ダイアナ

2015-06-30 11:25:51 | Flow




夢の、なかで







眩しく光り近づくそのシャドウに目を凝らして焦点をあてていたら






光から輝かんばかりの女神がらあらわるる







あなたは?







黙ったまま…………の至福の微笑に







手を差し伸べられた







迷わず手を差し出し…………その手から、引き上げられた…………







にっこり、やすらぎの天使のような微笑みから…………







ダイアナ…………月の女神…………







問いかけの返事を遅ればしながら、、もらったかのような







そんな言の葉が浮上してきた







そんな夢からのメッセージを受けとり







また、この世に戻ってきていた

























こもりうた

2015-06-30 11:18:18 | Flow




風の香り






雨の匂い






空のやすらぎ






内なる真ん中にこもりながら






なんにもないなかで






安心して






流れるように






なだれるように






自然に…………ちからが抜けて行き






母なる大地をいだくように、、ねむっていた…………


















さらさら

2015-06-30 11:16:44 | Flow






さらさらさら…………







さらさらさら…………
















風の香りが








した









宇宙遊園地のよう

2015-06-29 11:49:00 | Flow



この世は






宇宙が、創った………遊園地






宇宙の中の…………遊園地






宇宙の………遊園地






みたいな、…land感覚しか






何だか






浮かばない………感覚にあった

















どこまで際限さき場所へと

2015-06-29 11:38:32 | Flow



どこまでも






どこまでも






終わりのなき終着駅のない列車に、乗らされてる






自ら創りながら、自ら望んで、のっているかのような






いったいこの宇宙螺旋浮遊列車は、いずこへゆくのか…………






何をまた、創りだしてゆくのかさえ






わからなき今に戸惑いながらも






行くとこまで行くのだろう…………と





どこか、さめた感覚さえあり






つれて行かれる、魂たちの望みし体感場に愚問さえ






もう、いいと、疲れ果てていた感覚にいた