業務出張専門の旅行会社、株式会社アラ・ブランカ・フライトの新着情報!

ストライキ情報、渡航安全情報等に加えて、ホテルのお得情報等の様々な話題をピックアップ。

ペルー、ナスカ観光時に「観光チケット」導入・金額決定 (1月~)

2019-12-05 09:59:28 | 航空券情報
こんにちは。 業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 中南米のランドオペレーター株式会社ラティ-ノ、日本海外ツアーオペレーター協会によりますと、日本でも人気の「ナスカの地上絵」。 地上絵の観光時には遊覧飛行の各発着空港にて「空港使用料」のみ徴収されており、これまで入場料といったものは徴収されておりませんでした。 ナスカ地上絵のあるイカ県が長年にわたり観光資源による直接収入を希望しており、「観光チケット」という形で観光資源の保全を目的とした新たな入場料が設定されることは既にお伝えした通りですが、この度、正式な入場料(BTN)の金額が決定いたしましたので、改めてご案内いたします。

 なお、観光チケットは、ナスカ遊覧飛行が行われる各空港にて徴収されます。
 ■ 観光チケット(入場料)額 ※2020年1月~
 * ナスカ空港 --- 15ソル(約US$5)
 * イカ空港 ----- 30ソル(約US$10)
 * ピスコ空港 --- 45ソル(約US$15)

 来年1月からは、ナスカ空港・イカ空港・ピスコ空港ともに、セスナ遊覧飛行の料金とは別に「空港税」(TUUA)と入場料(BTN)の両方の支払いが必要になります。 なお支払いは、現地にて直接お支払いいただく形となります。(チケットへの切り込みではありません。)

 来年1月以降に地上絵の観光をご予定の方は、ご注意ください。



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312
コメント   この記事についてブログを書く
« フランス、12月05日「ストラ... | トップ | 各国の査証事情(2019年) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

航空券情報」カテゴリの最新記事