しなやかによりしなやかに美しく

ディスポ医療機器 京中貿易(1992年設立)を主題に会社のこと、
製品のことを。小田個人の太極拳も併せて。

環境ISO14004企業(2022年11月26日)看板が出来た

2022-11-28 16:52:13 | Weblog

「環境ISO14001企業」の看板ができた。

ようやく看板ができて、ようやく玄関の壁に掛けた。
中国からは、マークが即座に返ってきた。
白いので、「京中貿易」「京冷医療器械」の表札にも目がいき易い。

皆の力で一歩、一歩前進するのはいいことだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋の余呉湖(2022年10月21日)何も無い、から何でもある。

2022-10-26 17:11:42 | Weblog
今年の大雪の日以来の余呉湖はすっかり秋に変わっていた。
ここは何もない。スーパーはおろかコンビニも無い。
もちろん遊戯施設もない。たまにヘラブナ釣りの人が湖畔にみえるだけだ。
観光土産もの兼食堂とレストランが湖畔にある。

周囲6.8kmの道を電動自転車で走るのはすっきりとして最高だ。

何も無い、から何でもある。とも言える呉湖の時間を愉しんだ。

次はいつ行こうかなあ・・・・・


余呉湖には秋がいっぱい。草花も木々の実も。


水草の根は2m、3mも。逞しすぎる。


「鏡湖(きょうこ)」とも呼ばれる余呉湖は、何時の季節も静かに美しい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

環境マニュアル(ISO14001)第一稿終了(2022年10月25日)

2022-10-26 17:00:47 | Weblog
環境マニュアル(ISO14001)第一稿が終了した。

全第4条~10条で、ISO基準に沿ってJIS規格を読み理解して
作成したもので京中貿易用が運用できるものになった。

2022年7月22日のセカンドステージ終了後とりかかり
すっきりしたマニュアルになった。

これは下書き的なもので、実際の運用を併せて第二稿に
ブラッシュアップしていく。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京中貿易32周年(1991年12月12日設立)

2022-10-05 12:41:54 | Weblog

京中貿易 32周年

「1991年12月12日設立」で今年は32周年になる。
イチニイチニで決めた設立日だが、確実な足取りの1、2、1、2、
で進んでいこう。

今は10月なので写真アップが少々早すぎたかな?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

環境ISO14001マネジメントシステム登録書 2022年8月19日

2022-08-22 11:47:38 | Weblog
【ISO14000】を取得しよう!

こう発したのが今年22年の2月のこと。
「何で??」「えらく難しいよ」さすがにそれは何?という声はなかったが、
周囲の「???」の中で、そやけど何からしたらええんや、と
言い出しっぺの本人もネット検索で教本読みから始めた。
申請、審査の手順を踏んでいき、
そして2022年8月19日登録書が送られてきた。

思うにこれは「三方よし」で知られる近江商人の家訓の国際版なのだ。
そう思えてからは!SO14000が自分の中でこなれてきた。

さあ、これに恥じない会社の存在であるために、
これからの時間を費やそう。



  ISO14001マネジメントシステム登録書 2022年8月19日


  ISO14001付属書
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年7月31日(日)大津歴史博物館

2022-08-02 17:46:18 | Weblog
暑い日だ。京阪「大津市役所前」で下車。
大津歴史博物館まで歩5分の距離は、午前中の行きはよかったが、
帰りの午後の暑いこと、焼けたアスファルトの照り返しが大変だ。


パンプキン爆弾(博物館の玄関奥にどっかりと置かれている)
その隣はお地蔵さん。これも大きかった。


パンプキン爆弾説明板

 「パンプキン爆弾」と名がつけられた理由は、形がずんぐりしていて、
表面がパンプキン(米国産のかぼちゃ)の色に塗られていたからです。

 この爆弾は、昭和20年7月20日から8月14日(終戦の前日)まで、
日本各地に投下されました。投下の目的は、米軍が日本に
原子爆弾を落とすための予行練習でした。

 そのうちの1発が、7月24日午前7時47分、東洋レーヨン(現:東レ)
石山工場に落とされ16名の命を奪いました。 また、爆風により
隣辺の家屋の窓ガラスが割れたといい、被害の大きさがうかがえます。

 このパンプキン爆弾の実物は、8月9日、長崎に投下された原子爆弾と、
大きさも重さも同じにつくられていました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年7月21(木)22日(金)ISO14001審査セカンドステージ完了

