emi note
全てに感謝して パソコンの事 日常生活の事 
 気になったことを つづります。




筆ぐるめの住所録で

年賀状の作成も終わり ホットしている皆さんへ

もしもの為に 住職禄を 外付けに(USB・外付けハードディスク)に保存

■保存方法

1.筆ぐるめを起動し「おもて宛名」「住所録」。
2.バックアップしたい「住所」を選択。
3.「バックアップ」をクリック。
4.「住所録のバックアップをする」。

5.外付け「リムーバルディスク」を選択。

6.「リムーバブルディスク」が選択されたら「保存」。

7.バックアップ完了メッセージが表示されたら「OK」。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




もう・・・年賀状作成を終えて ホットしていることでしょう。

■”筆ぐるめ”住所録見出しを(例) 「講座用」→「友人」に変更する方法

1.住所録で変更したい住所録(例)「講座用」を選択し「設定変更」。

2.「講座用」を「友人」に変更し「OK」。で 住所録名が変更されます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




筆ぐるめの 住所録を CSV形式で保存すると Microsoft Excelやメモ帳で開けます。

■筆ぐるめで作成した住所録をCSV形式のファイル保存方法

1.筆ぐるめを立ち上げ「住所録」をクリック。
2.保存したい住所録をクリック。

3.「開く」をクリック。

4.あて名欄が表示されたら もう一度「住所録」をクリック。

5.「保存」▼「別形式保存」を選択。

6.「CSV形式」にチエックし「OK」。

7.外付けディスク(USB・外付けハードディスクを認識させておく)外付け(ローカルディスク)を選択。
8.外ディスク内に「新しいフォルダー」を作成(筆ぐるめ住所録と名前の変更)

9.「筆ぐるめ住所録」フォルダーを選択し「ファイル名」を付け「保存」。

10.同様に 他の住所録も 外付けハードディスクの「筆ぐるめ住所録」に保存します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「Excelの住所録を 筆ぐるめで使用したいのですが?」と

■Excel住所録の拡張子(.csv)に変換する方法

1.保存してある「住所録 Excleファイル」から「ファイル」「名前を付けて保存」から「保存場所」を選択。

2.「ファイルの種類」を「.csv(カンマ区切り」を選択し「保存」。

■筆ぐるめに住所録を登録する方法

1.「筆ぐるめ」を立ち上げます。
2.「住所録」をクリックし「住所禄データー取り込み」をクリック。

3.「筆ぐるめ外部データー読み込み」が表示 「他ソフトデーター」を選択し「次」へ。

4.「.csvファイル」を選択し「次」へ。

5.「外部データーの読み込み」デスクトップ」「参考住所録.cvs」を選択し「開く」。

6.関連したいデーター「連盟1氏名」を選択「連盟1氏名」「関連付け」。

7.「関連付け」完了したら「変換実行」をクリック。

8.「はい」。

9.「新規住所録として登録」「次へ」。

10.「パスワード設定しない」。

11.「変換を実行しました」「OK」。

■連盟1氏名が表示



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




年賀状の時期は 終わりましたが・・・

「筆ぐるめの 郵便番号が住所に変換できないのですが」と

筆ぐるめもアップデートしましょう。

◆方法1(バージョンは任意)

1.「筆ぐるめ」を立ち上げます。

2.「ユーザー登録とアップデート」。

3.「筆ぐるめのアップデート」から。

◆方法2(バージョンは任意)

筆ぐるめVer.19から



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「筆ぐるめで差出人を連名で作成したいのですが?」

■差出人連盟にする方法

1.住所録を開き「差出人」タブをクリック。

2.連盟1(花子)右にチエックを付ける。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )