猫的下僕生活

先代&現役黒タヌキ版。壁のシミまで猫に見える猫ジャンキーsiamの猫的下僕日記

祈りの炎

2011年12月31日 | 銀パール



いつでも里親募集中









初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます

2011年12月31日(土) 

あと数時間で新年を迎えようとしてます。

某ドラマ「仁」で南方医師の

”神は乗り越えられない試練は与えない”

ってセリフがあったけど、簡単には乗り越えられそうにない試練のあった年でしたね。

銀パールは肝臓の治療をしつつも、
今のところ、大事には至らず、毎日ヤンチャとイタズラに明け暮れる平和な毎日でした。


私は本当は猫が好きなんぢゃなくって、

銀パールが好きなだけなんぢゃないかと思うほど

ただただ親ばか炸裂blogですが、

たまたまお立ち寄り下さった方々、

奇特にもブックマークしてくださってる方々に心から感謝しております。

来年も変わらず大切に想う銀パールを守り、

色々綴ってゆきたいと思いますので

どうぞよろしくお願いします。


そんな銀パールも・・・


灯る炎に願いを込めて皆にゃ様のご多幸をお祈りしております。









っと思ってたら・・・


おぃぃぃぃ~っっっ


何やってくれてんのぉ~~~







お祈りの炎、消したらダメぢゃ~ん

人間齢だとすっかり成人してる銀パールですが、まだまだイタズラっ子です。


ちなみに元ネタはこちら





使ってないキャットタワーのステップ(通称猫盆)の穴に
紙を突き刺した状態にして遊びに使ってます。

穴から出したり、引っ込めたりすると、2人とも大ハッスル♪





  

【下僕御用達shop】

   


コメント

いけないスキルアップ

2011年12月29日 | 銀パール



いつでも里親募集中









初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます

2011年12月29日(木) 


それは突然の事だった・・・


よく動物おもしろ動画で観るドア開け猫ちゃん。


パールが、いきなりそれをやってのけた。

レバーが動くと、ドアの向こうから下僕が現れる。

レバーが動くと、ドアのあっち側に行ける。

そんな事に気付いてしまったのかどうか、いや、そこまで考えちゃいねぇだろ・・・


変な形の怪しい奴め・・・それっ(ジャンプ!!)


ガチャ


あれれ、開いちゃったよ


多分、こんな感じで偶然のラッキーを覚えちゃったんだと思う。

ドアの向こうにはお風呂、トイレ、キッチン・・・めくるめくイタズラワールドが展開する。

どのドアも油断してると開けちゃうので、今回パールが開けた部屋のドアを自分で開けられると
非常~に困ることになる。


んな訳で、早速ネットで調べてみると・・・ありましたよ!

お金不要で、ドライバー1本で出来る対処法が。



《BEFORE》


矢印がレバーが動き、ドアが開く方向。
パールがジャンプしてレバーに触れておろすとドアが開いてしまいます。

そこで、レバー付近にあるネジを外し、レバーを抜いて方向を変えて挿しこむと・・・


《AFTER》


開錠方向が上向きになり、簡単には開けれなくなります♪

そう、簡単には開けれない・・・下僕も・・・。

レバーは下側にまわすのが習慣づいてるので、
まだ慣れない下僕も「あれ、開かない!」って度々焦ってしまいます。




ドアノブ改造後、何度かレバーに挑戦していたパールだったが、
とりあえず諦めてくれたようで、一件落着。


パールは、窓のロックもおろして開けた前科がある。
覚えて欲しいことは覚えてくれず、
覚えて欲しくない事は、どんどんスキルアップしてくれてます




テーブルの紙ボールにいつ猫パンチを繰り出そうか思案中のパール

なかなか賢そうな凛々しい漢らしい顔です、女の子だけど☆
ホント、猫ってバカなんだか、賢いんだか・・・・


まっ、そんな所が魅力の1つなんだけどね~


お知らせ・締切せまる!!
銀パールも食べてるヒルズのご飯。
400g以上のドライフード対象に
里親探し支援寄付キャンペーンが12月31日まで行われてます。
パッケージの必要部分をハガキに貼って送ると1製品につき、100円寄付されます。
切手不要なので、ぜひ応募を!!
詳細はコチラ→→→日本ヒルズコルゲート






  

【下僕御用達shop】

   


コメント (5)

オーナメント?

2011年12月25日 | 銀パール



いつでも里親募集中









初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます

2011年12月25日(日) 


今日はクリスマス


ツリーにオーナメントを飾りましょう♪





って、なんかデカイな






何ごそごそやってるのにゃ




人のお尻に勝手に紐付けてるんぢゃないわよっ!







ははは・・・あまりに丸かったから、飾りとまちがえちゃったのよ、ごめんごめんパール




もおっ、またレディのお尻撮ったわね







家庭内ストーキングやめてにゃ


にゃははは・・・たまたまお尻ショットが撮れてしまいました。
上の写真は、猫コタツで香箱くんでるパールの下にが潜りこんできて
パールが立ち上がったのでこんな変な格好になってしまいました。









上の写真のパールの顔をアップで見てみると・・・







ホントに怒ってるかのように口がむむっと一文字になっちゃってます




下僕による愛のあるセクハラ&ストーキングもほどほどに・・・




銀パールから愛をこめて・・・メリークリスマス







お知らせ・締切迫る!!
銀パールも食べてるヒルズのご飯。
400g以上のドライフード対象に
里親探し支援寄付キャンペーンが12月31日まで行われてます。
パッケージの必要部分をハガキに貼って送ると1製品につき、100円寄付されます。
切手不要なので、ぜひ応募を!!
詳細はコチラ→→→日本ヒルズコルゲート






  

【下僕御用達shop】

   


コメント

28:ぽっかり

2011年12月23日 | ぴ~ちの肉きうDiary

いつでも里親募集中 




初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 


 


■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリー《ぴ~ちの肉きうDiary》です。
2002年1月9日頃を振り返る・・・。

ぴ~ちの旅立ちから49日目
今日は《49日》
この日までは肉体から離れた魂は自由に漂い
この日を境にいよいよ天に行き
《忌明け》となるらしい。

時間は瞬く間に過ぎて
もうそんなに時間が流れたのか・・・って感じ。
時間は流れても、寂しさはまだ癒えず
1日数回泣きそうになり、 最低1回は大泣きタイムがやってくる。

《忌明け》と言われても気持ちはその通りにはいかない。
相変わらずぴ~ちの幻影が周囲をうろつき、胸が苦しくなる。
いつまでこの泣虫記録は続くんだろう...



