京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「あじさい」/長谷寺(鎌倉)

2021-06-19 | 寺・神社・仏閣

「あじさい」/長谷寺(鎌倉)

【2021/6/1撮影】

 
コロナ禍で昨年はここのあじさいを観ることが出来なかったですが、
今年も最盛期に観ることは叶わないかと思い、
少し早いですが、行ってみることにしました
平日なので幾分空いていることを願いつつ

  

いつもの長谷寺の赤い提灯ではなく、金色提灯が
今年は御本尊である「十一面観世音菩薩像」造立1300年

   

和み地蔵や良縁地蔵がお出迎え。新緑も眩いばかりで
空も海もキレイなブルーで

長谷の祈り  長谷の潮騒

   

あじさい路のアジサイはHPでは7割方咲いていると。
でも正直、5~6割程度かなと感じました
相対的に今年は開花が早いと聞いていましたが、
スタッフの方に聞いても、まだまだこれからだと(笑)

   

  

コメント

『いのちの停車場』

2021-06-18 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「いのちの停車場
□監督 成島 出
□原作 南 杏子
□脚本 平松恵美子
□キャスト 吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、
      柳葉敏郎、小池栄子、西田敏行、田中 泯

■鑑賞日 5月30日(日)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

正直、泣けなかった。

「死」への向き合い方は当事者でなきゃわからない。
そういう意味で倫理観に基づく医師としての、
どんな患者にも真摯に対峙していく姿と、
半面、
自分の父親の苦悩(痛み)に、
最後は医師としての自分ではなく、一人の娘としての
感情をあらわにする姿を見せる。

吉永小百合の持つ独特の味わいがあるが、
医師という設定には違和感があった。
在宅医療の現実感もなく、淡々と描かれていく中で、
何をどう表現しようとしているのかよくわからない。
中途半端な表現も多かった。

成島監督は好きな監督さんだが、
あの肝心なラストシーンで、その結末は観ている側に
委ねているのは理解できない。
原作未読であのラストがどうなっているのかわからないが、
脚本を含め、あそこはしっかり答えを用意していたほうが、
観る側は納得できたのだと思える。

そして、小池栄子の役はどういう役だったのだろう。
さらに、小林綾子はどこに出ていたのだろう(笑)

舞台が石川県だったので、昔住んでた金沢などが懐かしく思い出された。

コメント (1)

「アジサイ」/シンボルプロムナード公園

2021-06-17 | 公園(庭園・テーマパーク)

「アジサイ」/シンボルプロムナード公園

【2021/5/29撮影】

 
最近よくインスタ等でアップされているのがここです
公園内の階段を上手に使って演出されています
皆さん、この風景を撮りたくて集まって来るのですね

  

  

 この日もたくさんの人が集まっていて、
なかなか人の居ないときの写真を撮るのは難しい(笑)
映えスポットでは、エチケットを守って撮ってほしいですね
相変わらず周りのことを気にしないKYが多いです

  

  

なので、早い時間に行かれた方がいいですよ~
あと、何故かここはアジアン系の外国人が多いので注意(笑)

コメント (2)

「バラ・他」/シンボルプロムナード公園

2021-06-16 | 公園(庭園・テーマパーク)

「バラ・他」/シンボルプロムナード公園

【2021/5/29撮影】


先日ここを訪れた時には「桜&チューリップ」が満開でした
今回はアジサイ目当てで訪れましたが、バラも少し残っていました。
TOPの写真は「ギ サヴォア」というバラです

アライブ バイランド ボレロ

  

   

サマー スカイツリー(トキワヤマボウシ)

   

ブラシの木

   

広大なシンボルプロムナード公園ですが、
ここも四季折々の花で行き交う人を楽しませてくれます

  

コメント

「花のモニュメント」

2021-06-16 | 公園(庭園・テーマパーク)

「花のモニュメント」

【2021/5/29撮影】

 
ゆりかもめで市場前駅に向かっている途中、
車窓から見えた赤い文字「花」 そういえば以前、
インスタで誰かがアップしていたような記憶が

   

通り過ぎたので、引き返して有明駅で降りると、
シンボルプロムナード公園の一部「花広場」の中に、
このオブジェが設置されていました
日本らしさを出すために「花」という漢字一文字にしたとか。
オシャレなブランコ型のベンチもシングルとダブルの2種類


江戸前城下町(豊洲)

  

軽くランチを済ませて、デザートタイム~
イチゴとマンゴーのマリトッツォでーす
江戸前城下町の中に出店している
創業85年の果物問屋、スイーツ専門店の「にしかわ」です。

コメント (2)

『アオラレ』

2021-06-15 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「アオラレ
□監督 デリック・ボルテ
□脚本 カール・エルスワース
□キャスト ラッセル・クロウ、カレン・ピストリアス、ガブリエル・ベイトマン、
      ジミ・シンプソン

■鑑賞日 5月28日(金)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

正直、最近のニュースで煽り運転の報道は多い。
車社会のアメリカじゃ、こんな映画のようなことは日常茶飯事だろう。
ましてや銃社会、信じられない世界が起こっているのかも。

この映画でも、信号が青になって動かない前の車にクラクションを鳴らす。
日常よくあることだけど、敵対的にクラクションを鳴らしたことで、
大変な展開を迎えることになる。
当事者だけが・・・だけならいいのだが、それによって無関係な人たちまで
巻き込まれてしまう。

鬼気としたラッセル・クロウの演技がなかなか凄かった
こういう奴って、結構どこにでもいるのかも。

決して後味のいい映画ではなかったけど、
ある意味、今の車社会の警鐘を鳴らしていることは確か。
この映画を観た人は、クラクションを鳴らすのが怖くなるだろう。

当初、絶対にこんな映画には出ないと言っていた
アカデミー主演男優賞を受賞しているラッセル・クロウが、
よくあのラスト・シーンを受け入れたものだと、深く感心(笑)
まさに煽りのグラディエーターか

でも、後味の悪い映画><

コメント

「クレオメ・ユリ・他」/日本大通り(横浜)

2021-06-14 | 公園(庭園・テーマパーク)

「クレオメ・ユリ・他」/日本大通り(横浜)

【2021/5/23撮影】


横浜公園(横浜スタジアム)から象の鼻パークに向かって
一直線に伸びるイチョウ並木の道が「日本大通り」です。
この通りは建築家のリチャード・ブラントン(英)が設計し、
横浜公園も彼の設計だということです。
この通りに隣接して、神奈川県庁(キングの塔)、横浜開港資料館、
横浜地方裁判所等、歴史的な西洋建築物が建ち並んでいます。


クレオメ

  

夏に咲くクレオメですが、少しですが咲き始めていました
和名は「セイヨウフウチョウソウ」と言い、
蝶が風に舞うような姿から、その名が付いたそうです

ユ リ

   

例年、白やピンク、黄色の「ユリ」が咲き乱れていますが、
この日はまだ蕾の状態が多かったです

アガパンサス

   

こちらもまだまだ咲き始めでした。
最近では小鉢で家庭用にも販売されているようですね

アナベル

   

見ていて飽きないアナベルもこれからが本番ですね。

ヘメロカリス

   

通り沿いに設置されたハンギングバスケットもキレイでした~

コメント (2)

「アジサイ」/山下公園

2021-06-13 | 公園(庭園・テーマパーク)

「アジサイ」/山下公園

【2021/5/23撮影】


5/3に行ったときは、ほとんど咲いていなかったアジサイですが、
この日はブルーのアジサイがキレイに咲いていました

  

氷川丸とアジサイのコラボ、定番ですネ
中央の写真の左上に写っているのは、「枝垂桜」の葉っぱです
公園の側道から撮るのが「映えスポットです」

   

グラデーションのアジサイはとてもキレイですネ~

   

   

カシワバアジサイはまだこれからのようです。

コメント (2)

「常設展示室・プチギャラリー」/横浜人形の家

2021-06-12 | イベント

「常設展示室・プチギャラリー」/横浜人形の家

【2021/5/23撮影】


横浜人形の家で興味がある企画展に行ったときは、
合わせて常設展示室も鑑賞して来ます
(プチ・ギャラリーのみ無料。)

  

何度か見て来ましたが、やはり楽しいですね~
このマトリョーシカの数はさすがに凄いですね

  

キューピーやモンチッチもカワイイ
うちにはみずがめ座生まれのモンチッチがいます
ちなみに僕がみずがめ座だからです(笑)

  

ダッコちゃんはまさに「昭和」を代表するキャラクター
みんな腕に着けて歩いていましたね~

コメント

「ミニチュアの魅力/ソフビの魔力」/横浜人形の家

2021-06-12 | イベント

「ミニチュアの魅力/ソフビの魔力」/横浜人形の家

【2021/5/23撮影】

 
このイベントは、ケンエレファント社のミニチュア商品や、
ソフビ人形のコレクションを多数展示しています
実際にミニチュアの元となった1/1
スケールのプロダクト製品も、
ミニチュアと一緒に展示してあり、
比較してリアルな
ミニチュアの世界が楽しめました
ある意味、見る側が巨人になったような錯覚に(笑)

  

   

展示は「昭和レトロコーナー」、「音楽好き男部屋コーナー」、
「DIY・キャンプコーナー」、「バスルームコーナー」、「家具コーナー」の、
5つのジャンルに
分けて展示されていました

  

  

  

左の写真の「おきあがりポロンちゃん」ってメッチャ懐かしくないですか
子供の頃、見た記憶が蘇りました(笑)


大好き!モンチッチ展」 

山本淳一 そっくり人形展

コメント

地獄の花園

2021-06-11 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「地獄の花園」 
□監督 関和亮
□脚本 バカリズム
□キャスト 永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、
      小池栄子、遠藤憲一、勝村政信、松尾諭、丸山智己

■鑑賞日 5月22日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

何度か予告編で観て、また脚本がバカリズムなので
公開前から楽しみにしていた作品でした。

内容はハチャメチャでしたが、昔はヤンキーで社会に出たら、
フツーの
OLにはなれず、ビジネス街を舞台に、まんまヤンキーOLたちが
日々OLナンバーワンを目指してケンカに明け暮れる

で、フツーのOLでフツーに仕事をして、フツーのアフターファイブを
過ごしたいそんな平凡なOLが、実は飛びぬけてケンカが強かったってわけ(笑)
全編を観ていて、そのノリは以前観た『翔んで埼玉

主演の二人、アクションだけ言うと 永野芽郁<広瀬アリス かな
菜々緒はそのメイクだけで怖かった(笑)
ま、何と言ってもエンケンを観ているだけで笑えた

コロナ禍の中ではそれなりにリフレッシュ出来た映画だった

コメント

『ジェントルメン』

2021-06-10 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ジェントルメン
□監督・脚本 ガイ・リッチー
□キャスト マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ミシェル・ドッカリー、
      ヘンリー・ゴールディング
、コリン・ファレル、ヒュー・グラント

■鑑賞日 5月20日(木)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

莫大な利権をめぐり、紳士ズラした連中の駆け引きが展開する
クライムサスペンス。

主演のマシュー・マコノヒーがやっぱ渋い
色んな罠が仕掛けられて、誰が糸を引いているのかの謎解きも愉快。
ヒュー・グラントがある意味、ストーリーテラー的役割なんだけど、
こいつもワル(笑) 主役のマシュー・マコノヒーより出てる時間や
しゃべってる時間は多かったなぁ

特筆すべきはマシューの右腕を演じるチャーリー・ハナム!
この映画は彼の存在がすごい大きかった。『キング・アーサー』で
主演だったんだねぇ。ガイ・リッチー監督がお気に入りの俳優かも。

そうそう、ガイ・リッチ-で言うと、
マシューの奥さん役をミシェル・ドッカリーという女優さんが
演じているんだけど、もしかしたら元妻のマドンナのイメージを、
彼女(役)に反映させているのかなぁって感じで(笑)
つまり、恐妻家(爆) 顔は全く似てないけど・・・。

コメント (2)

結婚記念日(23th)

2021-06-09 | ひとりごと

結婚記念日(23th)

 

チェリーセージは姉妹のようで、

結婚記念日の写真に使うのは、少し違和感あるけれど、

この1年、一緒に過ごした日々が想い出となり、

二人で歩いて来た道程の、大切な財産となる。

そして、また気持ちを新たに、

この1年、コロナに負けず、ぼちぼちケンカしながら、

それでも仲良く、ともに健康で過ごしていきたい。

銀婚式まであと2年・・・。

きっと、あっと言う間・・・なんだろうな(笑)

言葉に出して、

「いつもありがとう」と感謝。

コメント (10)

「水生植物園&野草園」/多摩川台公園

2021-06-08 | 公園(庭園・テーマパーク)

「水生植物園&野草園」/多摩川台公園

【2021/5/18撮影】


あじさい園の近くに、小さな水生植物園があります
水生植物園では小ぶりではありましたが、
たくさんのスイレンが咲いていましたよ~

  

野草園も小さいながら趣きがありました

   

  

雨上がりだったので、たくさんの水滴を纏っていて、
とてもカワイイ花たちでした~

   

   

コメント

「アジサイ」/多摩川台公園

2021-06-08 | 公園(庭園・テーマパーク)

「アジサイ」/多摩川台公園

【2021/5/18撮影】


所用があり、近かった多摩川駅で降りてみました。
この駅、乗り換えではたまに利用しているのですが、
降りてみるのは初めてでした
SNSの投稿の中で、この多摩川台公園のアジサイが紹介されていて、
まだ少し早いかもと思いつつ、いい機会なので寄って来ました

  

あじさい園は思っていた通りで、開花はまだこれから先と言った印象。
でも、TOPの写真はあじさい園の入口付近にあって、
そのグラデーションがキレイでしたよ

  

なので園内を散策し、少しずつですが切り撮って来ました

  

6月に入ってからまた行ってみようかな~

コメント (2)