だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『セデック・バレ 虹の橋』:第7回大阪アジアン映画祭

2012-03-20 00:01:33 | 第7回大阪アジアン映画祭

2011年/台湾  <日本初上映作品>

カラー131分
セデック語・日本語(日本語字幕)

監督・脚本:ウェイ・ダーション(魏徳聖)
製作:ジョン・ウー
   テレンス・チャン
   ジミー・ホアン
出演:リン・チンタイ
   マー・ジーシアン
   ビビアン・スー
   ランディ・ウェン
   ルオ・メイリン
   安藤政信
   河原さぶ
   木村祐一
   田中千絵


『セデック・バレ 太陽旗』に続く2部作完結編。
霧社事件に対する日本軍の報復とセデック族の葛藤、そして決死の戦闘を描く。
『スパイダーマン』のCGや『レッドクリフ』のVFXを手掛けたアジア人
スタッフによる戦闘シーンの映像は、台湾版『アバター』と呼ばれるほど
スケールが大きく、原住民の身体能力を最大限に表現している。
また、日本を代表する美術監督・種田陽平が、破格の規模の重量感あふれる
セットで戦前における台湾の日本風街並みを見事に再現。渾身の一大叙事詩に
強いリアリティを与えている。今まであまり知られることのなかった台湾での
抗日運動・霧社事件を再認識させるとともに、その奥にある人間の苦悩と意志、
原住民部族のアイデンティティと部族存続の行方を力強く描き、歴史に名を
残すであろう感動巨編。2011年度アカデミー賞外国語映画賞・台湾代表作品。
                      (第7回大阪アジアン映画祭公式カタログより)
    * * * * * * * *

多くの日本人が殺害された霧社(むしゃ)事件に対し、日本軍は直ちに報復を
開始。武器や毒ガスによる鎮圧を行う一方で、親日派先住民を動員し、蜂起
部族の長の首に懸賞金をかけて部族の分裂を画策する。
                      (第7回大阪アジアン映画祭公式カタログより)
    * * * * * * * *

第1部を観ておいて、第2部観ないわけにはいかないので観ることに。

前日、『熊ちゃんが愛してる』の整理券引き換えに朝並んでる時に、スタッフ
から『セデック・バレ 虹の橋』の自由席が40枚程度しか残ってませんって
聞いて、これはマズイと土曜の朝、雨が降ってるなか整理券引き換え時間より
も40分ほど早くABCホールに出向くことに。雨のせいか、並んでいる人が少なく
なんとか『セデック・バレ 虹の橋』の自由席整理券を入手することに成功。

滅びの美学ってやつ?

この手の、無理とわかっていても立ち上がざるを得ない男たちの滅びの物語は
好きなほうなんですが、今回はどうも最初から感情移入できないままの鑑賞と
なってしまった。
終盤、周りではすすり泣きがちらほら聞こえたが、自分としては第1部で
セデック族が無抵抗の日本人女性や子供を殺戮しているので、彼らが滅んで
いくのに何の感傷も湧かなかったな。むしろ日本軍のだらしなさにしっかり
しろよ!って思いながら見てた。

ジョン・ウーが製作に入っているのためなのか、大陸側の意向がいくばくか
入り込んでいるのか、日本軍が弱く描かれていたり、史実以上に日本軍の
犠牲が多くなってるが、まぁそこはセデック族が勇敢だったと描くための
方便なので仕方ない範囲かな。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 『セデック・バレ 太陽旗』:... | トップ | 『神さまがくれた娘』:第7... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

第7回大阪アジアン映画祭」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

セデック・バレ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
野蛮の誇り。 大日本帝国施政下の台湾で、先住民のセデック族が蜂起、日本軍・警察と交戦し、双方に多大な犠牲を出した、いわゆる“霧社事件”の顛末を描いた歴史ドラマ。 「セデック・バレ」とは彼らの言葉で...
『セデック・バレ』 これが抗日事件の着地点か!? (映画のブログ)
 日本一高い山はどこだろう?  今では誰もが富士山と答えるだろうが、68年前までは新高山(にいたかやま)――現在の玉山(ユイシャン)だった。台湾中央部のこの山は、標高3,952mで富士山の3,776mを凌いでいる。...
セデック・バレ (迷宮映画館)
台湾と日本の関係を知るための、貴重な作品。
セデック・バレ (愛猫レオンとシネマな毎日)
本作は昨年レビューを終えてない作品の1つで、7月に鑑賞したものです。 日清戦争後、台湾は日本領となり、大日本帝国施策下となります。 先住民セデック族が住む奥深い森も、日本軍に制圧され、多くの日本人が 暮らすようになります。 日本人は、首狩り族のセデック...
セデック・バレ (映画好きパパの鑑賞日記)
 昭和5年に発生した、台湾原住民が日本人を虐殺した「霧社事件」を映画化し、一部、二部あわせて270分以上の超大作にもかかわらず、台湾で大ヒットした作品。作品としてはかなり粗もあるし、日本人として目を背けたくなるシーンも多いのですが、現在の台湾の状況も合わせ...
「セデック・バレ 第二部 虹の橋」 (或る日の出来事)
第二部は、事件が始まってから以後。