石屋のカミさん日記

仕事に趣味に 好奇心の赴くまま楽しいこと追求します!

これよりは・・・

2021-03-01 17:13:06 | Weblog

1月・2月が 風のごとく過ぎ去った。

いつもあっという間に過ぎる2か月だけど

今年は 長男が帰ってきたこともあって

身体も忙しく、

気持ちも忙しくて 文字通り「風のごとく」だった。

 

これよりは 恋や事業や水温む(ぬるむ)

2月最後の日、高浜虚子の句を 新聞で見つけた。

いよいよ春が始まる予感に ワクワクするような

素敵な俳句だなあ。

恋はともかく、春のきざしと共に 

仕事が忙しくなりそう。

2月の終わることを 季語で「二月尽」(にがつじん)と

いうそうだ。

今日から3月に入り、暖かさを通り越して

暑いくらいの日差し!

三寒四温のこのころ、皆様 お体 お気をつけて

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント

美山荘 2

2021-02-27 10:20:04 | Weblog

美山荘のお料理は まさしく この花脊で採れたものばかり。

「摘み草料理」と謳っておられる。

春の息吹を感じる フキノトウや うど、

鯉やイノシシや鹿のお肉。

ちょっと見えにくいけど 向付は 岩魚のつくり。

川魚を 刺身で食べる。舞鶴育ちの私には とても新鮮だった。

美山で採れたものばかり。

小皿に入っているのは この土地の鹿のお肉。

椀物は イノシシ鍋。料理人の方々が目の前で

取り分けてくださった。

熱々のボタン鍋、体がポカポカ温まってくる。

鯉の油焼き。

鯉は 泥臭くてクセがあって苦手なんだけど

ここの鯉は 澄んだ綺麗な水のなかにいるので

臭みがなくて とても美味しかった。

栃の実のお餅の おぜんざい。

ぜんぶ手作りで お料理のすべてが 手間暇かかっていて

感謝しながらいただいた。

春の滋養をたっぷりいただき

エネルギーを充填できた!!

自分の車で来るには とても大変なところなので

また来れることがあるかどうかわからないが

特筆すべきことは 女将さんの美しさ。

佇まいも美しく、お話されるときは

声も張りがあって綺麗で まるで舞台女優さんの

演劇を観ているようだった。

マスクを外されたときの 整ったお顔に

見惚れてしまった。

こんな山深い鄙びたところに

こんな麗人がおられるなんて。

土地の滋養をたくさん吸収されているんだろうなあ。

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント

美山荘 1

2021-02-27 10:08:58 | Weblog

一度行ってみたかった京都市北部 京北花脊の「美山荘」。

淡交カルチャーのバスツアーに 末娘カナと参加した。

二条駅に集合して なんとバスで2時間弱!!

こんなに遠いところにあるとは知らなかった。

風情のある、山深いところで

コロナなど忘れてしまいそうな 清らかな場所だった。

川の水も とても綺麗。

水も空気も 澄んでいる。

良い日和だったので なおさらのこと。

ご主人と女将さんはもちろん、スタッフの皆様も

きびきびとして この鄙びた場所で最高のおもてなしを

することに 信念と誇りを持っていらっしゃる。

こんなに清らかな場所があることに 感動した。

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント

推し、燃ゆ

2021-02-15 21:22:46 | マイ本棚

今回の芥川賞受賞作品 宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」読了。

作者の宇佐見りんさん、21歳!

うちの末っ子よりも 年が小さくて

私よりも31歳も年下。

本のストーリーは 生き辛さを感じている女の子が

アイドルを徹底的に応援することで

何とか「生」を保っているというような話。

「推し」という言葉も 

最近、ニュアンスを理解するようになったばかりで

今の若いこは こんな感覚を持ってるんだと

新鮮な気持ちで読み終えた。

21歳という年齢を考えると

とても文体がしっかりしていて

驚くほどの完成度だけど

内容に関しては 私は、 ???だった。

今現在の若いひとは わかりすぎるくらい

わかることかもしれないけれど

正直言って ちょっと世代が違うかな。

これほど熱烈に想いを込めることができる

「推し」を持てないことは

若くない証だなあと 思った。

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント

ブライトンホテルの鉄板焼き

2021-02-08 17:14:32 | Weblog

京都劇場~伊勢丹のあとは 二人で早い夕食を。

緊急事態宣言発令で どこも20時までの飲食なので

17時過ぎから 京都ブライトンホテルの鉄板焼き店へ行った。

丹波の地鶏や牛肉を使ったメニューで、

コックさんが目の前で焼いてくださる。

長女と いろいろな話ができて 良い一日だった。

精神的にも肉体的にも 大変な仕事みたいで

とにかく この日は 栄養つけて!!と

お肉を二人で モリモリ食べた。

私は これ以上 栄養つける必要ないんだけど・・・

リフレッシュして また頑張ってほしい。

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント

マンマミーア!

2021-02-08 16:57:34 | Weblog

長女と二人で 京都劇場の劇団四季「マンマミーア」へ。

久しぶりの京都駅の閑散とした様子に愕然となりながら

京都劇場へむかった。

時間的にちょうど良い電車が コロナで運休だったため

急遽 車で出かけた。

経済活動の縮小を あちこちで感じる。

検温・マスク・時間差入場・アルコール消毒・人との距離・・

いろいろと気を付けながら コロナ感染予防対策を。

それでも 舞台は最高に 楽しくて面白くて

俳優さんの生き生きとした姿に

涙が出そうになった。

歌とダンス こちらまで踊りだしたくなるような

テンションの上がるひとときだった。

役者さんたちが 何の心配もなくステージに立てる日が

早くきますように

外食やお出かけ・観劇・・あらゆる楽しい心豊かなことに

後ろめたさを感じない日が きますように

ミュージカルを観たあと、時間があったので

伊勢丹のショコラ・フェアへ

世界各国や日本全国の有名チョコレートショップが

多数出店されていて みてるだけでワクワク・・

宝石のような キラキラしたショコラに

心が浮き立つ。

あまりの可愛らしさに 何点か買った。

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント

ロマンティックな服

2021-02-02 11:28:10 | Weblog

冬は日照時間が少なくて

ましてや日本海側の冬は どんよりと暗い。

そのうえコロナ禍だし 放っておくと

心は沈みがちだ。

楽しいこと・明るいこと・綺麗で可愛いものを

積極的に求めよう!

 

仕事帰りに 友人のブティックへ。

すごくロマンティックな素敵なワンピースを発見して

即 買った。

黒いノースリーブの細身ワンピに

綺麗な黒レースを羽織る。

しかも、バーゲンで 60%OFF

グッドタイミングで 良いものに出逢った

綺麗色のセーターや 可愛いチェックのスカートもゲット

明るい色のバッグも買ったけど

ぜんぶ6割引きは さすがに安い。

 

ここのお店は 一人で独立されてから昨年20年を迎え、

そのときに ささやかなお花を贈った。

そのお花をまだ飾ってくれていて

御礼に、と 素敵なエコバッグをいただいた。

普段使ってるエコバッグは 何かの付録や景品で

味気ないもの。

こんな素敵なエコバッグ持ってると 買い物も楽しいだろうな

 

ワクワクすることがいっぱいだったけど

唯一 試着室は 冷酷~!

コロナ太りのカラダが 浮き彫りに・・・・。

現実を突きつけられ 運動しなければ・・と反省する機会となる。

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント

2等!!

2021-01-29 17:31:58 | Weblog

もうすぐ1月も終わり。

年賀状の整理をした。

 

企業のなかで、年賀状は今年度で辞めます、

というところも チラチラあった。

年配のかたのなかには

人生の整理をしていきたいので

今年で年賀状を出すのを終わりにします、

という方もある。

 

表も裏も印刷で、何もメッセージのない年賀状は

「交友関係の確認」のみ、という感じがして

味気ない。

宛名書くのだけでも手書きだと

毎年、その筆跡に その人らしさを感じることができる。

写真が入っていると、そりゃもう楽しい。目をひく。

そんなことを思いながら

年賀はがきのお年玉くじを 確認したら

なんと 2等が当たっていた!!

カタログから 好きな商品を選ぶそうだ。

毎年 切手だけなので 嬉しかった

コロナ禍で塞いでいた心も軽く。

切手も10枚当たってて、鶴亀の柄で

シール式になってて嬉しかった

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント

チャンスに変えよう

2021-01-27 13:29:56 | Weblog

毎日、コロナのことばかりで明け暮れる。

それでも 日が昇り日が沈み

みんな 疲弊しながらも 生活をしている。

 

世の中がガラリと変わったけれど

人間って 強いなと ほんとうに感心する。

あれだけマスクが 市場から姿を消していたのに

あらゆる企業が 商機と捉えて

購買意欲を掻き立てるようなマスクを

開発したり販売したりしている。

巣ごもり需要を 見越して

いろんなサービスを提供したり。

サッと業態を変化させて

挑戦していく姿勢は 勇気を与えてくれる。

 

私達の業界も 先細り感が満載だけど、

時代に応じて 波に乗っていかないと!と

他の業種の様子を見ていて

強く思う。

大企業をあっさり辞めて 

戻ってきてくれた息子のことを思うと

何とか模索して チャンスを見つけたい!

石屋の仕事というのは

地域のお客様の先祖代々のお墓を

ずっと守っていく仕事。

こちらも代々続けて 責任をもち

仕事にあたることが とても大切だと思う。

前向きに!明るく 頑張ろ~!!

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

 

 

 

 

コメント

ドッグマン

2021-01-24 14:43:01 | Weblog

お洒落で素敵なミニシアター「セイス」で

「ドッグマン」というイタリア映画を観た。

セイス

 

主人と 末の娘と一緒に。

末っ子は 「セイス」に初めて来たので

この素敵な空間に感動していた。

赤ワインをちびちび飲みながら、

自宅に居るような心地よさ

 

そして ここで観る映画は 出会うことが難しいような

知らない映画ばかりだ。

いろいろと考えさせられる映画が多くて

観たあとは 家族会議となり議論が飛び交う(笑)

今回も 世の中によくありがちな社会問題を

とらえていて 3人で感想を話し合った。

20時に映画が終わったので

どこかで食事をしながら家族会議したかったが

緊急事態宣言で どこもかしこも閉店。

仕方なく家に帰った。

末っ子カナが 舞鶴に居る間に

またちょくちょく セイスへ行きたいな。

 

 

コメント