まんまるMargaux!

微笑みネコちゃん、シャルトリューのMargauxとの暮らしプラスα

マイケル・・・

2009-06-26 21:42:26 | Weblog

【高画質】スリラー THRILLER Michael Jackson

今日は猫ブログっぽくないけれど、世界中を駆け巡ったあのニュース・・・
早朝のTVのニュースで、一気に目が覚めた。
何を隠そう、マイケル・ジャクソンの音楽には楽しかった思い出がたっぷり詰まっている訳で、このニュースは悪い夢であってほしい、本当にそう願った。
ベストヒットUSAやアメリカンTOP40に夢中だったあの頃、マイケルの歌やダンスは本当にキラキラと輝いていて、何か特別なものだった。
コンサートも熱気に溢れていて、歌っている最中に感極まって涙ぐむ姿にジーンと来たのをよく覚えている。
ここ何年かは音楽活動よりもゴシップばかりで、きっと苦しかったに違いない。
まだ50歳、でも子供の心を持ち続けようとしていた彼には、もう50歳、だったのかな。
またひとつ、大切な思い出が遠ざかるのは寂しいけれど、
ありがとう、そして、おやすみ、マイケル。

そんな訳で、追悼番組を見ながらしんみりしていたら、優しいマルゴーがスローな「スリラー・ダンス」でなぐさめてくれた

いつも温かいコメントや応援をありがとうございます

コメント (6)

いやはや・・・

2008-08-03 22:21:42 | Weblog

<2008年7月30日の日記より>

かねてから、CAT.の母方の祖先は、風貌や習性から、東南アジア方面の浜辺で丸太に乗って昼寝をしていたら、うっかり日本列島に流れ着いてしまったお猿さんの血が入っているのではないかと疑っていたのだが。
どうやらそれが実証されたかもしれない


-------------- (^^;) -------------- (^^;) ---------------

熱帯雨林に小さな酒豪 しかも人より強いらしい…


東南アジアの熱帯雨林にすむ原始的な哺乳(ほにゅう)類ツパイのなかまが、アルコールを飲むことがわかった。日常的に「飲酒」習慣がある野生の哺乳類は珍しく、しかも人間より強いらしい。ドイツなどのチームが29日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表する。

 マレーシア西部のヤシの一種は、花の蜜が発酵するとアルコール度数が最高3.8度とビールなみになる。この木に群がる動物を調べたら、ツパイのなかまのハネオツパイが蜜を主食にしていた。

 ツパイはリスに似た小型哺乳類で、サルの祖先に近いとされる。発信器をつけて追尾したり、毛の中のアルコール代謝物を調べたりした結果、人間なら泥酔状態になるほどの量を飲んでいた。アルコールの代謝能力は人間より高く、「飲酒」後も平気で木に登る。

 花の蜜を飲むツパイが花粉を運び受粉を助けている。この「蜜月関係」は、ヤシとツパイの進化から考えて5500万年前から続いているとみられる。研究チームは「ヒトのアルコール代謝機能に受け継がれているかもしれない」という。

-------------- (^^;) -------------- (^^;) ---------------

CAT.ママは体質的にはお酒が強かったが、あまり好きでなく、滅多に飲まなかった。
一方、CAT.オヤジは、体質的には弱かったが、酒好きで鍛えられた。
遺伝とは面白いもので、そんな両親の間に生まれた娘は、というと、
CAT.妹は体質的に弱く、お酒は好きでない。
そしてCAT.は、というと、体質的に弱くはなく、嫌いでもないらしい(爆)
更に祖先を遡って調べてみたいものだ。

ちなみにうちの子のネコ種は、リキュールと同じ由来のシャルトリュー、そして名前のマルゴーは、ちょうど去年の今ごろ、祖母宅で掘り出したあのフランスの逸品が由来となっている。
これはもう、宿命ということか(笑)
<SCRIPT type=text/javascript>new DecolinkParser().start('diary_body')</SCRIPT>
コメント

居酒屋タクシー (^^;)

