詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

ベンチで

2006-12-29 23:05:29 | Weblog
定まれり
定まれり


冬 晴れの
ある 一日
落ち葉ある公園 陽だまりのベンチ


軽やかに
足組み
右手で
頬づえ

数息を続け
静寂に
定まる
息を
見詰める

ベンチに
座る
組まれた足
それはまるで
舞い踊る
シバ神の揚げた足

組まれ
揚げられた
右足
とどまっているかのような 時空間
地面との
静謐な
距離

半歩にも満たない
距離に
全宇宙の偏在と距離を
認める

シバの足の下に
我らの青き星・・・

陽だまりの
場所に
やわらかな
風が
吹く

数息を続け続け
吐く息
吸う息に
生命の
動きの
躍動を感じている

首をかしげ
右手で
頬づえをつく


静かに数息収斂し
自然の
息の中に居る

小鳥たち
さえずりやまず

陽光
降りやまず


流れ流れ

およそ 生命の
息吹の中
偏在する力の中

このベンチで
半伽思惟続く
  *
静謐な
鏡のような水面
そしてイメージが
消えてゆく
  *
か細い息
吸う息
吐く息の中
  *
我が口が動き出す








白く光り輝く
文字達が
出てゆく
  *
白法の
マントラが

発出しても
半伽思惟続ける
 
我が心
静謐な水面のごとく
穏やかだ

南無妙法蓮華経と

繰り返してみる
大気を
マントラが震わす

小鳥のさえずり
風の音
暖かな一日に

白く光り輝く
言葉が
深く溶けいる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宗教についての私見

2006-12-27 16:11:05 | Weblog


デーモンがいるって、
悪の子が、
その子から分離する、
善の子が、天使が。

それってメタモルフォーゼ?
いや・・・
悪が、天使・・・善を生む?・・・

どす黒い悪が極るだけ極まる・・・
夜明け前、その時が一番、暗い。デーモンが居るって・・・ 人の心に・・・
黒いちいさな存在が、心の中、ここミゾオチに住んでいる。
ちいさな、ちいさなデーモンが居るって・・・
それっていい事? あんまり良くない事? 
一言で言い切れない・・・
不思議なこと。

人は人を 演じている。
その 一瞬 一瞬
言葉 表情 身振り 手振り

人は人と 共感を得たい。
同じ時代を 共有しあい。
何かを 分かち合いたい。

ちょっとした ジョーク、
楽しかった思い出。
未来の夢を・・・

デーモンが居るって・・・
私 白い天使がいる・・・

心の中で、二人は言い争う?

白い天使がいないと・・・
私 性悪の小悪魔?

君は君の中に 白い天使がいることで、
救われる・・・?
こんな時代だから・・・それに染まらない孤高の
自分を保ってるって・・・
ささやかなプライド。

ああ・・・良心。情熱の炎。正義。
みんな みんな 吹き消されたね。

だから だから 自分のカプセルに入って、
せめて せめて その染まらない、
自分を保ってる。
息もたえだえ・・・
もしこのカプセル潰したら、
何も残らない。
むざんな燃えかす・・・

承久の変・・・武家の天下・・・末法の始まり・・・
黙示じゃないから、世界は終わらないけど、
悪い世界が出現する。
カリ・ユガとも、末法とも呼ばれる時。
それが現代。


そんな時に・・・明けの明星は輝きわたる。

でもルシファーは明けの明星 堕天使じゃ・・・
うん そもそもそれが 大うそ
考えてごらん、あの美しい明けの明星が、悪だって?
光は善だろ? 暗闇が悪だろ?
俺は、夜明け前の朝間だきに、絶望して、
東の空を見上げたものだ・・・
何でこんなに美しい星が堕天使なのかと・・

それ 嘘、おおうそ。
光は善。暗闇が悪。

万軍の主・・・すべてのぐんのぬし・・・
戦神の長・・・?在天の父たちのファショ・・・
黙示録・・・ありゃ脅しだよ。

何?在天の父たちの嘘と脅し・・・。

つまり楽園追放。
それ自分たちの事・・・。
地球の民の話じゃない。

ふーん この話 ショック

たぶん 在天の父たちは。もっと高いレベルの
存在たちに、追放されたのだろう。
母星を持たぬ、宇宙の流れ者。
たぶん・・・

そもそも
一神教、アブラハム教と言われる、
キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の神
ヤェーベ、アラー、エホバ。これは、
猛々しい神だ。

