猫的下僕生活

先代&現役黒タヌキ版。壁のシミまで猫に見える猫ジャンキーsiamの猫的下僕日記

猫のお茶会

2011年09月26日 | 猫グッズ

いつでも里親募集中







初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます

2011年9月26日(月) 

同僚から猫のイラストが描かれた小袋を貰った。
そのイラストの猫に一目惚れしてしまった

どうやら紅茶ブランドの袋らしい。

早速ネットで調べてみると、ななななんと

可愛い猫が描かれたオリジナルグッズが販売されてるぢゃあ~りませんかっ


黒猫もどきと、タヌキ猫パールもどきが居て、いっぱい買っちゃったよ。





写真を撮ろうとすると、早速、非破壊検査員がチェックに来ました。

陶器とガラス製品なので、下手すると破壊されてしまうのでチャチャッと撮影。

パールがフレームインしてきたので、思わずピントをパールにあわせてしまった←親ばか☆





あらためて撮り直し。






紙パック入り紅茶とポット。
紅茶の方はまさしく銀パール仕様のイラストで
見てるだけでニンマリする可愛さ。






もう1人の非破壊検査員が居ませんね~。

いえいえ、ちゃんとチェックに来てますよん。
矢印の所にの耳が写ってます。






ギャラリーが飽きて去ってゆきました。

ハンカチ、マグ、蓋付きマグ、茶漉しガラスマグ、ミニカップ
そしてプレート2枚。

荷物が届いた時、プレートが入ってなくて、代わりに小さな箱があり、
何が入ってるんだろうと思った。

開けてみるとこのプレートが入ってたんだけど、思ってたより小さくてビックリ。

一緒に買った同僚はちゃんとサイズ確認してたけど、
私は見た目で惚れて買ったので、サイズなんて見てもいなかった。
勝手にケーキプレート位だと思い込んでたから、小皿サイズに驚いたのでした。
可愛いからいいのだ。

実店舗は関東の方にしかないようなので、
ネットショップで購入出来て良かった。

この紅茶店、ちょっと早口言葉みたいな名前なんだけど、
カレルチャペックといいます。
山田詩子さんという方のイラストらしく、猫の他にも
クマ、うさぎ、みつばちとか癒し系のキャラクターが揃ってます。

私は紅茶よりカフェオレ派なのですが、缶や袋欲しさにまた買っちゃいそうです。
季節の新作が出るんだもん♪
  

【下僕御用達shop】

  


コメント

07:見えない未来

2011年09月25日 | ぴ~ちの肉きうDiary
いつでも里親募集中





初めましての方に
【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます





■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリーは《ぴ~ちの肉きうDiary》です。

2001年10月28日から10月29日を振り返る・・・。

朝から2回目のインターフェロン注射を打ちに病院へ行った。
最初の3日間連続して打ち、その後は週1回のペースで打つプログラムを組んだ。

療法食のn/d缶は腫瘍の成長を妨げる効果がある。
猫用ではないけど、昨日から食べだした。
「食べなくて困る」と、多くの飼主さん泣かせの療法食だけど、ドライフードは2人とも大好き。
これまで健康状態にあわせて、w/d、r/d、l/d、c/d、k/dと色々食べたけど、
なぜか缶は不評だったのに、このn/d缶は意外にも評判よく、なちまで欲しがった。
しかし、軟便になる兆候があるらしく、その通り軟便になってしまった。

ぴ~ちのガンが肺へ転移するのも時間の問題と覚悟しておく方がいいとのこと
肺に転移すると呼吸が苦しくなり、咳をしたり、重症化する。

ぴ~ちと過ごせる時間は少なくなる一方。
本当に辛くなるのはこれからで、そして、私より辛いのはぴ~ち
いつまでどんな風に残りの時間を過ごしていくのか先がまったく見えず
大きな不安と恐怖がのしかかってくる。

ぴ~ちにとって何が一番ベストなのか、考えても考えても答えにたどりつかない。

先生は診察が終わると
『頑張りましょう』って励ましてくださる。

頑張るつもりはあるけど、一体何をどう頑張ればいいんだろ。
私の目の前には傷つきながらも、しっかり生きているぴ~ちが居る。

頭ではガンだと受け入れても、なかなか気持ちが追いつかない感じで
別れが迫ってる実感がない。


なんでぴ~ちが、、、くそぉ~!!


夕方、ベッドで眠るぴ~ちがぶるぶる震えてた。
モコモコの布団に埋もれて寒い状況ではない筈なのに・・・。
ぴ~ちの横に寝転んでふんわり抱いた。
しばらくして震えが落着いたので、パソコンの前に座ってると膝に乗って来た。


腕に当たる肉球が熱かった。
傍に居るなちと比べても熱い。
耳も熱い。

インターフェロンは副作用はないはずだし。。。

発熱してるのかな?

発熱の原因には悪い菌をやっつけてる為の時と、
腫瘍がある場合はその毒素によるものがあるらしい・・・。

毒素って・・・

体温を測ってみると39度3分。
思ってたより低かったけど、平熱38.5分あたりだから少し熱っぽいな。

呼吸も少し荒い。。。熱のせいならまだいいけど、、、
肺への転移・・・?
そう考えると急に凄い恐怖感を感じた。
数ヶ月後の苦しんでるぴ~ちの姿がふと浮かんで、慌てて打ち消した。

抗ガン剤の導入には踏み切れない。
治るなら・・・って思うけど、延命だけなら副作用による苦しみを
長引かせてしまうだけなんぢゃないか・・・。

痛かった肉球を切除し、現在は腫れがすすんできたシッポが痛むようだ。
肉球を切除して、また活動的に歩くようになったから、
痛いシッポも切れば痛みから解放されるんだろうか。。。
気にして舐めたがることもなくなり、カラーも外せるだろうか。。。
先っちょから始まった腫れは大きくなり、範囲も広がり、根元に近付いてきた。

シッポを切って転移が防げる訳ぢゃなく、また別の箇所が腫れてくるかもしれない。
再び、恐怖の入院もしなくちゃいけないし・・・。



ぴ~ちはえらいな。
文句も言わずにちゃんとカラー付けてくれて。

急変して、明日にでも旅立つかもしれないけど、半年、それ以上過ごせるかもしれない。
その間、ずっとカラーつけたまんまって可哀想だなぁ。

あ~ホントに、頭ん中がごちゃごちゃだぁ!
映画「ミクロの決死圏」みたいに、ぴ~ちの体の中に入って悪い細胞をやっつけたいぞ!



2001年10月29日

3回目のインターフェロンの注射の為、病院へ行った。
昨日の発熱の事を話し、検温してもらうと平熱だった。
副作用とは少し違うけど、注射によって一時的に発熱することもあるそうだ。
そのせいだったのかな?
でも猫は人と違って、発熱前に悪寒で震えるというのはあまり無いらしい。
昨日のぴ~ちの震えは一体なんだったのだろう。

肉球を切除した足の傷はだいぶ綺麗に治ってきた。
シッポの方は、何かに触れると痛がるのでガーゼでカバーして
クッションにしようと先生が考えて挑戦するものの余計気にしそうなので、断念。
毛は茶色いのに、毛刈りしたシッポの地肌は白く、腫れの赤みが際立つ。

今朝は食欲もなく、少ししんどそうだったので心配だった。
ぴ~ちのあくび、息づかい、伸び、声、表情や仕草のひとつひとつを見つめる。
そんなぴ~ちの一瞬、一瞬に私の心はとんでもなく不安や恐怖で暗くなったり、
明るくなったり、コロコロと変わる。

最近はよく膝の上にいる。今も左腕を枕にされてるので、非常にキーが打ちにくい。
なんでもない事が今まで以上に幸せで貴重に感じる。



私にアゴを撫でられながら、ちょっとお疲れ顔。
3日間の注射お疲れ様。
しばらく通院無いから。恐い想いしなくて済むね。



 2011年9月25日(日)に想う

当時はパソコンに向かうと、調べ物ばかりしていた。
何か効きそうなものはないか、
参考に出来そうな体験記はないか、
ぴ~ちの命を1日でも状態良く延ばしたくて・・・。


【08:次なる決断】




 

にほんブログ村 猫ブログへ   

 

 

   

コメント (2)

何がでるかな♪

2011年09月24日 | 銀パール

いつでも里親募集中







初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます

2011年9月24日(土) 

定期購読中の雑誌「ねこのきもち」の付録にキューブ型のオモチャがついた。
以前、トンネルタイプは興味を示さなかったので、これも遊ばないかなぁと思いつつ、
組立てて置いてみると・・・。
まぁ、組立てると言ってもワイヤーが一瞬で起き上がるのだけど。




わらわら寄ってきてチェック後、早速潜って遊び始めた。






中で遊ぶとキューブごとコロンと転がり、サイコロを振るお昼のトーク番組のようです。






段ボールとは違うボヨンボヨン加減も気に入ったようです。





夜になっても潜って遊んでたんだけど・・・。






なんか静かになったなぁ・・・と覗いてみると






中で眠ってた。


上の写真6枚は大人しくちんまり遊んでる写真だけど、実際は・・・



こ~んなハードな遊び方で危なっかしくて写真撮れなかったのだ。

銀パールはホントに遊び方が激しい

角にワイヤーが入ってて、型崩れしてもボヨンと戻るのだが、
戻る時に顔に当たりそうだし、中に相手が入ってるのにダイビングするし、
窓の部分を挟んで猫パンチもラッシュ






そんな訳で、命短し、破れたキューブ。

食べ癖のあるが齧って食べたのかと思ったけど
どうやら布(不折布)が裂けてしまったようだ。






まぁ、破れても関係ないようですな


猫のオモチャとして作られたものだけど、ワイヤーは勢いよく戻る時もあり、
銀パールがヒートアップし過ぎないように、
遊ぶ時は下僕監視限定となりそうです。







  

【下僕御用達shop】

  


コメント

06:悪夢の診断結果

2011年09月22日 | ぴ~ちの肉きうDiary

いつでも里親募集中





初めましての方に
【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます





■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリーは《ぴ~ちの肉きうDiary》です。

2001年10月26日を振り返る・・・。


私のもこもこボアジャケットの寝心地が気に入ったようなので、ぴ~ちにあげた。





細胞診の為の肉球切除手術から丁度2週間目、検査結果が出た。

先生の気遣いから最初の報告は電話だった。

気持ちが落着いたらぴ~ちを連れて病院へ来て下さいってことだった。




[生検部位]
肉球

[顕微鏡検査所見]
この腫瘍は上皮性の悪性腫瘍で、リンパ、血管に癌細胞が侵入していて
転移が成立しています。非常に進行の早い癌で
早期に化学療法を施してあげてください。

[病理組織学的診断]
脂腺癌

[組織検査]
腫瘍性・悪性


「脂腺(しせん)ガン」という、ガンの中でも最悪のものだった。

人間の場合もやはり難しい種類のガンなのだそうだ。

「脂腺腫」の場合なら、切除と抗癌剤で良くなった例もあるが、
報告の通り、ぴ~ちの場合は悪性で、
すでにリンパや血管にガン細胞が侵入していて、
肺などに転移したら(してたら)余命2、3ヶ月らしい。

