「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーの時事随想:COP27閉幕

2022年11月30日 | 時事随想

 エジプトで行われていた、国連の気候変動対策の会議(COP27)が閉幕しました。「気候変動枠組条約」は、大気中の温室効果ガスの濃度を安定させることを目指した条約です。この条約に基づき、1997年に、先進国に温室効果ガスの削減を義務づけた「京都議定書」、2015年には現在の世界の気候変動対策の枠組みである「パリ協定」が採択されました。ただ、前アメリカ大統領トランプのように、未だに温室効果ガスの問題点をフェークだと言って認識しない人たちもいます。ホリエモンも同様の主張をしていますが、SNSにおいて極めて個人的な主張を広める人たちが増えましたが、そうした情報には十分に注意して接すべきでしょう。「パリ協定」は、世界の平均気温の上昇を、産業革命前と比べ1.5度に抑える努力をすることを決めました。トランプは、このパリ協定からの離脱を決めましたが、バイデン大統領は就任直後にパリ協定への復帰を決定しました。常識的な判断だと思います。ロシアのプーチン大統領や、アメリカのトランプ前大統領など非常識な行動をする指導者が、核のボタンを管理しているということは、恐ろしいことです。

 海面上昇で国土が浸食される「小島しょ国」や、この夏大洪水に見舞われ、国土の3分の1が水没したパキスタンや、干ばつ被害が続いたアフリカ諸国などの途上国側が、「損失と被害」に対する支援基金を創設することを目指していました。しかし、先進国は被害額が膨大になると予想されることから一貫して創設に反対してきましたが、COP27の採択文書には基金創設での合意が明記されました。当然の判断だと私は思います。

 世界各地で、規模の大きい気象災害が起きています。特に、発展途上国などの弱者に甚大な被害が生じています。現在の生活の利便性を享受し続けることは、私達の子孫にそのツケを払わすことになります。より便利に、より快適に生活できる進化が善と見なされてきた世の中は、すでに否定され、労力をかけて現状を改善する時代となっています。環境問題・社会問題への取り組みとしてSDGsが人々に認識されて、努力が続いています。自分の幸福が、他人の不幸の上に築かれていることを、特に先進国の人々は再認識する必要があります。

 国連のグテーレス事務総長は会議閉幕に際し、「我々の惑星はまだ緊急治療室にいる。越えてはならないレッドラインは1.5度上昇を超えてしまうことだ」と述べ、対策の加速を強く求めました。こうした認識は、善良な常識人にとって当然なことだと思います。ガガーリンが、地球が宇宙に浮かぶ青い星であることを初めて宇宙から目にして、愛おしい有限な惑星であることを多くの人が実感してからかなりの日々が流れました。人類の平穏な生活が脅かされる環境変化は、この地球上に生息する多くの生き物の生存の脅威となっています。これ以上、地球を痛めつけることは許されないでしょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マッキーの随想:今年の秋は

2022年11月01日 | 時事随想

 都心の樹木も紅葉し始め、毎朝落葉を高齢者がほうきで清掃している姿が見受けられます。今年も早いもので、あと2ヶ月を残すのみとなりました。秋を代表するキンモクセイの花が、今年は二度咲きました。9月にキンモクセイが咲き、その香りで秋を実感させました。その後、10月に入って再びキンモクセイの香りが漂っていて驚きました。キンモクセイは、年により二度咲きすることをネットで調べて知りました。この原因が、地球温暖化であるという説もあります。

 今年は、物価高の秋とも言える世相が悲痛です。日銀の黒田総裁は、最近の物価上昇が家計に与える影響について、「家計は物価高を許容している」と述べて国民のひんしゅくを買いました。円高による急激な物価上昇は、国民に苦痛や困難を与えている状況ですが、この人の眼中には無いようです。特にシングルマザーなど弱者の家計は、とても大変なようです。2%物価上昇の黒田総裁の目標は、デフレを脱却して経済が活性化した結果として起きる現象でなければなりません。今の状況は、スタグフレーションと言っても良い状況です。日本の平均年収は、30年前よりも低い数値となっています。これに物価上昇を加えれば、国民の生活レベルが低下していることは明らかです。円安も加われば、世界的な比較では、日本は一層低い状況と判断されるでしょう。

