★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「魔笛」

2007-07-25 03:38:59 | 映画(ま行)
<2007/A128/S69>
今週の平日鑑賞は、今月、妙に気になる作品をリリースしてる「109シネマズ川崎」で2本。
その1本目。
2本見ると、階下のラゾーナ川崎で買い物して、
駐車場券サービスを受けないと高くつくので、いつも仕方なくユニクロでお買い物のひらりん。

本作は、シェークスピア系作品で評判の高いケネス・ブラナーが監督。
題材は、モーツァルトのオペラ・・・それを設定変えて映画化した本作。
文芸作品は、意外と興味あるし、ミュージカルも好きなひらりんなので、期待大で見てきました。
原題は「THE MAGIC FLUTE」。
2006年製作のミュージカル系、ファンタジー・コメディ、139分もの。

あらすじ
第一次世界大戦の塹壕戦のさなか、兵士のタミーノには敵の毒ガスが迫り来ていた・・・
気絶したタミーノを救ったのは、従軍看護婦の姿をした夜の女王の侍女3人。
目覚めたタミーノの前にいたのは、小鳥を愛するパパゲーノ。
毒ガスを感知するカナリアを飼っていたので、てっきり命の恩人と勘違い。
しかし、またまた侍女たちが登場・・・
夜の女王の娘パミーナの救出を依頼・・・
暗黒卿ザラストロの住むお城に、いざ出発するタミーノとパパゲーノなのでした。

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
救出の旅に何故出たかって???
そりゃ、見せられたパミーナの写真がベッピンさんだったからでしょう。
あっそうそう、旅立ちの時に、タミーノには魔法の笛を・・・
パパゲーノにはチャイムを渡されてたねっ。
いやいや、最初に言っておきます・・・
まっ、この辺までは、オペラ調でも何でも、どんな展開になるか、楽しみでワクワクだったけど・・・
このあと、グッ・・・と眠くなる。。。
暗黒卿ザラストロは意外と普通の人だし・・・。
睡魔と闘いながら、ストーリーを追っていくと・・・
お城に着くと、ザラストロの部下に乱暴されそうになってたパミーナを、パパゲーノが救出・・・
一方、タミーノは城内の様子を見て、
ザラストロは実は良い人・・・戦争をなくし、平和な世界を願う指導者だと知る。
タミーノとパミーナは、この辺で初対面・・・お互い一目惚れ。
しかし、恋の成就の前に・・世界平和のために試練を課されるタミーノ・・・
ひらりんにも試練の睡魔。。。
確か、3つくらい試練があって、誘惑に乗らないとか・・・だったはず。
パパゲーノはグウタラ男なので、すぐにくじけそうになるが、
こちらはこちらで、試練克服の際には、恋するパパゲーナと恋愛成就になるというおまけ付き。
すっかりザラストロのペースにはまったタミーノに、
侍女や夜の女王が、迫力あるソプラノ?いやアルト?で歌いまくりの追及・・・
そうそう、この映画、オペラ調なので、ずーーっと、BGMでクラシック音楽流れてます・・・
心地良すぎて、眠くなるのでしょう!!!
どっちが悪か、はっきりしちゃってるので、あまり緊迫感が無い・・とも言える・・・。
ザラストロの軍側では、広大な土地に無数の戦没者のお墓が・・・
よーーーーく見ると、日本人の名前も10人に1人くらいの割合で書いてある墓碑。
ここが一番印象的なシーン。
第一次大戦のヨーロッパで、どれだけ日本人が亡くなられたかはよく知らないけど・・・
平和を願う者の側の墓碑に名前が載っていたのが、幸いでした。
とまあ、魔笛を渡されたけど、活用してた・・って印象ないし・・・
実際、タミーノはフルートは吹かず、ただ掲げてただけだったみたい・・な使い方。
彼らに課せられた試練も・・・
厳格に守ってた・・ってワケじゃなかったし、ちょっと甘い試練。。。
最後は、魔笛の威力で・・・
灰色殺伐とした大地が、緑豊かな土地にへんしーーーん・・・したハズです。