このガンは患部を切除しても追いつかない程、進行が早く、タチの悪いものらしい。

猫の発症は珍しく、検査した病理の先生も初めて見たというくらい・・・。

よりにもよって、こんな強敵にかかっちゃうなんて。。。

この種類の抗ガン剤も猫にはまだまともな臨床データも何も無くて、
使えそうな薬があっても完治はなく、出来るとしても進行を少し遅らせることくらいなのだそうだ。

抗ガン剤は、もちろん副作用もあるし、、、。

何が正しい選択なのかわからないけど、とりあえず、
免疫力をあげるサプリメントとインターフェロンを始めることになった。



なちと並んでパクパクご飯を食べるぴ~ち
悪性腫瘍だなんて信じられなかった。
右足の先っちょは、ヤギや羊の足に似てて※”プルプルのチョキ”型です。
※動物のお医者さんより

最初に電話で結果を聞いた時、先生に「大丈夫?」って聞かれ、
「はい」と答えたような気がするけど、
「脂腺ガン」の告知を受けた後は、頭がボーッとして、
夢なのか現実なのか分からなくなった。

きっと大丈夫と思いながらも、頭のどこかで「ガンかもしれない」とも感じてて、
電話を切って「やっぱりガンだったのか・・・」とゆっくり現実に戻ると同時に
涙があふれてきてぴ~ちを抱きしめて泣いた。

泣いてもどうしようもなかったけど、涙がとまらなかった。


結果を聞いた翌日10月27日。

心配してた残った肉球の腫れもひいてきて抜糸の為に病院へ。

食欲は以前のような一気喰いではないけど、ご飯の時は小走りで先廻りして待ってるし、
ガンに侵されてるなんて信じられなかったけど、目の前の残酷な現実に胸が痛んだ。

シッポの腫れを最初に発見した時は、先っちょだけだったけど、
結果を待つ間に、付け根の方までピンクがかってきて、触れると痛そうにしていた。


最初に腫れた右足ではなく、足から離れた場所であるシッポに転移?

結果をきいた今ならシッポの腫れが何を意味するのか分かる気がした。

途方もない強敵を前に本当に何をすべきか分からなかった。

病院ではなんとか泣かずに頑張ったけど、自宅では哀しくて、哀しくてしょうがなかった。

膝の上に居るぴ~ちが涙でぼやけて、ぴ~ちにポタポタと落ちる。

でもこれからがホントに辛いんだと思うし、なちと一緒にぴ~ちを支えようと思った。



出来る限りカラーを外す時間を作った。
やっぱり邪魔な物がないと、寝やすそうだね。

ちょっとお腹のお肉が邪魔なアンモニャイト姿です。



 2011年9月22 日(木)に想う

回想録で、今後の展開を知っててもかなり恐い。
こうして書いていると、またあの辛い選択を迫られる錯覚を起こす。


【07:見えない未来】




 

にほんブログ村 猫ブログへ   

 

 

   

コメント (2)

05:一難去らず

2011年09月20日 | ぴ~ちの肉きうDiary
いつでも里親募集中

初めましての方に 【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます



■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリーは《ぴ~ちの肉きうDiary》です。

2001年10月14日から10月21日を振り返る・・・。

ぴ~ちの退院の翌朝の事だった。

患部の消毒をしてる時に、ぴ~ちのシッポの先が少し腫れてるのに気付いた。
なんか肉球の腫れと色や様子が似てて凄く恐くなった。

シッポに対し、すぐに何か出来る事がないのはわかってたけど、それでも病院へ行った。
先生も何かあったのかと心配顔で、
シッポの事を報告すると表情が暗くなった。

もし、肉球の腫瘍がシッポに転移したとすると、
体の他の部分にも転移する、すでに転移してる事も考えられ、
そうなると残された時間は短いらしい・・・。

シッポは毛刈りして診てもらったものの、やはりすぐに出来ることはなく、
消毒だけすることになった。


時間の経過とともにひいてくる筈の右足の残った肉球の1つも腫れがひかず、嫌な腫れ方をしてる。
肉球の腫れは術後の圧迫包帯の血管障害かもしれないけどシッポの方は怪しいので、
今後は結果次第で断尾や断脚もありうるかもしれないとのこと。

シッポは元から短いし、シッポの無い猫種「マンクス」だって居るし、
シッポの長さにはこだわらないけど、脚がなくなっちゃうのはやだなぁ。
もちろん、どんな姿になろうが、愛しいことにかわりはない。

猫は意外と3本足でも平気らしく、それで命が助かるなら決断すべきだけど、
平気っつっても本猫に「平気?」って聞いた訳ぢゃないし、
ある筈の脚が急に無くなるんだからぴ~ちだって「平気」な訳はないよね。

いつも応援してくれてる猫友さんから軽くて柔らかいカラーを貰った。
私が見てる時しか外せず、長引くカラー生活に嬉しい贈り物。
ぴ~ちともども感謝です

下の写真は、ちょっとピンボケだけど、大好きな1枚です。
退院直後のヤサグレ感がなくなり、いつもの穏やかな表情になった。




犬の腫瘍は80%が良性なのに対し、猫は80%が悪性というデータがあるそうだ。

転移、悪性、ガン、抗ガン剤、レーザー治療、ステロイド、切断、嫌な言葉ばっかり・・・

なんかガンの色が濃くなってく中で、それを考えると何してても泣けてきた。
まだ決まった訳ぢゃないから泣くもんか!!って思っても、涙があふれてきた。

でもでも、やっぱり今はまだ泣いてる時ぢゃないのだ、うん。
泣いてる人の所には哀しみが寄って来そうだし。。。
不自由ながら頑張ってるぴ~ちを見てたら、泣くより他にする事がある気がして、
本当に泣く時がくるまで、泣かないようにしようと思った。


