平川インテリアのブログ|埼玉県川口市さいたま市

平川インテリア店長のブログです。カーテン・ブラインドなどの窓装飾や、リフォーム工事の施工例を中心に綴っていきます。

わかりやすい、リビング階段の寒さ対策

2016-02-10 | 間仕切り・アコーデオンカーテン
平川インテリア施工例|間仕切り・アコーデオンカーテン
リビング階段の寒さ(暑さ)対策として折戸・カーテン・ロールスクリーンなど
これまで数々の間仕切りの施工例をご紹介してきました。
おかげさまで今冬も多くのご注文をいただいております
そこでパネル間仕切りタチカワブラインド・プレイスFXを例にとり、
気になるお値段・ご注文の流れ・製品についてご説明したいと思います。


1.お客様から電話やメールでお問合せをいただきます
  その際にできれば取付希望個所の画像をEメールでいただきたいと思います。
  その画像を拝見すれば適した製品・概算の御見積り金額を出す事が可能です。
  おおむね内容と金額にご納得いただければ、お宅に訪問し現地調査をして
  製品など仕様を決定し正式な御見積金額を提出させていただきます。
  ※上記画像は実際にお客様から送付いただいたものです

2.現地調査に伺います
  当店は通信販売は行っておりませんので必ず現地調査に伺います。
  下請け業者ではなく、実際に取付工事を行う店長(私)自身が現地調査に
  伺いますので何でもご相談下さい。
  ※この製品の取付には天井の強度確認が重要ですので特に慎重に行います。

 
ご説明前半終了
プレイスFXアウトセット納まり・パネルタイプA・マットシルバー・採光窓フロスト
三郷市のお客様宅の施工画像です、ありがとうございます。

 
ご説明後半開始
プレイスFXアウトセット納まり・パネルタイプD・ラスターホワイト・採光窓フロスト・下パネル色ライト
川口市のお客様宅の施工画像です、ありがとうございます。

3.ご注文後約10日で取付に伺います
  現地調査をした人間(私)が取付工事を行いますのでトラブル無用です。
  取付時間は1・2時間程度で終了します。

4.保証期間
  こちらの製品はメーカーの3年保証がついております。
  不具合があれば当店が窓口となって対応させていただきます。

5.価格
   こちらの製品・サイズ・取付工事費・諸経費込みで約12万円(税込)となります。

 
未使用時にはスッキリ壁に収まります。
壁とパネルの隙間は最小限にして空気の出入りを防ぎます。


上部レール
荷重に耐えられ建付けが悪くならないよう強度のある下地に固定します。


下レール
段差わずか3㎜・バリアフリー仕様のフラットガイドレールです。
リビング階段の寒さ(暑さ)対策は実績豊富な専門店にご相談下さい

平川インテリアWEB
無料出張エリア
川口市・さいたま市・蕨市・戸田市・越谷市・草加市、東京都・埼玉県一部地域
コメント

カーペット張替え フエルトグリッパー工法

2016-02-04 | カーペット全般

地元の知人からご自宅のカーペットの張替えをご依頼をいただきました
知人の名は一級建築士の増井君、後学のために施工の体験・見学をご希望。
研究熱心な彼ならではのレポートを自身のブログに掲載されましたが、
一般の方にとてもわかりやすい内容ですので全文転用させていただきます。

2016/01/28

朝礼終了後、自宅3階の寝室にてカーペットの張り替え工事を体験。グリッパー工法で固定されたカーペットの交換工事をセルフビルドで行うことができるものなのだろうかの実験をしてみたいということで、今回は職人さんと一緒に体験してみることにしたという次第である。ちなみにグリッパー工法というのは、釘のようなものの出た板を部屋の床の端っこに打ち付け、その釘にカーペットをひっかけて止めるというものである。

グリッパーというのは写真のような細い木の棒である。これを端っこから少しだけ放して取り付けるのだけれど、この隙間はここに最後にカーペットを折り込むためのものである。こういうことは作業の最終形を知らないとできないのでやっぱり何でも体験してみることが大切だ。



グリッパーの内側にはフェルトを貼りつける。これはボンドを使って貼るのだけれど、この作業自体はたぶん誰でもできる、セルフビルド向けの作業だ。



問題はここからである。オーダーのカーペットというのはその部屋のサイズに合わせて注文する。大きさは3640×何メーターというのが最大寸法で、それ以上のホールなどの場合は継ぎ手を作って溶着することになる。通常の住宅であればまずこの最大寸法に収まるわけだが、この大きな絨毯をそこまで運ぶこと、そして運んだ絨毯を設置できるように振り回すことがなかなか大変なのだ。



絨毯を設置したらいよいよ固定である。専用の工具は以下の写真のようなものを使うのだけれど、カーペットを両側に思いっきり引っ張ってひっかけて固定するという一連の作業には結構な熟練を要する。しかもこのような作業に適した道具はあまり一般的ではなく、僕も20年間もこの業界にいるけれど実際に使うことはないものであった。



一日体験しての感想として、このようなセルフビルドのカーペット工事を計画するならば大きな部屋全体ではなく、例えばリビング全体のうちのソファーを設置する予定の部分の6畳程度だけをカーペットにするような平面計画をあらかじめ行うというような設計上の工夫が有効であるように感じた。

僕の部屋の寝室の様に直角でない部分があったり、建具の枠の切り込みや柱型の切込みがあったりすると、とてもじゃないけれど素人が自分でやるのは難しい作業であるように感じた。でもある程度の小ささで整形な状態であればなんとかなるのではないかとも思うのである。セルフビルドを追求するには、初めの新築段階での設計もそれに合わせて行う必要がある。今回はこれまで体験をしたことがなかったカーペットについてのとても有意義な体験ができたと思う。





以上、増井真也日記から転用させていただきました、ありがとうございます。


もう一件施工例をご紹介、マンションのカーペット張替えです
こちらのお宅はリビング・洋室2部屋・WIC・廊下と水回り以外全ての床がカーペット。
ご入居前にご依頼いただき各室毎に色違いのカーペットを施工しました。







ちなみに当店・事務所・我が家も水回りと階段以外全てカーペット仕上げです
カーペットのご相談は専門店の当店へお気軽に

平川インテリアWEB
無料出張エリア
川口市・さいたま市・蕨市・戸田市・越谷市・草加市、東京都・埼玉県・千葉県一部地域
コメント