きつつき工房 ブログ

きつつき工房の職人の独り言

「財政の崖」

2013-01-23 19:25:30 | 社会・時事
 昨年暮れから年始にかけて、アメリカが「財政の崖」を回避できるかどうかというニュースが大きく取り上げられました。
 「財政の崖」というのは、減税の期限切れによる増税と政府の歳出削減が同時に起こり、崖を落ちるように一気に景気が悪化する懸念を示したものです。暫定措置ながら、とりあえず崖は回避できるようになったようです。アメリカ経済は世界経済にも影響しますから、これが日本でも大きなニュースになるのはわかります。
 しかしわからないのは、日本のマスコミは、日本の「財政の崖」の心配はしないのかということです。
 今年3月には金融円滑化法の期限が切れ、中小企業がこれまで猶予されていた借金の返済を一気に迫られ、経営が悪化する懸念があります。さらに、年金・子ども手当・生活保護の減額、扶養控除廃止、年金・医療保険料の引き上げ等の歳出削減策がつづき、消費税の増税が控えています。今後、2015年まで2年にわたって、崖に匹敵する急斜面が続き、最後に大断崖が待構えているのに、それを指摘するマスコミはありません。
 政府や日銀が「崖」と言ってくれないから自分では気がつかないのでしょうか。それとも、自分たちが消費税増税を後押ししたのであえて目を背けているのでしょうか。
 消費税増税は、日本の「財政の崖」です。アメリカ議会の動向が詳報されたよりさらに大きく日本では報道され、対応を考えなければならない問題です。それを日本のマスコミは、鈍感だからなのか、あるいは確信犯としてなのか、伝えようとしないのです。これでは、マスコミは、少なくとも批判精神が必要とされるジャーナリズムとは言えません。
 私としては、今夏の参院選挙で自公民などの消費税増税政党に投票するのは、自ら崖に身を投げるようなものだと思いますが、そういう考えはなるべく世間に伝わらないようにと、マスコミの皆さんは考えているのでしょうか。
コメント

白鳥見物

2013-01-13 22:30:53 | 安曇野


1月13日は、高気圧におおわれて、いい天気でしたので、
寒い冬の楽しみのひとつ、白鳥を見に行きました。
犀川の御宝田遊水地で北アルプスをバックに白鳥が浮かんでいます。

大勢の人がきて、カメラマンも多数いて大きなレンズを構えています。
白鳥が飛び立ったり、羽ばたいたりする瞬間を待ちかまえているようです。
私は、たくさんいるカモ類を眺めていましたが、
昼近くになると、十数羽の群れで飛び立ったり、舞戻ったり、水面がにぎやかになりました。


コメント

謹賀新年

2013-01-01 09:22:33 | 社会・時事

 昨年末の総選挙では、自民党が「圧勝」しました。議席数では確かに大勝利ですが、得票率では、小選挙区でも4割、比例区では3割に届きません。この程度の得票率で公明党と合わせて議席の3分の2を制圧してしまうことができるのは、300ある小選挙区で8割の議席を独占したおかげです。
 小選挙区では、比較第1位の人が1人しか当選しません。2位より1票でも多ければいいのですから、2割くらいの得票率で当選する場合もあります。その他の8割の有権者の意思は切り捨てられてしまうのです。
 これを「民意の集約」といって、小選挙区制が導入されるときに、マスコミが盛んに宣伝して、すばらしい選挙制度であるかのようにいいふらしました。
 選挙の結果にも強い危機感を持ちますが、我が国では、大企業の広告収入に依拠する大新聞などお金持ちのマスコミと高給取りのマスコミ社員が、本当のことを伝えていないことが、自民党の「圧勝」を下支えしているわけで、そこにも恐怖をおぼえます。消費税を増やせ、増やせと政治家の尻をたたいて、あおっているのもマスコミです。
 あれほどの福島第1原発の事故がおきたにもかかわらず、反原発勢力は国会では少数です。大企業ではなく国民の立場に立った経済運営を考える勢力も少数です。
 悲しいがあきらめるわけにいかない。微力でも、間違ったことには間違っていると言い続けたいと、年の初めに改めて思いなおしたいと思います。夏には参議院選挙もありますから。

切り絵は、サキシマバイカダで「先島梅花蛇」。伊良部島~西表島に棲むとても細長い美しい蛇です。毒はない。

今年もよろしくお願いします。
コメント