キリスト教に限ればその血で血を洗う
猛々しさを愛の神キリストを使わすことで
中和するんだが、罪がある。罪がある。と
さんざん人々を傷つける事からはじめてる。

許しを請え。慈悲深い我らは、キリストを
使わす。と
これじゃあ 暴君そのもの。こんな
王に治められたら民草は、いい面の皮。

つまり
つまり偽りの神ってこと。

それじゃあ キリスト教、イスラム教、
ユダヤ教、信じている人って・・・

そう。在天の父たちに騙された被害者・・・
被害者だ。

それでも地球の民は、やさしい。
暴君の言うことを、やわらかくして
受用しようとした。
地球仕様・・・
マリア信仰とかスーフィーとか・・・

ギリシャの神々 ヒンズーの神々 仏教の神々
神道の神々・・・・・・神話の大海・・・・・・

うん この多神教のこと考えると、息ができる・・・
重々しい一神教とは違う。

そう多神教には華やかさがある。
神々と人々が近しい。調和した気分になる。

人々も神々のように振る舞い。
神々も人々にその範をしめす。
親しい感じ・・・

隔絶した神を畏れをもって拝むより
人々のような神々の神話を聞き、神々しく
人生を生きる。

それって 英雄・・・

一人一人に最大のチャンスを与えてくれる。
神話 ファンタジーの宝庫。

空想の翼が羽ばたく。

夢がここに 夢がここにある・・・

さっきの君のミゾオチにいる、デーモン・・・
うん
天使と悪魔、二元論。

そこに、ヒンズーのビィシュヌ・・・登場・・・。
宇宙を維持し、天界 空界 地界を3歩で踏み越え
青黒い肌と4本の腕
あらゆる化身をする
これが ビィシュヌ・・・

あらゆる化身ならば
天使にも悪魔にも化身できる

そう思うなら
もう君は
天使と悪魔の二元論を飛び越えている。

さらに
天使も悪魔もビィシュヌの化身・・・
その化身も
単に方便
ここには空性 涅槃があるのみ・・・ってね。

そして この悪世に 救世のため
好んで 生まれてくる 人間もいる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天使の塔

2006-12-26 10:05:27 | Weblog
そう 天使の搭 日々 私は自身の
精神を高めるための
巨大な塔を建設し続ける
一人の技師なのかも知れない

巨大なメモリー基盤は
図書館
本 一冊 一冊が基盤 一枚 一枚
情報を操作し 息吹を吹き込む

技術を芸術に高める
ある 瞬間がやって来ると
作業着を脱ぎ捨て
部屋着に着替える

使い古しのノートに
読み終えた 本たちの淡い痕跡を
たどりながら
ペンを走らす

そう さしずめ
一篇の詩が
巨大な塔の一つの煉瓦が
心の中に天をも揺るがす塔は
建設されてゆく

自覚という炎で
清らかに焼き上げられた
煉瓦を努力し積み上げる

ああ
天をも揺るがす塔が心のなかに作られてゆく
この塔・・・
ところで バベルは・・・
とうの昔に瓦解し・・・
ところでこの搭の名は?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刑場に氷雨そぼ降る

