TOP ABOUT SITEMAP POLICY HELP
ジャーナリスト。1961年生まれ。大手新聞社で警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材する。その後、1999年10月、アスキーに移籍。月刊アスキー編集部などを経て2003年2月に退社。現在フリージャーナリストとして、週刊誌や月刊誌などで活動中。
2005年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
前月 翌月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
インターネットの理想と実態
顧客のコアデータに連動させるビジネス
モラル社会を取り戻せ?
国産検索エンジン「マーズフラッグ」にインタビューした
ライブドアへの強制捜査にからんでのうわさ話
『911 ボーイングを捜せ』から見えるもの
ヤフーの社風とweb2.0
ワイヤレスP2Pの行方
進化を模索するラジオ局
世の中の事象をコンピュータ上で可視化する手作業
BLOG


MATRIX

Vol.33 Web2.0的信頼の構築

URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)

XML

Powerd by gooBLOG


※ご意見・ご要望は編集部へ
佐々木俊尚の「ITジャーナル」
Hotwired / Blog / 佐々木俊尚の「ITジャーナル」
 先の総選挙が「ブログ選挙」と呼ぶのにふさわしいものだったのかどうか。実のところその議論はかなり拡散してしまっており、焦点は自民党圧勝による今後の政局に移りつつある。

 とはいえ、今回の選挙ではきわめて面白い状況がいくつもあった。自民党の世耕参院議員が仕掛けたブロガー懇談会はそのひとつであるし、そしてもうひとつ大きな動向は、「取材するブロガー」が出現し、精力的に各政党に実際にインタビューして回ったことだった。

 そのブロガーは、すでにブロゴスフィアの中ではかなり有名になっているGripBlogの泉あいさん。「ルポライターになる」とOLを退職し、ブログ上でジャーナリスト活動を今年初めに開始した女性である。

 私は彼女にインタビューし、その記事を書いた。私が彼女にインタビューしようと思った理由は、簡単だ。

 マスメディアの側からは最近、ブログに対して「しょせんはわれわれの一次情報を利用して、うだうだ言ってるだけじゃないか」という批判が出ている。その批判はまったくもってその通りで、ブログの側から出ている「一次情報はマスコミで、分析・論評はブログの役割」という反論には若干のパワー不足は否めないように思う。一次情報を集めてくる取材と、分析・論評というのは決して簡単に切り離せるものではないと私は思うからだ。

 しかしここに来て、ある種の突破口とも思える状況が生まれてきた。それがGripBlogという「取材するブロガー」の登場である。これが本当に突破口となりうるのか、それとも実験的な試みで終わるのか――それを私は知りたいと思った。

 ついでに言えば、私もフリーランスで活動していて、インターネット上のジャーナリズムというのが本当に「メシの種」になるのかどうかも、非常に気になる。ボランティアのジャーナリズムなんて言うきれい事はどうにも信用する気が起きないし、しかし現実にはインターネットという拡散するメディアは、メシの種としては非常に心許ない。「取材するブロガー」は、その当たりをどう決着させようとしているのか。そんなことも知りたかった。

 泉さんへのインタビュー取材は、選挙の投票日のしばらく前に行った。発言は、その時点の内容であることをお断りしておきたい。
Trackback (0)


    
この他の先端人Web日記

高橋靖子の
「千駄ヶ谷スタイリスト日記」

田中秀臣の「ノーガード経済論戦」
goo
Hotwired Japan