「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーの随想:マスク着用で思ったこと

2020年09月11日 | 時事随想

 猛暑の夏でしたが、蝉の声も急速にまばらとなり、秋の風を感じる時もある今日この頃です。私はこの夏、手に携帯の扇風機を持ちながらも、顔にマスクをしている人を見ると、感動ともいえる感情が湧きました。

 たぶん多くの人が、マスクを付けただけでは、自分のウイルス感染予防には十分ではないことを知っています。それでもマスクを付けるのは、周囲の人に対する思いやりが大きいと思います。仮に自分が感染していても、絶対に周囲の人に感染させないという意志を感じます。ですから、マスクをしていない人を見ると、公衆衛生の意識が低い人という印象を受けます。そんな人が隣の席に座り、咳払いなどされると恐怖さえ感じます。

 最近、飛行機の中でマスク着用の注意を無視した人が、飛行場に臨時着陸して飛行機から降ろされたというニュースがありました。航空会社が決めたルールを守れなければ、当然の結果だろうと思います。以前ホリエモンが、飛行機の中でのマスク着用について搭乗員から注意を受けたことを憤慨し、SNSで不満を発信していました。ルールを守れなければ飛行機に乗るなよと私は思いました。また、同乗した他の乗客の損害を各自が申し立てることは難しいことですので、飛行機を下ろされた人物には、航空会社が損害賠償請求をすることが必要でしょう。

 新型コロナウイルスの第二波はようやく封じ込めつつある印象を受けます。多くの人のしっかりとした認識が、それを可能としたと思います。ある大臣が、そうした状況を外国の方に「民度が違う」と誇ったそうですが、国内でそうした状況を評価するのは良いのですが、相手を見下す言い方は良くありません。ホリエモンを代表とする公衆衛生を無視する考え方に振り回されずに、努力した結果は誇って良いと思います。

 先ほどのマスク着用無視の乗客は、マスク着用が科学的ではないと理由をこねたそうですが、ホリエモンを含め極端な考え方をする人たちは、科学的な結果を無視する傾向があります。ところで、地下鉄駅から教室までの私が毎日通る道の途中に、多くの人が信号を無視する横断歩道があります。車の往来を目視できる場所であることが理由です。けれども、マスクを着用する習慣が一般的となった現在、不思議と赤信号無視がほとんどなくなっています。マスクの着用が、各自の自制心とモラルを高めているという副次的効果もあるようです。

 新型コロナウイルスに対する対策は、政治的判断に左右されます。アメリカのトランプ大統領は、本人は否定していますが、初期段階に私さえ違和感を覚えるほど新型コロナウイルスを軽視した発言を繰り返していました。その結果、世界で断トツの感染者と死亡者を出してしまいました。経済優先で、国民の健康を軽視した政治的な判断ミスでしょう。このことは、ブラジルでも言えるこどです。

 わが国の政治判断は、強制的な施策ではないのですが、国民がそれを根気強く守った結果、極めて稀な良好な状況を作り出しました。夏の暑い時期、熱中症に注意して、場所によってはマスクをはずす判断をするように訴えましたが、それほどまでに生真面目にマスクを付ける国民性を、私は高く評価しています。決してそれは、ホリエモンにバカだ・頭が悪い・くそ野郎と罵詈雑言を浴びせられる人たちではありません。こうした人たちを悪く罵る人たちは、問題になった自粛警察の人たちと、意見が違えども精神的に同じ傾向の人たちと考えられます。

 日本人のこうした国民性は、どこから来ているのでしょう。日本人の村社会意識でしょうか。災害の多い環境で培われた連帯感なのでしょうか。私たちの多くは、新型コロナウイルスが一時的な出来事ではなく、将来的にも同様の感染症が襲ってくる恐ろしさを感じつつ、その予行演習を行っている意識もあると思われます。諸外国程、今回の感染症の被害が大きくなかったとはいえ、社会的に大きな影響を与えた出来事でした。