2022-07-26 18:29:01 | Weblog
2日間の「ISO14001」審査が完了した。
一日目であらかたが終わり、この日は疲れた。
二日目はISO14001の地球規模の環境と未来の話と審査のまとめ。

≪所見≫では、ディスポ医療機器「薬機法」を基本に
日々の業務をISO運営・管理に焦点をあてること。
スリムなシステムを目指しており、ISOシステムの運用が期待されること。
≪改善≫の指摘はなし。
≪グッドポイント≫は、内部監査のチェックリストとしてレベルの
高い点を評価された。
≪改善の機会≫以下の4点
1. 日々の業務をISO運営・管理に焦点をあてること。
2. 緊急事態(セコム)の実際と手順書の整合性を検討する。
3.マネジメントレビューで、14001と薬機法との関連性を整理する。
4.マニュアルのレビュー

さて、これから実の入った運用に移ろう。
次の審査までの1年はあっという間だ。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年7月21(木)22日(金)ISO14001審査セカンドステージ

2022-07-01 11:09:55 | Weblog
2022年7月21(木)22日(金) ISO14001:2015 審査  9:00~16:00
登録審査(セカンドステージ)
審査の目的:対象となるマネジメントシステムについて、審査基準への適合の決定および、
      該当する法令・規制及び契約上の要求事項を満たすための能力の
      評価ならびに、特定した目的を継続して満たすための有効性の評価、
      をおこなう。

      登録審査(セカンドステージ)の場合、当該マネジメントシステムの
      有効性を含む実施についての評価を来ない、JQAへの認証登録推薦の
      可否を判断する。
      ※ファーストステージ審査結果に基き、今回審査ではm管理責任者に
       焦点をあてます。
審査機関:JQA
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年6月8日(水)ISO14001審査ファーストステージ

2022-07-01 10:38:47 | Weblog
2022年6月8日(水)ISO14001:2015 審査  9:00~16:00
登録審査(ファーストステージ)
審査の目的:セカンドステージ審査への準備状況の判定、及び
      セカンドステージ審査計画に必要な情報の収集
審査機関:JQA

ISO13485は医療機器製造の整備、ISO14000は環境、だと
思っていた。が、14000は環境だけではなかった。
環境方針に「売上げ」が来る。そして人、物、金の資源がきて
地域がくる。よくよく考えてみるとなるほど、その通りだ。
主旨が非常に分かり易い。何よりも会社存続のツールとして最適だ。
しかし、法律用語と業界用語の分かりにくいこと。
業界用語に慣れるころには京中貿易は成長しているだろう。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年5月4日(水)賤ケ岳の武将像

2022-05-15 10:54:47 | Weblog
4月29日(金)関ケ原古戦場記念館(滋賀県)
5月3日(火)鞍馬寺(京都)
5月4日(水)賤ケ岳(滋賀県)
5月5日(木)伊吹山(滋賀県)
こうして並べてみると、今年の連休も近場を巡り歩いている。
毎年恒例の鞍馬寺以外の3か所は、コロナ前から行きたかったところで
嬉しい連休だった。

4月29日(金)関ケ原古戦場記念館(滋賀県)

滋賀県と岐阜県にまたがって天下分け目の戦いと言われる関ケ原。
コロナ‐で長らく閉まっていたがようやくオープンとなり
雨の日は傘の要らない室内施設に、と出かけた。
合戦のシアターの臨場感のあること。自分も参加している感じだ。

5月3日(火)鞍馬寺(京都)

この時期恒例の鞍馬寺~貴船へ。
昨年、一昨年を違って人の多いこと。
ケーブルは40分待ちで、歩きで登る。
山間のこの地域は、平家との関わりが深く、
雅びた集落の匂いがする。

5月4日(水)賤ケ岳(滋賀県)

賤ケ岳山頂に吊るされているお札。
子供がこんなお札を書くとは。

賤ケ岳山頂の武将像
戦い済んで、、、、武将の胸には何が去来しているのだろう。


賤ケ岳山頂からの余呉湖。鏡のように美しい。
以前は「鏡湖(きょうこ)」と呼ばれたそうだが
土地改良事業などで汚れもでてきている。
反対の左側は、琵琶湖の北端の湖。


5月5日(木)伊吹山(滋賀県)


米原からの登山バスの運行がが始まった。
緑、緑の中を約40分。京都と違って山が高く連峰になっている。

コロナの間は近場ということで、京都を歩き、滋賀を歩き、だった。
歴史も人物も食べ物も色んな発見のあった近場だった。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする