京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『二流小説家 シリアリスト』

2013-06-23 00:06:23 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「二流小説家 シリアリスト

□監督 猪崎宣昭
□脚本 尾西兼一、伊藤洋子、三島有紀子、猪崎宣昭
□原作 デビッド・ゴードン
□キャスト 上川隆也、武田真治、片瀬那奈、伊武雅刀、高橋惠子、
       平山あや、小池里奈、黒谷友香

■鑑賞日 6月15日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
上川隆也って、映画初主演だったんですね(笑)
 なんだかTVの「遺留捜査」が終わったばかりだったので、ちょっとそのイメージが被ったりして。

 これは2012年版・海外編」(宝島社)で1位を獲得したデビッド・ゴードンの小説の映画化。
 売れない小説家・赤羽一兵(上川隆也)のもとに、殺人犯の死刑囚・呉井大悟(武田真治)から
 告白本を書いてほしいとの依頼が舞い込む。 呉井は、自身を信奉する3人の女性と呉井を
 主人公とした官能小説として仕上げるように要求し、赤羽は仕方なく女性たちを取材してまわるが、
 その先々で殺人事件が発生。その手口はかつて呉井が犯した殺人と同一だったが。

 かなり狂気的殺人とその謎解きといった要素の強い作品でしたが、
 スクリーンで久しぶりの武田真治の搭乗でしたが、その秘めたる狂気さと執拗なまでの
 殺人への粘着力を、如何なく発揮していました。

 一方、地味ながらちょっと「遺留捜査」の糸村が主人公赤羽に重なる部分もありましたが、
 付きつめて行く犯人像と、それに関わっていたの被害者家族を含め、事件の真相に迫って
 いく状況は、そもそも原作がデビッド・ゴードンというだけに、ちょっと日本での事件として
 捉えていくのは、表現上少し無理のあるところも感じました。
 そういえば、赤羽と刑事・町田(伊武雅刀)との関係は、TV「慰留捜査」での糸村と
 森田(西村雅彦)の関係にも似ていたりして。

 ただ、小説としてのミステリーと、こうして映像化してしまうミステリーとは、その描き方のうえで、
 どうしても犯人発見に対し、いくつかの伏線を敷いておかなかればならないのですが、
 そういうことを考えると、もう少し人物設定について、更に深い思慮と考察を加える必要が
 あったかもしれません。 その大きな理由は、話途中で犯人の予測が容易だったからに
 ほかなりません。 共同脚本が足を引っ張ったかな(笑)

 あと、一番気になったのは、映像全体がモノトーンの暗い映像の連続で、非常に観辛い
 映画でした。 意図的に全体をモノトーンで描き、狂気殺人をカラーで浮き彫りにしたい
 そんな効果を狙ったものなのでしょうが、それはあまりにいただけませんでした・・・。
 観る側に、まずわかり易い観易い映像を提供するのが大前提だと思うのですが。

 


コメント (2)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 『俺はまだ本気出してないだけ』 | トップ | 『華麗なるギャツビー』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれ...っ (mayumi)
2013-07-03 14:00:55
モノトーンなのは あまり気が付きませんでした
過去の場面がモノクロだった以外にも?

映画の構成があまりにも稚拙でしたね。
原作が良さそうなだけに勿体無く感じます。

武田真治は、以前から好きな役者で、ゾッとする様な役も
元々巧いけど、これまた秀逸ですね。

上川隆也も、キャラメル時代を知って居るだけに、応援してはいるのだけど、
前(さき)のドラマも もっと昼行灯な感じじゃなきゃ!! と
少々歯痒い思いです。
今回の演技も、ちょっとテレビ的でしたね。
引きずって~ (cyaz)
2013-07-03 17:20:49
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>モノトーンなのは あまり気が付きませんでした
モノトーン調って言い換えた方がいいですね(汗)

>映画の構成があまりにも稚拙でしたね。
原作が良さそうなだけに勿体無く感じます。
原作は未読ですが、そんな感じがします・・・。

>武田真治は、以前から好きな役者で、ゾッとする様な役も元々巧いけど、これまた秀逸ですね。
役者として彼をスクリーンで観るのも久しぶりでしたが(笑)

>前(さき)のドラマも もっと昼行灯な感じじゃなきゃ!! と
少々歯痒い思いです。
なるほど。

>今回の演技も、ちょっとテレビ的でしたね。
引きずっている感ありありでした(笑)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

劇場鑑賞「二流小説家 シリアリスト」 (日々“是”精進! ver.F)
亡き友に、捧ぐ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306180001/ 二流小説家 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕デイヴィッド・ゴードン 青木 千鶴 早川書房 2013...
二流小説家 シリアリスト 「必ず貴方もダマされる」・・・ダマされました、はい。 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=33 うち今年の試写会5】 昨日は仕事で経団連会館に初めて足を踏み入れた。 ここが経営者たちのアジトか~、すっげー豪勢なつくりでちょっと圧倒されそうや~(;゜ロ゜) しかし負けるな俺!  ある日、小説家としてぱっとしない赤羽一兵(上川隆也)は、死刑が確定し...
二流小説家 シリアリスト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この映画を見ている最中に「羊たちの沈黙」と似ていると思ったが、比べものにならない。ふせんの貼り方と回収方法が爽快でないと感じた。エピソードをたくさん入れすぎだと思う。
二流小説家 シリアリスト (佐藤秀の徒然幻視録)
ネタバレの彼方の別次元ネタバレ 公式サイト。デイヴィッド・ゴードン原作、猪崎宣昭監督、上川隆也、武田真治、伊武雅刀、高橋惠子、片瀬那奈、平山あや、小池里奈、黒谷友香、 ...
二流小説家 シリアリスト ★★★ (パピとママ映画のblog)
俳優の上川隆也が映画初主演を果たし、デイヴィッド・ゴードン原作の小説「二流小説家」を映画化したミステリー。不遇の小説家が収監中の殺人犯と出会うことにより、再び悪夢のような殺人事件が繰り返される戦慄(せんりつ)の事のてん末を描き出す。片瀬那奈、平山あや、...
二流小説家 シリアリスト (悠雅的生活)
死刑囚からの手紙。聖域。究極の美。
二流小説家 シリアリスト (勝手に映画評)
「このミステリーがすごい!2012年版(海外編)第一位」の映画化。“このミス一位”と言うキーワードだけ耳にしていたので、日本人作家の作品かと思っていたんですが、外国人作家の作品でした。 いやぁ、上川隆也いいですね~。真面目一辺倒の売れない二流小説家の雰囲気...
『殺人の告白』『二流小説家 シリアリスト』 (ラムの大通り)
----あれれ、『殺人の告白』始まっちゃったよ。 これ、けっこう気に入っていたんじゃなかったっけ? 「うん。 あの映画は見どころがいっぱいありすぎて、、 逆に喋りにくかったんだ。 物語としてはこう。 1990年、女性ばかりを狙う殺人事件が発生。 刑事チェ・ヒョング....
二流小説家 シリアリスト (ダイターンクラッシュ!!)
2013年6月16日(日) 15:10~ 109シネマズ川崎5 料金:1300円(毎日がシネマポイントカードデイ) パンフレット:未確認 優れたミステリーが原作なのだが 『二流小説家 シリアリスト』公式サイト 優れた原作なのであろう、犯人が意外な上、「あっ!」というオ...
「二流小説家 ~シリアリスト~」死刑囚の生い立ちを追った先にみた異常な愛に支配され洗脳された犯人と女性たちの溺愛 (オールマイティにコメンテート)
「二流小説家 ~シリアリスト~」は二流小説家で自分の名義で著書を出版した事のない男が突然死刑囚から死刑囚の半生を描いてほしいと依頼され、そこから3人の女性と殺された4人 ...
二流小説家 シリアリスト (心のままに映画の風景)
売れない小説家の赤羽一兵(上川隆也)のもとに、連続殺人事件で死刑判決を受けた呉井大悟(武田真治)から、自分の告白本の執筆を頼みたいとの手紙が届く。 呉井は自分の熱狂的な信者である三人の女性を取...
[映画『二流小説家』 『アフター・アース』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆パッとしない映画を二作観た・・・。  どちらも、妙なテンポが、最初は格調高く感じるのだけど、後半、次第におバカに感じる点が似ている・・・。    ◇  先ずは『二流小説家 シリアリスト』だ。      原作は海外ミステリー、それが邦画で作られた。  ...
「二流小説家-シリアリスト-」 長編をコンパクトにまとめてはいる (はらやんの映画徒然草)
このミス(海外編)等で第1位をとったデイヴィッド・ゴードンの小説「二流小説家(原
二流小説家 シリアリスト (だらだら無気力ブログ!)
うん、普通に面白かった。
「二流小説家 シリアリスト」役者の勝利、役者で敗北 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
何しろ上手い。 二流小説家 赤羽一兵役の上川隆也VS.死刑囚 呉井大悟役の武田真治のガチンコ演技対決は、まるで良質の舞台を観ているよう。 一流の役者を惜しむことなく投入し、絶妙のカメラワークとホラーを思わせる暗めの画面が、何かが起こる不安を掻き立てる。
■二流小説家 シリアリスト (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第311回「日本映画界の今後を憂うって、大きなお世話かな?」 決して日本映画が嫌いな訳ではありません。日本映画の中にも世界に誇れる作品は数多く存在します。しかし、ここ何年かの邦画飽和状態には正直、心配してしまいます。海外映画であれば、配給会社が作品を選....
【二流小説家-シリアリスト-】きれいなお母さんは好きですか (映画@見取り八段)
二流小説家-シリアリスト-       監督: 猪崎宣昭    出演: 上川隆也、片瀬那奈、伊武雅刀、武田真治、平山あや、小池里奈、高橋惠子、本田博太郎、黒谷友香、賀来千香子、でんでん、長嶋一茂、戸田恵子、中村嘉葎雄、今野敏、佐々木すみ江 公開: 2013年6月...
二流小説家 シリアリスト (映画と本の『たんぽぽ館』)
本を読んだ方は見ないほうが・・・ * * * * * * * * * 本作の映画化を聞いた時には、 ひどく意外な感じがしたものです。 原作はデイヴィット・ゴードン、 国内の主要ミステリーランキング(海外版)で史上初3冠を得たベストセラー。 私も非常に面....
「二流小説家」 面白くなくはなかったけど (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
自分の目指す小説ではなくポルノで生計を立てるというぱっとしない赤羽。そんな赤羽が死刑囚の呉井から告白本の執筆を依頼されると、再び異常な犯罪が起き始め…… 監督:猪崎宣昭 出演:上川隆也、武田真治
二流小説家 シリアリスト/上川隆也 (カノンな日々)
「このミステリーがすごい! 2012年版(海外編)」などで第一位を記録したデイヴィッド・ゴードンのミステリー小説「二流小説家」を原作に映画化した作品で連続殺人事件に巻き込まれる ...
二流小説家 (愛猫レオンとシネマな毎日)
デイヴィット・ゴートン原作の同名小説の映画化になります。 小説は、「このミステリーがすごい!」の海外ミステリー部門などの 主たる賞において初の三冠達成に輝きました。 本国アメリカでも、彼のデビュー作にもかからわず、権威ある賞に ノミネートされたそうです。...
二流小説家 (うりぼうのシネ煉獄)
 本日は上川隆也、武田真治共演のサスペンス映画「二流小説家」観てまいりましたよ!  二流の小説家の下に死刑執行目前の連続殺人犯から手紙が届く…ある条件と引き換えに事件に関する真実を教えると…  なんと興味をそそる設定でしょうか!ということでさっそく観...
映画「二流小説家 シリアリスト」を観ました!!(2013-10) (馬球1964)
映画「二流小説家 シリアリスト」を観ました!!
2014年4月に見た映画 (トリ猫家族)
 4月は旅行に行ったりしてたんで、5本しか見られなかったわ~ その中ではコレは特別だ!って思えるものはなかったかな~( ̄ー ̄;) 4月4日(金) 「バーニー みんなが愛した殺 ...
二流小説家 シリアリスト (いやいやえん)
【概略】 売れない小説家・赤羽の下にある日、連続殺人犯の死刑囚・呉井から告白本の執筆依頼が舞い込む。 サスペンス 死刑囚・呉井を主人公にした告白本を執筆する事になった売れない二流小説家・赤羽が、取材を進めていくとそこで呉井の手口と全く同じ殺人事...
映画評「二流小説家 シリアリスト」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・猪崎宣昭 ネタバレあり