2006-12-25 22:37:13 | Weblog
氷雨 そぼ降る 
灰色の都市の片隅で

忌まわしい
大烏さえ
凍りつき 糸 切られ
垂れ込む空から 落ちる
黄昏 滲み

処刑の夕がやって来る

微熱がある
エロティクな妄想にかられ
もっともっとの欲望の渇きに苛まれ

引っ立てられる
この刑場に氷雨 降り

磔刑の柱に 欲望に
燃える 我が肉体は 宙ずりに
確かに 地獄の入り口が見える 

悶絶の苦痛に軋み続け
自らのうめき声だけがあった
もと 人間だったもの

ほら 地獄の口が
うめき声とともに せりあがる

泥まみれの 刑場に 氷雨そぼ降る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英霊たちの名誉ある帰還

2006-12-22 07:43:35 | Weblog
昼のまどろみ
爽やかな 午後に
香など 燻らし
読み止しの本を 手に取る

曇天の 遠い 午後
幻視のとき 訪れる

南の開け放たれた 窓 空から

南洋戦線ノ戦友帰還セル

身なりもきちんと
軍服の乱れも無い
ゲートルを巻いた足並みも正しく

南洋戦線ノ友帰還セリ

その数 幾千 幾万
隊列 正しく 帰ってきた・・・

ひとたび!
南洋戦線を偲ぶとき
悲惨な戦死が一様に目に浮かぶ 
不思議に誰が想っても同じイメージが現れる
確かに それほど 悲惨だったのだが・・・

我らが祖先の英霊たちは
この悲惨な戦死を逆手にとり
陽動作戦として霊界から
日本国にむけ悲惨な苦しみの戦場の犬死の姿を見せていた

悲惨な犬死の陽動作戦の裏で
彼ら英霊たち
我ら日本の行く末をじっと見据えていた

英霊は帰らず 不在のままだった
じつに半世紀以上・・・60年・・・だ

まさに半世紀以上の時を経て
彼らは本土に
忽然と唐突に 名誉ある帰還をなした 今日 この日

つらつら考えるに日本が
『誠 正しき国』へ変容し始めたことを
英霊たちは喜び祝福するために

帰ってきた 帰って・・・

やがて 正しき隊列 行軍をやめ
直立不動で散開の命を待つ 英霊よ 英霊達よ

今の日本の繁栄を見守ってください
八百万の神々の貴方がた

今日はねんごろに英霊のために
唱題・勤行させていただきます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして 錬金術師たちは

2006-12-21 11:57:52 | Weblog
僕らの
愛すべき
この星 地球

僕らの
大事な 大事な
母なる大地
この 地球

見たまえ
肌の チョコレート色の人
肌の 白い人 黒い人
肌の 赤い人 黄色い人
背の大きい人 中くらいの人 小さい人

ああ66億
誰として
同じ顔は無い・・・

66億の多様性と統一性を
微妙なバランスで 保ちつつ

音もない
漆黒の
宇宙を
寸分もたがわぬ
精緻な
スパイラル運動をしながら
銀河の海を
泳いでいる

我らが 大地
かわいい星 青い星
大いなる 地球
  *
我らは
考えるべきだ
よくよく
考えるべきだ

66億の個体の
各々が各々に対して
与える 影響を・・・
(この 情報の坩堝のなかで・・・)
考えるべきだ

我々は
我々を
どこへ導こうとしているかと

自覚を
自覚を持つべきだ
   *
この 地球は
錬金術師たちの
巨大なフラスコ

66億の分子たちが
ぶつかり合い
変化が早い

坩堝のフラスコ

錬金術師たちは
考えている
これからも
分子たちが増え
70億 80億になるだろう事
(今まさにフラスコの中は爆発している)

地球の緑が減っている事

南北で分子の動きが違う事

キリスト教 イスラム教 仏教
ヒンズー教 道教 ユダヤ教

宗教 というエッセンスを加えると
反応が 速くなる事

夢 というエッセンスを加えると
全ての分子が輝く事

錬金術師たちは考えている

この 地球を
本物の金に
するための
方法を・・・

日夜
努力している

いつか
地球の分子が
本物の金で
輝き

青白く発光する
すべを
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの民衆へ

2006-12-20 10:43:11 | Weblog

青く
触れると
消え入りそうな


ここ
我らが母体
青の時間船
地球号

ここ
こころと
からだを
養う

青の
時間船
地球号
 *
大航海時代・・・
ヨーロッパからの
新たな衝動が見える・・・
新天地
アメリカ・・・

ああ 
自由で神秘の
野火が
見える
それは 昔語りの
勇者の思い出か・・・
広大な 大地よ
 *
愛を力に
アメリカよ
その
正確な
軌跡を
描け
 *
自由の 巨大な
巨大な 砦 そして 

綻びの 微塵さえ 見えぬ
ガラスと鋼鉄の
摩天楼

屈強な肉体

自由な魂 だから
謳歌せよ 心から 謳歌せよ

なぜなら
君らは
若々しく
宇宙に伸びる 魂
新しき文化期の
芽生え
 *
我ら古き者ども
君らのライフスタイルを見る
驚愕に続く
驚愕で
思わず目を細めたくなる
 *
少年達よ
新しい道具で
新しいルールで
新しい遊び方!
その一日は創造の一日
日が暮れるまで
遊び抜く・・・

そして夜が来たなら
部屋で 星々の子守唄のなか
眠るがいい

君が新しい
開拓を夢見るとき
星々の瞬きは
祝福のように
その輝きを
増すだろう
 *
アメリカよ
おおいなる
アメリカよ
 
戦火の
穢れを
知らぬ 大地よ
大地よ
 *
あの日
誰もが
目を疑った
あの日
バベルの塔の崩壊・・・
などとささやかれた日

しかし
超高層のビルを目にしたものは
なにを以て
バビロンと呼ぶのか・・・

世界中に
遍く摩天楼の世界は
あのバビロンの大淫婦で
みちみち
溢れ返っているとでも言うのか!
 *
ああ なんと美しい!
摩天楼の
夜景

人は堕ちた星
天から堕ちた星
などと言われた・・・

この最上階の
ラウンジ
恋人達や
友人
知人の
ささやき声 笑い声

私は一人カクテルをなめながら
この美しさに
魅せられている
確かに
今にもまたたき始めそうな
夜景に
「美しい 美しい」と何度も
心の中で繰り返す
私がいる

会話がざわめき またたき
遠くの街の灯が またたき
満天の星々が  またたき

私は煙草に
火を付ける
満ち足りていた一日のため
そして そして
希望の
明日のための
しばしの
余韻の増幅

あっ 煙草の火・・・
またたきが一つ増えた と

ああ 神よ
これが 堕ちた星 人でしょうか
夜景のまたたきを見つめる
そこはかとなく
自らを思い
人を思う・・・
空に届く高さで

我々は
我々の知りうる限りの
全て
全てを
飲み込み
噛み砕き
消化し
思うのだ
 *
きっと これは
光のページェント
天国の夜に違いないと
 *
我ら 人間 大いなる人間
 *
天使でもなく
悪魔でもなく
まして
神でなどあろうわけもなく

自らに
物質主義を課した 人間
(瞑想は天翔ける神々の片鱗)

第三の道を歩む
新しい勢力 人間

天使も悪魔も
我らに従え
我ら 人間・・・

完璧な人体を
駆使する
神々 人間
(瞑想は ああ恒星間旅行のデジャブ)
 *
我ら
目的のために
研ぎ澄まし 磨いた
物質
つまり
機械を
創る事が
得意だ

(瞑想の産物たる)
(宇宙を観るだけでなく)

この視覚
この聴覚を
果ては第六感をも
機械で鋭敏化し
宇宙を観る

観て
計る

偉大なる究極の数値化

自らに 自らに
物質という 
制限を課した
我々・・・
 *
アメリカよ
全人類の
魂の
混血児よ
新しい天地よ
人類の総決算よ

牡牛座の司る
ここ 地球文明
ここ 物質文明 
この豊穣な収穫は
君たちの肩にかかっているのだ
アメリカよ

我ら
君らに
全人類の
記憶と希望を
託す

アメリカよ アメリカよ
我々は感じるのだ
やわらかく
やさしさに 満ち満ちた
慈愛の
白光の
波動を・・・

地球文明の
代表者
アメリカよ!

あらゆる
悲しみを
乗り越えて
行け!

