詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

根絶やし日本人

2017-09-30 22:09:46 | Weblog
聖絶の日本の民は流浪して自ら滅ぶ異国の塵に
コメント

不義のやからへ

2017-09-30 20:28:54 | Weblog
今、見よ、わたし、わたしこそがそれである。
わたしのほかに神はいない。
わたしは殺し、また生かす。
わたしは傷つけ、また癒す。
わたしの手からは、だれも救い出せない。
まことに、わたしは誓って言う。
『わたしは永遠に生きる。
わたしが、きらめく剣を研ぎ、
手に裁きを握るとき、
わたしは敵に復讐し、
わたしを憎む者たちに報いる。
わたしの矢を血に酔わせ、
わたしの剣に肉を食わせる。
刺し殺された者や捕らわれ人の血に酔わせ、
敵のかしらたちの首を食わせる』

国々よ、御民(みたみ)のために喜び歌え。
主がご自分のしもべの血に報復し、
ご自分の敵に復讐を遂げて、
ご自分の民とその地のために宥(なだ)めを行われる。
『申命記』32章39節〜43節

*ロスチャイルド、ロックフェラー、イルミナティー、
死の商人、官僚ども。身をもってこの聖句を読め…
コメント

1%の支配者へその2

2017-09-30 16:28:36 | Weblog
1%の支配者へその2

復讐と報復は私のもの。
それは彼らの足がよろめくときのため。
彼らのわざわいの日は近く、
来るべき時が速やかにやって来る。
『申命記』32章35節
コメント

30年

2017-09-30 14:40:19 | Weblog
新改訳2017『聖書』が届いた。
いのちの言葉社のものだ。
字面が、スッキリとしてとても読みやすい。
目も疲れないで読めそうだ。『新共同訳』から
30年。1987年は、忘れもしない私が自身の詩や
俳句、短歌でオリジナルな作品を作り出せた年だ。
もう30年もたつんだね。
コメント

1%の支配者へ

2017-09-30 14:27:23 | Weblog
見よ。おまえが得た不正な利得と、おまえの中で流された
血のために、わたしは手を打ち鳴らす。わたしがおまえを
さばく日に、おまえの心は耐えられるだろうか。<中略>
わたしはおまえを諸国の間に散らし、国々に追い散らし
おまえの汚れをすっかり取り除く。『エゼギエル書』
コメント

秋が忍び寄る

2017-09-30 10:21:32 | Weblog
秋めいて

ちっぽけな島では
東北方向から風が吹いて
秋が忍び寄る

回り舞台が動くように
夏が終わってゆき
秋が主役

季節の変わり目
お決まりの喘息の軽い発作

夜の虫たちも
秋を鳴き

寂しげな秋が歩み寄る
コメント

黒魔術の真の意味

2017-09-29 21:34:02 | Weblog


『千年紀末の神秘学』高橋巌著
オカルト結社のオカルトとは基本的に何なのかと言うと、
ある人物がこの世で巨大な権力を財力を身につけた時に、
自分が手塩にかけて育てた人材と財産を死後になっても
管理するためのシステムなのです。
自分が死んだ後でも、権力を失うこと無く、死者として、
いかにこの世に遺した人々に影響を与えうるか、
いわゆる魔術というのは、基本的にはそのことを目指すのです。
権力者が儀式に関心を持つのは、そういうことからきています。
結社のトップは、魔術的な儀式の中で、霊媒を通じて語る
死者の言葉にしたがって、態度を決定します。結社とは
自分が死んだら、自分が霊媒を通してこの世を支配できると思える
ようなシステムなので、金持ちになり、権力を身につければ
つけるほど、結社の存在が重要になってくるのです。


ヨハネの黙示録11章16節〜18節
「今おられ、かつてもおられた方、
全能である神、主よ、感謝いたします。
大いなる力を振るって統治されたからです。
異邦人たちは怒り狂い、
あなたも怒りを現された。
死者が裁かれる時が来ました。
あなたの僕(しもべ)、預言者、聖なる者、
御名(みな)を畏れる者には、
小さな者にも大きな者にも
報いをお与えになり、
地を滅ぼす者どもを
滅ぼされる時が来ました。

*ロックフェラー、ロスチャイルド、岩崎。
ブルジョワは、こう言う黒魔術使ってると
思います。凶々しい奴らだ
屠り場へ…
コメント

正義の支配

2017-09-29 09:52:26 | Weblog
計画書
黒塗り高級リムジンから
男がドアを開け降りて来て

時空の設計図を
街の人々に示すと

キリスト教徒が走り寄り
計画書に見入り
神の言葉を捜し始める

天変地異が起こり始め
人の心は乱れに乱れ

悪と金の跋扈する
弱肉強食の世界が出現する

しかし聖書を皆で読み合う
人々のグループは

不思議な平安が支配し
愛と慈しみで溢れ
人々の心は固く結ばれ

聖句が高らかに合唱されると
約束の地の幻が出現して

人々を慰めた
コメント

朝間の夢

2017-09-29 09:43:33 | Weblog
語学研修で留学。クラスメイトに意地悪され、

数学の一般教養の問題が解けずに、これからの

留学に不安を感じている少女は私だ。






年増のオカマ三人組のロックバンドの

ヨットに招待されそれぞれの楽器を

見せてもらう。キーボードにDJ用の

ターンテーブルが装備された楽器が

ヨットに備え付けだ。しかし6人しか人を

入れられない構造の船らしい。
コメント

証拠写真

2017-09-29 09:35:30 | Weblog
カスミガセキとギンザを結ぶ

秘密地下道でルンペンをして

小銭をせびっているのは私だ。

その合間合間に官僚とホステスの

ツーショットを秘密裏にくる日のために

証拠写真として集めているのも私だ。
コメント

日本共産党讃歌

2017-09-28 23:49:57 | Weblog
日本共産党讃歌

その美しい理念
不屈の闘争心
道理を通す矜持
寛容な心

日本共産党
中国でもイタリアでもなく
日本共産党

あなた方の美しい心は
後世に輝きをいやが上にも増す

いや今なのだ
その政治的行為が日本を変え
世界を変える事を確信した人々が
立ち上がる時は
コメント

落ち目のU2

2017-09-28 20:54:31 | Weblog


「ソング オブ イノセンス」で不評を買ったU2。
そうかと思えば「ヨシュア ツリー」の懐古趣味。
お次はなに?と思えば…アメリカにごますりヴィデオ
落ち目のアーティストの末路でも見てやろうか?
それにしても見る気も聴く気も起きない。
落ち目のU2!
コメント

太陽に手をかざす

2017-09-28 12:21:35 | Weblog
舟が岸壁で揺れていて
水面に月が映り込み形が変化してゆく


地下茎の工房で作られた手作りの逸品が
地上の花園ショッピングモールに並ぶ


手の平を太陽にかざし親指と人差し指で
三角形を作り額にパワーを集めて瞑想のたしにする
コメント

政治屋のドタバタ劇

2017-09-28 09:55:11 | Weblog
政治屋のドタバタ劇を無風状態の官僚社会主義の
高級役人はどう見てるんだろう?などと考えながら
NET RADIO聴きながら、『ナグ・ハマディー文書』の
続きを読んでいる。大馬鹿野郎どもめ…
コメント

低空飛行

2017-09-28 09:40:25 | Weblog
愛の片翼を自らの自堕落で永遠に失った傷病兵
低空飛行に甘んじているしかし飛び続けるさ
命の限り


四福音書を読む時己のサタンとしてのカルマがフッと消え
銀河の大いなる進化の流れに同調できる気がする
ここから天の河が見えて
コメント