さらさら

なーんにもない、平凡な日常です。

*業者さんや、日記内容に関係のないトラックバックはご遠慮ください

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

過去の日記 ハワイ旅行  8日目 (オアフ島)

2009年03月18日 17時45分52秒 | 海外

8日目。





朝の7:30にツアーデスクに集合する。 
ホノルル空港はすごく混んでいた。

なので、空港内のショップは今回は見ている時間がなかった _| ̄|○ 

またまた余談。 
私が初めてハワイに来た時、帰りの便が遅れた。
あの有り余る時間は辛かった(笑)
   
次にハワイを訪れた時も飛行機が遅れた。
一緒にいた友人達に、 「前回はすごく遅れたんだよー」 なんて言いながら搭乗口で
案内を待っていたら、どうも様子がおかしい。 
クルーが皆、飛行機から降りて来てしまった。
はい、2回目も遅れましたよ (T T)

今回、空港の入り口でそんなことを思い出しながら主人に話をしていた。
だけど今回は遅れもなくて、本当に(笑)  ほっとした。 
飛行時間も短縮してくれるみたいだ。
 
さすがにお盆の終りの方とあって混雑しているけれど、それでも私達は発着が
新千歳空港だったから楽だった。
成田はしんどいだろうなあ・・・。
      
帰りは晴天で、飛行機からはこれまた今迄にない位の すんばらしい眺め だった。
カメラのフィルムを使い切っていたので、景色が撮れなくて残念。 
今までに見たことないような 空の上 だった。


天国だあ~


と、惚れ惚れ見ていた。

飛行機は8時間を7時間30分で飛んでくれた。







おまけ 「ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ」 からの眺め

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の日記 ハワイ旅行  7日目 (オアフ島)

2009年03月18日 17時14分10秒 | 海外

7日目。

ちょっと冷えたみたいで、足がつって目が覚めた(笑) 
おまけにこの日はしゃっくりが3回も。
           
ワイキキ・トロリーバス で 「ロス・ドレス・フォー・レス」 へ。



 

今回1階では、どうもこれというお土産を見つけられなかった。
あきらめて2階へ行く。
おお、あるある♪ 
私は可愛いポーチ、キッチンウェアーを買い込む。





今までは ABC や DFS でお土産を買っていたけれど、今は私の周りは主婦の
方が多いので、こういう方が喜ばれると思って。





「アラモアナ・ショッピング・センター」 へ行き、 フードコート で昼食。
「ヤミー・コリアン・BBQ」 でプレートを注文する。
主人は ロブスター&カルビ 、私は チキン&シュリンプ を食べたけれど、美味しい~。
ここのお店大好き。

今回は買わなかったけれど、 「グロリア・ジーンズ」 からコーヒーの
いい香りがしていた。

「ゲス」 でセール中だったので、母と妹にお土産のバッグを購入する。 
しかし、なぜ私は自分の分を買わなかったのだろう。
いつもそうだ。
後で後悔するタイプ(笑)

今回は主人と一緒だし、 男性は長時間のショッピングは辛いだろうな と思ったので、
お気に入りの 「シーズキャンディ」 は残念ながらパスしてしまった。
ここに一番に行くべきだったわ。

そう・・・ 前回はチョコをチョイスする時に何回、 「レモン」 と言っても通じずに、 


レメ~~~ン


と言われて大変なショックを受けた(嘘) ので、今回はちゃんと 「レメ~~ン♪」 と
言うんだと心に決めていたのに。
    
フードコートで 「マラサダ・カンパニー」 の マラサダ を to go。
揚げパン・・・ というより餡のないドーナツみたい。
ふわふわで美味しい。





午後はホテルに戻りプールへ。
ここの チチ と ストロベリースムーディー(スムージー) のアルコール抜きを
飲んだけれど、これが美味しい。

 



「お土産カップ付き」 のカクテルもあったので気になっていたのだが、私の


チラ見の瞬間


を主人は見逃さなかったようで(笑)
最終日にカップ付きをオーダーしてくれたのでGET出来たのだった。
旦那さん、ありがとう。
           
                 
夕方から DFS でお土産の買いまくりだ。
新婚旅行は仕方がないですね(笑)
いつも買う、お気に入りクッキー (小さな袋入り、安くて美味しいです) も
しっかり買う。
・・・自分の為に。

        
荷物詰めが恐ろしくなってきた


ところで、ホテルへ戻る。
カートですよ、カート。
カート付きの マカダミア・ナッツじゃないと、もはや足りないのでっす。
それをガラガラとしながら、歩く訳です。
おお、そだそだ。
「インターナショナル・マーケット・プレイス」 で指輪を購入したのだった。
     
実は、マウイの初日に 海でひとかき したら主人の指から結婚指輪が抜けてしまった。
必死になって、海に潜って探していたけれど結局、見つからなかった。
ありゃ、


重いから


ずっしりとマウイの海に沈んだと思う(笑)

    
夕食は美味しいお店に・・・ と思い、わざわざ日本から食事用の洋服を持って来たけれど、
何かお土産買いで疲れてしまった。
結局、得意のルームサービス(笑)
           
マノアサラダ   地元、マノアのレタスに柚子のドレッシング和え
コンビネーションディナー   
  牛フィレのステーキとロブスターテイル   アスパラに地中海風サルサ添え
ライス 
オニオンブレッド
トロピカルフルーツ&ベリー   パパイヤスープに季節のフルーツ添え
コーヒー


美味しかった・・・ もう、何食べても美味しいんだ、私(おい)
いや、本当に美味しかったでっす。

驚いたのは  coffee or tea? と聞かれて一つづつ頼んだら、 
tea は日本茶だった事(笑)
てっきり紅茶だと思っていたのに(笑)

いよいよ明日は帰国。
今回は予想以上に早い集合なので、これは早く寝ないと。
モーニングコールが何と4:30AMだ。

しかし主人と夜中まで荷物詰め。
せっせと詰めていたら、何だか眠れなくなってしまったぞ。


今回、旅行中に結構洗濯をしたけれど、ハイアットはあまり日が差し込まず
中々乾かなくてあせった。
結構海に行ったので、Tシャツは多く持って行って正解だった。




Like Like Drive Inn (リケリケドライブイン) アラモアナショッピングセンター近く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の日記 ハワイ旅行  6日目 (オアフ島)