あらゆる
悲しみを・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北の国

2006-12-20 10:40:04 | Weblog
まだ 行ったことのない 場所
静かに 雪の落ちる 北の国

広場に 夢の イルミネーション
降り来る 聖霊と 光のつぶて

夕の祈りを告げる教会の鐘
聖夜に降り来る雪を震わす

生かされてある日々に思いをこらし
市民は この清められた 夜に
思い思いに 広場に 集まる
教会の鐘の音が闇へと溶け込む

メリークリスマス メリークリスマス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バラバラの自我の修復作業

2006-12-15 12:00:22 | Weblog
自身の低次の自我のおもむくまま
あれがいい これもいい いやこっち
感覚のおもむきの 流れの先に

一つの部屋がある
モノライトの下で
カケラを集め 復元中
在るべく 在る 自身に向かって

自我の統一と
善良な心根の発火
灯台のように遠く瞬き



肉体の『死』より『精神の死』を恐れる


軽いヨガのボーズ 神に祈り 仏に供養し 詩を書き
やれやれ午前の修復作業は終わりを告げる

バラバラのオシリスを
八つ裂きのオルフェウスを
自我の空中分解を
繫ぎ止め 復活させている

この部屋では
最大公約数の縦糸は『宗教的なるもの』
最小公倍数の横糸は『一人一人の人間』

心のなかで 神話が蘇える

心の演習がつづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

透明な指

2006-12-15 08:50:01 | Weblog
夕暮れの   
透明な指

そっと肌に
真紅は滴り
鮮血の痛み 
残し 泣く

美しい 指先
奏でるピアノ
夕を呼び込む

楽譜に三日月の痕
冴え冴えと闇に堕ち
さめざめと痛みに泣き

血塗られたピアノ
清い夕に 奏でるは

その透明な指 再び
胸 かきむしり 嗚咽ととも

胸 かきむしり


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐いものなど

2006-12-14 10:22:56 | Weblog
恐いものなど
一つも無い
恐いものなど

僕 
夢見る術を知ってる
空を飛ぶことも

愛すべきこの街に
このアスファルトの道に
自由に白線を引く 
方法も知ってる

フ フ

恐いものなど 一つも無い

歩きながらも
この空へ 心を羽ばたかせる
今 太陽にキスして帰ってきたところ

フ フ

太陽が甘い
ソフトクリーム アイスクーリム
太陽が僕のキスで蕩けそう

そう 恐いものなど 何も無い

愛で満ちる心を知っているから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満月に捧ぐ

2006-12-07 08:22:53 | Weblog



善悪の徴(しるし)を見たし満月の
           澄清(ちょうせい)のそら雲ひとつなく


端々へ光が渡る天空に
       在って在るべき雲流れ行く


夕焼けがビルのガラスに留まりて
           帝都の刻(とき)は足早に過ぐ
         

新しき季節の感覚詠むべきか
        春に入道秋は霞むぞ



月光が南の空を埋めつくし
        仄かに白い闇はてし無く



深き夜冷気のような月光は
         音とてなくし降り来るかも   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この小さな部屋から

2006-12-05 15:01:46 | Weblog
祈っている
在天の父や 慈悲の仏に

頭が痛くなるほど
体が浮いてしまうほど
祈っている

ほら
善良な魂が
悪を狩り出し
地獄の業火に叩き落している

清くあれ 幸いあれと響く声に
日輪は輝きを増すだろう

この地上は清められるだろう
いや執念で清めなければならない

光の一日に
この小さな部屋から
見晴らす

天の雲と青空

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒風にいななく一群の駿馬

2006-12-05 08:21:51 | Weblog
遠く 見晴らす 草原
凍える手に 情熱にほだされた 息かけ
圧倒的な 旭日は希望と共に 昇り
草花の露は 烈風に揺れ 輝きを増す

地響きがする 遠く遥かな 思いを湛え
群馬のいななきが 冷気を切り裂いた

天にも届く 疾走の悦楽
たてがみは しなやかに揺れ
自由と愛の厳然たる証拠

群馬の軌跡
この 天と地に 刻まれ

自由と愛の余韻が響く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人肌のぬめり

2006-12-02 16:24:13 | Weblog
人肌のぬめり
満ち足りた舌

極彩色が
降り来る

清涼な 愛 
濃密な 霧
金色の 雲

漂いの快楽 
そしてその髪を濡らした

広まる  幽体
聞こえる楽の音

色彩が音楽に溶け入る
不定形の生き物は踊る

我らが天界に黒い染みは無い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加