山行記録・写真

楽しいことや苦しいことの思い出をブログにしてみました。

日本百名山仙丈ヶ岳山行報告(その5)

2009-07-30 22:21:48 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行報告(その5) (仙丈ヶ岳登頂アルバム )

仙丈ヶ岳3,033mは、残念ながらガスが掛かっていました。

白鳳三山、鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳は、頂上からは見えませんでした。

小仙丈ヶ岳でガスが晴れて来ましたが、稜線周辺でした。

南アルプスの女王の仙丈ヶ岳、三大カールをみることは出来ませんでした。

次の3点は、昨年甲斐駒ヶ岳登頂、そこから仙丈ヶ岳を展望した写真です。

高山植物もカール内に広い広いお花畑があったかも知れませんが、想像の域を

出ません。昨年私は甲斐駒ヶ岳に登り、北沢峠からバスで帰る際、その中で

仙丈ヶ岳に登った人たちが、仙丈ヶ岳にはたくさんの花があったといっていた。

今年登ってみて、私の目にはそのような状況は無く、がっかりしました。

デジカメ写真を、その1からその5に収めてみました。

次のURLをクリックし、ご覧ください。

ご来光は重複しておりますが、ご勘弁ください。

アルバムその1
http://www.digibook.net/q/pxyZElK4sHQmWSXH/

アルバムその2
http://www.digibook.net/q/aFXRVZYIfzJuzqWK/

アルバムその3
http://www.digibook.net/q/gEGQwYCdtCYrOXFK/

アルバムその4
http://www.digibook.net/q/qAzUxMI5nKZTPPEH/

アルバムその5
http://www.digibook.net/q/0IWkUoSJ4CAvG_OH/

 

「南アルプス研究会講義」を、仙丈ヶ岳山行報告(その5)で報告させていただく

予定でしたが、変更させていただきます。

(仙丈ヶ岳山行報告(その5)終わり。続報を順次出させていただきます。)

 

コメント (2)

日本百名山仙丈ヶ岳山行報告(その4)

2009-07-29 22:59:35 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行報告(その4)( 一日目:馬ノ背ヒュッテ概要、夕食 )

