アトリエ ここるぴあ

和紙作家 佐治直子のブログです。キンカチョウのことりたちと、工房『アトリエここるぴあ』での出来事を綴ります。

今年の終わりに 2016

2016年12月31日 | その他
今年は本当にいろんなことがありました。

昨年の今頃には、まったく想像もしていなかったことばかり。

いいことも確かにあって、その感謝の気持ちは忘れてはいけないけれど、
小さな家族との2度の別れや、答えが出せないまま毎日悩み続け、
たくさん涙を流してしまったこともありました。今年の秋は、
夜寝る時も、朝目が覚めた瞬間にも、悩み事がクリアに浮かんでしまい、
時間の経過がリアルに感じられず、時が止まったままのような日々でした。

だからか、今年の夏の終り~冬の始まりまでの記憶が、驚くほどないです

・・・でも、それでいいかな。

思い出して苦しくなるようなできごとや、そんな思いはキッパリ忘れよう。
思い出して温かい気持ちになる思い出だけバッグに詰めて、
次の年にも持っていこう。そんな気持ちです

今年、新しくお知合いになった方々、来年もよろしくお願いします!

今年は驚くほどたくさんの新しい出会いがありました

宮崎県日南市での個展で知り合った地元の方々。鯛の子ギャラリーの
オーナー夫妻は私の保護者のように、いつも展示会場に来てくださって、
まるで親戚のように見守って、励ましていただきました。
介護の学校で一緒に勉強し、修了後も親しくしてくださっているみなさん。
老人ホームでお知合いになった方や、ギャラリーのみなさんや作家さん。
短い期間だったけど、一緒にお仕事した方々。麻績村の方々も。
数え切れないほどのたくさんの人と出会いました!

それから、もちろん、古くからの友人たち。
毎日のようにアメリカとドイツとのLINEのやり取りをしている
やまさん、ミゲルさんも、もうすっかり長い付き合いですね
学生時代からの友人の愛ちゃんは、宮崎まで来てお手伝いしてくれたし、
名古屋にも何度も来てくれました。幼なじみのたかちゃんは、
仕事と育児で忙しい日常の中で、いつも親身になって支えてくれました。
札幌在住の友人も、仕事を紹介してくださったり、私を作家として、
これからの生き方や人との付き合い方について、いつも的確に
アドバイスをくれました。もちろん、私の弱音を吸収し寄り添ってくれる
鶴田さんやまこさんも。

他にも、制作に没頭して孤独に陥りそうな私に「一人じゃないよ」って
さりげなく温かい言葉をかけてくれる友人のみなさん。
感謝しても、しきれません。

そして、どんどん体が不自由になっていくのに、いつも自分のことより
私のことを気にかけている母。

ことりのるーとぷる母娘は今年逝ってしまい悲しかったけど、
今は縁があって、るぴとこる兄妹が家族になってくれました

私はなんて幸せなんでしょう!
そう、思わずにはいられないくらい素晴らしい人々や
ことりたち、そして環境に囲まれています。

あとは、自分が勇気を持って、力いっぱいがんばるだけ!

来年はどんな年になるのかな?
また新しい出会いがあったり、楽しい思い出がたくさんできたり、
毎日寝る前に感謝をつぶやく人やできごとがたくさんあるような、
そんな素敵な一年を過ごせますように…
みなさんも、愛と笑顔であふれた年になりますように…

みなさん、本当にありがとうございました!
来年もどうか、よろしくお願いいたします。
良いお年を☆
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洗濯物のここが好き | トップ | 今年の仕事始め 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事