2009年03月18日 17時03分04秒 | 海外

6日目。

朝食は ABC で買っておいた パンヤ のやわらかパン。
そして ABCで ござ を買って海へ。
ワイキキの浜辺は拡張工事をしたので、砂浜が広くなっていた。





しかし、顔にファンデーションを塗るのをしっかり忘れていた為に、私は又々
赤くなってしまった _| ̄|○ 
 
昼食はホテルの裏手に 「えぞ菊」 を見つけたので ラーメンとチャーハン を
to go。
ラナイで食べたけれど、美味しかった。
えぞ菊 はカラカウア通りの他に6店舗あって、私が食べたのは コア店。
海から直接行った為に所持金が少なめだった上に、クーポン券も忘れていた。
餃子が食べられなかったのが残念だ。
    
あまりお腹のすいていない主人を誘い、


おやつに


トニーローマ までてくてく歩く。
しかし、お店で食べたのは初めて・・・ すごい量で、残りはお持ち帰りになってしまった。
やっぱり全然おやつじゃない(笑)          
あ・・・ チップは清算後、帰りに席に置きましたよ(笑)
問題なしです(笑)
 
夜は DFS へお土産の下見に行く。
会社勤めをしていた時もお土産がすごかったけれど、今回は新婚旅行。
それはもう、半端な量ではない。
だから早めにチェックしておかねば・・・。

そんなことを考えながらぶらぶらしていると、手頃な帽子を見つけたので近寄る。
ジル・スチュアート のロゴ入りだった。
勿論、買った・・・ 自分用に(おい)

DFSで日に、 一人一回 のジャック・ポット をやっていたのでトライしてみたら 
$5クーポン券 が当たった。
試しに主人がもう一回カードを入れてみると、速攻画面が 
「また明日お越しください」 だった。
アロハマイルというのをやっていて、色んなショップの買い物がマイルに。
DFSの買い物がマイルに移行できたので、これは嬉しかった。


帰りは クヒオ通り を歩いてホテルに戻る。
主人がいるから連日、クヒオ通りを通ったけれど・・・。
普段は夜は余り通らない。
暗いので鳥目の私には恐いのだ。

おまけに、ここで久しぶりに


パンクな兄ちゃん達


を見た。
でも すんばらしい頭 だった。
気合入り。

ホテル近くで 「ジャンバ・ジュース」 を見かけたのでジュースを買う。
主人。
いつも、無難な物を選ばず・・・ の主人(笑)

今回、私はまた普通のオレンジジュースだった。
ここは色々と健康の為のものをジュースに入れてくれるのだけれど、主人は又


シトラス・スクイーズに総合的な何たら を入れてもらっていた(笑)
     

ここの店員さんはお店の方針か、はじけていてすごいぞ。
はじけているというか、陽気というか、元気いっぱいなのだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の日記 ハワイ旅行  5日目 (オアフ島)

2009年03月18日 16時18分06秒 | 海外

5日目。      

ホノルル へ移動の日。
朝食にパンを食べて空港へ。

楽しかったマウイともお別れだ。
集合場所へ向うかと、スタッフの方は私達が到着した日にチェック・インでお世話に
なった女性だった。
  

バスは道路に出て3台目です


と説明されたので向かう。

1・・・2・・・3。 
あれ? 
よく見ると 黄色いクレーン車 が3台目だ(笑) 


あれかねぇ


なんて主人と笑う。
4台目のバスに乗って出発。
  
先程のスタッフの女性が


360歳になったら日本に帰るから、その時は皆さんよろしくね♪


と言ってバスの中には笑いが。

         
アロハ航空 の場合。
行きはマウイに向って左側の座席に座ったけれど、帰りのホノルルに向かった時の
窓の外の風景の方が良かった。





行きもマウイに向かって右側に座れば良かったのかな? 
(座席は前4列を除いて自由に座れる)
ネットでは 行きは左側に と書いている方が多い。
あれ?(汗) 見逃したのかな・・・私(笑)





オアフ島に到着する。

ワイキキのホテルは今回は 「ハイアット・リージェンシー」
お隣の 「シェラトン・プリンセスカイウラニ」 のツアーデスクで簡単な説明を
受けた後、やはり又々チェック・インまで時間があった(汗)
が、ラッキーな事にまたしても無事にチェック・イン(笑)





お部屋は31階のまたまた真正面。
広めだし、見晴らしもいい。

新婚旅行なので、見晴らしのいいお部屋にしていただいたのかな?

ヒルトンも31、32階辺りだったけれど、ヒルトンと違って高層って感じがむんむんする。 
下を見たら恐いもの(笑)





しかし事件はこの夜に起こった。
噂には聞いていた、トイレの詰まり。
着いて早々、トイレ掃除なのかと思った  _| ̄|○ 

とりあえず、電話をしたらすぐに おじさん が来てくれたし、掃除もしてくれた。
その後は連日、何も問題はなかったのでほっとした。

                             
話が戻るが昼食は近くの 「チーズバーガー・イン・パラダイス」 へ。 
to go にして、お部屋で食べるつもりだ。
並んでいた時に、店員さんが話しかけてきた。

ええ、私・・・英語・・・(笑)
オーダーを聞かれたのと勘違いしたんです。
舞い上がっちゃったんですかねぇ。

主人が一言。


メニュー見る? って聞いたんだよ


あーたねー。
英語出来るなら、主導とってくださいよ(笑)
いや、私もそれ位の英語ならわかるはずなんですけどね・・・ 多分。
何を思ってオーダーと勘違いとしたのだろうか。

店員さんは可愛く、 oh! というリアクション _| ̄|○ 

めげずにいただきますっ! オニオン・リングがでかっ!(笑)





夕方、お隣の 「キングス・ビレッジ」 へ。 








18:15からの 衛兵交替式 を見る。
初めてじっくりと見たけれど、良かった。





正門前で交替式の後、2階を回るけれどその後に1階の中庭でパフォーマンスがある。
中々迫力があって、これは見て良かった。

        
ここでいつも行くお店に。
主人のTシャツを買う為だ。
前に、 


全日本


の元選手の方に、


頼む! Tシャツ買ってきて


と懇願された時に 特大XLサイズ をここで買って以来のお気に入りの店だ。
スポーツ選手は体格のいい方が多いから、日本国内で買えるお店が少なかった様で。

このお店よりもTシャツが安いお店は沢山有るけれど、ここの商品は私には当たりばかりで
外れがなかったのだ。
いつも行く時はセール中だったのに、今回はやっていなかった・・・ 残念。

その後、 「インターナショナル・マーケット・プレイス」 をふらふらして
奥の 「ペイレス・シュー」 へ。
買いたかった花柄のシューズがあって・・・ でももう、商品が無くなってしまって残念。
     