『だけど涙が出ちゃう。ぴ~ちの事、愛してるんだもん♪』



ぽかぽかコタツの中で寝んね。

いつも通りにゴロゴロ言ってるぴ~ちを見てると病気の事を忘れそうになる。

退院した時は、ぴ~ちの奇妙な形の足を不思議そうにじっと見つめてた相棒のなち

カラーを付けたまま、ぴ~ちなちの元へ寄ると、カラーがなちに当たり、
なちぴ~ちから離れることが時々あった。
ぴ~ちはその場でちょっと寂しそうに独りで居る。

そんな光景を見るのが辛かったけど、なちも少しずつぴ~ちの変化に慣れ
くっついてごろんしてる時間も増えた。
カラーでぐにぐに顔を押されても、一瞬「んも~っ、邪魔だなぁ」って顔しつつ、
ぴ~ちに寄り添う。
カラーをしてるので、自由にグルーミング出来ないぴ~ちの分まで舐めてあげるなちに感謝。

なちの優しいグルーミングは、魔法のようにぴ~ちを癒す。
私には出来ないことだ。

なち ありがとう。

2人は本当に仲良し。。。





2001年10月21日
病院へ行った。
22日の抜糸予定は少し延びてあと5日位様子をみることになった。
食欲旺盛で、元気だし、手術の縫合傷も順調。
術後、腫れがひかなかった肉球も少し小さくなって落ち着いてきたみたいだが、
シッポの先は相変わらず無気味に腫れ続けている。

とにかく早く安心出来る結果が出てほしい。



 2011年9月20日(火)に想う

泣かずに頑張るって決めたものの、治まらないシッポの腫れや
ガンかもしれない・・・って考えると、落ち込んで精神的にかなりきつかった。
当時は、WEB内外の猫友さんや友人知人の励ましのお陰で頑張れてた。


【06:悪夢の診断結果】



 

にほんブログ村 猫ブログへ   

 

 

   

 

コメント

ホイル焼き

2011年09月19日 | 銀パール

いつでも里親募集中







初めましての方に【welcome】
で登場人物のナビゲーションしてます

 
2011年9月19日(月)

連休最終日、スッキリ晴れて今からお出掛けです♪

さて、9月17日の記事で「お月見」を紹介しましたが、

今日は「ホイル焼き」を・・・。

「お月見」を読んで下さった方はすでにお気づきかと思いますが・・・。




ハイ、ちっちの写真でます。






ど~ぞ♪











スノコの向こうに何やら怪しい気配(アルミホイル)を感じ、ちょっと警戒してたけど、
がするいつものポジションに仕掛けてた罠で無事ちっちGET







パールの初回測定値《1.059》、の初回測定値《1.060》

やっぱよく似た2人だわ~。

窓開けて掃除機しようとしてたので、室温が30.5度だ。高ぇ~ 







トイレが汚れてるとラグや布団で時々、粗相するパール対策に1つ追加して合計3つ設置した。

ところがある日、帰宅してみると真ん中のトイレにパールのちっちとうんちょす。
ちなみに、それぞれちっち跡は特徴があるので、すぐわかるのです。
うんちょすは、最後にした時間の計算でわかります。

パールは、自分のでも汚れてると粗相するのに・・・・・。


他の2つは綺麗なのに・・・・・。


なぜだ~~~~~


それは、パールが気まぐれだから


そんな2人のちっこいサイズの腎臓を見守る下僕なのだった。







指先に手を乗せて遊んでもらってる下僕。

そんな面倒くさそ~~にしなくったって・・・イジイジ







TV横の箱の上はパールのお気に入りの寝場所。







起きたようです。






目が覚めてちょっと退屈すると矢印の部分をガジガジかじって遊びます。

それにしても無防備だな~。
起き上がれなくなった亀さんみたいだな


しかし、ホントよく寝るな~。

 

ポケット犬猫尿比重屈折計

ポケット犬猫尿比重屈折計
価格:29,500円(税込、送料込)


安くはないけど、操作も簡単なので、健康管理にはお勧めです。
銀パールの為なら・・・諭吉さんサヨウナラ~




  


【下僕御用達shop】


  


コメント

04:入院と退院

2011年09月18日 | ぴ~ちの肉きうDiary
いつでも里親募集中

初めましての方に 【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます



■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリーは《ぴ~ちの肉きうDiary》です。
2001年10月11日から10月13日を振り返る・・・。

2001年10月11日

ぴ~ち
の入院は1992年の11月、去勢手術以来。
あの時とは入院理由が全く違うけど、無事を祈る気持ちは同じ。
最期のお別れになる右足の2ヶ所の肉球・・・。
うんちょす踏んだこともあるし、ゴッキー踏み潰したこともあるけど、愛しい肉球

2001年10月12日、朝から病院へ行き、患部の毛刈りなど手術の為の準備を少し手伝い出勤した。
腕にぴ~ちの青い首輪を付けて仕事するも、心配で仕事どころではなく、
緊急時の携帯が鳴らない事を祈った。

ぴ~ちを見守り、心配してくれた皆の祈りも通じ、手術は無事終了。
会いに行きたかったけど飼主が行くと、ペットは後追いしたりして、
かえって可哀想だと言う事で夕方、電話で様子を聞いた。

