だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『セデック・バレ 太陽旗』:第7回大阪アジアン映画祭

2012-03-19 00:01:18 | 第7回大阪アジアン映画祭

2011年/台湾  <日本初上映作品>

カラー143分
セデック語・日本語(日本語字幕)

監督・脚本:ウェイ・ダーション(魏徳聖)
製作:ジョン・ウー
   テレンス・チャン
   ジミー・ホアン
出演:リン・チンタイ
   マー・ジーシアン
   ビビアン・スー
   ランディ・ウェン
   ルオ・メイリン
   安藤政信
   河原さぶ
   木村祐一
   田中千絵


日本統治下における台湾最大の抗日暴動事件「霧社(むしゃ)事件」を圧倒的
なスケールで描く、2011年台湾映画界最大の話題作の第1部。
『海角七号/君想う、国境の南』のウェイ・ダーション監督は以前から本企画
の実現を切望、作品にも監督の気迫がみなぎっている。
安藤政信、ビビアン・スー、木村祐一ら日本でおなじみのスターが歴史的事件
の陰にある人間の葛藤を熱演。
ヴェネチア、ベルリンをはじめとする国際映画祭で上映された短縮版ではなく、
台湾公開時と同じ、1・2部で計4時間半におよぶ完全版を日本初公開。
                      (第7回大阪アジアン映画祭公式カタログより)
    * * * * * * * *

1895年から始まった日本の台湾統治により、先住民のセデック族やタイヤル族
たちは自身の文化や習慣を禁じられ、過酷な労働や服従を強いられていた。
1930年、日本人警官との間に起った事件がきっかけになり、セデック族の長、
モーナ・ルダオは日本側への蜂起を計画。長年の屈辱を晴らし、民族の誇りを
取り戻すべく、運動会開催中の小学校や警察派出所へ奇襲攻撃をかけるの
だった。
                      (第7回大阪アジアン映画祭公式カタログより)
    * * * * * * * *

霧社事件のことはよく知らないので、気になって観てみようと思いチョイス。

結構見応えある内容だった。

今回の映画祭は、笑える作品だったり、温かい気持ちになれる作品を多かった
ですが、一転、これはなかなかに重い作品でした。

日本の台湾統治にあたり、原住民族の反発や暴動があったという程度の知識は
ありましたが、霧社事件そのものは今まで知らずにいて、今回の『セデック・
バレ』で霧社事件の事を知ることになり、勉強になった。

セデック族が首狩りを習慣としているので、劇中の戦闘シーンでは次から次へ
と対立部族が首チョンパされたり、霧社襲撃でも日本人が多く首チョンパ
されるので、ショッキングな映像が苦手な人には向いてないかも。

まぁ、自分達の文化がないがしろにされたり、抑圧されたりして反発する
気持ちはよく解る。日本だって捕鯨問題で欧米の価値観で避難されてるので、
それ考えると、もうちょっと彼らの立場を尊重した統治方法があったんじゃ
ないかなと思われる。

だけど作品観てると、どうもセデック族に共感できなかった。
民族の誇りとか言うて立ち上がるなら日本人警官や教師、男性を襲えばいい
のに、無抵抗の女・子供・赤ん坊も殺戮してしまってるから、この時点で
彼らがどんな高尚な言い分を言ったところで、説得力が感じられなかった。
もう彼らがただの蛮人にしか見えなかった。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 『熊ちゃんが愛してる』:第... | トップ | 『セデック・バレ 虹の橋』:... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
事件 (sakurai)
2013-05-29 11:46:18
自体は、感心はできないものだったと思いますが、映画として見てみると、さすがに見応えあったと思います。
あれが相手が日本人で、納得のいく悪の描き方だったのがまた複雑ですね。
でも、見てよかったと思いました。
世の中、まだまだ知らないことが多すぎて。
>sakuraiさん (はくじ)
2013-05-29 21:58:17
こんばんは。
コメントありがとうございます。

