浜名湖の金魚



季節の移り変わりに心弾ませ
高齢夫婦の日々を綴ります。

 

紅葉ドライブ、そして山。

2015年10月30日 19時01分13秒 | 日記

「日曜日、雨みたいね。じゃあ木、金でどっか行こうか?。」2、3日前の会話。

で、守屋山としらびそ峠に行こうと決定。天気をみて出かけられる優雅な身の上です。

10月29日、国道152号を水窪、大鹿ととことん北上、5時間かけて杖突峠に着きました。

(高速安くないからね) 9時10分、今日は帰らなくてもいいからと楽な気持ちで出発です。

峠には太陽光パネルが広大に張り付けられていました。その右の登山道を登ります。

歩きやすい落ち葉の道が続きます。時間は秋葉山ぐらいと思いますが、自然林の明るい中

落ち葉を踏みしめ、ゆるゆると登ります。

   一等三角点のある頂上、素晴らしい景色です。

頂上には他の登山道を来たのか、20人ぐらいの人が賑やかに楽しいお喋りをしていました。

展望も素晴らしく、八ヶ岳、南ア、中央ア、御岳、乗鞍、北ア、霧ケ峰、諏訪湖等々見られ、日差しも暖かく

ゆっくりと頂上を楽しみました。平日も日曜日の元気な同志がたくさんいるようで嬉しくなりました。

 途中にあったきれいな紅葉。

 

高遠の城跡で時間をつぶして長谷村の道の駅で車中泊です。朝気が付いたら10台のお泊組がありました。

平日なのに仲間がたくさんいたのに驚きです。チワワと一緒の80代と思われる単独男性の、軽自動車の

キャンピングカーには興味を引かれましたが、人生イロイロあるわな、今、したいように生きていける人は

幸せかなと思います。

 

今日30日、朝5時前、しらびそ高原の尾高山に出発です。約1時間30分でしらびそ高原です。

昨日守屋山で会った人が先行して登って行きました。私は尾高山まで、ショウスケさんは奥尾高山までと決め

出発です。コメツガ、トウヒ、シラビソなどの針葉樹林と深い苔の林の中を一人でゆっくり歩いて行きます。

似た景色に沢渡からの聖岳を思い出しました。聖岳を日帰りで行ったこともありました。昔は若かったなあ~。

私が尾高山を下山し始めたらすぐ後ろにショウスケさんが付いてきました。

エエ~~、もう行って来たの?!と驚きです。ホント、カワイクナイ。

 木々に囲まれた地味~な頂上。

 この形には何年かかったのかしら?

今日は日差しもなく風が強くうすら寒い日でした。

峠付近はカラマツの山です。カラマツの葉が雨のように降ります。登山道を埋め尽くしています。

下山してまだ11時、林道、国道沿いの紅葉を見ながら我が家へ一目散に帰りました。

久しぶりのお泊りハイキングでした。

コメント

ニュージーランド、申し込みをしました。

2015年10月27日 19時04分57秒 | 日記

葉欠きの仕事がないので今日は休業日、今週3日の仕事です。

午前中はパソコン教室で頭をフル回転しました。エクセルの練習問題復習を

やっています。一度やっているのに何にも覚えていません。人間必要に迫られなければ

身に染みて覚えないという証明です。

 みんな一生懸命です。

 

ニュージーランドの申し込みをしました。12月3日出発です。あと1ヶ月です。

体調を整えていきたいと思います。

 

私のレタスが大きく育ちました。追肥を置いたナスも艶やかになりました。大きくするには

温度が足りないので今日食べちゃいました。種が無くやわらかでおいしかったです。秋ナスは嫁に

食わすなってのは種がないから??レタスも工夫して食べ尽くそうと思います。

 美味しそうなレタスとかわいいナス。

カリフラワーは4本植えたのに1本だけになりました。植えてすぐ萎びたもの、ムシに芯を食べられたもの、

なかなかむつかしいです。

 

 今日も『コロンボ』で夕食です。

 

 

 

コメント (1)

これもトレーニング、秋葉山。

2015年10月25日 18時32分37秒 | 日記

前日、ニュージーランド行こうと思うけど……(一応しおらしく)、「ふ~ん。」という反応。

あ、これはOKだ、行くことを前提にSBSは人数不足で行けそうもないからアルパインツアーの

行けそうなツアーを喋ります。決定!行きます。明日申し込みの書類を出します。(準備OK)

 

今日は休養日の予定をちょっとご機嫌取りで秋葉山に行ってきました。(ショウスケさんは登り大好き)

九里橋からは別行動、鎖から離れた犬のようにととっ~と走っていきます。

  九里橋、ここからよ~いドン、とっとと行きます。

私は、まぁ~ゆっくり自分の歩きで行きましょう。

秋葉寺でストレッチをし出発したらもうショウスケさん、目の前に立っていました。はや~~い。

私は大杉の手前で下山とします。下りながら花を撮って下りようと思いました。

花はエンシュウハグマ、小さなちいさな花です。

寝そべって、腕を三脚にして撮ってきました。

 エンシュウハグマ(葉っぱに切れ込み)

 キッコウハグマ(丸っこい葉っぱ、スミレに似てる)

今日はこの花に出会ったことで最良の日でした。

 これはコウヤボウキでしょうか。

 

今日は酒造会社「花の舞」の振る舞い酒の日です。近くを通ったらすごい人です。

これがあるから秋葉山にしたのに、ショウスケさん寄らずに通り過ぎます。

「どうしたの?」

「ただ酒を飲もうとすると人間卑しくなる。」 

分かったような、わからないセリフです。酒飲みのこだわりですかね~。

 

紅葉の季節なのに今日は紅葉無し、来週を期待しましょう。

今日もあらたまの湯で、極楽、極楽です。

 

コメント

ニュージーランドに行きたい、行くぞ~。

2015年10月22日 18時50分17秒 | 日記

昨日、アルバイト先からサツマイモ、ショウガ、さといもをいただきました。これを

どう食べようかと考えています。「オレ、キヌカツギが好きだなあ」というショウスケさんに早速

小さいものを茹でて食べてもらいました。あとショウガは甘酢に漬けようか、サツマイモは

もっと寒くなってから干しイモにしましょう。家庭菜園の白菜やレタスも順調に大きくなっています。

天候不順で野菜が高騰していますが、うちにあるものを工夫して、日々凌いでいます。

  こんなに頂きました。

  これ恐竜に見えます。

 

前日、「ニュージーランドに行ってこようと思うんだけど…」と言ったら、「ふ~ん、そう」という返事。

「なんで~!」とか、「行くな~!」とか言わないだろうなという確信犯だけど、下手に出てお伺いを立てます。

ところが、私はSBSツアーズでいくつもりが、『まだ、予定の半分の応募で、最少催行人数になるかどうかです』

ということ、ちょっと気が抜けやめようかと思いましたが、インターネットでいろいろみていたら、アルパインツアー

にいいコースがあり行こうと今日決心しました。

あと何年元気でいられるかという最終コーナーに来て、行きたいと思ったら行こうと、この正月に願掛けしたのに

何をためらっているのと、自分を奮い立たせています。明日、もう一度ショウスケさんに承知してもらいましょう。

二人で行けたら一番いいんだけど、まず行かないだろうなあと思います。食事がネック、肉を食べません。

飛行機にも乗りたくないといいます。北海道に誘ってもNO!!。奥さんは北海道おたくで何度も行って

いるのに、なににこだわっているのか不思議です。多分、北海道大好きの私に反抗しているのかもね。

電話で聞けば海外ツアーは単身の参加者が多いとのこと。行くぞ~~。

 

今、また『刑事 コロンボ』にはまっています。夕方5時からBSのTBSでやっています。最初はもうずい分昔です。

2年ぐらい前にもBSNHKで土曜日に放映されていて見てました。ですから、「あ、これ見たな」と思うものが多いけど

やっぱり見ていて面白いです。事件の起こりも犯人も分かっているのに何で見続けるのか自分でも不思議です。

 ほんと 面白い。

 

 

 

コメント

金魚、常光寺山に登る。

2015年10月18日 18時16分41秒 | 日記

爽やかな天気「麻布山」に行こうか?と言ったら、「おう!」という軽やかな返事。

山住峠から一番北なので紅葉もいいかなというだけだったけど、水窪の山はショウスケさんの

好きなエリアです。黒沢山、中の尾根山、黒法師岳、などちょっと覚悟を決めないといけない山

は置いといて、麻布山は私の行く範囲、ショウスケさんは前黒法師山までとコースを考え出発。

遭難者捜索に行った時以来です。

山住峠に行ったら林道通行止めの看板があり、あららあ…。麻布山の登り口まで行けません。

野鳥の森のオオルリの門までは行けるとのこと。その後林道を歩いてまで、行きたいという山ではなし

すぐ常光寺山に変更。この山はあと2週間ぐらい後のほうがいいかなと考えていましたが、やむをえません今日

行きましょう。登り口からはまだ緑の林でしたが、登るにつれ赤い木々が見られました。

 家老平登り口にありました。きれいな紅葉です。

頂上直下の平たい尾根は最盛期は空気まで黄色になるくらいきれいな黄葉の林です。今日はまだ緑の林です。

でも紅葉は所々見られました。

 頂上。 御岳、乗鞍、新南部の山々、素晴らしい展望が見られます。

頂上から噴煙を上げる御岳と乗鞍岳を眺めらて「いい山だね」とまたまた認識し下りました。

 ガレの淵に咲いてました。ツルリンドウ(?)かな。

 

家老平登り口にあったトイレは使えません。山住峠のトイレをご利用ください。

 

帰りはいつものようのあらたまの湯でリラックス、極楽極楽~。

コメント (1)