しなやかな技術研究会β

 自然エネルギー、気候変動問題に関する情報収集 - 多様化するさまざまなサービスを利用してみるトライアルの場でもあります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

IPCC第3作業部会が報告書を採択

2007-05-04 14:40:14 | 地球環境
 バンコクで開催されていた 国連(UN)の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第3作業部会が、報告書を採択しました。

クリッピング / (朝日新聞) - goo ニュース、2007年5月4日
気温上昇防止へ排出量削減対策促す IPCC報告書
" 地球温暖化を緩和させる方策を検討していた国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)第3作業部会は4日未明、バンコクで開いた会合で報告書をまとめた。将来の影響が少ないとされる2度以内の気温上昇に食い止めるには、2015年までに世界の排出量を減少に転じさせ、2050年には半減させる必要があると指摘。すみやかに本格的な対策をとるよう各国に促している。 "
----------



しなやかな技術研究会TimeLine

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« バイオエタノール効果 | トップ | 石油備蓄は海外でも、、、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地球環境」カテゴリの最新記事

トラックバック

今ならまだ間に合うはず (サステイナブルなもの -Something Sustainable-)
地球温暖化による気候変動を「緩和」する方策を検討しているIPCC第4次評価報告書