突き当たりの ペイレス からそのまま 「クヒオ通り」 に出る。
「フードパントリー」 へ。
混んでいたからか、 パン と おにぎり がなかった  _| ̄|○ 

ここで、友人が欲しがっていた バニラの香りのボディーシャンプー を買う。
つい、自分の分も買ってしまう(笑)
            
おにぎり と パン は ABCストア の方が沢山あった。
ABCで 「パンヤ・ベーカリー」 のやわらかパンを発見したので嬉々として買う。
しかし、なぜか名前は


北海道ブレッド








スパムむすび と フルーツ も買って夕食にする。
しかしABC、Tシャツとかお土産が何だかおしゃれになったわね~ と感心。
一瞬、トートバッグをお土産に・・・ とも考える。

           
前回ハワイに来た時、会社の お偉いさん からその方の好きなブランドの
ゴルフ用品を頼まれていた。
中々見つからなくて探し回った思い出がある。
結局、ゴルフをする人に聞いて シェラトン・プリンセス・カイウラニ の前にある、 
「モアナライダー・ゴルフショップ」 で見つけたのだった。
     
実は お偉いさん は日本でグローブのサイズを教えてくれなかった。
日本のサイズの換算表がハワイにあるはずだから・・・ と言っても、 「適当でいい」 と
教えてくれない。
     
当日、出発の時間は刻々と迫ってくる。 


サイズもわからないのに、どーやって買うんだよ、おじさん


あせった私は、会社を出る直前にお偉いさんの





をつかんだ。 
     
「何するんだ!?」 と お偉いさんは抵抗したが、私は無理やりその手を紙の上に置き、



鉛筆でなぞった


手形を取ったのだった。
うん、満足(笑)
私は、その手形を取った紙を折り畳んでポケットにしまい、にっこりと


行ってきます


と言ったのだった。 
    
お店で自分のポケットから、ガサガサと手形の紙を取り出した私にお店の おば様3人 
「おおーっ!」 と驚いたものの、すぐに協力してくださった。
近くにいた でかい外人さん達 を捕まえては


手形の上に手


を置いてもらう。
そして 「あなたは何号?」 と聞いてくださる。
それでも、中々同じような手は見つからないものだ。
しかし、お偉いさん・・・ 外人さんよりも手がでかかったなんて、恐るべし。
    

私はシンデレラを探す家来か・・・


なんて思っていたら、一人のおば様が親切に

「あと30分待てば、マネージャーが来る。マネージャーは手が大きいよ(笑)」
そう、教えてくれたので私は30分、お店の中で遊んで待っていたのだ。

マネージャーは来た早々に快く手形に手を置いてくれる。

ぴったりっ! 肉厚もそっくりっ!

私はおば様達と大喜び。
そんなことを思い出したのでショップへ行ってみたけれど、おば様達はいなかった。

                        

            
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の日記 「ハワイ旅行」  4日目  (マウイ島)

2009年03月18日 16時01分35秒 | 海外
4日目。

いつもの食パン朝食。
ええ、そう・・・ 毎食ですよ。
           
昼食はホテル内のテラスに行く。
「オノ・サーフ・バー・アンド・グリル」 
と言っても軽く、 チキンのハンバーガー & サンドイッチのポテト添え に コーク。

ここである出来事が。
     
私はいつも、 チップ は帰り際にテーブルに置いて帰る。
今回はいつもと違った。
 
テーブルに伝票を持って来た際に、


チップは含まれていません


と説明があった。
日本人で、チップを知らない人が多いから説明しているのだろう・・・ と
理解はしたが、私はいつもの通りに、支払いを済ませて席を立つ時に置こうと
思っていたのだ。

しかし、テーブルで支払いをした際に担当者が困惑した顔で再度テーブルに。
そして


これはチップは入っていないんです


と、チップを要求してきた。
こんな事になるならテーブルで支払いだったのだから、その場で払うべきだったのかな?     
私も一瞬、


え? 何?


というような顔をしてしまったので、もしかしたら


払いたくない


と彼に勘違いさせてしまったかもしれない。
だってその場でチップを要求された事なんて、初めてだったのでとまどってしまった。

最近は伝票に Service charge  とか Tip と書いてある所が多いけれど、
この時は書いていなかった。
クレジットカードで支払うのならば、そこにチップ額を書いただろうが、今回は金額が
多くなかったし現金払いにしてしまった。

それよりも、周りに聞こえる声でチップを要求されて、トラブルのように周りの目に
映ったであろう事が恥ずかしかった。
こんな事は初めてだった。
支払いを済ませて、チップを置かずに出て行く日本人が多いから不安なのか。
だったら案内の時に、 チップは支払い時に一緒に払ってください と言って欲しかったな。


私、顔赤くなったもの _| ̄|○ 


この後、何だか もやもや していたので珍しく、ウェスティンにメールを出した。
ええ、英語できないんですよ。
それでも、返信が来たので (やはりわかりにくかった・・・ ニュアンスが伝わらなかった) 
日本語の出来るスタッフをお願いして、


何でもお言いつけください


みたいな、嬉しいメールをいただいたが返信後はシカト(笑)
返事は来ませんでしたよ。
別に文句は書いていなかったのだけど。
疑問に思った事や質問を書いたが・・・。
あ、あんな恥をかかせるような大きな声で言わなくても・・・ 程度は書いたかも(笑)

テーブルで清算の時って、チップも一緒に払った方がいいのかな? 
それともそういう風になってきているのかな?

疑問は何年も残っていたなあ。
やはり、伝票支払いの時はクレジットで Tip を書き込んだ方がスマートだなあ・・・ とも。

私、旅慣れていないしいつもツアーなので、こういうの疎いのだ。





そして、この日大失敗。
私の肌は地黒。
本来、強目のオイルを塗ってもあまり焼けない方だ。
皮膚もあまり赤くもならないし、まるで吸収してしまうようにほんのりと黒くなるだけ・・・。
いつもは。  
     
しかし、それは毎日 海に1時間いるかいないか だったからなのだ。
主人が ABCストア で買ったシュノーケルセットに らんらん だった(笑)
 (お魚は少ししかいなかったらしい)

私は砂浜で待っていたのだがこの日、 海とプールに3時間近く いた為に、肌が
真っ赤になってしまった。
とほほ。

これなら 日焼け止め だろう・・・ どう考えても。
驚いたのは、ひじから手の甲にかけて小さな湿疹がぶあーっと出来た事。
痒くてかきむしったから、1mm位膨れているし (T T)
これは、湿疹というよりも水ぶくれだ。
火傷状態ですね。 

