲望」を見ました。主役女優は板谷由夏さんと、高岡早紀さん。 . . . 本文を読む
コメント (4)

武士の一分 原作「盲目剣谺返し」感想と、チラシ画像

2006-10-03 | 映画感想 他
9月12日に映画倉庫でアップしてた同じ内容をこちらにも持って来ました。 12月1日公開に向けて、にわかにTVでも、武士の一分について、取り上げられているのを目にするようになってきましたね。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

「ブロークバック・マウンテン」アメリカ地図と、「ホテル・ルワンダ」感想

2006-10-01 | 映画感想 他
2005年度ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞、アカデミー賞では監督、脚色、作曲三部門受賞を受賞した「ブロークバック・マウンテン」Brokeback Mountain 2005年映画を、見てみました。 . . . 本文を読む
コメント (6)

「誰がために」浅野忠信・小池徹平 矢野顕子の音楽サントラ試聴

2006-09-27 | 映画感想 他
妻を殺された被害者の夫(浅野君)と、殺人者(少年犯罪により、すぐに出所し普通に暮らしている 小池徹平)という配役に、ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、リュック・ダルデンヌ兄弟の「息子のまなざし」っぽい内容を少々期待してしまったのですが . . . 本文を読む
コメント (2)

鰐(ワニ)と、野生動物保護区域 Wild Animals キム・ギドク 感想

2006-09-26 | 映画感想 他
キム・ギドク監督の、初作品「鰐」1996年作品と、2作目の「野生動物保護区域」Wild Animals1997年を見ました。 . . . 本文を読む
コメント

「シュガー&スパイス風味絶佳」小説比較と、オアシス試聴他

2006-09-15 | 映画感想 他
この映画の原作、山田詠美さんの「風味絶佳」最近読んだ恋愛小説の中で、NO.1だった気がします。 映画のあのガソリンスタンドは、「バグダッドカフェ」のイメージでわざわざ造られたそうなんです。 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (2)

映画「クラッシュ」Crash 主要登場人物と感想

2006-09-13 | 映画感想 他
2005年アカデミー賞の作品・脚本賞を取り話題になった、ミリオンダラーベイビーと同じ脚本家さんの作品。 沢山の人が一杯出て来て、みんななんだかんだで、繋がっているといお話。こういう出演人物が多い映画は、基本的に苦手なのだけれど、似たような顔の人がいなかったので、割合混同せずに、見る事が出来ました。 それぞれの人間を、悪人かたや、善人という風に描かず、両方の面を持ってる処を描いていたのが、と~~ても良かった。 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (3)

「デュエリスト」「連理の枝」感想と、韓国映画の危機

2006-09-08 | 映画感想 他
「韓流は終わったという話が日本から聞かれる。今年5月、カンヌ映画祭で日本映画関係者から言われた」と切り出した。 「最近、日本が300万ドル以上をかけて輸入した韓国映画『美しき野獣』『連理の枝』『デュエリスト』『タイフーン』などが興行に失敗 . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (2)

「ラマン愛人」映画と小説と「北の愛人」マルグリット・デュラス

2006-09-07 | 映画感想 他
今回、思い入れがある映画につき、とても長文になってしまいました。マルグリット・デュラス(1914~96)が70歳の時に書き上げた自伝的小説を91年映画化したもの。これは私のお気に入りの映画なんです(って大声で言うのは、なんだかちょっと恥ずかしいんだけれど・・汗) . . . 本文を読む
コメント (8)