ぴ~ちの祭壇が狭くなってきた。
ぴ~ちが眠るベッド(骨壷)以外に
位牌や写真、貰った缶詰、ご飯にお水に
お花、このダイアリーでも紹介してる感謝状や表彰状、
ぴ~ち宛のメッセージとか色んな物を飾ってある。
どれもみんな飾っておきたいものばかり。

週末がくる度に
ぴ~ちのゲロッパやシッポの血のついたシーツを洗おう・・・
いやいや、 思い切って捨ててしまおうかと思うのだが
まだ出来ないでいる。

なちと2人の生活が始まり
以前のような日常が戻ってきた。
が、人ん家の掃除までもが趣味で
片付け魔体質だった私が
すっかりだらしない子ちゃんになってしまった。 
服も脱ぎっぱなし、汚れた食器洗いも翌日にしたり
洗濯物も干しっぱなし
大事な書類もゴミにまぎれてたり
しなきゃいけない事がどんどんたまるのに
やる気がおきない。


なちの世話はちゃんと出来てるのだが・・・。
1人になって、更に甘えん坊になったなち
きゅるんな瞳で誘惑してくる
私は、人生は大雑把だけど、生活は几帳面で
いつ誰が来ても「どぉぞ♪」が出来る綺麗好きさんだったんだけど

・・・とほほ・・・ 

ぴ~ちが原因で...と言うと
ぴ~ちが怒るだろうけど
やっぱり、ぴ~ちのせいだぞ~



9月末に足に異変が起こり
不安を抱えたまま、ガンの宣告と同時に命の宣告。
不安と恐怖の中で、ぴ~ちを見守り
そして、見送った。
頑張ってたのはぴ~ち
私は何も出来なかったけど
ぴ~ちが居なくなって看病する事もなくなり
失う不安と恐怖からは解き放たれた筈なのに。
少しは気持ちが救われる筈なのに。
糸が切れたような脱力感っていうか・・・
虚しさが心を占める。

かと言ってあの張り詰めた毎日に戻りたいかと言うと・・・
どうなんだろう。
不安・恐怖・緊張・・絶望・寂しさ・哀しさ・・・
どれも選びがたく辛い感情ばかり。
今感じてる寂しさも「恐怖」に近い感覚がする。
「心にぽっかり穴があいたみたい」ってよく言うけど
ホントにそんな感じだ。
誰と居ても、何をしてても完全にふさがることのない心の穴。
ぴ~ちがあけた穴
ぴ~ちにしか埋められない。

ぴ~ちを抱きたいなぁ.....

あのお腹に顔うずめたいなぁ.....

友から「ぴ~ちの代わりにはならないだろうけど」っと
こんなモノを貰った。
喋るミニロボット。


手足が自由に動き鼻を押すと喋るのだ。
左のクマもどきは「お帰り。ゆ~っくり休んでね」
右の猫もどきは「あなたは世界で一番素敵よ」っと言ってくれる。
う~ん、確かにぴ~ちの代わりにはならないが
特に猫はやみつきになる喋り方で意味もなく
鼻を押してしまう
ありがとうね

 

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚

 

 2011年12月23日に想う

よく泣いてんなぁ~ この一言に尽きる! 



【最終便:ラブレター】




にほんブログ村 猫ブログへ   


     

コメント

後ろ!後ろ!

2011年12月21日 | 銀パール



いつでも里親募集中









初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます

2011年12月21日(水) 

TVに熱中してる銀パールが可愛くて撮ってると







あらまぁ







chu    (がピンボケちゃって残念)




いちゃついてるかと思いきや・・・









パールが巨大化したに食べられちゃう~


パール~


後ろ 後ろ




っと思ってたら・・・




今度はが巨大化したパールに狙われてるぅ~












後ろ 後ろ




カメラの遊びで遠近感がついて連続でそれぞれ巨大化しました




ちなみに何を夢中に観てるかと言いますと・・・







フィギアスケート選手のスピンを目で追って
TVにかぶりつきで応援?してたのです。


真央ちゃん、頑張るのにゃ~


TV大好き銀パールでした


お知らせ
銀パールも食べてるヒルズのご飯。
400g以上のドライフード対象に
里親探し支援寄付キャンペーンが12月31日まで行われてます。
パッケージの必要部分をハガキに貼って送ると1製品につき、100円寄付されます。
切手不要なので、ぜひ応募を!!
詳細はコチラ→→→日本ヒルズコルゲート








  

【下僕御用達shop】

   


コメント (2)

27: 唯一無二

2011年12月17日 | ぴ~ちの肉きうDiary

いつでも里親募集中 




初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 


 


■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリー《ぴ~ちの肉きうDiary》です。
2002年1月5日頃を振り返る・・・。

ぴ~ちの旅立ちから33日目
寂しい正月を迎えた。
何もする気が起きず、大掃除も、おせちもなし
年賀状代わりの御挨拶状も思いきり年が明けてから。

まだ泣いてるかって?

もちろん!

いばってどうする・・・

まだまだ連続泣虫記録更新中です。
泣いてもどうしようもないんだけど
仕事とか運転とか意識を集中するネタが切れると
ぴ~ちの事ばかり浮かんでうるうるしてくる。

今、「ハリーポッタ-」の第3巻を読んでいる。
映画でも本でも登場人物になりきってしまうので
本当に自分が魔法使いになったつもりになる。
もし、魔法が使えたら叶えたい事がいっぱいあるなぁ。 
主人公のハリーは赤ちゃんの時に悪の魔法使いに両親を殺された。
この第3巻で、お父さんを想うハリーと
魔法学校のダンブルドア校長との会話が印象的だった。

ハリー:あれが父さんだと思うなんて、僕、どうかしてた。
だって父さんは死んだってわかっているのに

校長:愛する人が死んだとき、その人は永久に
我々のそばを離れると、そう思うかね?
大変な状況にあるとき、いつにも増して鮮明に
その人たちのことを思い出しはせんかね?
君の父君は、君の中に生きておられるのじゃ、ハリー。
そして、君がほんとうに父親を必要とするときに
もっともはっきりとその姿を顕わすのじゃ

このやりとりがぴ~ちとだぶり
ベッドで泣きながら読んでた時に
開いてる本の目の前にスッと1本の毛が落ちてきた。
長くてまっすぐでブラウンのグラデーション。
ぴ~ちの毛だった。
ベッドはまだ毛だらけで
ぴ~ちの毛があっても不思議はないけど
こんな風に落ちてくるなんて。。。

これは偶然でしかないんだろうけど
12月10日もぴ~ちを想いながら
このダイアリーを書いてる時にも
なちが頭にぴ~ちの毛をくっつけて寄ってきた。
そして、今回もぴ~ちを強く想ってると
ぴ~ちの毛が落ちて来た。
本当に傍をうろついてるんぢゃないかって思う。
このぴ~ちの毛を小箱にしまっておこうとフタを開けたら
すでに1本ぴ~ちの毛が !!
なんか作り話しのような連続でぴ~ちを感じずにはいられない。

年末にもらった粗品は
ぴ~ちの写真を飾れとばかりに
グッドタイミングなフォトフレームだった。

こないだ貸してもらったシュワちゃんのvideo『シックスデイ』は
未来のクローンの映画だった。
未来では「REPET(リペット)」と呼ばれるクローンペットが
当たり前になっていた。
命は限りがあるからこそ輝いている・・・とは言うものの
そんな技術があったら作ってるだろうなぁ、ぴ~ちのクローン。
クローンもやっぱりデブなんだろうね。

ぴ~ちがいなくなってもなちが居る。
なちがいるけど、なちしか居ない。
なちにはぴ~ちが居なくなった心の隙間を埋められない。
これは逆でも全く同じ事だ。
だけど、なちが居てくれて本当に良かった。


《今日のなち
 
べロなおすの忘れてるよ!

最近は朝晩の冷込みがあり
毎晩なちと一緒に布団に潜って寝る。 

暖まると布団から出てゆこうとするのだけど
出て行ってほしくない私はなちを抱っきして引きとめるが
なちは、ゴロゴロ言いつつも
布団の上に移動してしまう。
朝方、冷えてくると「開けれ、開けれ」と
布団の肩口を手でカキカキする。
こないだはそのなちの手が私の口に入り
新年早々、肉球を味わってしまったよ。

ある日、帰宅した時
なちが居なくて 名前を呼んでも返事がなく
心配して探すと お布団の奥にほっこり潜り込んでた。
体を暖めあう相棒が居なくなっちゃったもんね。 
ぴ~ちが元気な頃は休日でも
7時前後には「腹減ったにゃ~」っと
強制起動させられてたので
寝坊することはなかったけど
今はなちもお寝坊さんになり
休みは10時過ぎまで寝ることがある。

サプライズで、猫友さんが募ってくれていた
ぴ~ちへのWEB寄書きが届いた。
見てビックリ!!
沢山の人がぴ~ちへメッセージを送ってくれていた。
もう感激でボロボロ泣きながら
1人1人のメッセージを読ませてもらった。
プリントアウトしてぴ~ちに読んであげよう。
泣虫記録更新中で流している涙の多くは
ガンへの怒りや、悔し涙、哀しみの涙だけど
多くの優しさに触れた感激の涙もどれほど流しただろう。
この『感激の涙』もぴ~ちが残してくれたものなんやね。
皆さん本当にありがとうございました。
そして、ぴ~ちにもありがとう


これからも心の中に生きつづける。

 

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚


 2011年12月17日に想う

10年前世界初のクローン猫として誕生した「cc」は
今も健在のようだ。
失った当時は、例えクローンでも
ぴ~ちと一緒に居たいと思ったけど
今はお金と技術があったとしても作らないだろう。
だってぴ~ちは「唯一無二」だから・・・
この世でただ一つしかないこと。
まさにその通り。
クローンペットは依頼が少なく
「cc」を誕生させた会社も今は撤退したそうだ。
高額な費用がかかる点もあるだろうけど
飼主は亡くなったペットが「唯一無二」であるという意識があるからこそ
クローン制作には至らないんだろうな。



【28:ぽっかり】




にほんブログ村 猫ブログへ   


     

コメント

26:ぴ~ちのにもつ

2011年12月15日 | ぴ~ちの肉きうDiary

いつでも里親募集中 




初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 


 


■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリー《ぴ~ちの肉きうDiary》です。
2001年12月28日(木)から12月31日(月)を振り返る・・・。

ぴ~ちの旅立ちから25日目
今日は仕事おさめで、一日かけて会社の大掃除。 
自分ん家ぢゃないから手を抜けばいいのに
一生懸命してしまった。

バタバタと忙しい時間が流れ、
今日はいつも思考を占領しているぴ~ち
少し引込んでた時間が長く、掃除中は泣かなかった。
窓から見える青い空をながめてると
瞳が乾いていくようで、気持ちが少し軽くなった。

