猫的下僕生活

先代&現役黒タヌキ版。壁のシミまで猫に見える猫ジャンキーsiamの猫的下僕日記

細胞診結果

2007年11月21日 | ぴ~なっち♪

 
 去年買った「マザーボール」
全部ボアで、形も自由なベッド。お母さんに抱かれてるようなあったかさが売りだそうだ。。。
一年持たずに、縫い目がほころんでしまったけど
ひっくり返して使えばノープロブレム!
なちも気にいって潜ってました。保温力が高くて、1人で眠るなちの体もほっかほかだよん♪


 【 welcome 】 で、登場人物の紹介等、blogのナビゲーションしてます

2007年11月21日(水)

■只今11月15日に天使になった最愛のなち追悼モードでございます■


朝、病院から細胞診の結果報告の電話がかかってきた。
心臓がバクバク脈打ちながら、先生の説明をきいた。

「悪性腫瘍」という結果は出なかったが、針を刺した腎臓から採った細胞は「異形」ということで
腎臓のトラブルによる多血症であろう・・・との診断だった。

レントゲンでは、肺への転移はまだ見つからなかったが、細胞レベルでの確認は難しく
詳細を知るとなると解剖しかないようだ。
もちろん、なちの肉体はもう無く、今日聞いた説明で十分だった。

通常ソラ豆状の形をしてる左右の腎臓が、なちは、いびつにぼこぼこしていた。
特に異常がなかった6月の検診から、亡くなるまでの数ヶ月に悪化したのだろう。

そんな異常な状態で、亡くなる前日までちゃんとおしっこも、うんちもして、ご飯も食べて
あれだけ元気だったのは、本当に奇跡だと思う。

網膜剥離を起こして、これから病気とのどんな闘いが始まるんだろう・・・と
不安を感じてた。それがたった一晩で幕を閉じてしまった。

完治せず、悪化してゆく病気の闘病が長引けば、チューブで食事をとったり、
点滴や注射で通院したり、なちの心身に大きな負担をかけることになったろう。
まさかまさかの、急変だったけど、
苦しみもたった半日だったのは、やっぱり良かったのかな・・・・

知人のワンちゃんもガンを宣告され、飼い主さんも心配している。
今は元気で過ごしているそうなので、長く苦しむ事がないよう祈っている。

そういや、犬はガンの判定検査があるけど、猫はまだ開発されてないのよね。
犬と猫は似たようなメカニズムのイメージがあるけど、先生いわく、
全く別の生体なので、犬の検査が出来るなら、猫も出来るという訳ではないそうだ

ぴ~なっちでお腹いっぱいになりそな本宅です バナー  

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 眠れない・・・ | トップ | 獣を求めて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ぴ~なっち♪」カテゴリの最新記事