業務出張専門の旅行会社、株式会社アラ・ブランカ・フライトの新着情報!

ストライキ情報、渡航安全情報等に加えて、ホテルのお得情報等の様々な話題をピックアップ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ANAとJAL、揃って中国路線の運休など発表、入国制限の動き受け

2020-02-05 10:54:51 | ニュース
こんにちは。 業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 全日空(NH)と日本航空(JL)は2月4日、揃って日本/中国本土間路線の期間運休や減便などを発表しました。 新型コロナウイルスの感染拡大による航空需要の減少に加えて、一部の国々において中国滞在歴のある人の入国を制限する動きが見られることから、中国に滞在した運航・客室乗務員が入国できず運航便の維持に支障をきたすケースを回避するということです。

 ANAは武漢線運休を延長、北京線も縮小へ
 このうちNHは、すでに2月末までの成田/武漢線の運休を発表していますが(武漢発便は3月1日まで)、成田発便は3月28日まで、武漢発便は同29日までそれぞれ延長。 加えて週7便を運航している成田/北京線についても、成田発便は2月10日から3月28日まで、北京発便は2月11日から3月29日まで運休するとのこと。
 その他、1日2便を運航中の羽田/北京線は、羽田発のNH963便を2月10日から3月28日まで、北京発のNH964便を2月11日から3月29日まで運休し、座席供給量を半分に絞り、いずれも手数料なしで払い戻しに応じるなど、成田/武漢線と同様に対応するということです。

 JALは1日3便の成田/上海線など運休、機材小型化も
 JLも2月17日から3月28日まで、複数の路線で運休・減便を実施。 北京路線については1日1便の成田線を運休(北京発便は2月18日から運休)するとのこと。 1日2便の羽田線については1日1便化(北京発便は2月18日から減便)し、使用機材を全227席のB767-300ER型機から全206席のB787-8型機に小型化するということです。
 上海路線は1日3便の成田/浦東線、1日1便の中部/浦東線をともに運休。1日2便の関空/浦東線は1日1便に減便するとのこと。 ともに1日1便の羽田/浦東、虹橋線については変更しない模様。 そのほか、ともに1日1便の羽田/広州線と成田/大連線についてはそれぞれ週4便に減便し、月・水・金・日曜日に運航。中部/天津線については変更しないとのこと。 これらの措置により、中国路線の運航便数は週98便から週43便と半数以下になるとのことです。

 前回のSARSを上回った死者数で、前回以上の混乱が考えられますが、何とか早めに終息してもらいたいものです。



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312

コメント   この記事についてブログを書く
« オーストラリア ゴールドコ... | トップ | ANAは上海線など大幅に縮小、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事