真我の花道・・・幸福の道・・・

本当の自分に出会うことで因縁を断ち切り・・・
・・・・幸福の道へと人生の電車を乗り換えるこができました

ひとりごと・・・

2020-12-03 22:39:40 | 日記
毎日、母に会って、母の話を聞いています。母の心を救えてるのかどうか・・・わかりませんが・・・
・・・母と向き合っていれる時間があることに感謝です。
いやあ・・自分でいうのもなんですが・・・ほんとに・・全身全霊で・・・頑張ってきたと思います・・・・
誰が何と言おうと・・真我です・・因縁や業や霊体に倒されそうになっても・・・揺らがないものは真我です・・・
・・・息子に向き合う時間もできました。忘れていた・・笑うこともできるようになりました・・
・・そう‥気づいたら・・笑うこと忘れてしまってました・・・
‥今回の好転反応は‥本当にがっつりやってきました・・・
ほんとに・・人間が停止してる感じです・・でも・・停止状態なので気づこともあり・・
・・・必要なものと不要なものの見分けがつくような気がします・・・
‥偽ものと‥本物と言ったらいいのでしょうか・・
・・自分を認めることって・・できるようで・・以外に難しい・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の心を救いたい・・・

2020-12-02 17:53:07 | 日記
こんばんは。毎日、実家の母にあっています。今まで、母に真正面から向かいあったことがなかったのです。
なぜなら、、無意識に、意識の深いところで、私は勝手に、母を鬼だと勘違いしてしたから・・
母から、殺されると、、勘違いしていたから、、、意識の深い深いところで、、でも自分ではそのことに気づきませんでした。
今まで何度も、好転反応で倒れては、仕事に復帰することを繰り返してきました。今回も、祖父の命日に倒れて、、
休職することになり、自分の体の治療も兼ねて、母も体の不調箇所を治療中。毎日、送迎をしています。人生初めて、、
母との会話の時間、、母の生い立ちや、母の思い、、いろんなことを聴けます。
母は自分の苦労は微塵も見せないけれど、、想像以上の苦労があったことが、、、
そして、母の心の苦しみを垣間見て、、、
母の心を救いたい・・・そう、強く思ったのです・・祖父の命日に体調不良になり・・仕事を休むことになりました。
・・・何もしないのはもったいないので・・学長のDVD見たり、CD聞いたり・・学長三昧・・・
・・休んでるあいだに・・真我の技を何か一つでも・・マスターしようっておもって・・
・・内観光受・・瞑想をやってます・・・・
・・・学長が・・ご先祖様が来てるかもねって言ってくださったのは・・・そういうことだったのかもしれません。
祖父は、、母を心の苦しみから解放してほしいと・・私に気づいてほしかったのかもしれません。
・・・祖父と祖母が・・娘を心配して・・・
・・母の心を救いたい・・・そう思うと・・そばに祖父と祖母がいつもいる感じかします。
・・いやいや・・わたしの中に祖父も祖母もいるんですよね・・・
・・母の心を救いたいと思うと・・涙が止まりません・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々‥変化してるようです・・・

2020-11-30 17:52:01 | 日記
こんばんは。内観光受、、なかなかむずかしく・・・できてるのか・・できたないのか・・
ひたすら・・より続けることが大事ではないかと・・・やってるときは・・
・・・できてないように感じても・・急に・・・両親や家族・・・友人・・ご先祖様に・・・懺悔と感謝で・・
涙が止まらない・・・今まで・・勝手に思い込んでたことや・・勝手につかんでたことが浮き上がり・・・
・・・今まで‥何を見てたんだろうって・・思えるようになりました・・
・・時間の大切さを痛感し・・ほんとに必要なもの・・不必要なものが明らかになっていく・・
・・・いまさらながら・・・私は‥自分を‥ほんとうの自分を否定してきていたことに気づき・・・・・
わたしって・・素晴らしいって思えようになりました・・自慢ではなく・・
わたしという存在は。。命は・・神様が・・人間でいることをみとめてくださったから・・・
・・地球にいることに気づき・・・・・私という存在は・・父と母と祖父と祖母・・・ご先祖様と一体・・・
医療現場は戦場のようで、コロナのお陰でっていうと・・医療現場で頑張ってくれてる同志に不謹慎のようですが・・
・・コロナは・・・・・人間を洗脳から脱皮せようとしてように感じる・・・
今、私は病名をいただき、医療現場を離れて、医療現場を見ています・・・西洋医学は必要ものです・・
・・しかし・・本来人間は自分を病気を治す能力をもってる・・治療法や治療薬がないコロナにつては・・
・・免疫力と自然治癒力・・人間本来の能力に頼る以外にない・・・
・・・コロナは・・・人間に・・目覚めよ・・・目覚めよ・・・っていってるような気がします・・
私の個人的な思いですが・・・
・・明日も・・内観光受・・やりますよ・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のサラダはコールスロー・・

2020-11-26 09:39:23 | 日記
おはようございます。今日の私の変化ですが・・・
朝食にいつものように、サラダをつくる私、今日は息子に・・レタスとキャベツどっちが食べたい、って聞いてみました。
息子が「キャベツ食べたい」というのので、キャベツのコールスローにすることに・・
キャベツの千切りしながら・・ふと・・「このこのキャベツどうやって切ると、夫や息子がおいしく食べるかな」って思いながら
切ってる自分を発見して・・・普段と同じことやってるのに・・・思いが変化してることに気づき・・
・・・私‥変わったなって実感しました・・・この変化忘れないように・・メモしました(笑)
・・一応・・病名をいただいて・・・休職中のわたしです。医療現場はコロナで戦場のような状態です・・
そんな医療現場にいた私は・・数度となく・・無防備にコロナ患者に接触することもありましたが・・
・・・検査しても・・感染することはありませんでした・・
・・仕事に出かける前に必ず・・成功と幸福を呼ぶ言葉を読誦して仕事に出かかていたお陰でしょう・・・
今、さらに・・医療現場はコロナ患者が増えて・・戦場真っ只中・・・・
なのに・・私は・・・病名をいただいて・・・自宅で過ごし…こうして・・ブログを書き・・
・・学長CDを聴き・・学長DVDを見て・・・学長の本を読み・・・学長三昧の日々を送っています・・・
・・まさに・・ゴールデンロード・・・休職中ですが・・経済的に困窮することもなく・・
・・・医療現場で働いてたので・・国からの補助金をいただき・・・黄金の雨が降り放題・・・
・・現実・・身体的な病気もあるわけですですが・・これに関しても・・無料で毎日全身治療できるものに出会い・・・
・・今までかかっていた治療費もいらなくなり・・・もっとすごいことは・・・
・・息子の・・先天的な・・顔面神経麻痺が・・・なんと・・・この全身治療により・・・完治・・しかも・・無料・・・
・・・真我に出逢って17年・・いろんなことがありましたが・・・
・・気づかなっただけで・・ゴールデンロードを歩いていたんですね・・・
・・・ずっと見守ってくださった・・学長とご先祖さまに感謝です・・・ありがとうございます・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の母は鬼ではありません・・

2020-11-25 16:01:48 | 日記
先日、内観光受の練習をしてると・・・「私の母は鬼ではありません。母は鬼ではありませんでした」という心の声がして・・
・・・涙があふれて・・止まりませんでした・・・私は・・母を鬼だと思い込んでいたようです。
・・母から殺されると・・こころの奥底で思っていたようです・・・講座を受講してもなかなか・・母との記憶が思い起こせず・・
・・祖母に育てられた私は・・4歳で祖母が他界してから・・・ずべての人間が敵にみえて仕方ありませんででした・・
なので・・・両親や姉妹と仲良くできず・・・両親や姉妹を大切にできませんでした。でも・・こころの奥底では・・
家族は私が守るんだという・・・思いは強く・・・思いと行動がかみ合わず・・家族と仲良くできないまま・・・結婚もできず・・
・・・結婚してもうまくいかず・・・・・一度は破綻し・・・頑張れば頑張るだけ・・・現実生活中では・・・
地獄のような現状が渦巻いてしまっていました・・・抜け道を探して・・探しまくりました・・・17年前の出来事ですが・・

・・・そして偶然一緒に乗り合わせた電車で今の夫に出会い・・・学長に出会うことになるのです・・・

 私は母に殺されたことはありません・・でも・・私の記憶の中に・・そう勘違いする出来事があったのかもしれないません・・
母を鬼だと思っていきてきた・・私がいたのは事実です・・・
自分も、家族も・・今まで出会った人たちも・・私は・・随分と傷つけてしまったことでしょう。
・・心から・・・ごめんなさい・・・深く・深く懺悔いたします・・・・
・・そして・・ありがとうございました・・これからもよろしくお願いします・・
自分に起きる出来事を振り返り・・人間って・・過去の記憶に振りまわされているんだと感じます。
どんな人も業やカルマってもってるんですね・・今まで‥業やカルマはいけないものだと思ってましたが・・・
・・・昨日の太陽カウンセリング後・・・業やカルマは魂磨きの磨き粉だと思うようになり・・・
・・・もって生まれた業やカルマはご先祖からいただいた・・・ダイヤモンドの原石だと思えるようになりました。
・・母を鬼だと勘違いしていたことのお陰で、そう思えるようになりました・・・ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加