帰宅すると注文していた絵本「しましまのにもつ」が届いていた。
4人家族の一家と幸せに暮らしていた猫のしましまの元へ
ある日、天国入国管理局から手紙が届く。
一番好きなもの1つ天国へ持ってくることが出来ます・・・と。
たった1つ持っていけるものを何にしようかと
色々考えるしましま。
ママにしよう!
そう決めたしましまでしたが・・・。
そして最後に選んで天国へもっていったものが・・・。


もぉ~~~泣かせる!
ピュアでけなげで、愛しくて・・・
猫の思考ってこんな感じなんだろうなぁ~ってふと思ったり。
手の平サイズの小さな世界にしましまの想いがいっぱい詰まってる。
とても素敵な絵本なので
機会があればぜひ読んでほしいと思います。

ぴ~ちだったら何を持っていくだろう。
とりあえず、なちはまだ連れて行かないように
言いきかせたけど。
絵本を読みながらぴ~ちとだぶって
涙が溢れてえぐえぐと泣いた。
今日は比較的長い時間涙が乾燥してたけど。
あ~あ、やっぱり今日も泣いてしまった。


゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚


12月31日大晦日

昨日は、先日受けたなちの血液検査結果を
貰いに獣医さんへ行った。
年内最終診察日でとても混んでいた。
簡単な結果はすでに聞いてたのだけど
カルテへ書き写す為、データ表は預けたままだったのだ。

改めてぴ~ちの事でお礼を言い
来年のなちの事もお願いした。

ぴ~ちが天使になってから
ずっと、ぴ~ちの首輪を
ブレスレットのように身につけている。
写真に写ってる青いやつね。


黒猫なちはどんなデザインの首輪でも似合うけど
チョコ色タヌキぴ~ちにあう色っていつも悩む。
形見を身に付けてなくても
ぴ~ちはいつも心の中&頭の中に居るけど
身につけてるともっともっと近く感じてなんか安心する。
でも、ずっと付けてると傷むし
もし落としたらショックなので外す事にし
小学生の時以来でロケットペンダントを買う事にした。

もちろん、入れる写真はぴ~ち
来月の3日は、月命日でもある。
ずいぶん気持ちは楽になったけど
まだまだ苦しい程、切なくて寂しい。

それに.....

ぴ~ちが居なくなってから砂が減らない!
解説:なち1人になって砂の減りが少なく
買置きの砂80kgがなかなか減らない。

■トイレが半分しか汚れない!
解説:2人で1つのトイレの前後を使い分けてたので
今はなちの場所(前側)しか汚れない。
掃除の時、寂しい。

■スーパーで大きい袋を貰っても嬉しくない!
解説:2人分のうんち袋はスーパーの大袋ぢゃないと
入りきらなかったので
買物時に貰うと嬉しかったけど
今は中袋で十分になってしまった。

こんな小さな事がいちいち心に響く。

哀しくなるとぴ~ちの骨壷
(もっと素敵な言い方ないかなぁ)を両手で包み
頬ずりとかしてしまう。
時々、お骨を取り出して組立てようか・・・という
おかしな考えも浮上する。
さすがにそれをするとぴ~ちも怒るだろうな。

私の周りをうろつくぴ~ちの姿は相変わらず鮮明だ。
こんなにハッキリ見えるのは
長い時間、見つめ続けたぴ~ち
脳裏に視界に焼きついてるからだろうな。
たま~に、ホントに居るんぢゃなかろうかと
手で触れてみたりもする。
でも、伸ばしたその手は空をきるだけ・・・。

今年は、ずっとファンだったアーティスト

←愛しのぢょん

元Duran DuranのJohn Taylorと御対面という
歴史に残る夢のような出来事があった。
ぢょんに会う、触る、話すって夢をずっとずっと思い描いてた。
実現不可と思われた夢の実現だった。

 

そして、歴史的悪夢ぴ~ちとの別れ。
今年は忘れられない年になった。
ぴ~ちが居ない寂しい大晦日。
楽しいはずの時間を過ごしてても心底楽しめない。
来年はどうか哀しみの涙を流さなくてすむように
そしてあらためて、
ぴ~ちの事で励まし、心配し、
ぴ~ちを愛してくださったことを心から感謝します。
ほんとに皆さんの優しさがなかったら
気持ちも体ももっと壊れてた。


皆さんにHAPPYな猫的極楽生活が訪れますように
よいお歳を&来年もよろしくにゃ~m(_ _)m  


゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚


 2011年12月15日に想う

引越しの際、どこかにしまいこんでしまった「しましまのにもつ」
久々に読みたくなった。
家の「どこか」に紛れ込んでしまった絵本をやっと探し出し
数年ぶりに手にとった。
特に色褪せも虫食いもなく一安心。
そして、読んでまた泣く。
哀しいだけの絵本ぢゃないので
涙の意味も色々なんだけど、とにかく泣ける。
「しましまのにもつ」は1999年に発行され
本屋販売は無く、通販本でした。
今は入手困難かと思いますが、
もし、見る機会があればぜひ!
銀パール仔猫時代は特に、
あまりのヤンチャぶりに怒ったことも多々あるけど
私は銀パールの一番すきなものになれてる?