 「ウィズコロナ」という言葉ができましたが、撲滅困難であることを前提とした新たな戦略や生活様式のことを意味します。また、新たな未知のウイルスとの遭遇も視野に入れた言葉だと思われます。今回の新型コロナウイルスの治療薬もワクチンも完成していませんし、ウイルスの的確な性質もまだまだ未知と言って良いでしょう。私たちは、こうした状況に賢く対応していきたいものです。

コメント

マッキーの随想:アンという名の少女

2020年09月01日 | 時事随想

 『アンという名の少女』は、L・M・モンゴメリーの1908年の小説『赤毛のアン』に基づくテレビドラマシリーズです。カナダCBCとNetflixにより共同製作され、3シーズン27エピソードの作品です。文学史に登場する『赤毛のアン』・モンゴメリーとだけ知るだけで、私は実際にこの小説を読んだことがありません。新型コロナウイルスで、外出せずに自宅にいることが多くなり、Netflixで様々な動画を鑑賞しました。今回語る『アンという名の少女』もそんな作品の中の一つです。



 人生のスタートを孤児院で送ったアンが、手違いで老境を迎えつつあるマシューとマリラの兄妹の元に送られてくるところから物語はスタートします。想像力と語彙力にあふれたアンが、いろんな悩みを抱えながらも、周囲との軋轢を乗り越えて、まっすぐに立ち向かい成長していく姿が描かれています。アイデンティティ、偏見、いじめ、人種差別、先住民迫害、女性の自立など現代的なテーマが物語に散りばめられ、とても奥の深い物語となっています。おしゃべり好きで想像力豊かなアンは、いつも自分の心にまっすぐで、どんなにつらいことがあってもくじけません。そんなアンと出会い、周りの人たちも少しずつ変わっていきます。

 幸薄い人生のスタートを切った一人の少女が、厳しい環境を人一倍強い行動力で乗り越えて独り立ちしていくストーリーは、心を揺り動かします。そうした行動の源泉は、アンの類まれな想像力であり、文学的な知識や語彙力が豊富であることであると思われます。

 「思い出より想像する方が好き」と最初にアンは言います。アンの想像力は、辛い過去を消し去るための処世術なのでしょうか。『ジェーン・エア』や著名人の名言、そして大人が仰天する言葉がアンの口から出てきます。その例を幾つか挙げておきます。

 「もし今夜いらしてくださなかったら、線路をおりて行って、あのまがり角のところの、あの大きな桜にのぼって、一晩暮らそうかと思ってたんです。あたし、ちっともこわくないし、月の光をあびて一面に白く咲いた桜の花の中で眠るなんて、すてきでしょうからね。」

 「これから発見することがたくさんあるって、すてきだと思わない?あたししみじみ生きているのがうれしいわ―世界って、とてもおもしろいところですもの。もし何もかも知っていることばかりだったら、半分もおもしろくないわ。そうでしょう?そうしたら、ちっとも想像の余地がないんですものねえ。」

 「この部屋にはあんまりいろいろの物があって、しかもみんな、あんまりすばらしいもんで、想像の余地がないのね。貧乏な者のしあわせの一つは―たくさん想像できるものがあるというところだわね。

 2020年9月6日から、毎週日曜 午後11時00分より、NHKが『アンという名の少女』を放映予定です。時間帯からすると、子どもも含めた家族で観ることができません。もっと時間帯を早めてもらいたかったですが、無論大人でも楽しむことのできる物語です。やせっぽちでそばかすだらけの赤毛の少女アンが、豊かな文学的知識と創造力を使って、真直ぐに生きていく姿に感動することでしょう。

 物語中でのアンの考え方は、フェミニズムそしてウーマンリブと発展していくジェンダー論の先駆けといった印象を受けます。また、Eの付くアン、すなわちanneは、愛称がannieでアニーとなり、
小さな孤児アニーを主人公として製作されたブロードウェイミュージカル「アニー」を連想させます。「アニー」の舞台は1933年、世界大恐慌直後の真冬のニューヨーク。街は仕事も住む場所もない人で溢れ、誰もが希望を失っていました。そんな中、どんな時も夢と希望を忘れないひとりの少女がいました。ニューヨーク市立孤児院に住む11歳の赤毛の女の子、アニーです。日本でも有名なミュージカルの「アニー」は、明らかにモンゴメリーの小説『赤毛のアン』に発想を得た作品と思われます。

