三中ブログ

箕面市立第三中学校
大阪府箕面市瀬川
 3丁目2番2号

救命救急講習

2018年06月27日 16時34分00秒 | 保健・給食

午後、三中の全教職員が会議室で、救命救急講習をおこないました。
(1)DVD「エピペンの使い方」視聴
(2)練習用エピペンで演習
(3)動画「心肺蘇生法とAEDの使用方法」視聴
(4)ダミー人形と訓練用AEDを使用して、心肺蘇生法の演習
(5)食物アレルギー発生シミュレーション
(6)動画「スポーツ活動中の熱中症予防」視聴

(5)のシミュレーションは、体育の授業中に運動場でランニングをしていて、1人の生徒が食物アレルギー反応を起こしたという想定で、発症生徒、周りの生徒、授業担当の教師、職員室で最初に連絡を受けた職員、職員室にいた職員、かけつけた職員、管理職、消防署の職員・救急隊の役割分担をし、おこないました。職員が何をするのか記述した小さなカードを普段から用意していますので、今回もそれを使って指示をし動いていきました。
カード:当該生徒対応、校内放送、生徒情報準備、保健室連絡、生徒の状態・対応記録、救急車要請・誘導、AED準備、エピペン準備、保護者連絡、周りの生徒対応、搬送準備。
実際の場面を想定したロールプレイをしてみると、さまざまなことが分かりました。本当に事象が発生した時に対応できるように、今後も研修、演習、訓練を重ねていきます。