先生が、電話の向こうで「シャーフ-」怒ってるぴ~ちの声を聴かせてくれた。
怒る元気があれば大丈夫だ



2001年10月13日

朝一番で迎えにいった。

病院では先生に威嚇しまくってたようで迎えに行った時もケージの中で「シャーフ-
相当鳴いてたのか、元々ハスキーボイスが、ますますハスキーボイスになってた

ぴ~ちに会う前に先生に薬や今後の指導を30分近く受け、やっと御対面♪



帰宅直後に撮影。

なんかめっちゃ猫相、悪くなってるんですけど~~~っっっ


ぴ~ちは、腕の点滴の管を自力で外してしまい、その後は、カラーも外そうともがいてたそうだ。
そんな訳で、液や血液が体に付いてしまったらしく、体から少し薬品の匂いがした。

カラーのふちにある小さな穴ぽこりんは反撃の跡。
右耳の後ろにぼんやり見える黒い文字は下僕からの愛のメッセージ



『痛いの とってもらって無事に帰っておいで なちと一緒に待ってるで!』

家に帰ってくるなり部屋を歩きまくり、痛い程の頭突きで私にスリスリごっちんしまくり、
にゃーにゃー喋りまくりで、かなり興奮してる様子だった。

ご飯も喉を通らなかったろうとご飯をあげたら狂ったようにむさぼり喰った。
本当にこの表現がぴったりで、一緒に食べてたなちは、
ぴ~ちの食べる迫力にびびって避難してたもん。





ほらぁ、やっぱり猫相変わってるぅ~!!

寄り目は寄ったまんまだけど・・・


原因はまだ不明だけど、今回ラッキーだったのは患部を目で確認できた事。
体の中に出来てたらもっと発見が遅くなってただろう。
大きくなっていく肉球の腫れや、色、薬の効き具合などすべて目で確認する事ができた。
今後ぴ~ちの体に新たにメスが入ることが無ければいいのだけど。。。

足という場所がら、包帯をしても汚れたり、ちっちで濡れて蒸れたりすると、
かえって傷の回復を遅らせるので、今はむき出しの状態です。
手術は右足の内側2つの腫れた肉球を根元の関節から切除し、指が無い感じ。
縫合跡は生々しくて、グロテスクで痛々しい。


帰宅してから数時間、やっと落ち着いて眠るぴ~ち
でも時々、犬みたいに呼吸がわふん、わふん言ったり、
ゴロゴロも大きくて、寝息がいびきみたいな時があるし、麻酔の影響なのだろうか・・・。

ぴ~ち ホントによく頑張ったね。


 2011年9月18日(日)に想う

怒ってる顔の写真のオリジナルデータを、
当時、加工したデータで上書きしてしまい、おまけにgifファイルで保存してて残念。
温和なぴ~ちが怒ってる貴重な写真だったのに~
怒ってる顔も可愛いのだ

それにしても硬いカラーに爪であれ程の穴を空けるとなると相当の力が加わった筈。
手術跡が痛んで、舐めたかったのか、体にまとわりつくチューブが嫌だったのか、
病院で過ごしたぴ~ちの心情を想うと泣けてくる。

【05:一難去らず】



にほんブログ村 猫ブログへ   

 

 

   

コメント

お月見

2011年09月17日 | こんなん買いました♪

いつでも里親募集中





初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます

 2011年9月17日(土)

ん?なんだ?



背景にスノコと粒?

これはもしや・・・

ハイ、ちっちです

一応モザイク掛けてますが

カラー版の写真出ますので

視界にいれたくない方

ちゃちゃっとスクロール願います。









↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓












白い器に黄色いちっち。

まるでお月さま~

猫は元々砂漠の生き物で少しの水で生きていけるような

体の創りになっており

腎臓病になりやすいのだそうだ。

先代の頃には慢性腎不全に対する意識が薄かったけど

銀パールの代になってからは予防に心がけている。

 

ご存知猫にゃんの腎臓は全体の75%程度機能を失った頃

ようやく血液検査でわかり、

数値に出る頃にはすでに腎不全の可能性が高いとされている。

腎臓のSOSをいち早く知る有効な方法の1つが尿検査。

尿検査は病院で絞ったり・・・ひ~っ

管を入れたり・・・ひ~っ

猫にゃんにはかなり苦痛がある。

自宅で採尿出来ても新鮮なちっちを

素早く病院にデリバリーしなきゃいけないし。

せっかく採れても休診日だったり

すぐ持っていけない状況だったり、タイミングも必要だ。

先代なちが泌尿器系疾患があったので

常時自宅に尿検査紙があり、

が膀胱炎で血尿を出した時など、経過チェックにお役立ちだった


腎不全の診断で重要視される項目の1つが尿比重。

家でも測定出来ないかなぁって探してみると

測定器の通販があったけど

購入出来るのは動物病院関係者のみ。



う~ん、困った。



困った時は・・・



ド○えも~~ん




タラリラッタラ~~~




”ポケット犬猫尿比重屈折計~~”

今まで探し方が悪かったのか

最近取り扱いが始まったのか

検索するとなぜかすぐ見つかったので、買っちゃったよ~ん



早速パールのちっち採取に成功したので、測定してみた。

初測定値は《1.059》

先生から参考値として教えてもらった数値1.035以上であれば

まず問題なしだけど

1.050を超えると脱水気味なので、わりと高めの数値だね。

低い数値よりはマシだけど

銀パールは脱水の血液項目がいつも高めなので心配だ。


平均値はあくまでも参考値であって

他の血液検査項目や複数回の検査値を考慮し

その子の正常値を判断するので

平均値外だからダメ、安心とは言い切れない。

また先生に「心配し過ぎ」って笑われそうだけど

大事な銀パールだもん、心配しちゃうよ~。

パールは、お尻をあげて用をたすので

ちっち採取はダイレクトに器に採れて楽勝だけど

はスノコにお尻がつくくらい低い姿勢なので

いつもちっちするポイント辺りに

アルミホイルを敷いている。

砂やスノコを通してのちっちになるので

多少は不純物が混ざるけど、参考程度の測定は出来そうだ。

先代にゃんこも生涯、病院と縁が深く

2代目銀パールも健康面の不安が多いことについて

周囲から


-健康上の問題がある子を飼うのは、私のもとなら
ちゃんと面倒みてもらえるから出会ったのかもね-


なぁんて言われるけど

私は凄~くへタレなので、そんな試練要らないよ~。

大事な銀パールを守る為に、毎日精一杯です



そんな場所、そんな格好でグルーミングしなくていいのに

ホント、毎日イタズラ&ヤンチャし放題なんだけど

可愛くてしゃ~ないです

 