とまあ、眠かったので、いい加減なレビューになっちゃいましたが、
1.クラシック・・2.モーツァルト・・3.オペラ・・4.ミュージカルが好きな人は堪能できると思います。
がっ、ひらりんは、そのうちミュージカル好きだけだったので、チョイ睡魔でした。
侍女の3人とか、タミーノらを手助けする子供使者3人の登場とか・・・
非常にファンタスティックな場面もあったり・・・
真面目男タミーノの反対な性格のパパゲーノのグウタラぶりとか・・・
気に入りそうなお話ではあったんですが・・・。
あと、名前で男女とも似てて、覚えづらいのが難点。
みんなイタリア人??ぽい名前なのかなっ・・・
タミーノ・パミーナ・パパゲーノ・パパゲーナ。
出演者は、誰も知らない・・・っていうか、
大体が有名オペラ歌手が歌って演技してたみたい。。。。
というわけで、ひらりん的には「魔笛」というより、
「睡魔敵」でした。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
監督のケネス・ブラナーの出演作は・・・
恋の骨折り損」とか、「舞台よりすてきな生活」なんかのレビュー有り。
 

今回はモーツァルトだったけど、ベートーヴェンものもご紹介・・・「敬愛なるベートーヴェン


という事で今回は
モーツァル度・・・
もっとダークなイメージだったのに、意外にコメディ・チックなところも・・・
でも、音楽が心地良すぎて、眠くなるのが難点か・・・。
いっそのこと、もっとポップに仕上げてくれれば良かったのかも。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系ブログばかりなので、
ちと悔しい・・・ので・・・、
この映画を見て、「うーーん、心地良すぎて睡魔と戦ってしまった」・・・というあなたは・・・

バナーにプチッとクリックおねがいしまーーす。
「人気ブログランキング(映画)」

コメント (3)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« ★「西遊記」 | トップ | ★「憑神(つきがみ)」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
グーグーグー (ジョー)
2007-08-06 09:14:07
すみません。いびきまではかいてなかったと思うんですが、すやすや眠ってしまいました。
グーグーグーグー (とらねこ)
2007-08-19 00:55:47
全然起きちゃいませんでした~。
本当、ひらりんさんが言った辺りで、眠くなりましたよ~
私ミュージカルは好きなんですけどね~、オペラって苦手なんです
TBありがとうございます (henry)
2008-01-28 11:27:07
こんにちは。
クラシックの中でも歌劇はどれも長いので、最後まで見るのはその作曲家が好きかどうかにかかっている、という感じでしょうか。
「魔笛」はもともと愛と平和が軸になったお話ですが。
そこに現代のお話として、絶え間ない戦争で亡くなった数え切れない死者の墓を見せたというところに、ケネス・ブラナー監督が映画化する意図があるように思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(ま行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