【27:唯一無二】




にほんブログ村 猫ブログへ   


     

コメント (2)

ぺっかぺか

2011年12月12日 | 銀パール



いつでも里親募集中









初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます

2011年12月12日(月) 

毎日元気ハツラツ銀パールですが、
只今肝臓治療中です。

目に見える症状は出てないのですが、数値は平均値より高く
投薬、サプリメント、療法食で頑張ってます。





2人とも投薬が凄く楽で、サプリメントや薬も特に抵抗せず
下僕に口を開けさせてくれます

薬は小さな2カケラで、ご飯に混ぜても食べてくれるのですが、
たまに最後までお皿に残ってしまうことがある。





お皿の右をぺろぺろ・・・矢印の所に残ってる薬はスルー







お皿の左をぺろぺろ・・・やっぱり薬はスルー


薬に気付いてる筈なんだけどなぁ・・・。

美味しいお汁が無くなって、美味しくない薬の匂いがしてるんだろうか。
残した薬はつまんで口にポイッ。



パールのお皿は・・・





ぺっかぺか

いつも綺麗に舐めて洗ったようなお皿です


ちなみにこのお皿、猫が食べやすいよう考えられたウェット用です。
ネットで見つけた時、サイズの記載間違いかと思う程の妙ちくりんなサイズ。
興味が沸いたので、買ってみた。

実物はやっぱり妙ちくりんな形状で、正直ハズレだと思ったけど
使ってみると、こぼれそうで意外にこぼれず、
なかなか食べやすそうです。
ドライはこぼれちゃうと思います


《爽快ペットストア》さんで購入


「ペティオ 猫専用陶器食器 ウェットフード向き」



キャットシッターさんに依頼したら細かくて嫌がられそうな
銀パール仕様の特別レシピのご飯(もちろん先生と相談済)
見た目は不味そうなんだけど
2人はとっても美味しそうにアッという間に平らげる。
たまに早喰いでリバースしちゃったりね☆

はぐはぐ食べる音を聴き、
美味しそうに食べる姿を見るのが大好きだ。
本当に幸せな光景だ・・・。



なんだか夫婦ポートレートのような写真が撮れた。





思わず恥ずかしくなるくらい2人に熱~く見つめられて、下僕、思わずポッ



お知らせ
銀パールも食べてるヒルズのご飯。
400g以上のドライフード対象に
里親探し支援寄付キャンペーンが12月31日まで行われてます。
パッケージの必要部分をハガキに貼って送ると1製品につき、100円寄付されます。
切手不要なので、ぜひ応募を!!
詳細はコチラ→→→日本ヒルズコルゲート




肝臓食と併用して食べてるご飯がカラになったので応募しまぁす。
5回目くらいの寄付かな?
療法食ぢゃない一般食も対象ですよ~


肝臓食は新しく出たロイヤルカナンの
肝臓サポートを食べてます。
なんと、製品のQRコードが猫!!
うっ、可愛い









  

【下僕御用達shop】

   


コメント

25:心の変化

2011年12月11日 | ぴ~ちの肉きうDiary

いつでも里親募集中 





初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 


 


■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリー《ぴ~ちの肉きうDiary》です。
2001年12月22日(土)頃を振り返る・・・。

ぴ~ちが天使になってもう20日近くたとうとしている。
ご飯も食べ、お風呂も入り、ゴミも出し、掃除や洗濯もする。
ようやく元の規則的な生活に戻ってきた。
ぴ~ちのご飯も「つい用意してしまった」ではなく
意識して「ぴ~ちの分」として用意する。
イタズラ防止のカバーを掛けることも無くなったし
ドア開け名人のぴ~ち用に
襖やタンス、あちこちの扉に付けてたカギも掛けなくなった。
ぴ~ちが居なくなったことを受け止め始めてる。
流れる涙の量も減り、生活は落着いてきた。
天使になったばかりの頃は
ただただ哀しいだけだったけど
最近はしみじみと寂しさで心がしめつけられる。 

過去にも沢山のペットを看取り、その度、涙を流した。
その子達と比べちゃいけないけど
つきあった時間の長さと密着度のせいか
これ程哀しんだ事はなかった。
四六時中、何をしてても
ぴ~ちが私の思考回路を独占し、幻影が見える。

昨日、会社のロッカーで着替えてる時に
貼ってるぴ~ちの写真見たら泣いてしまった。
一緒に居た人が「写真見て思いだしたんか・・・」って言った。
私は涙をこらえるのが精一杯で何も言えなかったけど
思いだして泣いた訳ぢゃなかった。
だって、「思い出す」どころか
いつも心の中、頭の中、目の前に居て
「思い出した」というのとは違うのだ。

ちょっと映りが暗い写真だけど
寄り目が可愛くってお気に入りの1枚。

夜、コタツに潜ってるなちといちゃついてた時
コタツに半分あいたスペースが凄く広く感じて
コタツで伸びるぴ~ちの姿が見えてまた涙。
涙の量は減ってもまだまだ泣いてばっかり。

私と同じ位泣き虫になったなち
私がトイレに入ってる時も扉の外で
「ぎゃーぎゃー」と泣くようになり
一緒に中に入るようになった。
顔が見えてると安心するのか静かになる。
不思議と、お風呂は入ると長い時間出て来ないって
分かってるらしく 静かに待ってるし
出掛ける時も素直に見送ってくれる。
我が子ながら、賢いなぁって感心する。

頂き物のキャットニップ入りスティック。
そしてやっぱり寄り目


なちの「新しい相棒」を考えてみたりする。
いつもにゃんこは2人っ子が理想的だと思ってた。
なちは世話焼きで優しい性格だから
子猫ならうまくいくと思う。

ある猫漫画家さんが


『前の猫が死んで、操をたてる人も居るけど
猫が飼える環境なら一匹でも多く
あったかい布団で眠らせてあげたい』

ってな事を言ってて、本当にそうだと思った。
出会っても、別れる時、
またこんな哀しい想いをしなきゃいけないけど
それでも、このとんでもなく魅力的な『猫』という
動物と離れた生活は考えられないから
縁があれば、出会った子達を
ぴ~なっち(2人の呼び名)に負けないくらい愛したいと思う。


《猫に幸せにしてもらうのは簡単だけど
猫を幸せにするのは難しい》


とある猫漫画家さんの言葉
・・・名言だわ・・・

ぴ~ちが天使になった日
仕事は遅刻して早退したんだけど
無意識のうちにちゃんとタイムカード押してて驚いた。
いつもと同じ事・・・
いつもと同じに・・・
ぴ~ちが居る生活が戻ってきたなら
どんなにいいだろう。

寂しいなぁ.....


最期にゲロったシーツ
シッポからの血が少しついたシーツ
コタツカバーについたゲロッパ
まだ、洗ってない。
洗ったら、又、心が前に進めるだろうか?
この哀しみや寂しさを
乗り越えられる日ってホントに来るのかなぁ・・・
股間枕のこんな笑っちゃう姿も
大切な1シーンになった  


゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚


 2011年12月11日に想う

ぴ~なっちに負けないくらい愛したいと思う》
現在、銀パールという相棒と出会った。
恐らく一般的な猫にゃん以上の
困ったちゃんな癖があり
毎日気苦労が多いのだけど
可愛くてしゃ~ない存在になり
ぴ~なっちと繋いだ絆に負けないよう
丈夫で長い絆を紡ぎ中



【26:ぴ~ちのにもつ】




にほんブログ村 猫ブログへ   


     

コメント

24:終わりの始まり

2011年12月10日 | ぴ~ちの肉きうDiary

いつでも里親募集中 




初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 


 


■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリー《ぴ~ちの肉きうDiary》です。
2001年12月18日(火)頃を振り返る・・・。

ぴ~ちの旅立ちから15日目
発症から、旅立ちまで簡単に振り返ってみた。

09月24日、右足の痛みが症状に現れる。体重7.3kg
10月02日、腫れた肉球のバイオプシー検査→ただの炎症
10月12日、腫れが治まらないので精密検査の為、肉球切除手術。翌日無事退院
10月14日、肉球に続き、シッポの先端が腫れてくる。体重7kg
10月26日、検査結果が出て、脂腺ガン宣告。完治見込みはほぼ無く、延命の為の治療開始
10月30日、アゴのリンパの腫れに気付く。体重6.7kg
11月16日、シッポと肉球切除後の残った肉球も腫れて、痛みが辛そうで切断手術を決める
11月17日、術前レントゲンで肺に薄いもやのようなものが映る。体重6.3kg
11月19日、シッポと右足の切断手術。翌日無事退院
11月21日、元気、食欲絶好調。痛みで歩けなかったぴ~ちが、3本足で走った!!
12月01日、レントゲンで肺のもやが濃くなっていた。やや貧血気味。体重5.7kg
12月02日、貧血症状が出始める。
12月03日、下僕の許可も得ず天使になる。ぴ~ちのばかぁ~~~

9月24日、すべてはあの日、あの時
・・・ 終わりの始まりだった・・・
こうしてみると本当にアッと言う間に過ぎてしまった。



《表彰状》
強敵相手に頑張りぬいた自慢のぴ~ちへ贈呈



《天使になる直前の血液検査結果》※項目、平均値→検査結果
BUN(腎臓系)13.1-29.5→94.6
CRE(腎臓系)0.9-2.1→5.4
GOT(肝臓系)8-33→267
GPT(肝臓系)11-50→86
T-BIL(黄疸)0.15-0.5→0.9
WBC(白血球)55-195→328
RBC(赤血球)550-1000→198
HCT(貧血系)25%-45%→9.7%


最期の最期にぴ~ちの体の中が見えた気がする 。
死因は腫瘍性の多臓器不全による心停止。
12月1日の検査では、まだ深刻な状態ぢゃなかったのに。。。
最も重要なのが貧血。
酸素が十分にまわらなくて
臓器にも影響したと考えられる。
先生も驚く程の症状の悪化だった。

最期の日、ぴ~ちと病院で別れる前にこの結果を知ってたら・・・
もうダメだと分かってたなら・・・
家でなちと一緒にぴ~ちを抱いて送ったろうな。。。
最期、傍に居れなかったこと・・・
それはたった1つの心残りかな。
ぴ~ちの体がそんなに早く天使になる準備をしてたなんて思わなくて・・・



《感謝状》
表彰とともに心からの感謝をこめて贈呈



顕微鏡でみた白血球細胞は異様な形だったそうだ。
ガン細胞め!!!
肺への転移後も呼吸の荒さはなく
直前まで量はともかく、食事もし
貧血で歩くのが辛くなったのが一晩。
衰弱死する場合も多いこの病気で
進行は急だったけど
症状は最期の1日を除いてゆるやかだったんぢゃないだろうか。

貧血は、フラフラしてぼ~っとするだろうけど
痛みは感じてないだろうと先生は言った。

だけどぴ~ち、どんなにしんどかった事だろう。
あぁ、又涙が・・・。
今までぴ~ちを苦しめた痛み。
でも内臓が機能しなくなる一番辛い状態が
短い時間で済んだ事は本当に良かったと思う。
この病気がわかって、度々耳にした「安楽死」
どんなに衰弱しようが、苦しむだけと言われても
自ら死ぬことを考えず生きてるであろうぴ~ちに対し
その選択は出来なかっただろう。

でも実際そこまで決断する状況に
陥ってないから言えることなのかも。

今BGMでランダム選曲で聴いてる曲がAsiaの♪Don't Cryに変わった。
タイミング良過ぎ!
もしかして、「泣かないで」って
ぴ~ちからのメッセージ?

《感謝状》
闘病中もその後も、ずっと支えになってくれたなちへ感謝をこめて贈呈



3つの賞状はプリントアウトして飾ってます。
BGMはエルガー「威風堂々」で・・・
威風堂々第1番※2分23秒あたりから4分43秒あたりのメロディで~  

エルガー 威風堂々第1番 Elgar 《Pomp and Circumstance》



゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚


 2011年12月10日に想う

当時からガンに効果のある物質を発見したとか
時々ニュースで取り上げられていた。
つい最近もゴボウの種が膵臓ガンに
効果を発揮したというニュースを見たが
ぴ~ちの旅立ちから10年経った今も
残念ながらガンの特効薬はない。
世界中で毎日病気と闘う人達が居て
その命を救う為、頑張ってる人達が居る。
そして、臨床実験の為に
頑張ってくれた動物達に合掌
抗がん剤は、ペットも人と同じ薬を使うことが多いが
犬には使えても、猫には使えない薬が多いそうだ。
ガンが風邪みたいに薬で治せるようになったら
どんなにいいだろう。
死因の上位をしめる病気だから、早く特効薬で出るといいな。



【25:心の変化】




にほんブログ村 猫ブログへ   


     

コメント

23:ぴ~ちロス症候群

2011年12月06日 | ぴ~ちの肉きうDiary

いつでも里親募集中 




初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 


 


■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリー《ぴ~ちの肉きうDiary》です。
2001年12月15日(土)を振り返る・・・。

ぴ~ちの旅立ちから12日目
なちの検診の為、病院へ。
レントゲンと血液検査と肛門腺しぼりをお願いした。
診察中に先生の肩をバシッと叩き、
「かさぶたも出来てるんです!」と言った。
(なんで肩叩くかなぁ~) 
先生は獣医の傍ら
キャラクターショップも経営していた。
友人と会うと言うので、店の留守番を頼まれた。
が、先生の友人が勤める学校の生徒が集団誘拐され
約束は中止かと思ったのに
先生はそのまま出掛けてしまった。


目の前にあっちを向いてぴ~ちが横たわってた。
ぴ~ち」と静かに声を掛け
顔をのぞきこむと右目が開いてて青い瞳が見えた。
胸が動き
「ひゃー」という聞き慣れたハスキーボイスが聴こえ
喉がゴロゴロ鳴り始めた。
「やっぱり生きてたんやん」と大喜びで泣いた。


そして、目が覚めた・・・


支離滅裂な夢だった・・・



ぴ~ちが天使になってもうすぐ2週間。
涙の量は減ったけど、まだ泣かない日はない。
家でも会社でもいつでもどこでも泣けてくる。
足にスリスリごっちんされる錯覚がしたり
ハスキーボイスが聴こえた気がしたり、、、。
ごろんしてる
爪をとぐ
はぐはぐご飯食べてる
ザリザリ水飲んでる
(器の縁を舐めて飲むのでそんな音がするのだ)
あんもにゃいと
お腹の肉を揺らして向こうから走ってくる
お客さんが来て緊張する
グルーミングに励む
下僕がイタズラすると「うにゃ!」って可愛く怒る。
背中を触って、知らん顔する・・・とか、小さなイタズラ。
「もぉっ!」って感じで怒るぴ~ち見たさにまたイタズラする。

それから

それから.....

七変化どころか百変化ぴ~ちの姿があちこちに見える。


なちも寂しがってる・・・
ぴ~ちに会いたい・・・

そして夢に見た通り、なちの検診で病院へ行った。
診察も見事に夢の通りだった。
体重は5.8kg
おでぶなぴ~ちと比べると
痩せて見えるけど実はなちも大きいのだ。
でも、旅立ちの時、ぴ~ちは5.7kgだったから
初めてぴ~ちの体重を追い抜いちゃったね。
病院に残ってたぴ~ちの最期の検査結果と
当日聞けなかった様子を改めて聞いて、また涙がでた。
ダメもとで「ぴ~ちのレントゲン写真欲しいです!」と言った。
病院にとっては、大切な臨床データなので
8年間は保管しているとの事。
譲れないけど、コピーの許可は快くでた。
病院の前にコンビニがあるので
色んなモードで試してみた。
なんとなく背骨とか映ったものの、ほぼ真っ黒け~。

なんで欲しいなんて言っちゃったんだろう・・・。
資料がゴミとして処理されるなら
生きたかけらの1つとして
大事に持ってたいと思ったからだろうな。
真っ黒けのコピーだけど薄く骨が映っている。
そんなモノでもなんだか嬉しかった。


先生も相棒を失ったなちの様子を心配してくれた。
生まれる前から一緒で、いつも仲良しだった2人。
ペットロスになるペットもいるそうだから。


昨日は風が強く冷えて寒かった。
帰宅するとなちが居なかった。
いつもは玄関先まで聴こえる声で
「ぎゃーぎゃー」とないて迎えるのに。
なち~」と呼びながら
私のベッドの毛布の不自然な膨らみに気付いた。
毛布の上から触ると
もぐらの様に毛布の中を突き進んで出てきた。
寒い日はいつもぴ~ちとくっついてたので
ぬくぬくだったけど
今は暖めあう相棒が居なくて
独りで寒かったんだろうな。
自分でちゃんと毛布にもぐって「暖」をとってたなち
ぴ~ちの居ない生活に少しずつ適応してる。
なちは、私よりしっかりしてるよ。
偉いな、なちは・・・。  


゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚

 

 2011年12月6日に想う

ぴ~ちを失い、毎日泣いてばかり。
哀しみから逃避したくて
ずっと眠ってたいと思った。
そんな私に起き上がる力をくれたなち
闘病中も、お別れした後もいつも私を支えてくれていた。
私はなちの支えになれていた?



【24:終わりの始まり】




にほんブログ村 猫ブログへ   


     

コメント

銀の役に立たない奥義”こたつ返し”

2011年12月04日 | 銀パちゃんねる

 



いつでも里親募集中



 





初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます

2011年12月4日(日) 

帰宅すると・・・

銀パール愛用のコタツが・・・。





ひっくり返っていた








理由は分からないが、犯人はコイツだ!

《黒猫銀の役に立たない奥義”こたつ返し”》




いくら安全設計されてるって言っても
これはメーカーさんも想定外でしょ~

は噛み付いて引っ張るのを楽しむような事があるので
今はコタツの足を下僕のベッドにくくりつけ、
コタツ返しが出来ないようにしてます。
その後、何度かコタツ返ししようと噛み付いてたけど諦めてくれたようです。


お知らせ
銀パールも食べてるヒルズのご飯。
400g以上のドライフード対象に
里親探し支援寄付キャンペーンが12月31日まで行われてます。
パッケージの必要部分をハガキに貼って送ると1製品につき、100円寄付されます。
切手不要なので、ぜひ応募を!!
詳細はコチラ→→→日本ヒルズコルゲート





  

【下僕御用達shop】

   


コメント

22:初七日

2011年12月03日 | ぴ~ちの肉きうDiary

いつでも里親募集中 




初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 


 


■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリー《ぴ~ちの肉きうDiary》です。
2001年12月10日を振り返る・・・。

2001年12月10日 (月)

ぴ~ちの旅立ちから7日目
昨日は知人がぴ~ちの好きな「まぐろ」缶を持って会いにきてくれた。
ぴ~ちが旅立って、7日目を迎えた。
早いなぁ・・・。

昨日、やっとお風呂に入った。
約1週間ぶりか?!
ぴ~ちが使ってたトイレやカラーを洗って
風呂場で乾かしてたのを忘れてて
お風呂掃除の時に見て思いだした。
カラーのマジックテープ部分にぴ~ちの毛が付いてた。
カラーの輪っかを作ってみる。
丸めたカラーの輪の中にぴ~ちの顔が見える。
たまらなくなって、風呂場のエコーがきく中で
カラーを胸に抱いてまた泣いた。
久しぶりにゆっくりと
泣いて失われた水分を体に補給するように
湯船に浸かったけど、やっぱり泣いてたんで
補給されたかどうか・・・。

ずっと休んでた仕事も今日から出勤した。
4日の火葬以来の外出で
なんだか歩く足に力が入らず、ヨロヨロした。
まだ、普通に笑って話せなくて
なんかぎこちないのを自分で感じた。
会社にぴ~ちの闘病をずっと見守っててくれた人が居て
他の同僚にも欠勤の理由を話しておいてくれた。
会社でも私の猫好き親ばかぶりは知れ渡ってたので
「大丈夫?」「元気だして」っと声をかけられ涙がうるんだ。 
ちなみに、会社規約によると、両親や子供の忌引きは5日。
兄弟姉妹や配偶者は2日と書いてあった。
兄弟姉妹が意外に短くて驚いた。
下僕と王子の場合はどうだろう・・・。

休んでて貰うのが遅れたボーナスを受取ったので
支払いを待っててもらったぴ~ちの病院代を払いに行った。
《治療費が払えない時、お金は後!まず治療!!》
のポリシーの先生なので
高額の治療費をツケにしてもらってたのだ。
先生ありがとう!!
寂しいボーナスなので
全額払ってもまだ払い切れなかった。
残りは分割にしてもらおう。
先生すみません!!
支払いに行った時、先生は診察中だったので
御挨拶出来なかったけど、
週末になちの検診に行った時にちゃんとお礼を言おう。

・・・それにしても・・・

ぴ~ちに会いたいよぉ 

ぴ~ちが恋しい

台所でぴ~ちの飲み残した薬を片付けた。
最後の薬袋は残しておこう。
飲み残したヤマブシタケがあったので飲んでみた。
人間の私にはなんの苦痛もなく水でサラサラ飲める顆粒も
回を重ねるごとにぴ~ちは嫌がって
飲ませるのが大変だった。


なちぴ~ちが居なくなってよく泣くようになった。
玄関先まで聴こえる声で「にゃーにゃー」と迎えに来る。
部屋に入ると、甘えんぼモードで待ってる。
愛い奴め


さっき、なちが傍に来たとき、
頭に毛を1本くっつけてた。
なんか、乗せたみたいに1本だけ乗ってた。
毛先が茶色。
ぴ~ちの毛だ。
哀愁漂わないぴ~ちの後姿


こんなに茶色いタヌキ猫ですが、
実は毛の根元は白っぽいのです。
部屋のあちこちに毛が落ちてるけど
なちにこんな風にこんな場所にくっ付いてるのを見るのは初めて。
ぴ~ちが来てたのかな・・・なんて。

会社でも家でもまだ泣いてしまう。
1週間たってもまだまだ辛い。
それでも流れる涙もずいぶん少なくなり
ヘソにたまる程は出なくなった。
(涙を拭かずに泣いたら、顔、首、腹をつたい、ヘソに溜まった!)
流れる時間と、なちと、周囲の人達の優しさに
ゆっくり癒されていく。
ゆっくりと少しずつ元の生活に戻ってゆく。           
忘れてたけど世間はもうクリスマスなんやね・・・。
サンタが居るなら、迷わず元気なぴ~ちを返して下さいとねだる。  


゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚



 2011年12月3日(土)に想う

今日は10年目の命日。
以前は、タンスの上に祭壇をかまえてたのですが
銀パールの3次元テリトリーが広がり
遊び場になってしまったので
現在は2人に見つかりにくいよう
ちんまりお骨を安置してます。
下の写真は、銀パールが初めてタンスエリアを冒険した日
思わず記念撮影したものです。
何も落とさず歩けるのはさすが猫!


今日は大好きな猫缶を供え
改めて感謝と大好きな気持ちを伝えた。
先月はなちの4回目の命日だったのだけど
ぴ~ちの”もう10年”に対し
なちは”まだ4年”って感じる。



【23:ぴ~ちロス症候群】




にほんブログ村 猫ブログへ   


     

コメント