 私は現在、江戸川区の中学校の放課後数学補習指導(平日)と、江東区の中学校で中3の土曜教室(数学)を指導しています。江戸川区は、教育委員会から委託された業者の下で、学習指導を行っています。また、江東区は、かつて本科授業を指導した中学校で、三砂支援の会という学校内部の組織が主催している土曜教室で、長年中3数学の受験指導を行っています。

 数学が苦手な生徒に共通した問題点として、途中式を省いて答えだけ出していることと、答案の答え合わせで、間違った問題に答えを書き写して終わりとしてしまっていることです。途中式をしっかりと書いて、自分の間違えを再確認できるように学習することが必要です。また、間違った問題は自分にとって重要な課題であることを認識すべきです。間違い直しをしっかりと行うことが大切です。もう一点、数学では覚えるべきことをしっかりと覚えることが必要で、数学は考える学問ですが、やはり覚えておくべきことが頭の中になければ、考えることができません。またまたもう一点、計算力をしっかりと身につけることも重要です。計算力を習得するためには、日頃の練習も必要でしょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マッキーの随想:秋分の日

2022年09月23日 | 時事随想

 9月23日、秋分の日です。太陽がちょうど真東から昇り、真西に沈む日です。昼の長さと夜の長さが等しい日と習ったと思われます。しかし、いくつかの理由で実際は昼の長さのほうが微妙に長いのが現実です。太陽の位置により、冬至・春分・夏至・秋分と重要な日があります。地球の地軸が公転面に対して垂直ではなく、66.6度の角度で太陽を公転していることから起きる現象です。

 春分と秋分よりも、冬至と夏至の方が重要な日に思われますが、この4つの日の中で春分と秋分の日が国民の祝日となっています。それはどうしてでしょう。お彼岸の中日である春分の日、秋分の日だからで、単に太陽の動きで祝日となっているわけではありません。祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日として祝日になっているのです。

 では、何故春分と秋分が彼岸として、そうした行事が行われるのでしょうか。太陽が真東から昇り真西に沈む日である春分と秋分の日は、この世とあの世が最も近く、通じやすい日と考えられたことから、この日に西に向かって拝むと、功徳が施されると信じられていました。それが時代を経て、ご先祖様を供養するお彼岸となり、私たちの生活に欠かせない大切な行事となっていったと言われています。彼岸は、彼の岸であり、三途の川を挟んだ向こう側は、仏様の住んでいる世界であり、お彼岸は日本独自の信仰と結びついて発展した仏教的習慣であるそうです。

 おはぎを買ってきて食べました。おはぎとぼたもちは、同じ食べ物で、春は牡丹にかけてぼたもち、秋は萩にかけておはぎと呼ばれます。小豆の赤は邪気を払う効果があると言われています。さらに、昔は貴重であった砂糖を使うおはぎをご先祖様にお供えすることで、感謝の気持ちを伝えるために、おはぎをお供えするようになりました。私としては、おはぎという言い方のほうが美味しそうに感じます。ただ、棚からぼたもちということわざがあります。娘は、もうそんなぼたもちはカビでも生えているんじゃないと言っていましたが、予想もしなかった幸運が舞い込んでくることを「棚からぼたもち」といいます。

 今年の秋の連休は、台風の影響でほとんど外出できない人たちが多かったと思われます。ホリエモンは、防災情報の報道に対して、「マスコミは視聴率欲しさに必要以上に煽るし、人命がかかってるっていうと反論もしにくいからエスカレートして安全側に振り過ぎになると困る人たちが沢山いるって話な」と持論を展開しました。いつものことながら、糞までつけて批判しているけれども、いくら責任ある立場ではないとしても呆れた主張だと思います。防災報道はし過ぎるということはないと思います。そうした報道で、重い腰を上げて防災対策をした人たちも多かったと思われます。あまりにもえげつない人生を送っているホリエモンを崇めている人たちのいることがおかしいと私は考えています。

 安倍さんの国葬は、国民の理解を得られず、混乱をきたしています。国会で議論した上で、国民にしっかりと説明し、決定すべきことだったと思います。安倍さん自身も縁者も、そんな混乱した国葬を望んではいないでしょう。国民の一人ひとりの思いで、手を合わせれば良いと思われます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マッキーの随想:夏も終わり

