山行記録・写真

楽しいことや苦しいことの思い出をブログにしてみました。

槍ヶ岳への登りと頂上での記念撮影

2009-10-11 23:16:07 | 槍ヶ岳

<下の画面:左ガスの小槍ヶ岳、右槍ヶ岳、赤い点登山者>

槍ヶ岳への登りと頂上での記念撮影

登山者が芥子粒のよう、岩盤に張り付いて登りつつある。

頂上までは、短い鎖と長い垂直に近い梯子が二つありました。

写真で登っている人が見えますか。

頂上制覇、6名が万歳。

槍ヶ岳の頂上は意外と広く、幸運にも祠を背にして一人で記念スナップ。

こんな高山では珍しいことと、昨今感心している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

槍ヶ岳モルゲンロード・雪渓

2009-10-11 12:03:59 | 槍ヶ岳

槍ヶ岳モルゲンロード・雪渓

3日目、暗いうちに槍ヶ岳山荘発。

天候良し、明け染めぬ空には星、下方から小さいランプがチラリホラリ見える。

本当に早いうちから槍ヶ岳に登ってくる人のランプだった。

出発30分後ぐらいから夜が明けてきて、少しづつ明るさが増してきた。

モルゲンロードが発生。

モルゲンロードの槍ヶ岳等、等。

雪渓がある場所に至り、私は初めてなので、雪渓歩きをさせてもらった。

そのとき、万歳した記憶はなくなっていたが、写真には残っていた。

恥ずかしがりやの私にしては、珍しい写真だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

槍ヶ岳下山後の記念スナップ

2009-10-10 05:47:02 | 槍ヶ岳

槍ヶ岳下山後の記念スナップ

槍ヶ岳山荘にバッグを置き、槍ヶ岳に挑戦。

肩が約3千なので、180mの垂直の壁、頂上までに2個の鉄梯子が設置され、

鉄梯子は、登り専用、降り専用に分かれている。

多くの人が登っており、この登り・降り専用は非常の助かるし、安全上も良い方法

だ。

私は、頂上より、少し上に出ている鉄梯子を離れる際、体がふわりと浮いた感じ

がし、恐怖を感じた。

降りる際は、なんら危険を感じることなく、緊張感を楽しむ余裕を持てた。

今回、頂上の記念写真を見たが、画面が荒れ、ぼけてしまっているので載せてお

りません。

■左上画面:下山後、スコール後の槍ヶ岳

■左中画面:槍ヶ岳頂上からの、肩の槍ヶ岳山荘

■左下画面:下山後、記念スナップ5名(1名写して手で抜け)

■右大画面:下山後、記念スナップ5名(1名写して手で抜け)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

槍ヶ岳山容

2009-10-09 04:50:57 | 槍ヶ岳

槍ヶ岳山容

2日目槍ヶ岳の肩、高度3千メートル着。

ババ平から長い長い道のりでした。

槍ヶ岳肩直前のジグザクコースを取りながら。

肩が見えるが、なかなかつかない。

ようやく肩着。

槍ヶ岳の槍のような山頂を撮りました。

小槍ヶ岳も、槍ヶ岳山頂の左手に撮れました。

■青空の山頂(左画面)

■薄いガスのかかった山頂(右画面の上)

■登山者がケシツブのように、小槍ヶ岳、槍ヶ岳(右画面の中)

■モルゲンロードの山頂(右画面の下、3日目早朝)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ババ平と槍ヶ岳

2009-10-08 05:14:17 | 槍ヶ岳

ババ平と槍ヶ岳

中心の画面、ババ平とこれから登る長い長い登山道と雲たなびく槍ヶ岳を眺める

(2日目早朝)。

上左、1日目宿到着時、6名のパーテイ。

上右、夏にもかかわらず、なお残る大雪渓。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

槍ヶ岳登頂-1

2009-10-07 22:15:26 | 槍ヶ岳

槍ヶ岳登頂

槍ヶ岳登頂の写真を載せてみたくなりました。

これは、優れもののフォトスケイプのフリーソフトをダウンロード出来たからです。

思い出せば、5年前初めて3千メートル級の高山に登りました。

上高地から2泊3日で往復しました。

男女6名のパーテイ。

天候に恵まれました。だが、夜中の豪雨や下山後の一風呂後の雨はありました。

一瞬恐怖を感じたのは、槍ヶ岳の頂上への垂直的な鉄製のはしごの一番上部

から手を離し、両足を頂上に降ろした瞬間でした。

体がふわりと浮いたように感じたためです。

思い出の光景がたくさんあります。

一生の思い出になりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加