だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マンハント

2018-02-17 22:13:35 | 映画(ま行)

中国
アクション/サスペンス

    * * * * * * * *

「男たちの挽歌」「レッドクリフ」のジョン・ウー監督が西村寿行原作、
高倉健主演の日本映画「君よ憤怒の河を渉れ」をリメイクしたサスペンス・
アクション大作。
無実の罪を着せられ逃亡を余儀なくされた弁護士と、彼を追う孤高の刑事が
辿る壮絶な運命を迫力のアクション満載に描き出す。
主演は「戦場のレクイエム」のチャン・ハンユーと「そして父になる」の
福山雅治。
共演にチー・ウェイ、ハ・ジウォン、國村隼。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

酒井社長率いる天神製薬の顧問弁護士ドゥ・チウがある朝目覚めると、
ベッドに社長秘書・希子の死体が横たわっていた。
何者かの罠と気づき、その場から逃亡を図るドゥ・チウ。
大阪府警の敏腕刑事・矢村は、新人の部下・里香を従え、独自の捜査で
ドゥ・チウの行方を追っていく。
しかし捜査を進めるうちに、次第にドゥ・チウ犯人説への違和感を募らせて
いく矢村だったが…。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『レッド・クリフ』のジョン・ウー監督が福山雅治を主演の片割れとして、
大阪を舞台にした作品ってことで、めっさ気になったので大阪ステーション
シティシネマへ観に行く事に。

桜庭ななみが可愛かったなぁ。

これ、高倉健主演の「君よ憤怒の河を渉れ」のリメイクだったんだ。
そんなこと全然知らずに観たんだけど、まぁ突っ込み所満載なB級映画だった。

観てて終始違和感感じたのは、セリフがアテレコだからなのか、聞いてて不自然
だし、カット割りもアップ気味が多かったしで、なんか微妙。

だけど、アクションは凝ってて見応えあったし、倉田保昭リスペクトなのか、
彼の見せ場がけっこうあったので、個人的にはそれなりに楽しんで観られた。

大阪が舞台なのに、出てくる日本人誰も関西弁で話さないのも不思議なんだが、
さすがにそこまで求めるのはあれか。
そして何時からだんじりは大阪市内を曳きまわすようになったんだろうか。

でも桜庭ななみが可愛かった。
1名を除いて中国人女優陣がシュッとした綺麗どころが揃う中、唯一可愛い系で
その存在は微妙な作品の中でオアシス的存在。
もうちょっと出番があれば良かったんだけどね。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« バトル・オブ・オーシャン | トップ | コンフィデンシャル/共助 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2018-02-18 00:36:16
そうか、関西弁、誰も話していませんでしたか。國村さん辺りは関西弁でもいけそうだけど、一人だけ関西弁でもしょうがないでやめてしまったのかも。いやまあ、ジョン・ウー監督にが「関西弁」知らなかっただけかもしれないな。
>ふじき78さん (はくじ)
2018-02-19 22:09:44
こんばんは。
コメントありがとうございます。

まぁ関西弁話してなくてもいいんですけどね。
それ以前にアテレコと映像の動きがあってなくて
違和感ありまくりでしたけど。

コメントを投稿

映画(ま行)」カテゴリの最新記事