2008-07-29 23:03:10 | Weblog

<2008年7月15日の日記より>

最近、下火になりつつある話題だがあせあせ

CAT.は仕事柄、タクシー車(セダン)を利用する頻度が意外と高い。
それでも、これまで一度も「居酒屋タクシービール」にお目に掛ったことがなかった。
そしてこの居酒屋タクシー問題が世間を賑わせ、きっともう絶滅したことだろうと思っていた。

残業後の深夜、よろよろとタクシーに乗り込み、行き先を告げて走り出したところで、運転手さんが
「お客さん、よろしかったらどうぞ~わーい(嬉しい顔)
と何かを差し出すではないかexclamation ×2
おおおーーーーっ、これはもしやっうまい!
(下心が瞬間的に発火衝撃

ビール

・・・にしては小さい(爆)
そう、差し出された物は「のど飴」だったわーい(嬉しい顔)
ま、CAT.には駄菓子屋タクシーがお似合いかあせあせ

けれども、これで終わりではなかったのである。
また別の日、取引先からの帰りにタクシーに乗り込むと、
「お客さん、これどうぞ~わーい(嬉しい顔)
と、また何かを差し出される。
ええっ、まさか、こんな昼間からビール、、、
な訳もなく、今度はSuicaとの提携キャンペーンとのことで、
あのペンギンさんのペンギンポストイットを頂いた。
CAT.は文房具屋タクシーも結構好きである(笑)
<SCRIPT type=text/javascript>new DecolinkParser().start('diary_body')</SCRIPT>
コメント

鞭と飴と鞭 (^^;)

2008-07-07 22:29:47 | Weblog

<2008年4月17日の日記より>

今回の天竺旅行、、、もとい、天竺巡業、CAT.的には最近の数々の不遇(?)に対する会社からのご褒美と思っていたぴかぴか(新しい)
巡業はすごく楽しかったし、ご機嫌で帰国したわーい(嬉しい顔)
ところが、だ。
職場で待ち受けていたのは、更なる試練の道であったげっそり
そんな訳でなかなか日記も更新できずふらふら
取りあえず場つなぎの映像でお楽しみくださいあっかんべー

ちなみに現地のホテルではチャンネルを回すと、朝から晩まで、ほとんどがこの調子でした(笑)

コメント

ボウリング (^^;)

2008-07-05 23:26:34 | Weblog

<2008年3月29日の日記より>

昨夜は職場のボウリング大会。
泥船ふらふらに乗せられて移転したわが部隊と、母艦に残った本隊との交流イベントで、32名が各4名の8チームに分かれての対抗戦&個人戦だった。
実はCAT.は球技に関しては、球が大きくて重くなるほどに苦手種目となる。
つまりは温泉ピンポン(卓球ではなくあせあせ)とかゴルフゴルフはまあまあなレベルだが、テニステニスあたりから雲行きが怪しくなり、バレーボールは戦力外、バスケバスケットボールに至ってはお話しにならないげっそり
そして当然ながらボウリングは最も危険分野であることが、これまでの実績でも証明されている。。。
だからチーム分けの段階から、危険さの度合いについてはちゃんと幹事に説明したが、「そこまで酷い」とはなかなか理解してもらえず(爆)
闇練する時間もなかったので、同じチームになった不幸なメンバー達へのせめてもの誠意として、爪はきっちりと切って行ったあせあせ
ルールは簡単。各自2ゲーム投げて良い方のスコアを採用し、チーム合計と個人戦の順位を決める。
理論的には最初の1ゲームを練習に徹し、2ゲーム目でスコアをまとめれば良いのだが、2ゲーム目の最後まで体力と気力が残らないという懸念もあるがく~(落胆した顔)
実際に投げ始めたら案の定、惨憺たる状況泣き顔で、自己ワーストを更新しそうな勢いだった。
何しろボールがピンまで届かずに溝に吸い込まれてしまうげっそり
チームの仲間達が色々とアドバイスしてくれるお陰で、途中からやっと少しはピンが倒れるようになったあせあせ
2ゲーム目、日頃から重たいネコちゃん猫で筋トレしている効果もありexclamation & question、スコアも少々改善(と言っても大したことはないけれどあせあせ
ゲーム終了後は近くのお店に場所を移し、表彰式&宴会。
個人戦では女子のブービー賞頂きましたあっかんべー
同じチームのリーダーもCAT.に足を引っ張られ、男子のブービー。
さらにもう一人のチームメイトが個人で優勝わーい(嬉しい顔)
そんな玉石混合チームは見事最下位、、、すみませんっあせあせ(飛び散る汗)
全体的には、やはりボウリング世代のオジサマ方がパワーを発揮していた(笑)
そのまま深夜までみんなでドンチャン騒ぎビールとっくり(おちょこ付き)ワイングラス
そのうち第2回大会も実施されることになるかもしれない。
正直言って行くまでは気が重かったが、意外と楽しい晩だったわーい(嬉しい顔)
<SCRIPT type=text/javascript>new DecolinkParser().start('diary_body')</SCRIPT>
コメント

