johji2015のブログです

個人の意見を書いています。正確な情報でない場合がある事を予めご了承ください。

元号の発表を遅らすのが新天皇に国民の関心が映る事に懸念? 実用性を無視ですか?

2018-05-18 09:45:36 | レビュー
<新元号即位直前>「広く受け入れ」で熟慮 公表ずれ込む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000102-mai-pol

元号を強いる役所や強いられる国民、そして元号を扱うカレンダーや手帳の業者の事は二の次なのですね。

来年のカレンダーに間に合わすなら今公表しないと既に一年前ですから。

間に合わないと西暦で間に合わせてしまいます。

結果としてまた元号が使用されなくなってしまいます。

>陛下の在位中に国民の関心が新天皇に移ることを懸念

間違っても天皇の人気なんて一部の人にしかなく、多くの人には天皇が崇める存在です。

決まり事以外にやたら興味を持って行動する事自体稀です。

結局、現実感の乏しい人達が実際に使用する元号や国民意識を誤認したまま行っているから

不便だったり人気を損ねたりしているようにも見えます。

宮内庁こそもっと開かれた役所にしないと国民には理解出来ないでしょう。

>宮内庁が「正月は重要な宮中行事が多く難しい」(西村泰彦次長)と異議を唱えたため

ですが、現実にはどんな行事がどれくらいあるのかは情報番組で説明しているような状況で

宮内庁自身の説明では無いですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震2年 家の再建が報道されている影で生活の質は大丈夫なのかと心配

2018-04-14 07:56:58 | レビュー
「再建停滞」4割 熊本地震2年、仮住まい3万8千人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000002-asahi-soci

変わらないをどう見るのかで違ってきますよね。

再建が少しは進んだ、進んだを合わせると約56%になります。
それに変わらないを加えると約79%が一年前と同じか進んだことになります。
再建が進んでいない、あまり進んでいないの二つを足すと約20%になります。
と言う事は見方によっては進んでいないのには何か理由がありそうです。

昨日のテレビ番組でも再建の目途は立ったが順番待ちという話でした。

個々のパターンで抱える課題はあるとは言われていますが、否定的になっても片付きません。

時間が経過しても生活再建に不具合があるのなら、もう一度固い制度の枠を考え直す柔軟性があっても良いのかと思います。

再建するから災害復興住宅には仮入居もさせないとか言ってしまうと生活の質が悪くて体を壊したのでは
元も子もありません。

臨機応変な対応とそれに必要な金策は考えてあげないと厳しいのではないかと推察しています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10~20代、「車買いたくない」5割超、レンタルやシェアに関心

2018-04-10 11:39:03 | レビュー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000509-san-bus_all

基本的な事なのかもしれませんが、車はプライベート空間だった頃とは違うようです。

家は買えなくとも車なら買える、またはローンでも欲しいと言うような時代は去ったのでしょうね。

都会は駐車場が払いたくない前にそのものが少ないのもまた問題でした。

あと、田舎に行くと話が180°変わります。

年寄りですら車を放したくないのですから、車が無いと不便です。

こんな話はなんですが、モテる気がはなから無いのかと残念です。

いい車に乗っているだけでセンスがアップするのに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ大統領の保護主義で日本の景気に影響

2018-04-03 10:04:33 | レビュー

3月短観、アベノミクスに黄信号 米中の貿易戦争拡大を警戒、円高も企業心理に打撃

http://www.sankeibiz.jp/business/news/180403/bse1804030500005-n1.htm

http://www.sankeibiz.jp/business/news/180403/bse1804030500005-n2.htm

>トランプ米政権が保護主義的な動きを強め、中国が対抗措置を決め

>化学や鉄鋼、非鉄金属など素材業種で、原油など資源価格の上昇が響いた

>価格転嫁ができていない状況

>円高

>米国の株価が下落し、マネーが日本に戻ってくる動きが生じている

>米国内の製造業を保護するため、ドル安を容認し、貿易赤字を縮小させたいとの米政府の思惑

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日米首脳会談と安倍政権の支持率の因果関係

2018-03-25 10:47:55 | レビュー
トランプ外交の本質は“差し”での取引 安倍首相の地盤弱体化は危険
http://www.sankei.com/smp/premium/news/180324/prm1803240011-s1.html

この記事でもあるように安倍内閣への支持率が低いと党内や官僚からも期待されないようになります。
仮にあと半年と期間が決まればレイムダック状態に陥ります。
なのでそれを防ぐために危機感を煽ってでも支持率の維持は繋げたいところです。
なんかそう見えて仕方ないのです。
仮に安倍首相の後、岸田氏や石破氏でも日米首脳会談が変わるわけもないでしょう。
変わる点はG7などの場で発言力が問われる、またはリーダーとしての信頼でしょう。

あと当たり前の話ですが、トランプ大統領は一人で外交をしているわけではありませんから、不動産の売買のような外交なんて有り得ません。
周囲の人間が止めるのが普通です。
一方的に関税をかけるような真似は白旗を揚げたにも近い話です。
まして取引内容がアメリカ側の利用者に必要な物ですから、完全に自分の選挙の為にアメリカの外交を利用したに過ぎません。
これがアメリカ側の利用者にまだ代替品が有るのなら、交渉も可能だし、その内容も提示出来たでしょう。
また、交渉する雰囲気であれば、日本側も焦って
なんらかの提案を出してでも防ごうとしたと思います。
トランプ大統領は選挙の為に交渉する気より日本叩きの方がしたかったのが見えてきます。

そんな相手に安倍首相でないと、安倍首相の地盤が弱体化していては良くないと、並べてみても通用しません。
所詮、安倍首相へのエールでしかないと思います。
ただ、もっと懸念しているのは日米首脳会談で何も取れなかったらその時は帰国後、絶望的な状況になるおそれがあります。
先にも党内や官僚からの期待が失せると書きましたが、その時は更に経済界からの期待も失せます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加