コメント

マッキーの随想:民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)

2020年08月16日 | 時事随想

 中国の「香港国家安全維持法」に基づく香港の民主派に対する弾圧が始まりました。「雨傘革命」をリードした周庭(アグネス・チョウ)さんも、後ろ手にされて逮捕連行される映像が世界中に恐怖を撒き散らしました。その後保釈された周庭(アグネス・チョウ)さんは、日本の支援者に感謝の思いを伝える動画をYouTubeに公開しました。


 私達が当然のこととして享受している自由を、命がけで守らなければならない世界があることを知らしめました。周庭さんは逮捕された際の気持ちについて「心の準備ができていないまま逮捕され本当に不安で怖かった。国家安全維持法では起訴後の保釈は認められていないため、このまま収監されてしまうのではないかと怖かった」と振り返りました。拘束中は、欅坂46の『不協和音』の歌詞がずっと頭の中に浮かんでいたと明らかにしました。

 若者が、人生をそして命をかけて正義を追求した時代は、日本においては遠い昔となってしまいました。「香港国家安全維持法」により、今後は自分の主張を自由に発することもできなくなります。それでも勇気を出して、香港の自由のために戦う意志を示した周庭さんを、私は尊敬しつつ胸が熱くなる思いで支持します。拘束中に欅坂46の『不協和音』の歌詞が、彼女を勇気づけていたのは、如何にも若者らしいと思いました。彼女は、独学で日本語を習得して、流暢に使うことができますので、歌詞の内容を十分に理解しているものと思われます。

 利害ではなく、自分の信じる道に人生をかける勇気は、誰もが持っているわけではありません。そうした生き方が、素晴らしいものだと称賛されるでしょうが、その代償を考えると、多くの人は躊躇するはずです。周庭さんは、『不協和音』の歌詞を口ずさみ、自分の境遇に重ね合わせながら、挫けそうになる自分の心を奮い立たせたのでしょう。

 やはり欅坂46の「サイレントマジョリティー」の歌詞には、「どこかの国の大統領が言っていた 声を上げない者たちは 賛成していると… 行動しなければ Noと伝わらない Yesでいいのか? サイレントマジョリティー」静かな大衆とは、「物言わぬ多数派」という意味。さて、私たちはこうした事態に対して、どう行動すればよいのでしょう。

 最後に、周庭さんが拘束中に繰り返し思い浮かべた『不協和音』の歌詞を載せておきます。ただ、欅坂46の『不協和音』は、平手友梨奈を中心とする激しいダンスが魅力的ですから、YouTubeでミュージックビデオを御覧になるとよいでしょう。


僕はYesと言わない
首を縦に振らない
まわりの誰もが頷いたとしても
僕はYesと言わない
絶対 沈黙しない
最後の最後まで抵抗し続ける

叫びを押し殺す (Oh!Oh!Oh!)
見えない壁ができてた (Oh!Oh!)
ここで同調しなきゃ裏切り者か
仲間からも撃たれると思わなかった
Oh!Oh!

僕は嫌だ

不協和音を
僕は恐れたりしない
嫌われたって
僕には僕の正義があるんだ
殴ればいいさ
一度妥協したら死んだも同然
支配したいなら
僕を倒してから行けよ!

君はYesと言うのか
軍門に下るのか
理不尽なこととわかっているだろう
君はYesと言うのか
プライドさえも捨てるか
反論することに何を怯えるんだ?

大きなその力で (Oh!Oh!Oh!)
ねじ伏せられた怒りよ (Oh!Oh!)
見て見ぬ振りしなきゃ仲間外れか
真実の声も届くって信じていたよ
Oh!Oh!

僕は嫌だ

不協和音で
既成概念を壊せ!
みんな揃って
同じ意見だけではおかしいだろう
意思を貫け!
ここで主張を曲げたら生きてる価値ない
欺(あざむ)きたいなら
僕を抹殺してから行け!