台湾でこういった事件があったということはこの映画で
知りましたが、この映画はなかなかに見応えある映像で
見入ってしまいました。

コメントを投稿

第7回大阪アジアン映画祭」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

セデック・バレ (映画的・絵画的・音楽的)
 『セデック・バレ』を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)本作は、台湾で大ヒットしている作品であり、それも戦前の台湾を扱ったものと聞いて、あるいは以前見て大変感動した台湾映画『非情城市』(1989年)のような雰囲気を持っているのかなと期待して、映画館に....
セデック・バレ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
野蛮の誇り。 大日本帝国施政下の台湾で、先住民のセデック族が蜂起、日本軍・警察と交戦し、双方に多大な犠牲を出した、いわゆる“霧社事件”の顛末を描いた歴史ドラマ。 「セデック・バレ」とは彼らの言葉で...
『セデック・バレ』 これが抗日事件の着地点か!? (映画のブログ)
 日本一高い山はどこだろう?  今では誰もが富士山と答えるだろうが、68年前までは新高山(にいたかやま)――現在の玉山(ユイシャン)だった。台湾中央部のこの山は、標高3,952mで富士山の3,776mを凌いでいる。...
セデック・バレ 第一部 太陽旗★★★★ (パピとママ映画のblog)
日本による台湾統治時代に発生した、先住民による大規模な抗日運動「霧社事件」を映画化した歴史大作の前編。文化や風習を否定され、野蛮人として扱われたセデック族が、部族の誇りを懸けて武装蜂起するまでを描く。監督は、『海角七号/君想う、国境の南』のウェイ・ダー....
セデック・バレ 第一部 太陽旗  第二部 虹の橋 (カレサンスイノTTZMI)
『セデック・バレ 第一部 太陽旗』 “賽克・巴” (2011・台湾・2h24) 『セデック・バレ 第二部 虹の橋』 “賽克・巴 彩虹橋” (2011・台湾・2h12) 監督・脚本 : ウェイ・ダーション 出演 : リン・チンタイ、ダー・チン、木村祐一、安藤政信、河原さぶ...
セデック・バレ (迷宮映画館)
台湾と日本の関係を知るための、貴重な作品。
『セデック・バレ 第一部 太陽旗 / 第二部 虹の橋』 (2011) / 台湾 (Nice One!! @goo)
監督: ウェイ・ダーション アクション監督: ヤン・ギルヨン 、 シム・ジェウォン 製作: ジョン・ウー 、 テレンス・チャン 、 ホアン・ジーミン 出演: リン・チンタイ 、マー・ジーシアン 、ビビアン・スー 、ランディ・ウェン 、安藤政信 、ルオ・メイリン....
「セデックバレ」、1930年、日本統治下の台湾で起きた、原住民による抗日暴動“霧社 事件 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆     歴史映画・戦争映画好き ☆☆☆☆ やっとDVD化された。 なにしろ、第1部太陽旗 143分、第2部虹の橋 132分 堂々4時間半の大作。 当然、DVDも二つに分かれている。 ただ、この映画戦闘シーンが大半を占め、殺戮シーンの過...
「セデックバレ」、1930年、日本統治下の台湾で起きた、原住民による抗日暴動“霧社 事件 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆     歴史映画・戦争映画好き ☆☆☆☆ やっとDVD化された。 なにしろ、第1部太陽旗 143分、第2部虹の橋 132分 堂々4時間半の大作。 当然、DVDも二つに分かれている。 ただ、この映画戦闘シーンが大半を占め、殺戮シーンの過...
セデック・バレ (映画好きパパの鑑賞日記)
 昭和5年に発生した、台湾原住民が日本人を虐殺した「霧社事件」を映画化し、一部、二部あわせて270分以上の超大作にもかかわらず、台湾で大ヒットした作品。作品としてはかなり粗もあるし、日本人として目を背けたくなるシーンも多いのですが、現在の台湾の状況も合わせ...
「セデック・バレ 第一部 太陽旗」 (或る日の出来事)
かつて、台湾が日本に割譲されたことがあり、反乱もあった、ということを知らなければ、驚き、衝撃を受ける映画かもしれない。