部屋に戻ってお昼寝をした後に、 ホエラーズビレッジ へ行く。       
ワイキキで行く予定だった 「ワイキキ・アロエ」 のショップが 
ホエラーズ・ビレッジにもあるので早速、肌対策だ。

お店の方が 日本語のパンフレット をくれたものだから、予定外の物 
(スキンケアセット) も買ってしまったぞ(笑)
噂の 「SAVE A TAN」 と 「ALOE MAX100」 はちゃんと買った。
両方とも日焼け後のお手入れ用だ。
塗った後速攻で さらっ としていてベタつかない。
塗ったら痒みが治まったのでほっとする。(しばらくするとまた、痒くなったけれど(笑)) 

8月の日差しは強かった・・・ 当たり前だけど。
考えたら前回ハワイに来た時は3月。
そりゃ、日ぶくれするな~ (T T)


ABC に カウアイ・クッキー があって $2.59。





私は チョコ・チップ を買ったけれど、これが結構食べ応えあって美味しかった。
お土産にもっと買えば良かったと、ちょっと後悔。
直径6cm位のクッキーが8枚入っていましたよ。    


明日は ホノルル に移動だから・・・ と荷物をまとめて、おやすみなさい。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の日記 ハワイ旅行  3日目 (マウイ島)

2009年03月18日 15時14分18秒 | 海外
3日目。

お隣の 「ホエラーズ・ビレッジ」 の中に 「ABCストア」 があったので、
前日に買っておいたパンで朝食をとる。
ハワイでは、 食パンとチーズとバターとハム の朝食ばかりな私。
朝からしっかりカフェやレストラン・・・ はちょっと無理かな。
だからこんな感じでOK。

マウイに行ったら是非! と思っていた 「ラハイナ」 へ向かう。
ツアーの指定バスが乗り放題なので、 ホエラーズビレッジ のバス乗り場へ。
バスに乗って20分程で ラハイナ へ到着する。

あ、言い忘れましたが ラハイナ は 矢沢永吉 さんが(笑)・・・ (以下また続く)





んー。
むー。

私の想像していた町とはちょっと違うかな?
港はあるし、海もきれいだ。
昔の建物も多いので、それは嬉しいのだけれど通りのショップを一軒づつ見ると、


それらしく作ってある


まあ、これは当然かな。
でも何か・・・ どこかで見たような・・・ あ、竹下通り?(笑)
それでも、昔の雰囲気を大事にしているという事では○だし、文句を言ってはいけませぬ。
その雰囲気も結構良かったので、しばし主人とお散歩。
   




途中で大好きな 「ラパーツアイスクリーム」 のお店を見つける。
ワイキキの ヒルトン に宿泊していた時に通ったお店だ。





ヒルトンでは毎日、私はゴザとミネラルウォーターを持ってホテル前の海に。
ぼけーっ とした帰りに必ず敷地内の ラパーツ に寄ってアイスクリームを
食べていたのだった。
   
久し振りの ラパーツ にうきうきしながら近づく。 
しかし、お店の中を見るとテーブルやイスが寄っている。 
お店に入って聞いてみると、開店は10時からとの事。
まだ10時になっていなかった _| ̄|○  
がっかりしてあきらめる。
   

あ~ あ~ ラパーツ~ 


と、訳のわからない呻き(恐っ) 
ぶつくさ言いながら歩いていると、たまたま近くに 「SCOOPS」 と言う
アイスクリーム屋さんを見る。
主人に、 


やっぱりアイスが食べたいから、ここにしよう


と誘う。
基本的に主人も アイスクリーム好き なので、誘わなくても絶対に食べるのだけど(笑)
マンゴー を食べたらこれがうんまいぞ。
そしてふとアイスを見てみると、包装に何か書いてある。


ラパーツ


と名前が(笑)
どういう事なんだろう? こんな近くで同じ系列? 提携?

・・・ラパーツならば カウアイ・パイ を食べれば良かったと思ったけれど、
見た時ケースに無かった気がするなあ。
まあいいかー と、海を眺めながらアイスを食べる。





途中で チーズバーガー・イン・パラダイス を通りかかるけれど、アイスを
食べたばかりなので我慢する。
ワイキキで行く事にしよう。



                  

今日は行き順を土壇場で変更してしまったので、最初に行くはずだった 
「ドール・キャナリー」 までてくてくと歩くことになった。
そうしたら、結構時間がかかったぞ(汗) 
20分位は歩いたかも。
でも、民家ウォッチングができて中々おもしろかった。
    
てくてくと歩いた割には、 ドール・キャナリー のお店は見ないで食事のみ(笑)
「オレンジ・ジュリアス」 と 「L&Lドライブ・イン」 が入っていたので
オレンジジュースとロコモコを。



    

私はてっきり リケリケ が新しくショッピングセンターに進出したのだとばかり
思っていたのだけれど、違うのかしら? 
ロコモコの味が大分違うような・・・(汗)
オレンジ・ジュリアス は私は美味しいと思ったけれど、主人はバニラの粉末を
入れたジュースが口に合わないらしい。

こういう時、無難な物を選ばない主人(笑)


ここからバスに乗って 「ラハイナ駅」 へ。





最初にちゃんと時間を計算していたのだけれど、合わない (T T)
砂糖きび列車 に乗りたかった _| ̄|○ 

まだ1時間30分もあるのだ。
主人とホームでぼーっとしていたけれど、暑くて暑くてギブ。

近くの 「ヒロ・ハッティー」 で時間を調整しようかとも思ったけれど、
そんなにはお店にいられないし・・・と、結局あきらめることに。

駅で写真を撮ったのだが、予想以上に こじんまり していたので、もしかしたら
自分のいる場所は 駅の裏手 なのかも と思ったのだった。

シュガー・ケイン・トレイン (砂糖きび列車) には乗れなくて本当に
残念なのだけど、記念に飾りの汽車の写真を撮る。      
     



   
後から考えると、バスで ラハイナ に行き列車に乗り継ぐよりも、最初にバスで
最寄り駅迄行ってそこから列車に乗り、ラハイナへ行った方がいいかもと思った。
バスなら30分毎にあるのでそんなに待たない。

「ヒロ・ハッティ」 (ハワイアンショップ) に到着。
入り口では何と 貝のレイ をかけてもらった。
ここで主人と アロハ を見る。
アロハはハワイの正装ではあるけれど・・・ あれですね。
ええ、私達もわかってはいたんです。
買っても柄によっては 