ああ 調和だけじゃ危険だ
ああ まさか 自由はいけないことか
人はそれぞれバラバラだ
何か乱すことで気づく
もっと新しい世界

僕は嫌だ
不協和音で
既成概念を壊せ
みんな揃って
同じ意見だけではおかしいだろう
意思を貫け!
ここで主張を曲げたら生きてる価値ない
欺(あざむ)きたいなら
僕を抹殺してから行け!

不協和音を
僕は恐れたりしない
嫌われたって
僕には僕の正義があるんだ
殴ればいいさ
一度妥協したら死んだも同然
支配したいなら
僕を倒してから行けよ!

コメント

マッキーの山登り:景信山の山歩き

2020年07月30日 | 日帰りの山登り

 7月12日(日)、久しぶりに山歩きをしました。産経新聞の方々の山歩きの会(山酒会)の月例の山登りに参加しました。かつてこの会は、現役が多かったので、日曜日に山歩きをしていましたが、最近は退職者が多いので、平日に活動を行っています。私もこの会の会員ですが、日程が合わずに最近はほとんど参加していませんでした。今回は天候の関係で順延となり、日曜日に山歩きを実施するということで、私も久々参加しました。

 新型コロナウイルスで、この人たちも山歩きを控えていましたので、全員久々の山歩きとなりました。私の古くからの知人で会の世話役の田中さんは、私とヨーロッパ・アルプスを登った仲ですが、今年で傘寿となり足腰は弱ってきました。今回の山も、景信山(かげのぶやま)の往復という気の抜けるような簡単な山歩きです。ただ最近の感染状況でしたら、この山登りも中止となったかもしれません。

 高尾駅北口から出ている小仏行の9時32分のバスに乗り、小仏バス停から歩き始め、小仏峠を経由して景信山に登り昼食をとり、帰りは景信山登山口に直接下りるルートで歩きました。

 山道を歩き始めて、山の空気に浸っている幸福感を強く感じました。15の春にワンゲルに入ってから様々な山に登り、貴重な経験を積んできました。山の木々の香りや小川のせせらぎの音が含まれた空気は、そうした私の経験の蓄積を呼び覚まし、一層爽やかに感じさせるのでしょう。



 ただ例年ですと、この時期、数日の小屋泊まりの夏山登りの準備をするのですが、今年の特殊事情と、私自身の健康状態を考えると、夏山登りは無理なようです。体力と体のバランスなどを考慮すると、滑落の危険がある場所は、だんだんと敬遠するようになりました。やはり、運動全般に言えることですが、後から後悔することのないように、出来る年齢の時にやっておくことが大切です。



 天気予報は、微妙なものでしたが、随時日差しがあり雨の心配はありませんでした。この時期の低山の山歩きは、暑さが厳しいのですが、汗はかきましたが、さほどの暑さにはならずに、楽しい山歩きができました。今年の夏山は、日帰りで近隣の山歩きをしたいと思っています。

 帰りに、田中さんから今年も鈴虫をいただきました。使っていない水槽を鈴虫の住処として、鈴虫の鳴き声を楽しんでいます。虫の鳴き声を、季節の楽しみとしている民族は、日本人だけでしょう。出歩いて季節を楽しむことができなかった今年は、鈴虫の鳴き声に一層趣を感じます。

コメント

マッキーの随想:平手友梨奈で考えたこと

2020年07月10日 | 時事随想

 物語の主人公・天才的作家「響」の現実版が、欅坂46の平手友梨奈だと言えます。まだあどけなさが残る14歳で芸能界にデビューし、欅坂46のセンターを務めたのですから、天才と呼んで間違いありません。欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」に収録されている平手友梨奈のソロ曲の《「山手線」short ver. 》を、YouTubeでご覧いただければ、そのあどけなさとその後の彼女を思うと、痛々しささえ覚えます。

 乃木坂46が、上品な可愛らしさを表現しているのに対して、欅坂46は、自我の目覚めや意志の強さを表しています。軍隊のような服装で統率されたダンスを踊り、メッセージ性の強い歌詞を全く笑顔無しで歌う、アイドルらしからぬ「サイレントマジョリティー」のミュージック・ビデオは、驚きです。この楽曲で、このグループのその後が規定されてしまったように思います。

