エマージェント・フィールズ : Emergent Fields

神奈川県横浜発 ”経営者と従業員の幸せ”をお手伝い

JAIMS 40周年記念イベント in 東京

2012-11-05 16:17:56 | 日記
先日、自身が通ったハワイにあるビジネススクールJAIMSの40周年記念イベントに参加しました。

午前中のセッションでは、野中郁次郎さんと、ホンダでエアバッグを開発した小林さん、それから、在日米国商工会議所にも関係していたデビィさんによるパネルディスカッションでした。

野中さんの話はいつも面白いので楽しみにしていたのですが、元ホンダの小林さん、面白すぎる!
めちゃためになる話が聞けました。
野中さんも小林さんも英語なのに、日本語と変わらない人を引き込む話し方にビックリ。
これまで聞いていた野中さんの話が英語で聞けたのも良かった。(^^)
フロネシスの話などは、英語ではそう言うんだと納得したり。。。^^;

良い話はたくさんあったのですが、その中でも印象に残った言葉をいくつか書いてみたいと思います。

- Leaders must have their vision and execution abilities. Leaders must balance between them.
- Be your best, do your best, be self-responsible.
- Think differences between operations and innovations. Logical approach doesn't work for innovations.
- See what's happening what only young people understand.

小林さんは、ホンダに入社した当時から、以下のようなエッセンスを問う質問をされ続けたそうです。
What is the concept?
What is love?
Why do you live?
How come does Honda exist?

なぜなら、
Good concept leads good technologies and good products.
Tough questions make improvement and growing.

最後に参加者が、イノベーションを起こす動機づけはなんですか?という質問をしました。
有名な発明家になりたいからですか?お金持ちになりたいからですか?他になにかありますか?と、
小林さんの答えはシンプルでした。"利他"の気持ちですと。
事故を無くしたい。安全に車を運転して欲しい。という気持ちだけがイノベーションの原動力だったのだそうです。
英語でなんと言ったのかちゃんと覚えていないのですが、それでもその瞬間体がブルっと震えたのは覚えています。

うまくセッションの良さを表現出来ていないのが残念ですが、ホントに良かった!(^^)



神奈川県横浜発 ”経営者と従業員の幸せ”をお手伝い エマージェント・フィールズ

エマージェント・フィールズ 写真集

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加