馬ノ背ヒュッテは、ログハウス調だ。

パンフで、「北沢峠より薮沢ルート徒歩2時間40分。収容人員100名。要予約。1泊2

食7,500円。」とある。かなり大きく感じた。

大塚山歩会は最後の受付となった。

夕食は、受付順で4回に分けられた。

夕食までの間、寝間でおしゃべりや横になる。



多分、6畳の間、一部屋、10人が寝ることとなった。

大塚山歩会は大部屋ではなく、小部屋に泊まれ、ラッキー。

黒い小さな枕、私は初めての経験、これまでの山小屋では無し。

毛布が2枚もあり豪勢だ。もちろん敷布団もありました。

天井はなく吹き抜けで、屋根の骨組みが見えた。

多分、木材をヘリで運んだと思われるので、多額のお金がつぎ込まれている感じだ。



大塚山歩会の寝る部屋6畳の間、その横に、6畳の2間、ここが3Fと言えようか。

2Fに、70名ぐらい収容する大部屋があった。

玄関には100名分を収容する大きな靴箱があり、非常に助かった。

普通の山小屋には、こんな大きなものは無く、困っている。

1Fは、玄関から1段あがり、受付、食堂、厨房、荷物置き場と乾燥場、従業員用部屋

があった。

ここの山小屋は、荷物置き場に、全員がバックを置き、部屋に持ち込まないようにさ

れていた。

この効果はおおいに感じた。

バックを枕元に置くようにすれば、携行品の出し入れで意外と音を立てるので、睡眠

を妨げ、うるさいものだ。

私は、今回ウエストポーチを携行、貴重品等を入れていたので、支障はあまり感じな

かった。

小ライトと警笛セットの小道具をバッグから出すだけで、部屋に行けた。

しかし、雨衣上下を着たまま入り、部屋の片隅に置いた。

明朝の寒さに備えて、身近に置いた。

食堂には、約30名が一度に食事できる食卓・椅子が準備されていた。

食堂と荷物置き場に、石油ストーブがたかれていた。

外気温約10度であった。

18:00、ようやく食事の時間が回って来た。大塚山歩会10名のみが4回目のグループ

だ。

夕食メニューは、カレーライス、ラッキョウ、海藻サラダ、ふくしん漬け。

山小屋の食事でカレーを食べるのは初めてだ。

食事前、350mlキリン一番絞り600円、地酒500円(確か銘柄は「仙丈・・」)で乾杯し

た。

カレーのおかわりは出来た。私も2杯食べてしまいました。

最初はチキンの塊があったが、さすが2杯目には無かった。

1・2杯目にも、大きな半切りのジャガイモ2個が入っており驚く。

すこし甘口、自宅では辛口を好んでおり、ややもの足りなかった。

しかし、2杯も頂いたので、満足、満足。

ラッキョウが大好きであり、小粒の7~8個もいただいてしまった。

食事に約40分かけ、ゆっくり味わう。

食堂には、大きな写真の額が掲げられていた。



<鳳凰三山の地蔵岳、オベリスク(地蔵仏)が見られる。>



<仙丈ヶ岳、カールが見える。>


19:00~19:40の間、南アルプス研究会の講義がありましたが、これは続報(その4)

で報告させていただきます。

講義が終わり部屋へ。


20:00消灯、発電機の音が消えた。

その後私は、4時間熟睡、丁度24:00目が覚める。

それから、暗い中、寝たり、目を覚まし毛布の中で小ライトをつけ時間確認。

この間、強い風や雨脚が聞こえた。

両肩を毛布から出していたので、やや寒く感じ、風邪引きを心配した。

このため両肩を毛布に入れて少々経つと、暖かくなり、その恐れは感じなくなった。

いびきはあったが、良く眠れた夜であった。


(仙丈ヶ岳山行報告(その4)終わり。続報は、「南アルプス研究会講義」を出させて

いただきます。)

コメント

日本百名山仙丈ヶ岳山行報告(その3)

2009-07-28 06:12:59 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行報告(その3)(一日目 北沢峠~大滝頭~薮沢~馬ノ背ヒュッテ)

天候が気になるが、登山準備をしていると土砂降りとなる。

雨衣上下を、しかたなく着ける。

最悪の事態を迎える。

15分ばかり、バス待合テント(伊那市営バスのテント)で、雨をやり過ごす。

小降りとなった。

3:15北沢峠出発、計画より15分遅れだ。

ここから稜線に出なければならず、当初から急登だ。

30分ばかり進み休憩、雨も止んだ。




一合目、二合目、三合目の小さな標識、旧長谷村作成分。

旧長谷村は、現在は伊那市となっている。

北沢峠から一合目まで急登、一合目でほぼ稜線に出る。

雨あがり、稜線の木々の間から白い花崗岩の甲斐駒ヶ岳が見える。

頂上は、残念ながらガスをかぶった写真となっています。

右に、やはり白い花崗岩の魔利支天が見える。



https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0d/b1/2746a4d301e1bbd85e67389a27ebc5a7.jpg

一合目から、大滝頭の頭まではゆるやかな登りに感じた。

気分的には、速く大滝頭に着きたい。

ようやく、大滝頭到着。



<大滝頭の標識始め種々の標識、標高2,514m、北沢峠2,030mのため484m高度をかせぐ。>

休憩・集合写真。



大滝頭からは、ほぼ水平に進む。



<やや登りに見える際に写真を撮る、しかし全般的に、ほぼ水平に進む。>




<薮沢直前、やや下る。>

薮沢、そして雪渓に覆われた薮沢を見る。




薮沢雪渓の切れたところを渡る。


薮沢小屋、薪ストーブの煙か。

パンフでは、「北沢峠から徒歩2時間30分、収容人員30名、素泊のみ 3,500円」とな

っています。

電気が無いためか、窓ガラスにヘッドランプの光が写し出される。

ここを過ぎ、やや進み沢を渡り、やや登ると馬ノ背ヒュッテであった。

16:30馬ノ背ヒュッテ到着。高度2,640m、北沢峠2,030mから高度610mかせぐ。

13:15北沢峠出発、徒歩約3時間の道のりであった。

ようやく、しかし計画どおりの到着、計画者自身驚く。

これは先導者のKさんのお陰と感謝。

一日目、落伍者も無く、無事を安堵。

(仙丈ヶ岳山行報告(その3)終わり。続報を順次出させていただきます。)