 映画「響」の月川監督が、平手友梨奈に『何が不安ですか』と聞いたら、『演技って嘘をつく感じがして嫌です。今まで平手友梨奈として嘘をつかずに活動してきたものが台無しになってしまうのではないかと思うと不安なんです』と答えたそうです。思うに、「サイレントマジョリティー」をプロデュースする側の思惑を超えて、平手友梨奈は演じたのではなく、完全に楽曲と同化したのだろうと思います。これは、楽曲「不協和音」も同様だろうと思います。「僕は嫌だ!」の叫びも、演じたのではありません。なんと精神的に厳しい道を彼女は選んだのだろう。

 自分の命を削るように真摯に取り組んできた欅坂46の活動から、卒業ではなく脱退という選択で身を引く決断は、簡単に言葉では評価できない重みがあります。在籍しても辞めても、精神的にどれだけ厳しい状況なのだろうと気になるファンも多いことでしょう。脱退に関する本人の説明はありませんが、映画「さんかく窓の外側は夜」の公式Instagramで公開された自撮りリレー動画を見る限り、人相が変わるほど痩せてしまっているのが気になります。平手友梨奈は「響」と同様の決断力はありますが、「響」ほどドライに割り切れる人ではないように思います。

 代表的楽曲の「黒い羊」は、そうした意味で私は嫌いです。平手友梨奈のそのような性格を意識したプロデュースする側の悪乗りだと感じるからです。いずれにしろ、稀有な存在の平手友梨奈が率いた欅坂46は、極めて貴重な存在だと断言できます。脱退した平手友梨奈が、驚くほど純粋な精神を失わずに今後も活躍することを願っています。

 ところで、教室の女子高校生に、「最近どんな曲を聞いているの」と質問すると、「Kポップの、ブラックピンク」と答えました。女子4人組のグループで、世界を席巻して活躍するグループであることは知っていました。YouTubeでその楽曲を聞いて驚きました。楽曲のオリジナリティも、キレキレのダンスも、リズミカルなラップも、大人の色気を前面に出したビジュアルも、今の日本の歌謡界を遥かに凌駕しています。

 最新曲「Kill This Love」が米国を含む全世界37カ国のiTunesソングチャートで1位を記録、そして同曲のミュージックビデオが公開から2日と14時間で1億回再生を突破し、YouTube史上最短の再生回数達成の新記録となったそうです。女性グループだけではなく、複数の男性グループも世界的に活躍しています。特にヒップホップグループ「BTS」は、ワールドツアーを成功させて世界的な人気をほこります。教室の女子中学生は、ブラックピンクを知らない代わりに、このBTSを聞いているようです。どうしてここまでJポップは、Kポップに差をつけられてしまったのでしょう。

 ブラックピンクの一人に、容姿とスタイルからハーフと思われるダンスの桁違いなほど上手な女性がいます。芸名は、Lisaと呼ばれています。小松奈々似ですので、名前からして日本人かとも思いました。けれども、彼女は純粋なタイ人だそうです。このような才能に溢れた人が、日本ではなく韓国に行ってしまうのが現実なのでしょう。ただ、韓国でも人種差別を受けながら、それを乗り越えて活躍しているそうです。日本が、近隣諸外国の才能ある人たちを引き付ける魅力を持つ必要があるでしょう。また、楽曲もアイドルの技量レベルも国内での消費に照準が置かれていて、世界的な評価に値していないという点も問題です。

(注)ブラックピンクは、YouTubeに多数取り上げられていますので、映像とともに鑑賞するとよいでしょう。日本でこのグループに対抗出来る力のあるミュージックビデオは、世界に通用できるかは別として欅坂46の「サイレントマジョリティー」と「不協和音」と「エキセントリック」、それにCM用のミュージックビデオ《「ポカリスエット キミの夢は、ボクの夢」全篇(歌詞付)》
だろうと思います。CM映像は、素人の高校生が全力で踊っている映像で、日本の広告レベルの高さを示しています。

コメント