安くはないけど、操作も簡単なので、健康管理にはお勧めです。
銀パールの為なら・・・諭吉さんサヨウナラ~

ポケット犬猫尿比重屈折計

ポケット犬猫尿比重屈折計
価格:29,500円(税込、送料込)

 

  

【下僕御用達shop】

  




コメント (2)

03:生検結果

2011年09月14日 | ぴ~ちの肉きうDiary
いつでも里親募集中 

 

初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 

 

 

■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリーは《ぴ~ちの肉きうDiary》です。

2001年10月2日~10月10日頃を振り返る・・・。

腫れた肉球に針を刺して調べるバイオプシー検査を受けたのが10月2日。

患部を舐めるので、結果を待つ期間も、エリザベスカラーをつけて過ごすことになった。
薬やご飯を吐くこともあったが、食欲&元気あり。

検査から8日後の10月10日。予想外に早く結果が出た。

[生検部位]
肉球

[顕微鏡検査所見]
この標本では、好中球 マクロファージしかみとめられません。
組織検査が必要と思われます。

[病理組織学的診断]
-コメントなし-

[組織検査]
陰性

ようするに異常なし。

結果は正常な細胞のみが検出され、本来なら喜ぶべき結果であるが
腫れの具合を考えると炎症ですます事は出来ず、
病理検査の先生も患部の切除をして検査する事を勧めたそうだ。
患部の切除・・・つまりは肉球を切りとること・・・。

そんな訳で2日後に、肉球切除の緊急手術が決まった。

バイオプシー検査結果が出たこの日、手術に備え、
全身麻酔の為の血液検査を受ける為、急遽病院へ行った。

生検結果が良くても、症状が改善されない状態なら、肉球の切除も覚悟してたけど、
いざ手術に挑むとなったら恐かった。

ぴ~ちの命が助かるなら肉球2つくらい猫神様にくれてやるわ!!

肉球が悪いとこ全部持ってってくれますように!

だけど、それ以上ぴ~ちの体を奪う事がないように・・・。

手術前夜、ぴ~ちの肉球にキスして祈った。

ぴ~ちがスカパーのチューナーに吐いたので、壊れたけど、
そんなもんどうでも良かった。

チューナーなんて金出しゃ買えるけど、肉球のスペアは無いんだから。

去勢以来の手術となる・・・。

 

 2011年9月14日(水)に想う

結果だけ見れば、バイオプシーせず、最初から切除しとけばって話だけど、
肉球は小豆大っつっても、指ごと無くなる訳だから、切らずに済む検査があるなら、
まず先に・・・って思ったし、肉球切除に踏み切るには相当の覚悟が必要だった。

今回の決断など「即決レベル」に感じる程の更なる決断をせまられる日がこようとは、
この時は思いもしなかった。



負担が少ないよう柔らかな素材のエリザベスカラー・・・ではなく、
元気だった頃、ドーナツクッションの穴に顔を入れてる写真です。
注意:虐待ではありません。
ゴロゴロ言いながらこのまま寝ちゃいました。 

なちもお揃い♪

【04:入院と退院】

 

 

 

       



    

コメント

02:効かない抗生物質と生検

2011年09月12日 | ぴ~ちの肉きうDiary
いつでも里親募集中 

初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 

 

 

■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリーは《ぴ~ちの肉きうDiary》です。

 

2001年10月初旬を振り返る・・・。

抗生物質の注射や投薬を始めたものの右足の肉球の腫れはますます大きくなってきた。
いくら足先は薬が届きにくいと言っても効かなすぎ!

薬の種類を変えても効果がなく、
次のステップ、肉球の細胞を採って調べる検査をすることになった。

針を患部に刺して調べる吸引バイオブシー(生検)と呼ばれるものだ。

この検査は、針がうまく悪い細胞を捉えるとちゃんと結果が出るが、
悪い細胞を外して採取してたら例え、悪性のガンであっても
「炎症」という診断しか出ない場合もあり、
結果が「炎症」でも安心は出来ないという事だった。

それでも、とりあえずすべきであろうこの検査を受けた。

針を刺す為に全身麻酔というのも、10歳のぴ~ちには、リスクが高いので、
足先の患部に液体の麻酔スプレーをしてもらった。
このスプレー、あんまり痛み止め効果は無いそうなんだけど、ぴ~ち
は頑張りました!



針を刺す為に毛刈りされた右足です。
タヌキかと思ってたけど、クマだったのか???っと思う毛並みです。
全身茶色に写っちゃって、一瞬ヨソの猫にゃんの写真が混ざってるのかと思ったけど、
腹のメタボ具合はぴ~ちに間違いない・・・。

病理検査の結果は大抵2~3週間待ちだと聞いた。


時間、かかり過ぎっ


実際、進行の早い病状の子など、この待ち時間が命取りになる場合もあるらしい。

結果を待ってる間も肉球の腫れはひかず、ますます痛そうで
結果が出るまでの数週間も待ち切れない状況だった。

歩きづらそうな点以外は、食欲もあり、元気もあるのが何よりの救い

肉球の腫れの早さや、範囲が広がった事も含め、ガンの可能性も考えられた。

ガンだった場合、今後の治療のメインになる抗ガン剤を使用する際、
前もってステロイドを使うと効果が薄れる為、
内からではなく、外からの治療として、
「ステロイド軟膏」を2週間以内限定で患部に塗る事になった。

触れると痛いようで、足の消毒は凄く嫌がる。
でも、我慢してちゃんと消毒させてくれる。

体重は7.3kg。
この重い体を支えるには、やっぱり4本の四肢が必要です。 

 
 2011年9月12日(月)に想う 



生後5ヶ月の頃、寄生虫で初めて通院した頃からずっとつけていた健康手帳。
健康優良児ではなかったので、分厚いです

足の腫れの治療記録として、患部の写真データを残してます。
blogに載せる写真はないかと、画像を見てたら、辛くてダメだった。
闘病記も読み返すと、気持ちがフラッシュバックして、泣けてくるし。。。
でも、ぴ~ちの頑張りを自慢したいので、続けます。


【03:生検結果】

 

 

       



 

    

コメント

下がらんなぁ~

2011年09月11日 | 猫グッズ



    

  

いつでも里親募集中

 

初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 

2011年9月11日(日)

「すべらんな~」みたいなタイトルですが、肝臓治療中の銀パール
食事療法、サプリメント、投薬中ですが、
数値が上がったり、下がったりを繰り返し、なかなか平均値まで戻りません。

治療中とは言え、毎日、快食、快眠、快うんちょす、元気ハツラツで、
健康診断受けなかったら全く気付かなかったろうな。

さて、

「減らんな~」

下僕のニセ猫グッズ集めです。

同じような顔しちゃって~




今回のニセ猫達は・・・




黒猫ポーチ、カフェカーテン、シッポがぐんにゃり曲がるマグネットフック、
ゴールドのストラップ、デジカメポーチ、水筒ポーチ。




わらわらと非破壊検査員がやって来ました。




が、ドロボー猫ポーチを咥え、ドロボー中~





ペン立てサイズのメッシュかご




黒いシッポが乱入してますが、黒猫のメッシュかご。


そして、こんな物も非破壊検査員のチェックが入ります。




パール、まぐろ王国の入り口はそんな所にないよ

今回のshopは《CrushBerry》さんです。



 

 

 
 

 

       

 
【下僕御用達shop】
         


 

コメント

01:足が痛いにゃ~

2011年09月10日 | ぴ~ちの肉きうDiary

 

いつでも里親募集中

初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 

 

■闘病記事はタイトルの先頭に数字が入ってるのが目印で、
カテゴリーは《ぴ~ちの肉きうDiary》です。  

2001年9月24日を振り返る・・・。

夕方、ぴ~ちが急に右足を庇うようにヒョコヒョコ歩きだした。
主治医は休診だった為、別の病院に電話し、症状を話して指示をあおいだ。
歩く様子からして、骨折はしてないようだし、主治医が居るなら
一日待って主治医の方へ行った方がいいとの事だった。

ぴ~ちに限らずなちも私のベッドの棚部分からジャンプしたタンスの上がお気に入りだった。
タンスから降りてくる時は、ベッドの布団の上にバフッっと着地。



身軽ななちと違い、おでぶなぴ~ちは着地時に体重がかかりそれで足を傷めたのかと思った。
痛むであろうその足で、再びタンスの上に行こうとするので即行でベッドを解体した。

タンスの上のダウンジャケットの中に上手に潜るぴ~ちだが・・・。

踏まれることもある(≧∇≦)

 

翌日、主治医の元へ行き、腰と足先のレントゲンを撮ったが、異常はなかった。
痛み止めの注射を打って様子をみることに。

帰宅後、ぴ~ちの歩く姿を観察しててふと肉球に目がいった。
毛をかきわけて見てみると右足の肉球の1つが少し腫れてた。
触診では分からなかった腫れが、時間の経過と共に大きくなってきたのだろうか?

翌日、病院で毛刈りして診てもらった。

爪の間から菌が入る「爪床炎(そうしょうえん)」や真菌性のカビ等の可能性を言われた。
もちろん、腫瘍の可能性も・・・。
足先は薬が届きにくく治りも遅いらしいが、とにかく抗生物質の投薬が始まった。

だが、薬の効果なく、翌々日には、最初に腫れた肉球の隣の肉球まで腫れてきた。
ぴ~ちは柔らかいカーペットに足をつけるのも痛そうだ。

しかし、食欲はあり、痛いながらも私のあとをテケテケついて歩き、足以外は元気。

炎症を起こし、膿がたまってたりすると患部がぷにゅぷにゅと柔らかくなるそうだが、
ぴ~ちの肉球の内部は骨でも腫れてるかのように硬かった。

不安は募る・・・。


 2011年9月10日(土)に想う

あの時は、足の痛みは外科的なものだと思いこんでたから、肉きうが腫れてきた時は
いいようのない不安と恐怖でいっぱいだった。

 

 【02:効かない抗生物質と生検】

 

 

 

       



 

    

コメント

ぴ~ちの肉きう

2011年09月09日 | ぴ~ちの肉きうDiary



    

  

いつでも里親募集中

 

初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 

2011年9月9日(金)



寄り目になったパール

顔のタヌキ化が進行したパール

いえいえそうではありません。
初代タヌキ猫のぴ~ちです。

骨格もそれなりに大きかったけど、体重は最大時8kg超えしたおデブちゃん。
そんな巨猫にもかかわらず、ハスキーで仔猫のような声と寄り目が特に可愛かった。

2001年12月3日、脂腺ガンの為、10歳で下僕の許可も得ず、
虹の橋を渡り、いつの間にやら今年で10年。

お骨は兄弟猫のなちとともに、まだ手元にある。



ちょっと凛々しくなった
いえいえ、初代黒猫なちです。
”猫なのに犬歯”が長く、甘えん坊。
長い間、私を支え続け、2007年11月15日、16歳で虹の橋を渡りました。

私は、ぴ~ちを失ってから、起きてる時は泣きっぱなし。
夢に出てきて、泣くこともあったけど、哀しみから逃避したくて、ずっと眠ってたかった。

でも、なちのご飯やトイレ掃除、なちが自分を求めてくれる気持ち
なち
の存在が、私に泣きながらでも、立ち上がる気力をくれた。

感謝でいっぱい

ぴ~ちが旅立った後、いつの日か来るなちの旅立ちの時が来たら、
仲良く一緒に納骨しようと決めた。

生まれる前から一緒で、生まれてからも本当に仲が良かったので、
旅立ってからも一緒に・・・って。

なちとお別れした後も、ぴ~なっち(2人の呼び名)が恋しくて、寂しくて、
どうしても納骨する気になれなかった。

銀パールを迎えてから、言い逃れのようだが、ぴ~なっちの姪っ子猫のさとしを待つことにした。
そのさとしも去年18歳の長寿を終えた。



妹宅に居たさとしです。女の子です。
腎不全を患ってたけど、症状がひどくなる前に2010年7月29日、老衰で虹の橋を渡りました。


これで納骨メンバーは揃ったわけだ

ぴ~なっちにはずいぶん長く傍に居させてしまったなぁ。

10年も経ったことをあらためて感じ、
そろそろぴ~なっちを本当に送ることができそうかなって思ったのだが、
こうして気持ちを文字にしてるとなんだか涙が出てきた。

ホントに納骨できるのか? 自分・・・。

このblogは、楽しい気持ち、哀しい気持ち、
ぴ~なっち銀パール以外にも沢山の猫達の事を綴った大切な場所になった。

ぴ~ちの闘病記を振り返り、納骨に向けて、
あらためて気持ちの整理をしながら、このblogで綴りたいと思います。

2001年9月24日、
全てはこの日、ぴ~ちの肉きうの異変から始まった・・・。

 
 

       


 

コメント

猫様に献上

2011年09月06日 | 銀パール



    

  

いつでも里親募集中

 

初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 

 

2011年9月6日(月)

夜の風が急に肌寒くなって、少々寂しく感じます。
パールの夜鳴きをすぐ制止出来る様、長らく床で寝てるのですが、
マットレスをベッドから下ろすのは大変なので、薄いベッドパッドを敷いてます。
でも、そろそろ冷えそうだな・・・。

スーパーでこんなのを見つけた。
輪っかのついたチェーンの先にフサフサが付いている。

猫のオモチャのようでもあるが、キッチン用品売り場で発見。

とりあえず、2人に見せてみた。






頭上でぶらんぶらん振ってみた。





なぜに、だけカメラ目線?

このフサフサは、ペットボトルや水筒ん中に入れて振ると隅々までキレイに洗えるというモノ。
日頃My水筒持参してるので、早速愛用している。

我が家では、珍しいブツはまず銀パールに献上し、非破壊検査を受ける。

破壊される前に撤収するのだが、稀に、破壊されてしまう場合もあったり、なかったり(^▽^;)

2人が喜んでくれたらそれでいいのだ

 
 

 

       

 
【下僕御用達shop】
         


 

コメント

ニセ猫たち

2011年09月04日 | 猫グッズ



    

  

いつでも里親募集中

 

初めましての方に【welcome】で登場人物のナビゲーションしてます 

 

2011年9月4日(日)

気温が下がってからも台風の影響で湿度が高く、まだまだエアコンが切れないでいる。
電気代を節約しなくては・・・と思いつつ、ニセ猫グッズ集めはやめられません。



非破壊検査要員がチェック中です。
今日は食べられる物はないよ~ん。

グッズが見えないぢゃないの。

チェックが終わり、飽きたようで去ってゆきました。手足見えてるけど



今回はこんな感じ。

猫グッズと言うより、黒猫グッズですね。





ソープ置き、靴下、ダヤンの穴あけパンチ、黒猫ランチョンマット、
トラ猫コースターはオマケで貰いました。
左に写ってるのは、タヌキ猫です。




爪やすり、毛抜き、ぷっくりシールです。
綺麗なシルエットの黒猫はブルーアイです。

きっと存在しないんだろうけど、青い瞳の黒猫に憧れてます。




そして、シッポ付きのクッション。

やっぱそうなるわな~。

にょきっと出てたら齧りたくなるようです。

週末、新たにグッズが届きました。
ヤンチャ&イタズラっ子どもが居るので、買っても部屋には飾れない物が
多いけど、ついつい買っちゃうニセ猫たち。

だいたい毎月買い物してるお気に入りshopです。
商品の幅が広く、オリジナルグッズもあり、新入荷の更新が多いので、
こまめにチェックしないとすぐ売り切れちゃうのが残念です。

  《けいと屋ニコル



ところで、台風の被害は大丈夫だったでしょうか?

土日は外に出れないと思い、金曜のうちに買い物を済ませてたのだけど、
幸い大阪は強風と強い雨が一時降っただけで、、大きな被害は無かった。
今日は太陽もすこし覗いたけど、どんより空です。

 

 

震災の津波の光景がだぶるような大洪水や土砂くずれ。
車や家も流してしまう水の脅威に震えた。

復旧は困難だろうけど、早く日常に戻れるように祈らずにいられない。


 

 

       

 
【下僕御用達shop】
         


 

コメント