 

コメント

日本百名山仙丈ヶ岳山行報告(その2)

2009-07-27 16:11:32 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行報告(その2)(一日目 広河原バス停~北沢峠)

12:20発、南アルプス市営のバスに乗り、北沢峠へ向かう。

バス代750円、往復の切符購入1,500円、往復割引無し。

バスは南アルプスの絵柄をつけ、昨年とは違ったマイクロバスに見えた。


              <絵柄は次のような山々です。>
<左手から日本200名山の農鳥岳3,026m、日本百名山の間ノ岳3,183m、日本百名山の北岳3,193m、(日本百名山の仙丈ヶ岳3,033mは、残念ながら北岳の後ろで見えず。)、右奥に日本百名山の甲斐駒ヶ岳2,967m。北岳、間ノ岳、農鳥岳を白鳳三山と呼んでいます。>

野呂川左岸の1車線道路、野呂川出会いバス停迄進む。

左手に野呂川の深い、深い渓谷を眺め、なんとなく恐怖を感じる。

このバス停手前の橋を渡り野呂川支流の北沢の右岸の道へ、じゃり道となる。

車窓から甲斐駒ヶ岳の案内があり、写真に収める。

<車窓から、写真中央奥に甲斐駒ヶ岳、白く見える花崗岩の頂上>

舗装道に変わるが、北沢峠付近はまたじゃり道になる。

12:45北沢峠到着、25分の道のりであった。


             <北沢峠、山梨・長野県境から南アルプス市の山梨側の坂>


南アルプス北沢峠周辺案内図、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳の案内図。


https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/20/980981a487c1bc7327cead2fa10abc7b.jpg

(仙丈ヶ岳山行報告(その2)終わり。続報を順次出させていただきます。)

コメント (2)

日本百名山仙丈ヶ岳山行報告(その1)

2009-07-27 08:45:11 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行報告(その1)(新宿~甲府駅~広河原バス停)

大塚山歩会で計画・実施した仙丈ヶ岳山行は無事終了し、参加者全員たいへん喜

んでいます。

7/25(土)曇り空のもと、自宅05:37発。田無駅から高田馬場駅で乗り換え新宿へ。

山の手線外回り、車両点検で電車が遅れるとのこと。私は内回りを使い新宿へ、今

のところ影響は無いが、なんとなく心配だ。

07:00の松本行きの特急に乗車、会長Fさんが発車間際に駆け込む。

聞けば、山の手線外回りに乗っており電車が一時停車していたとのこと。

あー良かったと安堵する。

立川で、Kさんが加わり、今回の10名が揃う。12名の予定であったが、最終的には10

名となった。

大塚山歩会の約1/3が参加したこととなった。

スーパーあずさ1号、指定7号車内は冷房がほどよく効き快適だ。

今回は、Kさんに手配いただき指定席、並ぶことなく乗車。



https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/01/7b/4af8f07222c33e408d16c4d23c8c2a8d.jpg

08:28甲府駅着、駅構内で昼食購入、私は京樽でオムスビ3個購入。

駅前の武田信玄公の像をスナップに収める。これまで何回も眺めたが、初めてまじ

かに見て写真に撮った。



https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/46/73/6c0250152dca8461a6c514c849b6a1ca.jpg

09:00バス2台が南アルプス市の広河原へ向け出発。

バス代、甲府駅~広河原1,900円、プラス環境保全協力費100円、計2,000円。

登山客が多く増発、2台となった。

大塚山歩会は1台目に乗車。



https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4a/ff/7316e676f6126f604ba420b0e6f06a86.jpg

