永続優良企業への「変化と継続」井上経営研究所

中小零細ファミリー企業版『長寿幸せ企業』の実践経営事典2019
なぜあの会社が短期間で無借金会社に生まれ変わったのか?

『長寿幸せ企業』経営支援室メールマガジンからのおすすめ書籍

2017年04月14日 | 会員専用経営支援室から「長寿幸せ企業」に近づくためのおすすめ書籍
[4月ご紹介書籍]
☆   ■中澤康彦著「星野佳路と考えるファミリービジネスマネジメント」日経BP社

  後継者問題でお悩みの経営者、特に経営者の子女にどう自社に興味をもたせるかについてはヒントになります。
 たとえば、子女がやりたいことがあって、会社を継ぐのを嫌がっている場合は・・
 
「ベンチャー企業として事業を立ち上げるには、事業資金を工面すると同時に(中略)さらに、成功には『運』が絡んでくることも多い」これに対して、ファミリービジネスの後継者は先代がつくってきた事業基盤をそのままリスクを抱えることなく、時期告げる強みがある。先代の築いてきた事業が強固なものならば、後継者の失敗を吸収することが出来る。」(p41)
 
 「若い人たちでベンチャー企業の経営者になりたいと思っている人はたくさんいます。しかし、ベンチャー企業の最大のリスクは大半がつぶれることです。ごく一部は巨大になることもあるかもしれませんが、まれです。ところが家業というのはずっと継続してきたから、何か特別なことがなければすぐにはつぶれません。その間に第2創業というか、ベンチャーとして新しい方向に踏み出すことも大きい。」(p126)
 
ことなどを説明し、自分のやりたいことを自社の新規事業として取り組めば、もっと大きく花開かせる可能性が大きいことを説得できます。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第4章(4)健全企業から優... | トップ | 第4章(5)これから100... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

会員専用経営支援室から「長寿幸せ企業」に近づくためのおすすめ書籍」カテゴリの最新記事