また、少しひいて眺めたら

2015-06-09 12:05:42 | Flow


やっぱり








また








ふっと、思い出したかように








一歩ひいて天空から眺めてみたら








やっぱり経験…しにきていたん…だった








あっ、








そうだったな







と、







SOURCE意識が、常に、冷静に眺めていて、、







忘れそうになると








自動的によびもどされてるような感覚さえ








あった






















































それぞれの感覚

2015-06-09 11:52:38 | Flow




それぞれの感覚があり









どれも、その人その人の環境から生きてきた流れから生まれる
受け止めかた








自由空間にて








すべては得たい体験を








この幻想たるこの世で









謳歌しているのではないのかな









と不思議と周りが忙しく慌てて居るなかで









慌てたところでと、、慌てたら慌てただけ悪循環をうみそうだし








神のなさることはとめられないし









なるべくしてなり、なるようにしかならないのなら、と、









何だか、一人どこでも更に








浮きながらも








何だか一人?変だけど








慌てても、神のみぞしる、あるがままを宇宙にお任せならば、








と、妙に…楽観的に、楽に、冷静に








ただ、うけとめてゆくだけなのだろうと、








辺りを眺めていた今があった














じんわりり、と、独り言を呟いていた













無駄に怖れない

2015-06-09 11:40:09 | Flow



すべてにわたり






無駄に怖れず、ただ、やるだけ…やったあとは、受け入れる






その方が…私自身にとってはしっくりきて、、すんなりはいり






先を無駄に予測したり、たくさんのあらゆる情報がはいってきたとしても





あまり






余計には、過剰には反応する必要もなく






逆にそちらを強く、反応意識することの方が






その情報を強く現実化してしまうのではないかな






不安や怖れが、増殖され





逆に…現実化をまねくのではないかな





と、懸念され






不思議に感じうる今があった






何事も大変……なる今の時勢が、世の中と感じうるなら、なおさらのこと




まだ、まだ、と、言うより、少しでもより良く向かっている、と、些細なる変化を喜んだ意識の方が





一人の安心する波動が100へと、また、広がり





沈静化鎮静化してゆく最善策ではないのかな












一人勝手にかんじ得ながら






じんわりと佇んでいた








鎮める

2015-06-09 11:35:47 | Flow



何故だか







言葉が、ある時から







鎮まり







力なきながらも







妙に冷静に







落ち着き神妙たる








表現になりつつあった