バスの中でお腹がすくがじっと我慢。

旧芦安村の役場までは、おおむね平地を走るが、こここからは高度を上げる。

夜叉神峠登山口で5分停車。

ここまでは、マイカーで来れる。品川、三河、大阪、なんば、長岡もちろん山梨ナンバ

ーも見られる。

左に野呂川の深い深い白鳳渓谷を眺めながら進む。



https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/58/7593610eccafceb2911d6897abf9a00e.jpg

南アルプス街道の看板がところどころに見える。

途中、小雨がパラパラ。

10:56広河原到着、おおきなバス停。

これで、3年連続ここに到着。一昨年は北岳登山、昨年は甲斐駒ヶ岳登山。



<中央グリーンのテントが広河原~北沢峠行きバス停、南アルプス市営バス>


https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1c/6a/c6edcd55f642a833db0150bd06b02fca.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1a/cb/d8f7b2c00545e252aa1850db9cd32814.jpg

バス停傍の野呂川にかかる橋から、上流方向を写真に収める。



<橋上から、雲がかかる甲斐駒ヶ岳方面を見る。>
<中央川筋が切れる上あたり、グリーンの吊橋、ここから北岳登山。>
<北岳は写真には入っていませんが、写真左方向です。>

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/66/bc/8a689b995f1b54ad717fca3ae729ea75.jpg

バスを降りるころから小雨になる。ここでは、北沢峠へのバス停のテントに入り、雨

をしのぎ、昼食を採る。

お腹が空き、オムスビ3個と昨夜準備したゆで卵2個を食べる。

(仙丈ヶ岳山行報告(その1)終わり。続報を順次出させていただきます。)

コメント   トラックバック (1)

仙丈ヶ岳山行準備(その2)

2009-07-24 07:00:18 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行準備(その2)

①天気予報

7/25・26は曇り、降水確率20%前後、雨が降らないように祈らざる得ない状況とな

っています。

この両日の前後は、雨が降る予報なので、幸いとも思っています。

 

山梨県 天気予報 URL
http://www.jma.go.jp/jp/week/321.html


南アルプス市 天気予報 URL
http://weather.jp.msn.com/local.aspx?wealocations=wc:10207940&q=%e5%b1%b1%e6%a2%a8%e7%9c%8c+%e5%8d%97%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%97%e3%82%b9%e5%b8%82


②食事関連セット

昨日、その一部を購入してきました。

 ・森永コンデンスミルク( 加糖れん乳 )
 ・ピーナツチョコ           
 ・白かりん糖                        
  ・アクエリアス  粉末清涼飲料 1L用 ×1
 ・柿ピーナツ
  
  非常食の干ブドウは、買い置きのレーズンクラッカー換えました。
  森永コンデンスミルクとチョコは、疲労回復に良いことで、付け加えました。
  アクエリアスは、内容を確認すると、1L用でしたので1袋にしました。

<当初計画> 

 ◇食事関連セット  コップ・ナイフ
                       行動食:塩・飴・かりん糖・アミノバイタル×3・梅干丸薬
                            非常食:干ブドウ
                            粉末アクエリアス×2
                            昼食:ムスビ×3・ゆで玉子×3
                            酒:ウィスキー250cc   つまみ:柿の種


③今日、折りたたみ傘とオロナミンチューブ入りの購入を予定しています。

これで準備を終えよう考えております。

コメント

ギボウシ(擬宝珠)咲く

2009-07-23 02:05:31 | 

ギボウシ(擬宝珠)咲く

日光鳴虫山(ナキムシヤマ)に登山した際の頂き物がきれいに咲いた。

もらったときは、花もなく弱弱しい葉っぱのみであった。

帰宅後、母に預けたところ、立派に育ててくれた。

紫のややつりがね状の花をつけ、葉っぱはみずみずしものになっていた。

花茎が3本、一本に3ないし4個の花をつけている。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5d/73/b7610d31f16f4c0d6be685fb659d52cc.jpg

・百合(ゆり)科。                         
・学名  Hosta : ギボウシ属                 
  Hosta(ホスタ)は、19世紀のオーストリアの
  医者「Thomas hostさん」の名前に由来する。
・開花時期は、  6/10頃~  7/20頃。 
・葉っぱは幅広で大きい。                   
・橋の欄干の上にある、玉ねぎをさかさまにした
  ような装飾物が「擬宝珠」。この花のつぼみが
  擬宝珠に似ていることからこの名になった。
 ・強い日光と猛暑が苦手。 日焼けしてしまうらしい。                 
  イギリスや北欧では夏は日本より涼しいので、
 ガーデニングとしてよく使われる。         
・春、若葉をゆでてあえものにすると         
  おいしいらしい。                          
・「大葉擬宝珠(おおばぎぼうし)」は主に山野に生え、
 葉っぱがでかい。       
・「きぼうし」とも「ぎぼし」とも呼ぶ。     

 

 

コメント

登山用品

2009-07-21 17:44:01 | 商品
イスカ(ISUKA) ウェザーテック ライトスパッツ

イスカ(ISUKA)

このアイテムの詳細を見る
コメント

仙丈ヶ岳山行準備

2009-07-20 10:09:23 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行準備

①「南アルプスNET」を見つけました。

仙丈ヶ岳のアクセス、馬ノ背ヒュッテや高山植物等の情報が満載されてます。

大塚山歩会の参加者の皆さん、アクセスは確認しましたが、バス時間は山行計画通

りの時間ですのでご安心ください。

次にアクセスしてださい。

http://www.minamialps-net.jp/index.html

②「気象庁の週間天気予報:山梨県」を南アルプスNETで見つけました。

7/25・26の予報の信頼度は、ABCの三ランクのBなので、「曇り時々晴れ」の天気が

ほぼ確実のようです。

登山・ 下山の際の雨は避けることが出来そうです。

昨年は快晴、カンカン照りでしたが、昨年同様の天気になればいいなあと思っていま

す。

次にアクセスしてください。

http://www.jma.go.jp/jp/week/321.html

③「山のレスキュー」が載っている小冊子を携行

登山雑誌岳人の昨年の5月号の付録だった、「快適登山ノート」が小冊子です。

今回は11名と多く、あわてないために小冊子を携行します。

コメント

仙丈ヶ岳山行装備

2009-07-19 12:32:18 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行装備          21.7.19作成

バッグ28L・ウエストポーチの準備内容   

         ①  最上部のポケット     サロンパス・バンテリン・軍手
      
         ②  次のポケット           帽子・ホカロン×1・テイツシュ
                 
         ③  バック本体       
 
       ◇食事関連セット  コップ・ナイフ
                             行動食:塩・飴・かりん糖・アミノバイタル×3・梅干丸薬
                                        非常食:干ブドウ
                                        粉末アクエリアス×2
                                        昼食:ムスビ×3・ゆで玉子×3
                                        酒:ウィスキー250cc   つまみ:柿の種

               ◇ウィンドブレカー
             
               ◇風防付長袖フリース

               ◇安全キット          レスキュウシート・磁石・サングラス・警笛・小ランプ・
                                         ヘッドランプ・ツエルト・ザイル・ホカロン×2・固定絆創膏
                    ・予備電池
     
               ◇医薬品セット

               ◇雨衣の上下
 
               ◇着替セット          半袖シャツ・パンツ・靴下・ハンカチ・タオル・歯ブラシ

               ◇アイゼン・スパッツ
        
        ◇傘

      ④バッグ外付け
        ◇ストック
        ◇アクエリアス500cc
        ◇お茶250cc

      ⑤ウエストポーチ
        大塚山歩会旗・熊除けカウベル
        カメラ・予備バッテリー・携帯電話
        山行計画・筆記具
        財布
            
2 本内容は、今年の両神山登山の経験を踏まえ作成しています。

  両神山の反省で、重量を少なくしようとしたがなかなか思うようにいきません。

    アミノバイタル(ゼリー状)はやや重いですが、カロリー即補給に抜群の効果がありま

    すので、携行します。登山仲間の為にも。

  アクエリアスの粉末を忘れず購入し携行したいと思っています。
 
  梅干丸薬が多くありましたので、今年はすぐ出せるところに入れようと思っていま

    す。

  良く忘れる大塚山歩会旗も確実に入れました。

  昨年忘れた熊除けカウベルや軽アイゼンも入れました。

  仙丈ヶ岳山行が、後6日に迫ってきました。

コメント

仙丈ヶ岳山行(南アルプス市)天気予報

2009-07-19 07:39:43 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行(南アルプス市)天気予報

7/25(土)の天気予報がなされました。

曇り時々晴れとのこと。

仙丈ヶ岳山行、取り敢えず、一安心です。しかし、昨年のようによい天気になってくれる

ことを祈っています。

MSNの天気予報です。冒頭の仙丈ヶ岳山行(南アルプス市)天気予報か、または、

次のURLをクリックください。

http://weather.jp.msn.com/local.aspx?wealocations=wc:10207940&q=%e5%b1%b1%e6%a2%a8%e7%9c%8c+%e5%8d%97%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%97%e3%82%b9%e5%b8%82

 

コメント

秋葉原探訪

2009-07-19 07:19:06 | 散歩

秋葉原探訪

15日と18日秋葉原に出かけました。

15日は、丸の内職場を16:00に出て、東京駅から秋葉原駅に着く。電車で4分、近い近い。
後で分かったことだが、同じ千代田区だった。
駅構内で右往左往、一旦中央出口に向かったが不安でしたので、床の案内表示の電気街口に向かい、外に出た。
ここでも方向が定まらず、案内板を確認する。
妻が入院している三井記念病院を。
昔、三井記念病院に行ったことがあり、凸版印刷の会社前の病院を記憶していた。
出た所は、病院とは反対側であった。
総武線のガードをくぐり、病院側のエリアに出る。
総武線と山手線が十文字に交わっているので、方向がなかなかつかめず、どのエリアに居るかがわかりずらい。
昔の記憶をもとに歩くが、病院分からず、途中、中年の女性に聞き、そこが相当行きすぎていることが分かり引き返す。
凸版印刷の本社が見つかり、安堵する。
病院も工事中で、入り口が分かりずらい。
案内役の女性に、入院病棟への行き方を聞き、10Fに到着、面会票に記帳し、病室に行く。
1時間ばかり妻と談話、妻から帰りの道順を教えられ、人の流れに従い、ヨドバシカメラの傍をとおり駅に着いた。
ヨドバシカメラに寄りたかったが、夕食の準備もあり残念する。

18日息子の運転で、妻が退院するので迎えに行く。
西東京から、青梅街道を通り、新宿、市谷、秋葉原へ。時間的には1時間少々だった。
病院に着くと、妻は入院費を払い、帰宅出来る準備が整っていた。
直ぐ、妻を車に乗せ、私は所要があるので、駅前で降ろしてもらった。

今日は、ヨドバシカメラをゆっくり見てみたいと思い足を運ぶ。
とにかくでかく、多くの商品並んでいる。
また、外人さんへのお土産、例えば浴衣等が並んでいた。
日本人が、外国へ行く際のお土産を考える際、訪れて見るのも良いかも知れない。

PC売り場で説明を聞く。
私のPCがNECのラビなので、その夏バージョンを見る。
11万~20万の価格帯だ。本体のみ。
11万割引セールの製品が主流だ。
ビスタから、次のバージョン、ウインドウズ7へのバージョンアップ得点つき、3,000円でおこなうとのこと。
売り出しは、おおむね1年後と。
私のPCは、4年半を過ぎており、新しいPCを買いたいと思っている。
このPCは息子が買ってくれたものだ。確か、印刷機込みで、17万だった。
あたらしく買う際は、息子が援助してくれそうな口振りだ。
息子が、CPUをPCの脳みそに例えていたが、CPUのメモリーが少ないので、処理速度が遅いとのこと。
新製品は、CPUは2GB、増設すれば4GB、動画をみると、これぐらいが必要とのこと。
いろいろな物をみて回る。
デジカメ写真のプリント機械が15台ぐらいありました。
L判1枚30円でした。
ソフトも多くありました。
約1時間ばかり居ました。
なにも買わず、団扇を1枚いただいて店をあとにしました。

お年寄りの人が、ウインドウズ7へのバージョンアップのことを話していた。
ある老人いわく、だまされるな!!
ある老女が「ビスタは、ウインドウズ7へのバージョンアップの一過程だと。」説明を受けたと話したことに端を発していた。
私も老人だが。
PCは、老人間でも話題を提供、常日頃使用しているのだと感心した!!

ヨドバシカメラは、駅1F中央改札口を出て、右側30m先に、横断歩道を渡ったところに入り口があります。
間違わず行かれることを祈っております。

コメント

仙丈ヶ岳山行準備

2009-07-18 05:59:22 | 大塚山歩会山行

仙丈ヶ岳山行準備

仙丈ヶ岳山行が間じかの、7/25・26に迫って来ました。

この三連休で、バッグの詰め込みをしたいと思っています。

今年は意外と残雪が多いとのこと、軽アイゼンは必携となりました。一昨年北岳登山

の際、軽アイゼンを携行せず、残念な想いをしました。予定ルートと山小屋を変更せざ

るを得ませんでした。

北海道で相次ぐ、登山事故の記事を読んで、準備は万端にしなければいけないと

強く感じました。

また、ルートの確認も重要で、ルート図を再作成してみました。

このルート採用にあたっては、最初と最後のルートを同じにし、北沢峠~大滝頭間、

最後の疲れの軽減と安心感を得たいと考えました。

このため薮沢ルートは採りませんでした。

今回、男女各6名、12名となりましたので、さらに、その重要性が感じられます。

また、見晴らしの良い尾根ルートで、登山の醍醐味が味わえると思います。

多くのデジカメ写真を撮りたい・・・・撮りたい。

昨年の7/25・26、甲斐駒ヶ岳に登り、カンカン照りでしたので、今年も良い天気にな

るよう祈っています。


ではルート図です。

①平面ルート図

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1f/0a/cd1362ff101b2a52f89df5a6ffe864eb.jpg

②断面グラフ図

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/42/86/741b45a5b7180a29f0b433a92f7f030e.jpg

③立体ルート図

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7d/7d/02d8d449622e8224dc6fc308a3b79b71.jpg

コメント (2)

西武秩父線開通40周年記念ハイク第3回(武蔵横手駅~吾野駅)21.6.13

2009-07-16 05:56:16 | 山行

西武秩父線開通40周年記念ハイク第3回(武蔵横手駅~吾野駅)21.6.13

6月13日歩いたルート図を作成しましたので、ご覧ください。

①平面ルート図


https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7d/91/692a37e1e48b8ea9b2449708fbb4bda8.jpg
②断面グラフ図


https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2d/0d/8c361d9b07ae993fcce6a70919661cf9.jpg
③立体ルート図


https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1a/16/af93aec37bac6646af7ca18289a5fe80.jpg

コメント

丸善で図書購入

2009-07-15 06:40:00 | 商品

丸善で図書購入

写真の御礼に、図書カードを頂き、早速「カシミール3D GPSで山登り 関東甲信越

の山300コース」を買いに出かける。

丸善2Fのアウトドアーコーナーにあることは、前日夕方確かめ、一部内容を読んで

いた。

前日購入しようかとも思ったが、図書カードのことを思い出し止めた。

丸善は、東京駅北口前のオアゾのビルの中にあり、1~4Fまであります。

オアゾの玄関

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2d/e5/8a9017ac1c6f3438c40b642317b2f9f6.jpg
 
丸善の玄関


https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/52/09/2048ba01a9d865b7c23505147304b5f9.jpg

丸善は、1~3F図書売り場、4F万年筆や小物売り場、ギャラリー、喫茶店等となって

います。

とにかく、一度足を運ばれたらいかがかと思っています。

本好きの方にはもってこいの場所と思われます。

丸善へ行く途中、東京駅北口の復元工事をカメラに収めました。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/76/23/391ce9e79972dbe1e9959b1670ca7f0b.jpg

職場から丸善まで徒歩5分ですが、皇居外苑散歩の方を選ぶ日がおおいい毎日で

す。

 

コメント