気ままなZOO

行った場所、見たもの、感じた事、気ままにねぇ…… きままなZOOです。旅のお話、動物園、水族館のお話を…

チョウチンアンコウ 男はつらいよぉ~

2006-11-14 | 水族館など


こんな生物をご存知でしたか~ w(゜o゜)w 


メスの身体の一部になるオス。( ̄△ ̄;)エッ・・?


この魚は、生殖のために
わずか4㎝たらずのオスが、その10倍以上のメスの身体にくっつきます。

そして
血管なども同化していきます。
メスから栄養をもらうので、やがて、口が退化し、目や消化器官もなくなる…

機能しているのは精巣だけ。。
生殖だけのために、メスの身体の一部になって存在するのです。

生殖の用がなくなると…

オスはメスの体に同化します。
同化?(・_・?

組み込まれて、いなくなってしまうんです。。。 (^◇^ ;) ほぇ~

      


夏に千葉中央博物館で見てきたミツクリエナガチョウチンアンコウ。

チョウチンアンコウの仲間です…

説明書きも画像にしたのでご覧下さい。
この個体は4匹のオスがくっついています。





まさに、パラサイト(´Д`) ハゥー


昔の言い方をすれば、「ヒモ」ですかね。
でも…この「ヒモ」の末路は哀れです。



まだ、地球には
深海には、いろいろな生物がいるなぁー 


他に、ここで見た深海の生物の話は→ここ
『魚』 ジャンルのランキング
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラゾーナカワサキ 大きなフード... | トップ | 11月16日のこと… »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こわっ (あっきー)
2006-11-14 23:48:22
ちょうちんアンコウって、こんな生き物だったの??
なんか凄すぎる
ちょっと鳥肌までたった...
女って、強いのね。かまきりも蜂もあんこうも...
あっ、うちは違いますから
あっきーさんへ (zoo)
2006-11-15 00:57:03
剥製の標本だから
こんなしわしわの感じになっているんでしょうね。
深海魚を生育するのは難しいから
生きている本当のチョウチンアンコウを見るのは
難しいかもしれません。
 
あっ、
うちも違うと、いっておけと
奥さまがおっしゃっいてました…
初めて知った! ()
2006-11-15 01:09:40
そんな♂と♀のあり方を

生物の種の保存本能ってすごいんですねえ。
そんなにしてまでと思っちゃいますけど…
食べちゃうカマキリよりいいけど、なんか不気味です

人間に生まれて良かった 
本物!!!! (さくらん)
2006-11-15 13:38:47
う~わぁ~、テレビで見た事あります、この魚のお話。
でも、その番組ではCGだったので
本物の画像を始めてみましたよっ
なかなかダイナミックなお魚さんだったのですねーー。
こういう命のあり方を知ってしまうと
女は強いっって思いますねー(笑)
私も・・・ (たれぞ~)
2006-11-15 19:16:27
TVでこのお魚の存在は知ってましたが・・・
悲しい・・・悲しすぎるぞ!!アンコウのオス

もし生まれ変わってもこのアンコウのオスにはなりたくないなぁ・・・
ウア~これこそ  (siki-oriori)
2006-11-15 19:41:34
zooさん「シンジラレーイ」です。
種の保存は・・・神秘的というより、まさに驚異的です。

Unknown (かんちょ)
2006-11-15 21:16:41
カマキリの例えでもそうですけど、オスって悲しい運命ですね。
だからこそ一生懸命生きる彼らってまた素晴らしいんですけどね。
人間ももっと生きる強さを持たないと…
っていつも思います。
ぎょえ~ (子りす)
2006-11-16 00:16:13
すごいですね!でもなんで同化する必要があるのでしょうねえ。メスの栄養になるとかなら子孫のために犠牲になると言えなくもないかもしれませんが。
京さんへ (zoo)
2006-11-16 00:40:26
♂と♀のあり方って難しいですよね。
種の保存が全てを決めるようですが、
深海という厳しい環境の中で生きる
生物たちの様子は面白いものが多いですよ(^_^)v
人間の世界も厳しいけれどもね。。。
さくらんさんへ (zoo)
2006-11-16 00:43:28
深海の魚の剥製の標本なので
より、グロテスクにみえるかもしれませんね(^^;)
厳しい環境の中で生き続けなければならない
生命の強さも感じます。
さくらんさんはこの話を
知っていたんですね
たれぞ~さんへ (zoo)
2006-11-16 00:45:14
オスは悲しいですね。
種の保存が大切だといっても
ここまで、徹することはないのにね。。。
すべてなくなってしまうなんてね
siki-orioriさんへ (zoo)
2006-11-16 00:47:21
驚異的ですよね。
このような生物が深海にいるなんて
シンジラレナーイです。。。
かんちょさんへ (zoo)
2006-11-16 00:49:31
そうかもしれませんね。
それだけ生命を維持することにけんめいなんでしょう。
どんなに厳しい環境でも工夫して生きる彼らの
力強さも感じてみたいものです。。。
子りすさんへ (zoo)
2006-11-16 00:52:30
同化してしまうことに驚きを感じます。
でも…
考えようによっては、
これで、それぞれがひとつの身体になって
生きていくことが出来るので、
ロマンチックかも(^_^)v←んなことない…
お久しぶりです♪ (yuka)
2006-11-16 09:42:38
ちょうちんアンコウって不思議な生き物ですね~!
しかも、体に4匹ものオスを同化させてしまうなんて~!
ビックリですね
オスからしたら、ちょっと悲しい運命のような気もしますが
でも、生命の強さを感じますね
yukaさんへ (zoo)
2006-11-16 11:54:32
厳しい深海の世界ですから、
このような形で種を保存していくんですね。
何匹もオスをつけているメスは
それだけ、魅力があるのかな?
でも、
こんな姿だけどね…(^^;)
キャー! (うめ)
2006-11-16 17:04:44
かわいそ 過ぎ

ZOOさん 人間で良かったでしょ・・・・

こちらも見に来ました(^^) (さんしょっこ)
2006-11-16 18:15:30
アンコウのオスは悲しいですねえ・・・。
私はメスに生まれましたが
メスの私だってオスに寄生されるだけなんてイヤかも・・・。

ちなみに私は亭主関白もカカア天下も理想じゃなくて
男女の力関係は5:5がいいです。
男女平等というからには、やはり。
うめさんへ (zoo)
2006-11-16 23:36:45
まあ、
今の私も、いつかは奥さまに…(^^;)
さんしょっこさんへ (zoo)
2006-11-16 23:39:49
おひさしぶりっ
早速の訪問、ありがとうっ

五分五分がいいですよね(^^)/
なんでもかんでも半分に出来れば、
生きる上での苦労も半分になるのにねっ(^_^)v
おそろし- (ヤッスー)
2012-08-12 13:52:35
この生き物は今まで知りませんでした。
オスがメスの体に4匹も噛み付くなんておそろしい生き物ですね(小2)
ヤッスーさんへ (ずぅ)
2012-08-12 18:12:52
コメントありがとうございます☆

深海には不思議な生物がたくさんいます。

たくさん勉強して
さまざまな生物の魅力を知るといいですね(#^.^#)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。