業務出張専門の旅行会社、株式会社アラ・ブランカ・フライトの新着情報!

ストライキ情報、渡航安全情報等に加えて、ホテルのお得情報等の様々な話題をピックアップ。

マカオ、新交通システム「マカオLRT」、12月10日開通

2019-12-10 09:47:35 | 現地情報
こんにちは。 業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 中国のランドオペレーター株式会社サウスチャイナエクスプレス、日本海外ツアーオペレーター協会によりますと、現地時間明日2019年12月10日(火)、マカオ初となる新交通システム「マカオLRT」が開通いたします。今回開業するタイパ線は、タイパフェリーターミナル駅~海洋駅間の9.3kmキロを11駅で結びます。

 ■マカオLRT タイパ線(輕軌氹仔線)、駅一覧
 * 氹仔碼頭(Taipa Ferry Terminal)
 * 機場(Airport)
 * 科大(MUST)
 * 路氹東(Cotai East)
 * 東亞運(East Asian Games)
 * 蓮花口岸(Lotus Checkpoint)
 * 路氹西(Cotai West)
 * 排角(Pai Kok)
 * 運動場(Stadium
 * 馬會(Jockey Club)
 * 海洋(Ocean)

 なお、このマカオLRT、年内は無料で利用出来るとのこと。 この時期マカオへのご旅行をご予定の方は、是非ご利用下さい。 便利になりますね。 香港は毎週の「デモ」で交通機関も乱れているようで、怖くて近づけませんが、収まるまでは香港からそのままマカオに入るのも有りなのでしょうか。

 ※マカオLRT タイパ線(輕軌氹仔線)の詳細(中国語、英語他)


コメント   この記事についてブログを書く
« 各国の査証事情(2019年) | トップ | タイ バンコク、シーロム通... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

現地情報」カテゴリの最新記事