つくえ本箱~、運び出された荷物の跡はぁ~♪

2008-07-04 23:48:30 | Weblog

<2008年3月21日の日記より>

昨日はお彼岸なので、激寒で土砂降りではあったが、CAT.オヤジやCAT.妹、姪とお墓参りに行った。
CAT.一家は、普段ならあの悪天候ではさっさと諦め、後日また改めて、、、となるのだが、今回は雨天決行ふらふら
なぜかと言うと、CAT.オヤジやCAT.妹達は、姪の春休みにかこ付けて週末から旅行に出ようという魂胆なわけでペンギン
この時期に不本意な事情で仕事を休めないCAT.は無残にも置いてきぼりなわけで泣き顔
帰りの車の中で、オヤジが姪に向かって「旅行から戻ったらイチゴ狩りに行くexclamation & question」と誘っていたのでCAT.も「行く~~~っexclamation ×2」と叫んでおいた。

で、その不本意な事情とは何かと言うと、職場の引越しであるげっそり
ようやく○○屋敷を引き払う作業が終わったのに、今度は職場かい。
CAT.達が所属している部署(別名:泥船ふらふら)は突然、本社ビルから別のビルに移転させられることになってしまったのだ(涙)
社員からの猛反対もあり、紆余曲折の挙句、一度は移転しないと決まったのに、1ヶ月前に突然、お上からの鶴の一声で、やっぱり移転することに方針変更となった。
本社の部署と頻繁に打ち合わせがあるし、一部の取引先からも遠くなってしまうし、通勤も大変になるし、全くもって気に入らん(爆)
何よりも心残りなのは、本社で別の部署にいる友人達とのささやかな気分転換ランチという楽しみが無くなってしまうことである涙
それでこの数日は泣く泣く書類や荷物を整理し、準備を開始。
最終日の今日は、みんなで朝から仕事もせず、ひたすらゴミを捨てたり、ダンボールに荷物を詰め込む作業を行う。
・・・って、まるでデジャヴじゃんげっそり
月曜から新しいオフィスだが、まるで突貫工事的な引越しとなったので、色々な手配は本当にちゃんと間に合っているのだろうか。。。
早出して荷物の開封もしなければならないが、行ったこともない場所だし、そもそも無事にたどり着けるのだろうか(爆)
これまでの職場は今夜からすべてを運び出して、更地になるらしい。
入社してからXX年通い続けたビルから違う場所へ通勤するようになるとは、なんとも複雑な心境である。
しかし、可愛いマルゴーのご飯代を稼ぐ為には、じっと我慢っ考えてる顔
今日の写真は、水道工事中のマルゴー。

<SCRIPT type=text/javascript>new DecolinkParser().start('diary_body')</SCRIPT>
コメント

○○屋敷攻略っ

2008-06-29 21:37:51 | Weblog

<2008年2月14日付の日記より>

半年以上に亘る発掘調査を終え、ついに恐怖の○○屋敷家を攻略した。
毎週末を冷暖房のない古屋で40年分の埃に塗れ、我ながらよく働いたものだ。
屋敷の荷物(ガラクタとも言う)を整理していて、昭和40年~60年頃の高度成長期の日本の縮図を見たような気がする。
20年ほど前に亡くなったCAT.ジイジは仕事柄、交友関係が広く、色々と贈答品や引き出物、お香典返し等の頂き物があったらしい。
そして当時は「大きくて嵩張る物」が良いとされていたらしく、老夫婦の2人暮らしには無謀なくらい大量の未使用の布団や毛布が出てきた。
それに驚くほど旧式の電気製品(大きなトランジスタラジヲとか懐中電灯、きっと最先端だったに違いない電気毛布などなど)、今では見ることもないような大きな卓上ライター(むか~し応接間に置かれていたようなヤツ)とか。
服地や浴衣地もたくさん出てきた。
問題なのは、そういった品々が決して有効活用されることもなく、ただ仕舞い込まれたままに(正確には単に押入れに詰め込んで放置されたままに)長い月日が経ち、すっかり傷んでしまったり、使い物にならなくなってしまったということ。
当時は「リサイクル」という意識は無かったのだろうが、自分にとっては不要でも、他の人にとっては役立つものであったはずなのにね。
勿体ないお化けが出るよげっそり

以前にもちょっと書いたが、大量のお酒も出土exclamation & questionした。
CAT.ジイジはお酒が好き&強かったので(誰に似たんだ?!じゃなくて、誰が似たんだ?!あせあせ)、お酒の頂き物も多かったようだ。
うちの可愛いマルゴー猫5の名前の由来となったシャトー・マルゴーの他にも、実は色々と掘り当てた。
もう何匹かネコちゃんがいたら、これまたすごい名前がついていたかもしれない(爆)
当時の流行はひたすら、赤ならボルドー、白は甘口のデザートワインだったのだろうか。
保存状態が良くないので、飲める状態ではないかもしれないが、面白いコレクションが出来た手(チョキ)
この頃はまだイタリアワインは流通していなかったのだろうか??
今ならリーズナブルで美味しいオージーワインやNZワインだって手に入るし、CAT.は良い時代に生まれてきたものだ。


そんなこんなで、私の半年分の青春を返して~あせあせ(飛び散る汗)な気もしないではないが(爆)、暫しの間、週末に自由な時間が取れるようになったるんるん
いよいよ屋敷の解体が始まる。
最後に振り返って屋敷を見た時、ちょっとジンとした。

<SCRIPT type=text/javascript>new DecolinkParser().start('diary_body')</SCRIPT>
コメント

月島 (^^)b

2008-06-25 23:11:45 | Weblog

<2008年1月12日の日記より>

職場の同僚達との新年会。
ジジ抜き、、、じゃなくて上司抜き手(チョキ)
月島へもんじゃ焼きを食べに行った。
お店は最古の老舗、近どう
http://<WBR>r.gnav<WBR>i.co.j<WBR>p/g903<WBR>500/
CAT.は東京っ子のわりには、もんじゃ体験(exclamation & question)が乏しく、今回で3回目くらい。
ということで、鉄板奉行は他の人達に任せ、ひたすら美味しくいただくことにしたわーい(嬉しい顔)
最初は鉄板焼きをおつまみに、ビールビール
ここで軽く驚いたのが、最近の若者には、1杯目は「まずはビールビール」というサラリーマンの暗黙の掟は存在しないらしい目
時代は変わったものだあせあせ
そしていよいよ、もんじゃ焼きるんるん
2つの鉄板で腕を競いながら、ああでもない、こうでもない、と皆で楽しく鉄板に手出しする(笑)
やがてビールから冷酒とっくり(おちょこ付き)に切り替え、与太話に花が咲く。
お次はお好み焼き。
これは関西人達が、俄然張り切りだすわーい(嬉しい顔)
もんじゃよりは、お好み焼きの方が、差が出やすいようで、こちらの鉄板は乾杯、、、じゃなくて完敗あせあせ
勝ち組のは、ふわっとしていて本当に美味しかったわーい(嬉しい顔)
きゃべつが嫌いなCAT.であるが、お好み焼きなら大丈夫なのだ手(チョキ)
その頃にはお店中の冷酒を飲みつくしてしまい、酔っ払い集団は常温のお酒を飲み続ける。
最後は焼きそばで閉めたが、これはこちらの鉄板の方が美味わーい(嬉しい顔)
そして閉店で追い出されてしまうまで、ひたすら飲み続けたが、それでも下町B級グルメはお財布にも優しいのであるウインク
上機嫌の酔っ払い集団はそのまま銀座になだれ込み、ダーツバーで深夜まで遊び続けた。
翌日、誰も遅刻せずに出勤したのは立派である(爆)
お正月休み明けの長い長い一週間に追い打ちを掛ける結果となったが、楽しかった~るんるん
コメント

再始動

2008-06-25 23:09:34 | Weblog

<2008年1月6日の日記より>

2007年後半にCAT.と悩ませ続けた○○屋敷の取り壊しまであと1カ月を切り、遂に抜き差しならない所まで追い込まれてしまったげっそり
デッドラインまでにお宝発掘と、それを遙かに上回るゴミ処理をしなければならないふらふら
という訳で、新年早々から屋敷に力仕事をしに行った泣き顔

今回も大量のワインを発掘。
やはり状態が悪くて飲めはしないだろうが、コレクションとして持っているには面白いものと、イチかバチか宴会時にでも開けてみようと思う物と。
とうとうロマネコンティは発見できなかったが、うちの子の名前の由来となったマルゴーの他にも、ちょっといい物があったウインク

それから、アルバム類の中にCAT.が赤ちゃんだった頃の写真がたっぷり。
これ自体はCAT.も持っているから珍しくはないが、別の意味で物議を醸した。
CAT.妹の写真は無い~っあせあせ
実は昔から実家でも妹が赤ちゃんの時の写真はなかった。
子供時代の姉妹喧嘩では「あなたは本当は『参宮橋の橋の下』で拾われたから写真がないのよっむかっ(怒り)」などとからかったような記憶がある。
CAT.ママは「あった筈だけど、自分でどこかへ失くしちゃったんじゃないの?」と言っていた。
その度に妹は「失くしてないっ!どうせ次女は写真なんて撮って貰えなかったんだから!」とひがんでいた。
祖父母宅にさえ写真が存在しないということで、これが立証されてしまった(爆)

廊下にとてつもなく山積みされた洋服の詰まった箱を始末したら、20年ぶりに2階の洗面所への道が開通したふらふら
地下室では荷物を撤去しているうちに、棚が倒壊、まるでインディージョーンズ状態げっそり

そんなこんなで、あまり休んだ気もせずに疲れ切ったままで4日の仕事始めを迎える羽目になった。
こちらもいきなり、トラブル発生泣き顔
前途多難な2008年の幕開けである。
来世は可愛いネコに生まれてきたいっ。
出来ればグレーで大柄、完全室内飼いでお願いします(爆)

写真は今夜のお台場レインボー花火大会。
11月から来週まで、毎週土曜の午後7時から約10分間の冬の花火大会♪

コメント

本年もよろしくお願い致します m(。。)m

2008-06-25 23:04:21 | Weblog

<2008年1月2日の日記より>

遅ればせながら、明けましておめでとうございます富士山
去年は楽しいコメント、元気が出るコメント、温かいコメントなどなど、沢山いただき、本当にありがとうございました目がハート
本年もよろしくお願い致しますわーい(嬉しい顔)
皆様にとって素晴らしい一年となりますようにぴかぴか(新しい)

今年はマルゴーとの初めてのお正月ウインク
例年なら年末から妹宅で合宿exclamation & questionするのだが、今年は泊まらずに日参することに。
ということで、年明けは我が家でマルゴーと迎えることができた。
マルゴーは新年を意識している様子もなく(笑)、いつも通りに元気に走り回っていた。
一方のCAT.は午前0時を待つ間に、TVを見ながら一人でちょっと飲み、いい気持ちで暖房ポカポカの床に転がって睡魔眠い(睡眠)と闘っていた。
途中、遠のく意識の中で、ミャ~るんるんドスッダッシュ(走り出す様)という音と共に顔の上を飛び交うマルゴーのほわほわのお腹を見たような・・・あせあせ
なんとかカウントダウンまでに目を覚ました。
0時と共に2つのお寺の除夜の鐘が鳴り始め、ディズニーランドの花火が上がるぴかぴか(新しい)
更に走るマルゴーを捕まえ、ギュウしてChuハート達(複数ハート)
何度も鳴る鐘の音とライトアップされたお寺、普段より多くの人の姿に、マルゴーは興味津津で窓の外を眺めていた。

<SCRIPT type=text/javascript>new DecolinkParser().start('diary_body')</SCRIPT>
コメント