愛犬まるのつぶやき日記

キャバリア「まる」の日常を写真付きで綴っていきます。

「まる」の秩父車中泊記~あけぼの子どもの森公園編~

2017年11月30日 13時55分47秒 | 車中泊
道の駅「果樹公園 あしがくぼ」で昼食を食べたあと
飯能市にある「トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園」へ


ここはムーミン童話の世界を感じられる児童公園として「あけぼの子どもの森公園」から
「トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園」に改名した場所です(^_^)

周りには市民体育館や野球場もありますが
ムーミンの世界を思わせる メタセコイアとも呼ばれる「あけぼの杉」が
いい感じですね

変わった形のライトかな?





奥の方に変わった形の橋がありますね(^_^)

「まる」も興味持った?

これは「きのこの家」です
「まる」とパパは外で待っていてもらって 私だけ中へ

これは暖炉ですかね



階段の途中にも中二階のようなお部屋があったり 不思議な空間でした(^_^)

「まる」は私が出てくるまで こんな感じで待ってたようです

さらに別の場所へ行くと

休憩用の椅子も変な形(^^ゞ



後ろに見えるのは「水浴び小屋」



とんがり屋根が面白い


他には木の砦があったり



「ニョロニョロ」?の椅子

『そうだね へんなのがいるね(^^ゞ』



そろそろ帰ろうとしていると キャバちゃんがいました(^_^)

ブレンハイムの「パティちゃん」

一緒に写真を撮りました(^_^)

朝が早かったのでちょっと休憩とお昼寝を

このあとは家に帰りました
帰りは圏央道を通らず一般道だけ通ったので4時間掛かりました(^^ゞ

これで今回の秩父への車中泊ブログは終わりです
最後までお読みいただき ありがとうございました

にほんブログ村
コメント (4)

「まる」の秩父車中泊記~恐怖の吊り橋と道の駅編~

2017年11月29日 11時36分40秒 | 車中泊
「三峯神社」の帰り道 「秩父湖」の手前に吊り橋がありました
行きの時にあるのを見つけていましたが 県道278号を走っている時に
「吊り橋への入口」と書いてある場所を見つけて 行ってみることに


県道から見た吊り橋 あとで名前が分かりましたが「大洞橋」とか「大洞川吊り橋」と
呼ばれているようです

車が3台ほど停められる場所の崖側に 「吊り橋入口」の看板がありました
そこからいきなり急な坂 それも整備されていない細くて舗装もされていない道が

写真だと どこが道になっているか分かりずらいと思います



足を滑らせると 谷底へ落ちてしまう恐怖の道です!

当然「まる」を歩かせることはできませんから 抱っこして行きました

『危なくて歩けないよ』

滑落の恐怖と戦いながら ようやく吊り橋へ到着

そしてここでもまた恐怖の言葉
「一度に五人以上渡らないでください」の注意看板が!
これってほんと?

それなりに頑丈にできているように見えるけど・・・
他にはもちろん人がいませんし 二人と一ワンなので渡ります

渡っているうちに五人しか渡ってはいけない理由が分かりました
足元の木の板が問題なんじゃないかなと
平成2年に張り替えられてそうですが もう30年近く経っていますし
穴の開いているところもありました



川の上で それも相当高い場所にあるので風が強い
それでも対岸まで一度渡り切りました

対岸には登山道の入口もありましたが 片側は落石のため通行禁止でした
すぐに戻ることに

ここで橋の上を走る「まる」を撮ろうと パパが先に一人で中央へ
でも「まる」が動かないので 私もパパのところへ行って呼びました







ようやく来てくれました(^^ゞ
橋から改めて「キャバ号」を停めたところを見てみると

ずいぶんと遠い所にありましたね
また恐怖の道を通り駐車場へ戻って そのあとまた恐怖が!
「キャバ号」を発進させるときに バックギアに入っていなくて少しだけ前へ・・・
すぐ前は崖・・・ちょっと怖かったです

気を取り直して秩父へ そこからさらに飯能市を目指しました
R299を走ってその途中 横瀬町の道の駅「果樹公園 あしがくぼ」へ立ち寄り

ここへ来る前には飯能市のワンコOKのお店でお昼を食べようと考えていましたが
お昼近かったので ここで食べることに



こちらが食堂



「ずりあげうどん」が有名なようですね(^_^)

私は「ずりあげうどん あしがくぼ5点セット」
パパが「田舎うどん あしがくぼ5点セット」を注文
さらに追加で「しいたけ天ぷら」も

建物の外でも食べることができるので 「まる」を連れていても平気!

「まる」は私が注文したものを取りにいている間 こんな感じ(^^ゞ

右が「ずりあげうどん」 コシのあるうどんが良かったですよ(^_^)

「まる」にもうどんを少しおすそ分けです
ご飯のあとそばを流れる川へ降りて散歩

飛び石の上で一枚!

ここから飯能市の「トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園」へ行きました

その様子はまた明日のブログで

最後までお読みいただき ありがとうございました

にほんブログ村
コメント (2)

「まる」の秩父車中泊記~三峯神社編~

2017年11月28日 13時24分50秒 | 車中泊
「雲海」を見たあとは 関東屈指のパワースポットにも数えられる「三峯神社」へ
毎月1日には特別な「白いお守り」が配布されることでも知られていますね
その日は「三峯神社」へ続く道路が大渋滞するそうです(^^ゞ
さて今日はどうか?

「秩父ミューズパーク」からはR140をひた走りました


ここまでは順調
R140から県道278号への分かれ道にある「秩父湖」の「二瀬ダム」を通過



ダムの上が道路になっています 交互通行です
朝8時前に「三峯神社」へ到着 渋滞なしに来ることができました(^_^)



この辺りは標高1,100m 周りの山々とも同じくらいの高さまで来ました

まずは駐車場で朝食を(^^ゞ

スープと菓子パンで済ませました

さていよいよ境内へ
「三峯神社」はワンコもOKですが 神域なのでオシッコしないようにマナーベルトを

『そうだよ ちょっと我慢だよ』

階段を登っていきます

まずは「三ツ鳥居」前へ 珍しい形の鳥居です



狼が守護神ということで 狛犬ではなく「狼像」がありますね
「三ツ鳥居」を過ぎて進むと「随身門」に到着

『通るよ』

彫刻が色鮮やかです(^_^)

睨まれている感じ(^^ゞ

門をくぐりその先へ

『そうだね』

『そうだよ』

さて参道を進んで「拝殿」の前まで来ました



ここも色鮮やかな建物ですね(^_^)
「拝殿」の前には「龍」が現れるという石畳が

石畳に水をかけると「龍」が現れるそうです
ちょうど先に参拝した人が水をかけていたようで~

出ていました! 瑞兆として崇められているのかな?パワーをもらいました(^_^)
それからさらに境内の奥へ

「御仮屋」へ

三峯神社の御眷属 大口真神(お使い神、お犬さま)のための仮のお宮だそうです

山犬の像とご対面した「まる」です
それから拝殿へ戻り 「神木」のところへ



社殿の左右にある「神木」は樹齢800年 この木に触れて「気」を頂くことに



「まる」も「神木」に触れて「気」を体に注入(^_^)
パワーをたくさんもらえましたね!



『「ヤマトタケルノミコト」だよ』
「日本武尊」の銅像も見て「三ツ鳥居」を抜けて 「山麓亭三峰お犬茶屋」へ

「いもでんがく」が気になって食べたいと思って(^^ゞ

手前が「いもでんがく」で奥が田楽こんにゃく 合わせて500円なり
味噌がいい味の「いもでんがく」 どちらも美味しかったですよ



「まる」にも少し食べさせてあげました(^^ゞ

パパはご朱印もいただきました

このあとは来た道を秩父へ戻り
そこから飯能市の「トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園」へ行くことに
その様子は明後日のブログで
明日のブログは「秩父湖」近くにあった吊り橋へ行った様子を書きます

最後までお読みいただき ありがとうございました

にほんブログ村
コメント

「まる」の秩父車中泊記~雲海編~

2017年11月27日 13時15分04秒 | 車中泊
道の駅「ちちぶ」で車中泊した翌日の24日
この日は「雲海」ウォッチに挑戦です!

起床は5時 顔だけ洗い朝食も採らずにウォッチ場所へ急ぎました
場所は「秩父ミューズパーク」の展望台 前日の夜に夜景を見た所です(^_^)
到着は5時30分頃 ですがすでに展望台にはカメラの三脚をセットした人がたくさん
それでも3列目に陣取って秩父の街を見てみます
まずスマホで写真を撮ってみました



ちょっとボケちゃいましたが 街を流れる「荒川」の上あたりに雲が出てますね~

こちらは一眼レフカメラ 雲は形を変えながら動いていきます

「まる」も見たかな?
あまり「まる」を抱っこしたまま立ってられないので
パパだけ残して私は展望台を降りました

『写真とってるんだよ』
このあと少し周りを散歩したりして朝陽が昇るまで待ちました(^^ゞ

その間パパは写真を撮り続けていました





風もあったので雲は流れていったりしていました



刻々と姿を変える雲 かなり街を覆いだしました
でもまた晴れてきたり





「秩父公園橋」も道路部分が見えたり見えなくなったり

街の方へ雲が流れて行っています



街全体を覆うまでは広がりませんでしたが 一応「見れた」ということで(^^ゞ
前日に雨が降っていたので 条件がそれなりに整っていたのでラッキーでした
11月は出現確率が5割弱ということですからね(^_^)

そのうちに朝陽が昇ってきました



寒い中待ったかいがありました!