日本で着ないな・・・


と。
記念ですよ、記念(笑)
でも主人は無難なデザインを選んだので、最初の年は来ていたかな。
魔がさして私が買った ドレス なんてね・・・。
帰ってからぶくぶく太りだした事もあって、一回も着ていないような・・・。

大き目を買えば良かった _| ̄|○ 
    
                
バスが来たのでホテルへ戻り、その後は 海 & プール でのんびりする。
夕食は又々ルームサービス(笑)
これいいわ。
楽だ。

   
クラブ & クラムチャウダー    これはちょっと、しょっぱかった(笑)
カルアポークのケサディア     美味しかった。お肉をすりつぶしたブリトーみたいな感じ。
ジャックチーズと伝統の薬味添え  「伝統の」 薬味、美味しくいただきました(笑)





ライスもしっかり食べて満足な夫婦。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の日記 ハワイ旅行  2日目 (マウイ島)

2009年03月18日 15時02分22秒 | 海外

朝の7:30にホノルル空港に着く。 

今回は マウイ島 に行くので乗り換えだ。
荷物を取って団体出口でツアーのスタッフの説明を聞く。
(アロハ航空までの行き方 & マウイのカフルイ空港に着いたら・・・ の説明)
 
その場でまた荷物を預けて、てくてくと言われた通りにアロハ航空カウンターへ向かう。
そこでチェック・イン。
離陸まで結構時間があったけれど、私達はイスに座ってのんびり。
放送がかかり、


空きがあるので予定より早い便に乗れます


と案内。
しかし私達は個人手配ではないので、早く行っても誰もいないような気が・・・(笑)
なのでそのまま、便を待つ事にする。

マウイの 「カフルイ空港」 までは、飛行時間は30分程だ。
だから日本から来て乗り換えでも、疲れは全く感じなかった。
噂の 結構揺れる という飛行機(笑)
今回は アロハ航空 で大きな飛行機。
おおっ という揺れは一回だけだったのでラッキー?(笑)

私がびっくらしたのは、離陸時。
日本だと、


直線コースを加速


しますよね? 
ここでは加速し出してからすぐ、


カーブ


にさしかかった(汗)


びゅいんっ!(笑)


でも、おもしろかったし恐くはなかった。


機内で私は大好きな グアバジュース をごくごく。
好きなんですね。
グアバジュースの為に、 昔ハワイ・グアム・サイパンに行った と言っても
過言ではない位にそればっかり飲みますよ。


カフルイ空港 は、こじんまりとした空港だった。
何かいいなあ、こういうの。

お迎えのバスに乗るが5分程で一度下車する。
そこで簡単な滞在の説明を聞く。

それから40分程車に揺られて 「カアナパリ地区」 へ。
カアナパリは高級リゾート地らしいが、最近はワイレアやキヘイ地区も人気との事。
私のイメージでは高級リゾートというと、ワイレア地区かな。
旅行前に、 「グランド・ワイレア」 にしようか悩んだ。
結局、今回は カアナパリ地区に決めた。
旅行前にパンフを見たら、マウイはどのホテルもお部屋が広かった。
他のホテルも気になるなあ。


今回の宿泊ホテル、 ウエスティン・マウイ に到着する。





入り口を入ってフロントの近くに、滝の流れる池が見える。
中々開放的だ。





さてさて。
私達は今回は アーリーチェック・インは 申し込まなかった。
こんなところがみみっちいですか?(笑)
実は本来の予定時間まで、まだ 4時間 もあるのだ。
まさかこんなに時間があるとは、旅程表とは違うぞ。
いくら余裕をもったとしても・・・ アバウトにも程があるだろう(笑)
 >ツアー会社&自分

ホノルルなら何度も行っているので、アーリーチェック・イン にしたかもしれない。
失敗したかなーっと思いつつも、とりあえずお隣のショッピングセンターで
時間をつぶす事にする。
ショッピング・センターは 「ホエラーズ・ビレッジ」
ホテルから海側を歩いてショッピング・センターに入る。
2階建てのショッピング・センターだ。





ホエラーズ・ビレッジ まで徒歩5分と聞いていたけれど、そんなに遠くは感じなかった。
私達は早速フードコートを見つけ、ピザ&コークで昼食をとる。 
ふと見ると、近くのテーブルにいた外国人のカップル (ここでは本国人か(笑))
ピザを2人で食べていたのだが、箱買い!(笑)
その箱が大きくてびっくり。
でもあれなら、そのままお持ち帰りできるなあ・・・ ああ、チェック・インが
済んでいたのなら私達も箱買いした?

他には コリアンBBQ と マック と なぜか 日本そば屋さん があった。
お蕎麦は1000円以上で驚いたけれど、天丼に少し心が揺れた(笑)

しかし・・・ おおおおお。  
まだあと3時間もあるぞ (T T)
ホエラーズ・ビレッジの中で 「クジラの博物館(無料)」 まで見学したのに・・・
のにのに。





あちらこちらを見て回ったのだが、いくら何でもこれ以上は時間をつぶせない・・・ と
言う事でホテルに戻る。
たまたま、私達の到着の時に説明をしてくれたスタッフの方がいたので、その方に
駄目元で相談をする。

相談・・・ つまり、 


もういい? まだ駄目? えへっ


という事ですね (それ相談かいっ)  
何とOK! 
お部屋の準備が出来ていますとの事だった。
アリガトゴザマス アリガトゴザマス  本当に助かりましたよ。
        
スタッフの方が 「いいお部屋ですよー」 と言っていた通り、とてもいいお部屋だった。

ウェスティン と言うと、噂の 「ヘブンリーベッド」 ですね。
とても寝心地が良かったですよ。
ぐっすりでした(笑)





ここは10階建て位かな? 
私達のお部屋は7階で、ほぼ正面真ん中の部屋だった。
            
ずっと来たくて来たくて仕方がなかった マウイ に来られて嬉しいな。
サイパンの時は 森高千里 さんが 「サイパン~へ行っ~たの」 と歌っていて
どんな所か気になったので行ったのだけど。
マウイも・・・。
杏里 さんが マウイを歌っていたからどんな・・・ (以下続く) 
とは私は主人には言っていない(笑)

お部屋からは、ホテル内の様子は椰子の木で余り見えないけれど、
海と空の眺めだけで十分だ。





荷物も届いてのんびりしていると、来訪が。
何だろう? と思って応対すると、ホテルより 新婚さんへシャンパンのプレゼント 
ウエスティンちゃん、どうもありがとう。

ハワイの日差しは夕方を過ぎても燦燦としているので、ちょっとだけ泳ぎに行く。





さすがに疲れてきたので夕飯はルーム・サービスにする。
軽く ピザ & お寿司 (カリフォルニア巻き)、美味しかった。

アメニティーの中に ココナッツのボディーシャンプー があって、とてもいい香りだった。 
ハワイにはココナッツの香りが似合うな。
日本に帰って玄関とお風呂にココナッツの香りを置いた事が有るけれど、来訪者に
不思議な顔をされた(笑)
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の日記 ハワイ旅行  1日目

2009年03月18日 14時08分38秒 | 海外

新千歳空港を夜に出発する。

空港まで何時間もかからない & 夜の出発 は楽でいいなあ。
関東にいた時は、 成田空港 からの出発だった。
朝の出発の時なんて相当早起き。
これは辛いものがあった。
  

当日。
ご近所の皆さんが、外にいたので見送りをしてもらった・・・ のに忘れ物。
わー! と見送ってもらった後にすごすごと戻るのって、まぬけだ(笑)

夕方に千歳空港に到着。 
私の想像通り、混雑が集中する時期でも成田に比べたら荷物預けも出国手続きも早い。
これは嬉しい。

免税店をふらふらして、搭乗口前の売店でガムやらキャンディーを買う。


離陸。
  
機内では2時間寝た位だった。
もうちょっと寝たかったのだけど・・・。
映画に期待していたけれど、今回は私の興味をひ惹く様な映画はやっていなかった。 
           
今回の飛行機は JALウェイズ。
DC10 だけれど、不便は何も感じなかったかな。
機内アナウンスで客室乗務員の紹介が入る。


客室乗務員は微笑の国、タイからです


いやー、実は最初は驚きとちょっとばかりの不安が (すみません)
てっきり JALの 日本人の客室乗務員だと思っていたから。
タイの方がいたとしても、数人かと・・・。
だけど皆さん、笑顔がチャーミングで本当に 


微笑みの国 


という感じだったから、私の不安も吹き飛んだ。
まあ、不安というのは大げさだけど。

私達は笑顔で薦められるままに、飲み物をがぶがぶと(笑)
機内は乾燥するので飲み物が欲しくなる・・・ って、
暑いです(T T)>JALウェイズ 

成田からのJAL便は、いつも冷え冷えだったのでジャケットを用意して行ったのだが、
今回は全く必要なかった。
  
実は今回は 


新婚旅行 


ということで、 「らくらくシート」 を奮発した。
外国へ行くスーパーシートという感じでシートが少し広め、食事がちょっと良いという
控えめなものだが(笑)

だけど、いつもエコノミーな私。
B級グルメ好きな私には食事は合わなかったかも(汗)
洋食はステーキだった。 
エコノミーのチキンの方が良かったなあ。 
仕方がないので珍しく和食をチョイスしたのだった。 
あ、これは正解かも。
あまり期待していなかったけれど美味しいぞ(笑)

新婚旅行 というと当たり前のように豪華な旅行を想像するけれど。
私達は普通のパック旅行を選んだ。
飾りのないツアー (この言い方はどうなのどうなの?)
いつも利用するのは安めのパック旅行。
だから予想はしていたけれど今回のツアーは、ラッキーな事に移動人数が少なかった。
大勢で移動する旅行は、人数が多いと結構時間を取られる。

でも、よく街で見かけた、JTBの OLI OLI バスは気になった(笑)
次回が有るとすれば、JTBかな?(笑)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイパン 月日が経って

2009年02月15日 01時48分08秒 | 海外

書き忘れていた。

サン・ロケ地区 の パウパウビーチ。

ここにあったホテル ニッコーサイパン は、昨年辺りから
パームスリゾートサイパン に変わっている。

オープン時には日本のテレビでも特集した (JALだったから当たり前か)
ラ・フィエスタ・サンロケ もクローズしたようだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の日記 相当昔の海外旅行 「サイパン」

2009年02月14日 22時48分18秒 | 海外

OL時代、一度 サイパン に旅行に行った事が有る。
会社の後輩と一緒で確か、3泊4日の旅だったと思う。

サイパンはとても小さな島で、車で3~40分も行けば端から端に着いてしまうと聞いた。
その時の宿泊ホテルは ニッコー・サイパン。
中心部の ガラパン地区 からはちょっと外れている。





ホテルの部屋については、階は下の方だったと思うけれどお部屋にはCDデッキが
付いていて好きな音楽が聴けたし、バルコニーにはきれいな花があってすごく気持ち
良く過ごせた。

そして マニャガハ島 という、小さな島が部屋から見えて素敵だった。
マニャガハ島の周りはとてもきれいな水で、3色のブルーだった。
時間があれば、日帰りで遊びに行く人が多い島だ。 

マリアナ海溝 は物凄く深くて、それもいきなり何百メートルも深くなるらしいので、
海では絶対に泳がないように言われた。
なので私達が過ごしたのはもっぱらプールだった。





ニッコーはプールに ウォーター・スライダー がある。
私は苦手なのだけど、後輩が好きみたいで大喜び。
何度も何度も滑っていた。
キャーキャー♪ と楽しむ後輩とは対照的に、リゾートだというのに黙々と
平泳ぎ&犬かき をしている私に、監視員のオニーサンが、


アナターハ ナゼ スライダーシナイ? ターノシーヨオー?


と声をかけてくれたほどだ。
よっぽど異常に見えたのだろうか(笑)

ラ・フィエスタ・サン・ロケ というショッピングセンターがすぐ近くにあり、
ホテルからは歩いて行けた。





ここに 「桃李」 という中華のレストランが入っていたのだけど、
ここはとても美味しかった。

単品オーダーもOKで値段もそんなに高くなかった。
お店の方達 (多分中国人) がやたらと、記念撮影を薦めて来たので (シャッターを
押しますから撮影をどうぞ・・・ と言う事) お断りしたのだが、悪気なく笑顔で再度
薦めて来るので、一度だけお願いした。
その人は喜んでシャッターを押してくれた。

日本人と言えばやっぱり


写真撮影


なんだな、きっと(笑)

そして観光。
軽い気持ちで行ったのに、いざ行ってみるとそこは戦争の跡が残る、考えさせられる
観光になった。
小さな島なので時間はそんなにかからない。
島の一番端っこに 「バンザイ・クリフ」 (プンタン・サバネタ) と言う崖がある。

太平洋戦争 で、追い詰められた日本軍の兵士や一般市民が 「バンザイ」 と
叫びながら飛び降りた崖。
何とも言えない気持ちになった。





その時のガイドさんは50代位のおじさんだった。
私の勝手な想像から、サイパンにも反日があるのかなーと思ったけれど、サイパンでは
そういうのは感じなかった。
そのガイドさんは小さい頃に日本の子供達とよく遊んだと言う。


こんな歌知ってる?


と一生懸命に歌ってくれたのだけど、その時の私達にはその歌が何の歌なのかわからなかった。
当時、一緒に遊んだ日本人の子供達に教えてもらったのだと言う。


あのね~ あのね~♪


ガイドさんは私達からもっとその歌についての情報が欲しかった様だけれど、
何度聞いてもわからない。


ごめんなさい、わからないです


と答えてしまった。

そして今、結婚してその話をたまたま主人にした。
聞いていた主人が即、言った。


桜じゃないの?




おーっっっっっっっっ!
どうしてあの時に気づかなかったのだろう。
もんのっすごい後悔だ。


あ~の~ね~ あ~の~ね~~♪

さ~く~ら~ さ~く~ら~~♪


・・・一緒ではないか(汗)

サイパン・・・ のんびりと過ごせて海もきれいでいい想い出だけど、サイパンを
思い出す度にガイドのおじさんの歌が蘇る。


あのね~ あのね~♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんれ、今頃になって NZ 思い出してきた(笑)

2009年02月04日 11時29分53秒 | 海外

飛行機は ニュージーランド航空 だった。
食事、良かったです。

驚いたのは、飲み物や食事をサーブしてくれた中に男性がいた事。
初の海外旅行で、こういう時は女性が来るものだとばかり勝手に思っていた私。

おもしろかったのが、


Coffee or Tea ?


ここまでは予想通り。
その後に


cha? 


いや、最初わからなかった(笑)
green tea ですね(笑)

この 


ちゃ? ちゃ?


が何だか可愛くてツボに入ってしまった。


帰りの飛行機。
相当遅れたのに、結局飛んだ(笑)
飛んだはいいけれど、空が荒れていたのと気流の関係で恐ろしかった。
エア・ポケットって、ある程度の長さがわかっているじゃないですか。
なのにこの時は、


おいおい、一体どこまで降りるんだよ?(涙)


という位長い時間だった。
こんな恐ろしいのは初めてだった。

しかしもっと恐ろしいのは、その中で私が熟睡した事だ。
悲鳴の中、別に具合が悪いわけでもなく、ぐーすか寝ている私に周りが
驚いていたようだ。

この時、私達は お坊様の団体 と一緒に乗っていた。
ええ、拝む人続出ですよ。
心配する叔母に思わず、


仏様がついているから大丈夫


と、言いましたよ(笑)
実際、周りでも皆そう言い合っていましたよ。

こんなだから、飛行機が無事に着陸した時は拍手喝さい(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記憶頼りのNZ旅行・・・ 続きは書けたのか その8

2009年02月04日 11時07分35秒 | 海外

こうして書いている内に思い出した事もあるのだけれど。
私が覚えているのは、


ムール貝をひたすら食べた


事だ(笑)
美味しかった。
あとは、キウイフルーツの名前の元になった


飛ばなくなった鳥 キウイ


を見た事。
天敵がいなくなって飛ばなくなったと聞いた。

あとはキウイフルーツが一番適している温度は ゼロ 0度です とガイドさんが
言った事。
記憶が曖昧なので調べたがよくわからない。
熟するには15度とか書いてあるし・・・。

多分、長期保存するのに適している温度という意味だったように思う。

おお、そうそう。
最終日にお土産屋さんにいた時に、


どうも鼻が くしゅくしゅする 


話をしたら、NZには 芝アレルギー があると店員さんが言っていた。
えー? 芝、私平気のはずなのに・・・ と思った。

町のあちらこちら、家の前はグリーンベルトのようになっていて、そこにはベンチが
あり、老夫婦らしき人達が座って語らっていたり素敵な景色だった。
あれかあ~ あの芝生かあ~。

今は大分変わった様だけれど、当時のNZはとても平和でガイドさんが新聞のトップに
迷い猫? か何かの記事がきたことがある位平和だと言っていた。
あとは福祉がしっかりしている・・・ とも。
ただ、その後に


だから皆、働かなくなるんですけれどね


と言っていた。
当時の私の年齢では、福祉のしっかりしている国は素晴らしい国というイメージが
あったので、働かなくなる・・・ と言うのはちょっと衝撃だった(笑)

そして帰りの飛行機が遅れた事。
何時間経っても全く飛ぶ気配がなくて。
ガイドさんが、


飛行機が飛ばなかったら私達の責任  皆さんの面倒を見なければなりません
でも、飛行機が飛んだら航空会社の責任  私達はもう関係ありません


みたいな説明を一応、していた(笑)
すらすらクールに言うものだから、


さすが外国


と、訳のわからない感心をする私。


NZは長期の休みがないと行けないけれど、主人が引退してからでもいいから(笑)
もう一度行きたい所だ。
今回は オークランド を中心とした北の島だけだったので、いつか南の
クライストチャーチにも行ってみたいと思っている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記憶頼りのNZ旅行・・・ 続きは書けるのか その7

2009年02月04日 10時26分10秒 | 海外

牧場を訪問。

と言っても お宅拝見 みたい(笑)
そこでランチを取りながら、乗馬を楽しむらしい。

私はなーんにも考えていなかったのでスカートだ。
それもミニ・・・。


君も馬に乗りなさい


と言う事で、私は子供部屋に案内される。
お姉ちゃん達のジーパンを借りる事になったのだ。
案内された子供部屋が又、とっても可愛いお部屋。
あ~ やっぱり外国だよな~ (笑) なんて感動している私。

しかし、その頃の私は痩せていて合うジーパンが中々ない。
何とかダボダボではあるけれど一つをお借りして履きかえる。


ちょっと・・・ 足の長さ違う(笑)


大きく二つ折りしないと駄目ではないか(笑)

そうそう、そこに はにかんだ笑顔 の可愛い女の子がいた。
会話が出来ないがお互い こちょこちょ しながら (何をやっているんだ、私は)
コミュニケーションをとった。

乗馬は楽しかったが私の馬が、すごく言う事を聞かない馬。
馬はそこら辺を回るのではなくて、結構なコースを進むのだ。
ナメられたのか・・・ 私。
途中でちょっとしたガケを駆け下りられた時は、もう駄目かと思った。
とにかく列から外れるわ、いきなり止って草をはぐはぐするわ。

何とか乗馬を終えて、小屋の前を通るとお姉ちゃんが泣きながら馬を怒っている。


あああ・・・ 私の乗った馬だ


何だか私が悪い事をしてしまったような・・・ 複雑な気持ちになってしまった。

バスに乗るまでの間、家の周りをウロウロしているとさっき遊んだ金髪の可愛い女の子が
三輪車? に乗って遊んでいる。
キャハハハと笑いながらこぐ、こぐ。

こいだ先に目をやると、何か大きな物体が道路にある。
え? あれは・・・


猫かいっ(笑)


でかっ! そしてデブっちょ!


