だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

虐殺器官

2017-02-04 23:56:40 | 映画(か行)

日本
SF/アクション/戦争/アニメ

    * * * * * * * *

2009年にわずか34歳の若さで夭折した天才SF作家・伊藤計劃。
本作は彼が遺した3本の長編小説を劇場アニメ化する<Project Itoh>の1作。
原作は伊藤計劃の処女作にして日本が世界に誇る傑作SF。
アメリカ特殊部隊の兵士を主人公に、世界各地で大量虐殺を引き起こしている
と目される謎のアメリカ人の追跡とその暗殺作戦の行方を描く。
アニメーション制作を担当していたスタジオmanglobeの倒産で一時は
プロジェクト中止の危機に直面するも、新たに設立されたジェノスタジオが
後を引き継ぎ無事完成にこぎ着けた。
監督は村瀬修功。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

近未来。
テロとの戦いを進める先進国は徹底したセキュリティ管理体制を敷いてテロを
一掃する一方、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。
そんな中、アメリカで暗殺を請け負う唯一の部隊、情報軍特殊検索群i分遣隊を
率いるクラヴィス・シェパード大尉にある指令が下される。
それは、世界各地に虐殺の種をばらまく謎のアメリカ人言語学者ジョン・ポール
を暗殺せよ、というものだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

若くして亡くなった伊藤計劃の原作3本がアニメ化されるプロジェクトイトウ。
その三作目にして氏の処女作である『虐殺器官』が製作会社の倒産というアクシ
デントに遭いながらも、何とか公開にこぎつけたので、公開初日にMOVIX清水に
観に行く事に。

原作未読者には敷居が高い印象。

映像的には戦闘シーンなど見応えあってよかった。

予告映像では3作中、本作が一番面白そうだったんで期待してたんだけど、
ちょっと小難しい感じの内容で、原作読んでないとちょっと厳しいかなって
感じ。

全体を通してセリフが多いわりには、劇中の装備などの説明が少ない。
あの目薬をすることで、ドローンのカメラとリンクしたり、いろんな情報が
ARで表示されたりするんだろうし、あの降下ポッドも特殊な素材で出来ていて
パージ後に融解して敵側に情報や技術を渡さないってことなんだろうけど、
そういう所の説明がイマイチ少ない感じだったけど、2時間の尺の中で、
只でさえセリフが多い展開なので、その辺の説明描写が少なくなるのは
仕方なかったのかな。

後、個人的にジョン・ポールの動機がいまいち不十分な気がするし、主人公が
ルツィアに執着する理由も描き切れてない印象を受けたので、そこらへんも
原作読まないと分からないのかなぁ。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (1)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 映画INDEX:日本 ま~も | トップ | マグニフィセント・セブン »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (王島将春)
2019-10-11 04:01:36
はじめまして。福井市在住の王島将春(おうしままさはる)と言います。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イランがイスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めてください。

もしもクリスチャンが消えた後の世界に取り残されたら、黙示録14章を確認ください。絶対に獣の刻印(666)を受けないでください。

管理人様が悔い改めたら、村瀬修功さんに、キリストを伝えてください。村瀬さんがクリスチャンになったら、村瀬さんの方から、マングローブのスタッフ達にキリストを伝えてもらいたいです。

マングローブとは数年前に倒産したアニメ制作会社です。マングローブが制作したエルゴプラクシーは私の大好きなアニメです。もしも誰かから「もっと評価されて良いと思うアニメは何ですか?」と聞かれたら「エルゴプラクシーです」と答えます。今まで多くのアニメを見てきましたが、エルゴプラクシー以外にそのように思うアニメは・・・ないです。

話が脱線してしまいましたが、エルゴプラクシーのスタッフ達が救われますように。リル・メイヤー役の斉藤梨絵さんと、ビンセント・ロウ役の遊佐浩二さんも、救われますように。

in the Name of Jesus.

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

虐殺器官  監督/村瀬 修功 (西京極 紫の館)
【声の出演】  中村 悠一(クラヴィス)  三上 哲 (ウイリアムズ)  櫻井 孝宏(ジョン・ポール)  小林 沙苗(ルツィア) 【ストーリー】 開発途上にある国々で頻発する紛争......
虐殺器官 (花ごよみ)
34歳で病気で亡くなった伊藤計劃の、 デビュー作をアニメーション映画化。 本も読みました。 ジョン・ポールという男を 追跡する命を受けた アメリカ軍特殊部隊のクラヴィス・シェ......
『虐殺器官』 (beatitude)
アメリカではテロの脅威に対抗すべく徹底的に情報管理される一方、その他の各地では紛争が激化。各紛争地を渡り歩く米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉のもとに、紛争の気配......
17-094「虐殺器官」(日本) (CINECHANが観た映画について)
自分にできることを知ったら、それから逃れられなくなる  近未来。テロとの戦いを進める先進国は徹底したセキュリティ管理体制を敷いてテロを一掃する一方、後進諸国では内戦や......