2022年09月10日 | 時事随想

 あれだけ強烈な夏の太陽も、いつしか弱くなってきました。蝉の声も急速に聞こえなくなり、草陰から虫の声が聞こえてくる今日このごろです。9月10日は、中秋の名月です。中秋の名月が、満月とは限りませんが、今年は満月です。天候が不安定な日々が続いていますが、今日は月を眺めることができそうです。

 september、その響きには何故か哀愁を感じます。日本においては、夏休みが終わり、太陽もどんどん遠ざかっていく時期で、恋の終わりの時期でもあります。8日、エリザベス女王死去という、驚愕するニュースが世界を駆け巡りました。70年間にわたって英国の君主で有り続けただけではなく、「国民に開かれた王室」を目指し、「世界平和」を願って行動したことが、自国民だけではなく世界の人々に評価されています。国葬がウェストミンスター寺院で行われ、天皇を含め世界の要人が集合する葬儀となるようです。日本では、安倍元総理の国葬が執り行われます。国民の間にも、国葬の是非が議論されています。

 安倍元総理の暗殺は、社会党の浅沼稲次郎刺殺事件のような政治的な目的を持ったテロ事件ではなく、私怨であることが分かりました。理由はともかく、突然に命を奪われた安倍氏を不憫に感じることは、多くの人に共通した思いでしょう。しかし、安倍氏の政治的評価は、そうした状況に影響されることなく、冷静に判断されるべきです。そうした点で、安倍氏の国葬の是非が話題に登ることは当然でしょう。エリザベス女王と安倍氏の国葬は、残念ながら比較されることとなってしまいました。

 円安に歯止めがかからず、物価高もジリジリと人々の生活を圧迫しています。政府も日銀も、物価高に対する対策が極めて弱い印象を受けます。日銀の黒田総裁は、「家計の値上げ許容度も高まってきている」と発言しましたが、多くの国民はその言葉に強い憤りを感じたはずです。国民の現状を的確に判断できているのだろうか。現在の自民党連立政権は、特に弱者の幸福を真剣に考えているのだろうか。

 静岡県の幼稚園で、送迎バスに園児が置き去りにされ死亡する事故がありました。園児の水筒は空となり、服は脱いだ状態で発見されたそうです。保護者に対する説明会での保育園側の対応に問題があり、保護者が過呼吸などで救急車で運ばれる状況となってしまったそうです。知り合いの園児が、とても可愛そうな状況で死亡しただけではなく、責任者側の説明に納得できなければ、精神的に正常な状況を維持できない保護者が出てきても不思議ではありません。事故を起こした場合は、状況を的確に判断し、問題の核心を認識して正しい行動を取ることが重要です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マッキーの随想:最近の出来事

2022年08月06日 | 時事随想

 8月6日、広島の原爆の日です。今から77年前、一般市民が突然の閃光の後、地獄を経験するとんでもない出来事がありました。原爆の恐ろしさを、日本人は経験しました。ロシアのウクライナ侵攻で、核兵器使用が現実の脅威となっています。そんな現状であるにも関わらず、人類は核兵器を戦争の抑止力であるという思考方法から抜け出るどころか、より信仰に近い状態になっているのが問題です。実際に原爆の恐ろしさを経験した人たちも高齢化して、その人数が減少しています。原爆の悲惨さを多くの人たちに伝えていく努力が今後も必要です。

 8月6日、甲子園で高校野球選手権大会がスタートしました。やはり夏は、高校野球は欠かすことができない行事です。真夏の暑さの中で、自分自身にチャレンジする若者のパッションは、多くの人達に感動を与えます。

 新型コロナウイルスの第7派の急速な流行は、各方面に大きな影響を与えつつあります。新型コロナを単なる風ウイルスと同等に見なす風潮もありますし、国も感染症法上、届け出などを義務付ける「2類」となっている現在の位置付けの再検討などを求める緊急提案も議論しています。しかし、このウイルスはまだまだわからないことが多いので、国も一般市民も安易に対策を変更することは問題だと思います。

 私は、長い間江東区の中学校で土曜日の補習指導を行ってきました。今年度から、江戸川区の中学校で放課後の数学補習指導を開始しました。今は夏休みでこの授業はお休みですが、その間葛飾区の小学校の子ども教室の指導を頼まれて行っています。いわば学童の見守りと言った内容の仕事です。小学生に対しては、学習指導は行ってきましたが、今回のような内容の仕事は始めてです。私にとって、この夏のチャレンジとしてこの仕事を引き受けました。思いの外、厳しいし事だと感じています。今までとは異なる観点から、子どもたちを観察することができ勉強になりました。子どもたちが、安全に楽しく有意義に過ごすことを目指して頑張っています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする