Ke

ウィンストン・スミス+河村康輔『22 IDOLS』

2011-03-11 10:55:01 | Weblog


GREEN DAY、DEAD KENNEDYS、BEN HARPERなど、アメリカの有名アーティストのジャケットを数多く手がけるUS PUNK ROCK界のシュルレアリストWinston Smithとサンフランシスコでの単独個展「TOKYO POP!!」が記憶に新しい河村康輔。コラージュアーティストWinston Smithの作品をコラージュアーティスト河村康輔が切り貼りで新たなICONに作り変える新しい試み。

(WINSTON SMITHのオリジナルCRO$$11点+未発表作品5点|河村康輔のコラージュによる11点+未発表作品5点=計32点掲載|限定ハードカバー仕様)

MORE DETAIL




WINSTON SMITH
カリフォルニア在住。コラージュ・アーティスト。DEAD KENNEDYSやGREEN DAY、D.O.A.、 NoMeansNo、JELLO BIAFRA、BEN HARPERやその他、沢山のアメリカの有名なパンクバンドのアルバムのジャケットを手掛ける。世界各国で展示を開催し、超現実的であり社会批判的なコラージュ作品で広く知られている。The New Yorker Magazine、Spin、Playboy他の表紙やイラストを含め、本の表紙、記事や雑誌の表紙なども手がけている。彼による数々のデザインはAlternative Tentacles RecordやHurley Internationalにより、世界中に出回っている。ウィンストンのデッドケネディーズのDKロゴやAlternative Tentaclesのコウモリロゴはアパレルやアクセサリー業界にも広く流通している。彼はまたバンドやイベント用のスケボーやポスターのデザインも多数手がけている。サンフランシスコ・アンダーグラウンド・アートシーンの最重要人物である。

KOSUKE KAWAMURA
1979 年広島県生。東京在住。グラフィック・ド/ザイナー、特殊デザイナー他プラス・ワン、コラージュ・アーティスト。 06年、根本敬氏個展『根本敬ほか/入選!ほがらかな毎日』入選。「ERECT Magazine」をINUNCHUと立ち上げる。「ERECT Magazine」アートディレクター。アパレルブランド、「VANDALIZE」Tシャツコラボレーション、「NADA.」のグラフィック。様々なライブ、イベント等のフライヤーや根本敬、中原昌也、宇川直宏、地引雄一、等の装丁、デザイン等を手掛ける。季刊誌「TRASH-UP!」に根本敬氏と共作で実験アート漫画「ソレイユ・ディシプリン」を連載中。07年よりシルクスクリーンの版を使った作品、ライブシルク・プリント、貨幣価値に焦点を当てた作品を制作開始。今まで様々な場所でコンセプトを重視した展示を行う。また、Winston Smith、KING JOE等と共作、美術館、ギャラリー等で個展、グループ展に参加。ブックデザイン、DVD・CDジャケットデザイン、広告、アパレル、イベント企画、その他無差別(無意識)に様々な媒体で活動。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【開催延期】3/19(土)「幡ヶ... | TOP | 『幡ヶ谷ツー Vol.1』開催延... »
最新の画像もっと見る

Recent Entries | Weblog