展望台の周辺は紅葉も素晴らしいです

木々の間から朝陽が見えたり

『ほんとに綺麗だね』

落ち葉もたくさんありました



「錦秋」という言葉も当てはまるような景色



綺麗でしたね~


ここでお遊びを(^^ゞ

「まる」には頭の上にもみじの葉を載せてもらいました(^_^)

『綺麗な色の葉っぱだよ』

このあとは「三峯神社」へ行くため駐車場へ




「三峯神社」への参拝の様子は 明日のブログで

最後までお読みいただき ありがとうございました

にほんブログ村
コメント (4)

「まる」の秩父車中泊記~秩父の夜景編~

2017年11月26日 14時16分39秒 | 車中泊
今日から数日は 23日から24日にかけての秩父への車中泊のブログです
お付き合いください(^_^)

11月24日はパパの会社が休み 私も休みを取って23日の午後から車中泊へ
今回が10回目の車中泊です

行先には迷いましたが ここそらパパさんのブログで秩父の雲海と三峯神社が
紹介されていたのを見て今回の行先を 秩父に決めました(^_^)
雲海を見るのが大きな目的 11月は5割くらいの確率で見れるとか
チャレンジです!

さて23日は午前中は二人とも仕事 出発は午後2時!

今回は「圏央道」を「狭山日高IC」まで走りました
途中「狭山PA」で休憩

ここで狭山茶ソフトクリームを食べました(^_^)

「まる」も見るなり我慢できなそう(^^ゞ

もう我慢も限界?

おすそ分けをもらった「まる」でした

「狭山日高IC」からはR299を秩父へ向けてひた走ります



「高麗川」沿いを走るR299 紅葉も進んでいました

芝桜で有名な「羊山公園」を通り過ぎ 秩父市街地へ入りました
この日は秩父の夜景を見ることが目的
なのでまずは「蓑山」にある「美の山公園」からの夜景を見に行きます(^_^)
5時前に到着 夕焼けの時間にも間に合いました!

早速展望台へ

標高580mあまり 紅葉も見ごろです



だんだん暗くなってくる中を展望台へ向かいます

『美の山公園だよ』 展望台へ到着

遠くの山々の向こうに夕焼けが見えました(^_^)

徐々に街の灯りや車のヘッドライトが見えてきます

綺麗です!

『そうだね 「まる」は怖くない?』

いい景色が見れました
さてこの後は 「秩父ミューズパーク」へ行き そこからも夜景を見ることに
「美の山公園」からは「キャバ号」で約40分のところに「ミューズパーク」はあります
ここは24日の朝に雲海を見に行くところ 事前の下見も兼ねて行くことに
「秩父ミューズパーク」は広い! 駐車場も何か所もありますが
展望台に一番近い駐車場へ 着いた頃には辺りは真っ暗

「ランタン」と小型のLEDライトを持って展望台へ

真っ暗な道を歩きます

「まる」は暗くても平気のようです
駐車場から約5分 展望台へ到着

「公園橋」が綺麗(^_^)

ここからはまた違った夜景を見ることができました

時間は6時半過ぎ
この日の車中泊場所は「ミューズパーク」内がいいかと思っていましたが
車中泊している車も少なく それに暗い所が多いので諦め
それでも温泉には入りたいので 園内の「PICA秩父」へ
「PICA秩父」はコテージがあるエリア
その前に駐車場に「キャバ号」を停めて車内で夕食

この日は即席うどんとおにぎりの簡単夕食(^_^)

夕食もそこそこに温泉へ

センターコテージで料金を支払い そこから場内の日帰り温泉施設「樹音の湯」へ



ここは元温水プールだったそうです



更衣室は綺麗ですね

元温水プールだったせいか造りが変わっています(^^ゞ



浴場の近くには洗い場がありません 洗い場は更衣室に隣接したところに
それもカランがなく シャワーだけでした(^^ゞ
貸切状態で入ることができましたよ

そして宿泊場所へ この日は「道の駅 ちちぶ」での車中泊と決めました

小宴会もしましたよ(^_^)

「まる」にもおやつを



翌日は5時起きなので22時にに就寝しました

明日は「秩父ミューズパーク」へ「雲海」を見に行った様子を書きます

最後までお読みいただき ありがとうございました

にほんブログ村
コメント (2)