満腹になった新橋の夜

昨夜はNPO E-OJISANの54回目の「新橋の夜を極める」
初参加の女性が加わり、男性7人、女性2人の9名が結集
3軒、初めての店を訪ねて5,000円以下でおさめようという趣向

時間があったので2軒目以降の店を物色
というのも、8時前後に9名が飛び込みで入れる店は限られる
前回も9名だったが、2軒目は予約不可だったが
もし、空くようならくっついた席にしてほしいと依頼しておいたので
たまたま、8時頃に空いたので電話で連絡をとって事なきを得た
昨夜は1軒目の店のすぐ近くに焼鳥79円、生ビ199円の看板が目に入って
8時過ぎに9名で予約できないかとたずねたところ
8時に17名の宴会が終わるので8時15分なら大丈夫とのこと…で予約!

さて、昨夜の1軒目は「和田屋」…先日、下見で訪れた



肴も価格も典型的な新橋の居酒屋…ただ、飲物は平均より高い
ビールは大瓶3本、あとは店の屋号のついた芋焼酎を2本



2軒目は焼鳥だからと厚揚げ焼き、玉こんにゃく、ハムカツを注文



出だしは「何切れ?」「何個?」と問い合わせて
どうしても9人で割切れないので玉こんもハムカツも一つ50円だから
玉こんとハムカツはどちらか2個食べていいと、最初から細かい…
川海老から揚げ、しらすおろしを注文したら「何個ずつ?」



「しらすおろしは、しらすの数を数えるの?」「これがたらこだったらどうするの?」



などと笑いに包まれ1軒目は無事終了(1人2,000円弱)

次は事前予約の「てけてけ 新橋店」



「お腹がすいているので、お酒は1杯でいいから食べさせて」との女性がいたので
79円の焼鳥を36本(4本/人)を中心にその彼女と相談して注文



1軒目が安くあがったし、男性陣も胃に余裕があるのだろうと少し多目



この店は、やはり199円のハイボールや生ビールが中心
お腹がすいている女性は1杯約束で400円程のレモン蜂蜜サワーだったかな?



かなり多めに頼んだのをご存じないかたが追加のつまみを頼んだので
食べきれない量がテーブルに乗った



9人の参加者が完全に2グループに分かれてしまって共通の話題はなし
カットインを試みた方がおられたが仲間に入れず
ちょっと嫌なムードが流れたが…そこは大人の対応
この店も1人2,000円弱のお勘定で残りはおよそ1,300円/人」

この店でお腹がいっぱいになった等々で4人が離脱して5人で3軒目
色々、訪ね歩いて魚〇本店・牛〇本店・鶏〇本店が軒を連ねていた内の



「牛〇本店」に入った…



24時間営業の店で中では3軒の店には仕切りがなく
それぞれの店の料理は出前自由

ここはぐっと飲物単価が上がって、お通しが400円?
450円のサワー or ハイボールを各自1杯とって塩焼きそばを1人前



客は圧倒的に若い…見回したところ中年以上もいなさそう
鶏〇本店に若い女性の流しの姿が見えて「へぇ~!?」
その女性が牛〇本店に来て我々のテーブルで営業
一旦はやり過ごしたが「折角だからと」一人が自費で呼んで歌ってもらった
「さとうさおり」さん、ネットでみると恵比寿や新橋、有楽町等で営業している



彼女の歌を楽しんでお勘定!
1,200円/人を支払って計2,500円のNPOに寄付を頂戴しました
久しぶりに11時を回っての帰宅となりました

参加者の皆様、ありがとうございました
次回は9月開催ですよ!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 個展と土用の... 芸術の夏 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。