スローライフ

のんびり、楽しみを見つけよっかな

ちびとかんた 思い出

2011-10-08 | ちび
保存をしておいた写真が沢山あるので
またアップしますね。

甘えん坊のかんた







いつも優しくて怒らないチビだったね。


でも
寝ているときにスリスリしたら怒ってた。





コメント

ちびとかんた じゃれ合い

2011-10-04 | ちび
すっかり仲良しになった
かんたとチビちゃん。


よくじゃれあって遊んでいました。

チビが唯一遊んであげる相手だった、かんた。

チビも楽しそうだったね。










コメント

ちびとかんた

2011-10-03 | ちび
ちびと初めて対面したとき
唯一怒って大変だったのが、かんた。

ちびも初めて見る子猫のかんたにちょっと興奮していたね。
でも攻撃することはなかった。

私自身犬と猫を一緒に飼うのは初めてだったので
対面するときはドキドキでした。

かんたを両手で包んで
かんたの顔を隠して怖がらないようにチビに近づくのだけど
フーシャーと怒ったり、唸ったり。

少しずつ慣らしていきました。


10日くらいだったかな
だいぶ慣れた思う。

初めて
一緒にいたのを見たときは

すご~く感動した!


そのときの写真が

これ





お風呂からあがって部屋に入ったときのこと。


すぐに写真を撮りました。




犬と猫でも
仲良くできるんだ!と感激でした。
コメント (2)

ちびと金ちゃん

2011-10-02 | ちび
金ちゃんもまたチビと初めて対面したときも
興奮することなく落ち着いていました。

ただ、ちびが急に金ちゃんの近くに来たときは
パンチが出ることもありました。


パンチをされても、ちびは絶対に攻撃はしませんでした。



最初の頃は




微妙な距離感だったけれど






すぐに


仲良し









金ちゃんも、ちびに甘えてたのかな。
決してスリスリすることは無かったけどね。






金ちゃんの


寝顔って


サイコーだよ。





よくイビキかいて寝てたね。
コメント

ちびと銀ちゃん

2011-09-30 | ちび
一番の怖がりだった銀ちゃん。


慣れるまで一番時間がかかったけれど

パン君大好きの銀ちゃんは、
パン君が一緒なら同じ部屋で過ごすことが出来ました。

銀ちゃんが、パン君にスリスリをしたとき
すぐ隣にいたチビと気が付かずスリスリして、あとでチビと気づいて
ビックリしたときの顔、今でも覚えている。




川の字?






かんたがいる写真は貴重だね。


去年の9月に撮った
てんとう虫












庭に出ると
隣にいても必ずやって来る「ミーちゃん」


名前を呼ぶと
必ず返事をしてくれる。

お隣の奥さん宅の猫ちゃん



ミーちゃんも
初めて会ったときからチビを全く怖がらず。

よくスリスリしてました。

ミーちゃん
もしかして、空ちゃんと姉妹ではないか?と思っている。

ふたりは、窓越しでしか対面したことないけれど
ミーちゃんを見たときの空ちゃんの反応が、他の野良ちゃんたちと全く違って
切ない声で鳴くの。
凄く逢いたかったよ~、と言ってる気がしてならない。
毛色も同じだし、顔は似てないけれど・・、どうなのかなぁ。




コメント (2)

あったかくて大きな背中

2011-09-29 | ちび
うちに来た猫たちは、なぜかみんなチビを余り怖がらなかった。
チビも攻撃したりいじめたりすることなく、一度ニオイを嗅いで本人確認?をしたら
あとは普通通りに過ごす。


ちびちゃんだったから猫たちも穏やかに過ごすことができたんだね。


特にパンくんは、初めて対面したときから全く怖がらなかった。
チビの顔が側に来てもぜんぜん平気だったね。







猫ベットで一緒に寝るのは珍しい





空ちゃんも慣れるまで時間はかからなかった


女の子同士

なにを話してるの?







ちびちゃんの背中は、あったかくて大きくて

ちびちゃんの背中を借りて
何度か泣いたこともあったよね。

ちびは、ずっと座っていてくれたね。

ありがとう ちび

コメント (2)

ちびとかんた

2011-09-27 | ちび
かんたはチビが大好きで、よく一緒に寝ていました。




猫ベットなので狭いのに
かんたは、ちびの上に乗ってる感じ。






ちびも嫌がることなく。受け入れていました。










いっぱいチビに甘えていたね。





コメント (2)

出会い

2011-09-26 | ちび

ちびと初めて出会ったとき、キラキラと澄んだ瞳は今でもはっきりと覚えている。

両親のお墓がある公園墓地にちびはいました。
そばにはダンボール箱が。

でも、ちびを「捨て犬」と思ったことは一度もありません。

広い広い公園墓地には何箇所も水汲み場があります。
ちびがいた水汲み場は、ワタシがいつも使っている場所でした(お墓に一番近い)
他に沢山あるのになぜそこに?

ちびとの出会いは、ただの偶然では無かったんだよね。




出会った生後3ヶ月(推測)の頃、我が家の庭にて。


若い頃は、お転婆さんで
庭にネットを張って外に出られないようにし、
自由に遊ばせていたけれど何度か脱走してしまった。
数時間すると玄関の前でちょこんと座って待っていました。


ちびは、家族みんなを元気にしてくれたね。

先住犬のゴンは、当時ごはんもよく残し、寝てばかりの毎日だった。
ちびが来てから一転、ご飯は残さず平らげ、いつもそばにいて顔をペロペロ舐め
それはそれは嬉しそうだった。













父親は、「ちび、ちび」と言って、ちびの話をすると自然と笑顔になっていたね。

家に連れ帰ったとき
2匹も犬は飼えないと怒っていたのに。

ちびと名前を付けたのは父親。

コメント (2)

また会おうね

2011-09-24 | ちび
9月21日 夜

ちびは天国へ逝ってしまいました。

前日は、ドライフード、缶詰を少し自分から食べていたけれど
次の日は全く食べず、お水も飲めなくなりました。

あと数日は大丈夫かなと思っていたけど、その夜 旅立ちました。

全く苦しまず、本当に眠るように。

一日でも長く生きていて欲しかったけれど、
それよりも、苦しまないで欲しいと一番に願っていたので
そうなって本当に良かった。


17年と3ヶ月。いつも一緒にいてくれて、ありがとうね チビ。

また会おうね、会えるよね。

まだ先になるけど、ゴンちゃん、金ちゃん、銀ちゃんと待っててね。




コメント (10)

今日のちび

2011-09-01 | ちび

今日も食欲があり元気です。

たまに自力でうんちが出すときもあります。

 

ブログを書くついさっきも

立派なうんちを自力で出しました。

お見せできないのが残念です(笑

写真は、以前のもの

 

コメント