女の子、猫に体当たりしてひいてますってば(涙)
猫は逃げればいいのに、でーんと構えている。
というか、ベチャッと地面に置いてあるようにしか見えない(笑)
猫はやっとのっそのっそと動き始め、女の子はその猫を追いかけて行った。


こんな感じで数箇所回って、オークランドに戻る。
オークランド最後の夜は、ツアーの皆で中華レストランの夕食を取ることにした。
ああいう大人数は楽しいなあ・・・ 中華。
色々食べられて嬉しい。

話が前後するが、私は食事に行く前にお土産を買いに町をウロウロしていた
日本人男性のいるお店があって、そこで貝を使ったキーホルダーやペンダントを
買う事にする。
ペンダントトップがアルファベットになっているので、友人達の名前の頭文字を選ぶ。
ペンダントが良かったのだが、二つだけアルファベットが見つからなくて聞いたのだけど
ペンダントは在庫限りだと言う。
仕方がないので、その二つはキーホルダーにしようとレジに行く。
すると、何とその男性がキーホルダーのアルファベットをペンダントのトップに付け替えて
くれたのだ。

いい人だ(涙)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記憶頼りのNZ旅行・・・ 続きは書けるのか その6

2009年02月04日 09時47分43秒 | 海外

翌朝。

昨夜、 ちょっと何かが外れちゃった 叔母や他の紳士・淑女達は 
いつもの上品な人達 に戻っていた(笑)

皆でタウポ湖へ。

白鳥を見たり、なぜかパンが配られて餌をあげたり。
湖を散策したのだった。


ここで二つ、思い出した。

まずは行きの飛行機。
NZへの機内で隣り合った男性。
英語の出来なかった私がなぜ話せたのか記憶がないが・・・ 多分、ブロークン(笑)
休暇で旅行中の男性とカタコトや無理やりな英会話で話をしたのだろう。

記念にお互いの名前をサインし合うことになって、適当な紙がなかったので
小冊子になったメニューに(笑) 書き合った。

書かれた名前を見てみると


マクドナルド


え? と思って男性の顔を見る。
もう男性は私の反応がわかっていた様で、笑顔でうなづく。
失礼なのだがお互い笑い合った。
マクドナルドさんて・・・ 人の名前だったのか。

そしてもう一つ。
バスに乗って初日に、どこか忘れてしまったけれど自由時間 (散策) があった。
30分位かな。
山の中で、お店が一軒・・・ 小屋がポツンとあった。
中に入ってお菓子を買ったと思う。

そのお店を出たすぐ側に小学校があって、子供達が外で遊んでいた。
授業? 日本と違って別に体操服も着ていないので何の授業かはわからなかった。
その子供達が私達を見つけ、即駆けつけて私達は囲まれてしまった(笑)
言葉が通じないのに会話。
そしてなぜか記念撮影になった。
先生を交えてみーんなきちんと並んでくれた。
いい子達だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記憶頼りのNZ旅行・・・ 続きは書けるのか その5

2009年02月04日 09時12分48秒 | 海外

ここから先の記憶が大変怪しい。

行った場所の名前が思い出せない。
資料は皆、捨ててしまった _| ̄|○ 

お城のようなホテル。
すごく古い建物も有るらしくて、ガイドさんから部屋の事はあまり言わないで欲しいと
注意があった。
一部の方達がその古い建物のお部屋らしい。

私達の部屋は古い建物とは違った。
いやいや、すごく素敵な歴史のあるホテルだなあと感動。
お部屋もクラシックでいい雰囲気。
確か夕食の時にここで、マオリ族の方達のショーを観たような。

検索したら、 トンガリロ国立公園のホテル


ザ・グランドシャトー


っぽい。
あああ・・・ そうだそうだ。
こんな感じだった。
ただ、外観がちょっと違うような。
もっと白かったイメージが。
改装したのかな?

ガイドさんが、 「ここは政府関係の方々も泊る由緒あるホテルなんですよ」と
言っていた。

夕食、ショーを観て部屋に戻ろうと思ったが皆がロビーでくつろいでいる。
ピアノの演奏に聞き入ったり談笑したり。
私達もソファーに腰掛けてゆったりすることにした。
ロビーは広目で暖炉もあって、またまたいい感じ。

と、叔母を含めた数人の日本人が (確か)ピアニストさんと話をしている。
英語が出来なくても伝わるものなのかなー なんて思っていると、何と!

なぜかその場で、ピアニストさんに皆で 野球拳 を教えているではないかっ。
おいおい、なぜにそんな事になったのか。
こんな素敵なホテルで・・・ いかんいかんよ、皆に白い目で見られるぞ。
どうしちゃったのよ・・・ おばさんも!

どうやら じゃんけんの話 から発展していったらしい(笑)

やめなよ~ なんて思って見回すと、なんとギャラリーはやる気満々見る気満々(おい)
あああ、古城のホテルでゆっくりピアノを聴きながら・・・ 暖炉が・・・ 由緒が・・・


アウト・セーフ・ヨヨイノヨイ

   ↓

アウト・セーフ・レディ・ゴー


よくわからんちんな野球拳が始まった。


シンジラレナーイ・・・ 誰か止めてくれよ・・・ 注意されるよ、怒られるよ・・・

おいおい、ホテルの人が参加してるよ・・・ _| ̄|○ 


私の予想に反して皆が大喜び。
そして大笑い。
いや、私も見ている内に笑ってしまった。
さすがに下品なところまでは脱がなかったけれど、負けた現地の人がノリノリ。
踊り子さんになってステップ踏んでいたぞ(笑)
想像つかないでしょうが、意外と 上品な野球拳 だった(笑)(ほんとか~?)

こんなことを教えた日本人は、多分叔母達位だろう。
そして、後にも先にもこのホテルでこんなことをした人達はいなかっただろう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加