グーッ!チャリ!ぱ~だ!

映画とちゃりんこと、時々、ラーメン。
それぞれの感想は個人的意見っす!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やまなみドリームライド2015へGo!

2015年09月28日 | 自転車でGo!

鬼のやまなみ!

「やまなみドリームライド2015」に参加しました。
ロングライド(136km)にエントリー。

風邪っぽかったのに、一人前夜祭が過ぎたのか...
朝起きたら、風邪が悪化してしまった(T T)
声がガラガラです。
こんなんじゃ、ホントに鬼に喰われちゃいそう...

鬼に立ち向かう猛者たちのなかに、
体調不良ヘロヘロ雑兵のオイラも武者ぶるい。。。いや悪寒か。。。

やっぱり、やまなみの景色は爽快しMAXなのであります。

エイドは...ボランティアの皆様には感謝しますが...
もう少し充実してほしい...かな。



今コースの最高標高地点は牧ノ戸峠です。

折り返し点はガンジーファーム。
なんとか到達しました。

竹田市名物のトマトうまMAX

折り返してからの方が斜度きついッス。

「渡るやまなみは鬼ばかり」
大小様々な手強い「坂鬼」があちこちに潜んでおりやした。
風邪で絶不調のなか、なんとかロングライド完走できました。

ありがとう!やまなみ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やまなみドリームライド2015へGo!(前日編)

2015年09月28日 | 自転車でGo!

「鬼のやまなみ」と別名の付いた、
「やまなみドリームライド2015」に参加前日。

鬼に喰われる前に、
別府で地獄...にはいかず、温泉に入って天国気分をあじわったのち...

孤独の前日祭です。

別府駅前の「まやかしや」さんで。

大分名物の「りゅうきゅう」と「とり天」を頂いてきました。

そして、〆に「ラーメン亭一番」さんにて、
冷麺を頂きました。

食べ過ぎましたぁ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安芸灘とびしま街道オレンジライド2013へGo!

2013年11月18日 | 自転車でGo!

安芸灘とびしま街道オレンジライド2013」に参加しました。

ロングコース(100km)にエントリー。

午前中は、さわやかな秋晴れ!
瀬戸内の多島美を堪能しつつゴキゲンライドなのだ!

エイドも充実です(^^)

ペダリング・マン 団長もくつろいでま~す。

しか~し...
午後からは一転...
雨と風に責められライド(T_T)

瀬戸内海はやっぱりいい!
楽しい大会でした!

またもや、団長とパチッと!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安芸灘とびしま街道オレンジライド2013へGo!(前日編)

2013年11月18日 | 自転車でGo!

「安芸灘とびしま街道オレンジライド2013」参加前日。

ホテルは呉市に。

一緒に参加するおいちゃんと、
大会での完走を願って、こちら「本家 鳥好」にて乾杯。

ここは、かの「吉田 類」様も訪れたお店。

呉の名物、鶏皮を味噌で煮込んだ「みそだき」。

親鶏を骨付きのまま焼いた「骨付き焼」。

あじの小魚を丸ごとから揚げにした「じゃこのから揚げ」。

やっぱり広島なので「かき串焼き」。

〆は木綿豆腐が3片入ったスープがうまい「スープ豆腐」。

お店独自の美味しい料理を、
呉の地酒「水龍」で流し込みます。

大満足です。

このあと、広島だからってお好み焼き屋さんに行って、さらに飲み。。。

明日は絶対に二日酔いだぁ。
走れるのかぁ......

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮崎アースライド2013 へGo!!

2013年03月27日 | 自転車でGo!

宮崎アースライド2013 へGo!!

久々の投稿です。
3月17日に、
宮崎アースライド2013へ参加しました!

今年最初のサイクリングイベントへの参加。
またまた、いつもの通りの言い訳ですが、
今冬は、なんだかんだで、週末ライドができず。。。
ほとんどぶっつけ本番での(募集概要によれば)120Kmのロングライド。
まぁ、アースライドなので、楽しみながらのファンライドに徹します。
ってトコで。

前夜祭「EARTH Ride 霧島ナイト!」にも、
豪華抽選会にツラれて参加しました!

霧島酒造さんの全面協力のもと、
吉助の白、赤、黒も振舞われます。

今回のアースライドのゲストである、団長安田さんも登場!
お約束の「ベタで~~す」で会場を盛り上げてくれます。

団体名は失念しましたが、
大迫力の和太鼓演奏は大感動なのです。

ゴリラのナビからSUNTOの時計SWANSのアイウェア、
アースライドのジャージ、霧島酒造さんの希少焼酎。。。
などなどの豪華商品は、カスリもせず他の善人の皆さんの手に。。。
女性陣は全員なんらかの商品を貰ってました(うらやましぃ)

残念な気持ちを引きずりつつ、宮崎駅近くの安宿に帰還。

明けて、次の日、、、
前日の「吉助」が体中に名残を残す中でのスタートです。
週間天気予報では、雨なんて時期もありましたが、
天気はまずまずなのであります。
(前年は最悪天候だったらしいが)

今大会は、ゼッケンにニックネームを記載するらしく、、、

「ぱ~だ」ではなく「へたれ~の」で。



朝は放射冷却の影響でしょうか、かなりの寒さの中スタートです。

いつも通り、後方からのゆっくりスタートなのです。
ゲートをくぐるまで、しばらく待ち。
団長安田さん達の励ましトークのもとスタートします。
スタートからしば~らくの距離は街中走行。
かなりの参加者が一列になっての走行、信号ストップの繰り返しで、
ほとんど歩いている状況。
一時間くらいこの一寸摺りの状況が続いてかなりのストレスを感じますが、
春を感じさせる花達に心癒されます。

徐々に、郊外に向かって行きます。

そして、待ちに待った日南海岸絶景ロードに差し掛かります。

昇ってくる朝日が爽やかなのです。
少しずつ春の陽気が体を暖めてくれます。

そんで~、、、
キタ~!青島です!

宮崎では既に桜は満開!
春もキタ~!

そして、日南海岸らしい風景もキタ~!

ってトコで、第一エイドです。
ここでは、おいしいトマトが提供されてます。

かなりの後方スタートと、長時間の一寸摺りに、
飫肥城CPの足きりに間に合うか、
既に黄色信号が点りそうな状況。

まぁ、しかし、こんな絶景を見ながらであるのならば、
爽やかに楽しみながらゆっくり走るでしょう!
EarthRideの名の通り、地球を楽しみながらね!

絶景!絶景!

モアイも歓迎してくれるのです。

二つ目のエイドポイントです。

いや~、日南海岸、最高なのです!!

そんな絶景ゾーンにお別れをすると、
飫肥城に到着です。
こんな嬉しい看板があちこちに。

そして、待望のお昼ご飯!!
飫肥名物「飫肥天」をはじめ豚汁もほっこりと美味いのです。
ただ願わくば、おにぎりもう一個欲しいのです。

かりんとうにも癒されます。

ここからは、山ゾーン。
坂好きも楽しめる。。。のですが、
今回のボクといえば、ゼッケンのニックネームにも記載したとおり、
へたれまくり。。。
写真を撮る元気もなく、
へたれ~の。。。

桜は満開でキレイなのに
 へたれ~の。。。

練習不足を痛感しつつ、
へたれ~の。。。

なんとか、エイドポイントに到着。

へたれ休憩中に、
団長安田さんと記念ショット。
(心よく応じてくれる団長さんはサービス精神満点なのです)

女性のジャージにサインしている団長さんをパチリ。

 最後のエイドでリフレッシュ。

後はシーガイアに戻るのみ。

へたれながらも、なんとかゴールする事ができました。

ゴールすると、宮崎名物の地鶏りの炭火焼のご馳走が!
ウマイんです!

そして、団長もどこかのチームの皆さんとゴール!!

 

しかしなぁ、
コースマップもHPも120Kmとなっているのでが、
ゴールしてのサイコンは129km!!
途中も10km近くズレていて、
最高ポイントがまだかまだかと心が折れてしまったのです。
(これはちゃんとして欲しいのです)

なにはともあれ、楽しかったです!!!
アースライド石垣島に続いて2回目の参加ですが、 
やっぱり楽しい!

EARTHRideは今回までで、
これからはGREAT EARTHと名前を変えて継続されるそう。

名前が変わっても機会があれば、またどこかで参加したい!!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画:希望の国

2012年11月02日 | か行の映画

希望の国

【キャスト&スタッフ】
 監督:園子温
 出演:夏八木勲、大谷直子、村上淳

【作品情報】
 ジャンル:ドラマ
 製作年:2012年
 製作国:日本=イギリス=台湾
 配給:ビターズ・エンド

【あらすじ】
 酪農を生業とする小野家。夫の泰彦と妻・智恵子は、息子の洋一とその妻・いずみの4人家族で慎ましくも満たされた生活を送っていた。
 一方、隣の鈴木家では、息子は家業を手伝わずに恋人と遊び回ってばかり。
 そんなある日、大地震が発生、原子力発電所が爆発する。
 一帯は避難区域に指定され住民は避難を強いられるが、泰彦らは長く住み着いた家を離れる事ができないでいた。
 そんな中、いずみが妊娠している事が発覚する。(goo映画より)

【感想】
 現在も悲劇は終結したワケではないのです。

 日本はこれで3度目の被曝を経験した国になってしまった。。。
 それなのに、喉元過ぎれば、無かったかのように過ごしている。(ボクも。。。)

 被災後、日本人の美徳が報じられる事は多かったが、
 この映画では、日本人の恥ずべき部分も訴えかけている。。。

 そして、改めて認識させられたこの現実。。。
 原発の恐怖は去っていない。
 まだ、これは現在進行形なのだと。。。

 タイトルのように、この国が希望の国である事を願って。。。
 (ボクは、何ができるのだろう。。。)

 グーッ度:
 4点(5点満点)

 (KBCシネマにて 10/20鑑賞)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画:ボーン・レガシー

2012年11月01日 | は行の映画

ボーン・レガシー

【キャスト&スタッフ】
 監督:トニー・ギルロイ
 出演:ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン

【作品情報】
 ジャンル:アクション
 製作年:2012年
 製作国:アメリカ
 配給:東宝東和

【あらすじ】
 CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカム計画」により、強靭な肉体を持つアーロンが訓練を積んでいた。
 このボーンによる事件の余波でその「アウトカム計画」も明るみになる事を恐れた上層部は、関係者の抹殺を指示。
 かろうじて生き延びたアーロンは、研究者のマルタを訪ねるが、彼女もまた命を狙われていた。(goo映画より)

【感想】
 ボーン・アイデンティティーの面白さが改めて証明されたのです。

 まずまず、なんだけどねぇ。
 手近なものを何でも武器にしてしまうってあの意外感や、
 ハラハラドキドキな展開、爽快なアクション、謎を呼ぶサスペンス。
 ってのもスケールダウン。。。

 見どころは、ラストのチェイスシーンのみってトコかな。
 それも、あんな終わり方あり~↓って感じで。。。

 ま、それなりに、、、ですかねぇ。

 グーッ度:
 3点(5点満点)

 (ワーナーマイカルシネマズ大野城にて 9/30鑑賞)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画:ハンガー・ゲーム

2012年10月31日 | は行の映画

ハンガー・ゲーム

【キャスト&スタッフ】
 監督:ゲイリー・ロス
 出演:ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース

【作品情報】
 ジャンル:ドラマ
 製作年:2012年
 製作国:アメリカ
 配給:角川映画

【あらすじ】
 最先端都市・キャピトルと12の隷属地区から構成される巨大国家ベナム。
 この国では、74年前の反乱戦争への見せしめのため、各地区の12~18歳の少年少女の中から男女一人ずつを選出し、殺し合いをさせる“ハンガー・ゲーム”が行われている。
 カットニス・エバディーンは妹の身代わりとして、第74回ハンガー・ゲームに12地区の女子代表として出場することになる。
 12地区の男子代表となったピータと共に、ゲームの行われるキャピトルへ向かう…。(goo映画より)

【感想】
 バトル・ロワイヤル&バトル・ランナーといった雰囲気なのです。

 全米では、かなりヒットしたみたいですね。

 バトル・ロワイヤルほどバイオレンスに特化してのアクション映画ってワケではないのです。
 自らは直接、刃を向けずに間接的に斃したり、サバイバル要素で生き残っていく、、、ってのは面白くはあるが、キレイすぎるキライはあるのです。
 単純なサバイバルアクションとしては、ソコソコ楽しめるのです。
 そんで、背景の設定を読めば、深い!と思ったりもするのです。

 2作目も日本公開決定とのテロップが映画終了後にありました。

 グーッ度:
 3点(5点満点)

 (ワーナーマイカルシネマズ大野城にて 9/28鑑賞)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画:天地明察

2012年10月30日 | た行の映画

天地明察

【キャスト&スタッフ】
 監督:滝田洋二郎
 出演:岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太

【作品情報】
 ジャンル:ドラマ
 製作年 2012年
 製作国:日本
 配給:角川映画=松竹

【あらすじ】
 代々将軍に囲碁を教える名家に生まれた安井算哲は、対局よりも星と算術に夢中になり、時間を忘れてのめり込んでしまう事もしばしばだった。
 ある日、会津藩主の保科正之から日本全国で北極星の高度を測り、その土地の位置を割り出す北極出地を命じられる。
 一年半の任務を終え、暦のずれが判明すると、今度は新しい暦作りの総大将に任命される。
 天体観測と数理解析を重ねた結果、幕府は改暦を帝に請願するのだが…。(goo映画より)

【感想】
 なんだか、残念な感じなのです。

 本屋大賞に輝き、直木賞にもノミネートされ大ベストセラーとなった冲方丁氏原作。
 それに「おくりびと」の滝田洋二郎氏の監督とあって、期待したのですが、、、

 原作とは多少の違いがある。
 どっちも脚色があるにしても、どっちが史実に近いんじゃ~。
 と、思ったりするのです。

 映画としては、、、なんだかあんまり盛り上がる場面もなく。。。
 淡々と上映終了。。。と言った感じで。。。
 う~ん、微妙だ。

 グーッ度:
 3点(5点満点)

 (ワーナーマイカルシネマズ筑紫野にて 9/27鑑賞)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画:バイオハザードV リトリビューション 3D

2012年10月29日 | は行の映画

バイオハザードV リトリビューション 3D

【キャスト&スタッフ】
 監督:ポール・W・S・アンダーソン 
 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー

【作品情報】
 ジャンル:アクション
 製作年:2012年
 製作国:アメリカ
 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【あらすじ】
 アンブレラ社の空挺部隊との戦闘で海に落ち、意識を失ったアリス。
 彼女が目を覚ますと、そこはアンブレラ社の要塞のような巨大施設のなかだった。
 現在では敵となったジルに拷問のような尋問を受けていると、エイダ・ウォンというスパイが現れた。
 彼女はアリスの宿敵・ウェスカーの部下だが、彼女を救いに訪れたと言う。
 アリスはエイダと彼女の仲間たちと共に、東京やモスクワを模した巨大施設の中を通り抜け、施設からの脱出を図る。(goo映画より)

【感想】
 もう、いい加減飽きた、、、のです。

 はや5作目ですか。。。
 まぁ、派手にアクションやってますって感じですが、
 イワユル、オワコン(終わったコンテンツ)である事は否めないのです。

 今回の見どころは、中島美嘉のゾンビ化くらいですかねぇ。。。

 グーッ度:
 2点(5点満点)

 (T・ジョイ博多にて 9/20鑑賞)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加