40 トラックバック

「魔笛」ケネス・ブラナー (Mani_Mani)
魔笛 THE MAGIC FLUTE 2006イギリス 監督:ケネス・ブラナー 脚本:ケネス・ブラナー、スティーヴン・フライ 音楽:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト 演奏:ヨーロッパ室内管弦楽団 指揮:ジェームズ・コンロン 出演:ジョセフ・カイザー(タミーノ)エイミ...
魔笛 @試写会 (シュフのきまぐれシネマ)
魔笛  7/4(水)@Hakujyu Hall(試写会) 監督:ケネス・ブラナー 出演:ジョセフ・カイザー、エイミー・カーソン 他 今月公開の作品の中でとても楽しみにしていた作品「魔笛」 しかもこの日の試写はソプラノ歌手佐藤美枝子さんの独唱付 「夜の女王の
映画『魔笛』を観て (KINTYRE’SDIARY)
53.魔笛■原題:TheMagicFlute■製作年・国:2006年、イギリス■上映時間:139分■鑑賞日:7月21日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督・脚本:ケネス・ブラナー□製作:ピエール=オリヴィエ・バルデ□製作総指揮:スティーヴン...
映画 『魔笛』 (Death & Live)
『魔笛』  2006 原題 : The Magic Flute 監督 : Kenneth Branagh オペラってあまり興味無いので。 しかも、普通に観ようとすると高いじゃないですか。 だから、映画とかにしてくれると安く観れて、 いちおストーリーも解るから...
魔笛 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『奇跡の音色が世界に愛を咲かす』  コチラの「魔笛」は、7/14公開になったモーツァルトの最後にして最高のオペラを、シェイクスピア役者でありシェイクスピア劇の映画化には定評のあるケネス・ブラナー監督が映画化したオペラ映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ...
映画 「魔笛」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
8月にオペラ「魔笛」を鑑賞に行くので予習の為に観ました。 昨年のオペラ「蝶々夫人」は何度も観に行けたので楽しめたのですが、 今回は千秋楽のみの1回しか鑑賞出来ないので登場人物や音楽など全く知識がない 白紙の状態でド
真・映画日記『魔笛』 (          )
7月14日(土)◆501日目◆ 昼前に新松戸の歯医者で治療。 終わった後、日比谷へ。 「シャンテ・シネ」にてこの日から公開の『魔笛』を見た。 モーツアルトの音楽に わかりやすいストーリー。オペラ「魔笛」を見事に映像にした。 『突撃』や『戦場のアリ...
魔笛 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
モーツァルトが作曲した最後のオペラであり、彼の最高傑作と言われている「魔笛」を元にした作品で、舞台を中世のファンタジックな世界から、第一次世界大戦のヨーロッパに移して作られています。 第一次世界大戦の戦場。若い兵士のタミーノは、危ういところを夜の女王...
魔笛 53点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
誰が吹くのか不思議な笛だ 公式サイト これまでにも何作も映画化されているモーツァルト作曲による歌劇を、シェイクスピア作品を多く手がけてきたケネス・ブラナー監督が新解釈で映画化。 原典との大きな違いは、ほぼ全ての言語がドイツ語から英語に変えられている...
映画「魔笛」の日本人墓碑銘の謎 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
第一次世界大戦の戦場を蛇のようにうねる塹壕はモーツァルトのオリジナル歌劇「魔笛」で王子タミーノを襲う大蛇に擬せられているようだ。当時の毒ガス兵器も毒蛇の形で出て来る。高音で歌う夜の女王の口から吐き出されるように出て来るキャタピラーのお化けのような当時の...
「魔笛」:錦糸堀バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここは江東楽天地といって、かつては劇場やキャバレーもある娯楽の殿堂だった。 {/hiyo_en2/}いつごろの話? {/kaeru_en4/}うーん、俺たちの親くらいの世代かな。 {/hiyo_en2/}じゃあ、「魔笛」を観にきていた世代と同じくらいね。 {/kaeru_en4/}そういえば...
魔笛 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
なぜ英語で歌うのか?!モーツァルトの魔笛ほど有名な作品で、本物の歌手を使うなら英語圏でも歌は独語でいくべきだ。才人ブラナーらしく、時代設定を20世紀に置き換えるが、もとが荒唐無稽な話なのであまり意味をなさない。ただ戦車に乗って登場する夜の女王のビジュアル...
魔笛/ジョセフ・カイザー (カノンな日々)
かの有名なモーツァルトの最高傑作オペラの映画化。古代エジプトの神話の世界の物語を第一次世界大戦下のヨーロッパを背景にアレンジした寓話的な男女の恋と平和へのメッセージを綴る物語です。 出演はその他に、エイミー・カーソン、ベンジャミン・ジェイ・デイヴィス...
★★★「魔笛」ジョセフ・カイザー、エイミー・カーソン、ベンジ... (こぶたのベイブウ映画日記)
歌はいいけど、わざわざ第1次世界大戦の物語に変更しなくていいのではと思った。皆、すぐに首を吊ろうとしたり、写真だけで恋する姿が単純すぎて、とても滑稽に感じた。オリジナル同様、古代エジプトの不思議なファンタジーの方が違和感なく楽しめたと思う。タミーノ王子...
【映画】魔笛 (しづのをだまき)
2006年 英 2h19   監督 ケネス・ブラナー  出演 ルネ・パーペ リューボフ・ペトロヴァ ジョゼフ・カイザー  原題 The Magic Flute 鑑賞@OS劇場 次々と馴染みの曲がでてきます。長い年月の間に、いつのまにか耳に入り、憶えていた曲です。(ネタバレを含みま...
魔笛 (映画通の部屋)
「魔笛」THE MAGIC FLUTE/製作:2006年、イギリス 139分 監
*魔笛* (Cartouche)
   ***STORY*** 第一次世界大戦下の塹壕で、若い兵士タミーノは毒ガスに命を狙われ気絶する。それを救ったのは夜の女王の侍女を務める三人の従軍看護婦だった。タミーノの前に現れた夜の女王は、さらわれた娘パミーナの救出を依頼し、彼に魔法の笛を託す。...
「魔笛」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/イギリス  監督/ケネス・ブラナー  出演/ジョセフ・カイザー      エイミー・カーソン  モーツァルトの傑作オペラをケネス・ブラナーが映画化した作品。舞台を第一次世界大戦のヨーロッパに移して描かれています。  う~ん、これは・・・賛...
「魔笛」 オペラを全く知らないのに・・・ (はらやんの映画徒然草)
「のだめ」の影響で多少はクラッシックを聞くようになったとはいえ、ほとんどオペラな
オペラ映画の誕生「魔笛」 (再出発日記)
モーツァルトの「魔笛」のオープニングの曲に合わせ、俯瞰映像から個別の映像へ、やがて俯瞰映像へ移っていくオープニングが素晴らしい。太陽の光から春の野原、スミレに移り、その花を摘んだ男の手が塹壕に入る。時代と場所は第一次世界大戦のある戦場だと分かる。塹壕を...
魔笛 (knockin' on heaven's door)
The Magic Flute モーツァルトの代表的オペラをケネス・ブラナーが映画化。第一次大戦下を舞台に、おとぎ話のような恋物語が展開する。 ほぼ全編、英語台詞によるオペラの楽曲が鳴り響く。ミュージカル以上に疲労感ぐったりの重量級音楽映画。
魔笛(06・英) (no movie no life)
愛と音楽の洪水。人間は更なる高みへ。 モーツァルトのオペラ「魔笛」のケネス・ブラナー監督による映画化。原題「The Magic Flute」。 オペラの映画化と言うと「オペラ座の怪人」が記憶に新しい。あれはオリジナルに比較的忠実だったが、この監督は思い切ったアレ...
魔笛★★★劇場106本目:気持ちよく眠れました~^^; (kaoritalyたる所以)
今日はおばあちゃんが亡くなって35日で法要、おじいちゃんの7回忌でもあり、朝から大きなお寺に出かけてお参りし、遅いお昼ご飯をみんなで食べて解散し、映画を見てきました。モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである、『魔笛』をイギリスの演技派俳優ケネス...
#116.魔笛 (レザボアCATs)
  だめだぁ~、眠くなる~~~~・・・・・・  
魔笛 (ネタバレ注) (ドン子の映画とディズニー三昧)
THE MAGIC FLUTE (2006) メディア: 映画 上映時間: 139分 製作国: イギリス 公開情報: 劇場公開(ショウゲート) 初公開年月: 2007/07/14 ジャンル: 音楽/ファンタジー/コメディ 奇跡の音色が世界に愛を咲かす ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【クレジット...
『魔笛』(2006) (【徒然なるままに・・・】)
囚われのお姫さまを、魔法の力を借りて王子さまが救い出すというお話はファンタジーの定番。それだけじゃなく、途中で善悪の価値観がガラッと逆転するという面白さもある、モーツァルトが最晩年に作曲し、かつ最高傑作と言われているオペラがこの『魔笛』。以前から興味津...
魔笛 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”The Magic Flute”音楽=ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。監督・脚本=ケネス・ブラナー。英語脚色=スティーヴン・フライ。音楽監督・指揮=ジェイムズ・コンロン。演奏=ヨーロッパ室内管弦楽団。【キャスト】タミーノ:ジョセフ・カイザー。パミーナ:エ...
魔笛♪シネマオペラの誕生!でも私は((+_+)) (銅版画制作の日々)
  映画史に残る傑作シネマオペラの誕生   8月2日、京都シネマにて鑑賞。あちらこちらでこの映画の宣伝をしています。オペラは苦手でも映画だし・・・・。どんなものかななんて思い、観る事にしました。時間にして2時間20分です。何と最初から歌いまくりです...
映画~魔笛 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆モーツァルトの傑作オペラを、シェークスピア役者として知られるイギリスの演技派俳優ケネス・ブラナーが映画化したオペラ劇。舞台を古代エジプトから第一次世界大戦のヨーロッパに移し、運命の恋人たちの姿を描く。第一次世界大戦中、兵士タミーノ(ジ...
愛と叡智が世界を救う (CINECHANの映画感想)
211「魔笛」(イギリス)  第1次世界大戦前夜のヨーロッパ。戦場で命を失いかけた兵士タミーノは、夜の女王に仕える3人の侍女に救われる。女王から、暗黒卿ザラストロに誘拐された娘パミーノを救い出してほしいと頼まれたタミーノは、女王から渡された魔法の笛を持...
魔笛 (caramelの映画日記)
【鑑賞】テアトルタイムズスクエア 【日本公開日】2007年7月14日 【製作年/製作国】2006/イギリス 【監督】ケネス・ブラナー 【出演】ジョセフ・カイザー/エイミー・カーソン/ルネ・パーペ/オム・ランドル/リューボフ・ペトロヴァ/ベンジャミン・ジェイ・デイ....
魔笛 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
 モーツァルトのオペラ『魔笛』の映画化作品です。オリジナルは古代エジプトですが、映画では第1次世界大戦の時代の架空の国となっています。兵士タミーノは塹壕での戦闘のさなか毒ガスに襲われる。絶体絶命で気絶したタミーノを3人の看護婦が救う。3人は夜の女王の侍...
魔笛 (ダイターンクラッシュ!!)
9月17日(月) 16:30~ テアトルタイムズスクエア 料金:0円(テアトル会員Club-Cポイント使用) パンフ:600円 『魔笛』公式サイト モーツァルトのオペラを第一次大戦の舞台にして映画化。 役者でなく声楽家たちが出演しているため、美女であるはずの姫が大し...
「魔笛」 (首都クロム)
 個人的な印象として、オペラと聞くと、とにかく敷居が高いイメージが先行します。チケット代もそうですが、高尚なお話で歌詞も聞き取り辛そうですし、最近特にミュージカルを愛する私としては、何となく楽観的に見ることが出来ない気がしてしまっていました。  でも...
魔笛 (Diarydiary!)
《魔笛》 2006年 イギリス映画 - 原題 - THE MAGIC FLUT
映画「魔笛」みてきました (今日のわたくしゴト)
私の好きな映画の長さは120分未満なのですが、 この映画上演時間は139分。不安、不安だわ。 そういえば、新国立劇場でみた、生舞台の「魔笛」も、 長くて、ゆっくりな舞台だったなあ。 このケネス・ブラナーの映画、検索かけると、かなり不評、、、。 その理由は、映画...
音楽映画「魔笛」 (FOOTBALL LIFE)
ケネス・ブラナー監督の音楽映画「魔笛」は映画館で上映していたのを見逃してしまったので、DVDをレンタルしてきたときにはうれしかった。モーツァルトの「魔笛」は、今まで見たTVの音楽番組でもいろいろなところで、現代的な装置や衣装なども使ったりして、幾度も繰り返...
魔笛 (Blossom Blog)
魔笛 THE MAGIC FLUTE 監督 ケネス・ブラナー 出演 ジョセフ・カイザー エイミー・カーソン  イギリス 2006
映画評「魔笛」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2006年イギリス=フランス映画 監督ケネス・ブラナー ネタバレあり
<魔笛>  (楽蜻庵別館)
2006年 イギリス・フランス 140分 原題 The Magic Flute 監督 ケネス・ブラナー 脚本 ケネス・ブラナー  スティーヴン・フライ 撮影 ロジャー・ランサー 音楽 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 音楽監督・指揮 ジェームズ・コンロン 演奏 ...